みんなのランキング

真田幸村(真田信繁)

真田幸村(真田信繁)
生没年1567年〜1615年

真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。真田昌幸の次男。通称は左衛門佐で、輩行名は源二郎(源次郎)。真田 幸村(さなだ ゆきむら)の名で広く知られている。 豊臣方の武将として大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されるなどした。後世、そこから軍記物、講談、草双紙(絵本)などが創作され、さらに明治-大正期に立川文庫の講談文庫本が幅広く読まれると、真田十勇士を従えて宿敵である家康に果敢に挑む英雄的武将というイメージで、庶民にも広く知られる存在となった。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 52 件中 1 〜 20 件を表示

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

漢気

なんと言っても漢気がある男は、この方しかいません。なんせ、大阪夏の陣の際に16万人いたと言われる徳永の軍にたいして本陣まで攻め込んだと聞きます。普通の方ならやめるくらいだと思うのですが、本当に決心が非常に強いと感じられます。

てんてん

てんてんさん(男性・20代)

2位に評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

家康を追い詰めた男

大河ドラマの主人公になったことでも話題の人物で、知将と恐れられた昌幸から学んだ戦術と激しい領地争いのなかで培われたハングリー精神を持った人物です。大坂の陣の時には家康は、その才幹を恐れて50万石で召し抱えると申し出て引き抜こうとした逸話がある程です。もちろん当時にそのような余分な土地が余っている筈もなく、空手形に笑って幸村も拒否をしました。いざ戦いが始まると真田丸での攻防や茶臼山の家康本陣へと迫るなど、余裕を見せていた徳川方の肝を冷やす活躍をしました。絶対的な勝者に対して必死にあらがう戦士としてカッコよさがあります。

アールライト

アールライトさん(男性・40代)

1位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

家康を追い詰めた武将

関ケ原の戦いで敗れた側の武将ですが、幽閉された場所から抜け出して、西軍につきます。烏合の衆である西軍をまとめ上げた技量は抜きんでており、真田丸という砦を築いて徳川方を大いに苦しめました。そして、真田十勇士という架空の勇者まで生みだしました。

sarurururu78

sarurururu78さん(男性・50代)

2位に評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

敗軍の将

今ではゲームやアニメ、大河ドラマなどで最も有名となった戦国武将の一人ではないかと思います。大坂夏の陣のでは敵陣に突っ込んで行き徳川家康をあとわずかの所まで追い詰めた所はなかなかできる物ではないと思いました。

Brendon

Brendonさん(男性・40代)

2位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

忠義心溢れる天才

大阪冬の陣・夏の陣での徳川軍との戦における策略がすごい。城へのたった一つの出入り口に出丸を築き、敵の侵入を拒む作戦等には敵方も随分苦戦を強いられただろうなと思う。結果的に負けてしまいましたが、忠義心溢れる素晴らしい軍師。

smoothie

smoothieさん

2位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

徳川を追い詰めた

やっぱり大阪城で徳川を散々翻弄したからすごい。その一言しかでない。

軍師ランキングでのコメント・口コミ

圧倒的

大阪夏の陣にて、圧倒的不利な状況で敵の本陣までたどり着く、圧倒的強さ!

しゅうちゃん

しゅうちゃんさん(男性)

1位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

温厚で気配りの人

大阪の夏・冬の陣に於いて真田丸以外主張はことごとく否定され思案通りにはいかなかった。父の昌幸であったら勝てないまでも、負けなかった様に思う。それでも信繁は出来ることを力の限り尽くした日ノ本一のモノノフ

さくらさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

勇気と忠義の男

真田幸村は、関ケ原の戦いのときに徳川家忠の8000の兵を上田城の
2000の兵で足止めをしました。
大坂冬の陣では真田丸を作って徳川軍を大阪城に入らせないようにしました。 ですが、豊臣 秀頼が、徳川家康の講和条件の「真田丸を壊す」「堀の埋め立て」というのに乗ってしまって、真田幸村が考えた策が壊されました。
そして大坂夏の陣の時は、どんどん散ってった豊臣家臣団の中で、
独り覚悟を決め徳川本陣へと駆け込みました。
それで家康は「もうだめだ」とあきらめるほど追い詰めました。
死んでしまいましたが、勇気と賢さそして忠義のある武将だと言えます。
正直真田幸村が大阪城だけが自分の持ち城で、当主だったら
徳川家康に勝っていたと思います

戦国マニア君さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

強い

強いyxlぢぃぢdtdtdydydyをっっっっっっっっっhbcdtjvftgfがいるけど、このあとちょっとしか見ない日ですよなんでもしますんで、今日から連絡したあと少しですよろしくお願いしますんでくださいよwsっdfっっっっっっxfっっっっxcっcっっffっっっHDD中っgtcっgfっdっっfっdが?っっっっっっxbjfxvhっfに?っcっっっっっっっfdgvcfcfcっっっっgfg

 

f toさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

戦国最強武将

なんといってもあの徳川家康を大坂夏の陣であと1歩まで追い詰めたので天才の作戦を考えた戦国最強武将と言ってもおかしくはないでしょう。兵の人数で負けたので多ければ必ず勝っていたでしょう。何と言っても勇ましい。もし、勝っていたら豊臣家、真田家が存在していた。日本はどうなっていただろう?。

ゲストさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

実は・・・

家康の本陣まで攻め込んだが討ち取られたと言われているが、これは徳川勢が家康討ち死にを知られると、総崩れの恐れがある為、1年間家康の死を隠したのである。
と言うのは私の想像だが、真田信繁はロマンを感じさせる勇将だ。

真田忍軍の下忍さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

戦国武将一過大評価されている武将

真田幸村が活躍したのは、大阪夏の陣、冬の陣のみ。
「上田城の合戦は父、昌幸の指揮なのでカウントしない」
並み居る歴戦の武将を差し置いて、このランキングは無い。
冬の陣で徳川家康を追い詰めたと言うが、最初に徳川の陣に突撃したのは毛利勝永で、後から来たほぼ無傷の真田勢が突き崩した。
毛利はその前に多勢を正面から散々に打ち破っての突撃で、真田勢が壊滅した後も、城まで見事撤退している。
つまり局地的に徳川家康を追い詰めたのは真田であるが、戦局的に徳川を追い詰めたのは毛利である。

真田丸さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

数人なのに家康レベルの強さ

大阪夏の陣などで活躍し家康は死を覚悟したほどでギリギリまで家康を追い込みました。しかし戦死してしまい、結果的に豊臣家は滅亡してしまいました。しかし数少ない兵であの徳川家康の軍に勝ちそうになったのは凄い力だったと思います。

気狂いさんの評価

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

家康に対抗できた

天下人:家康に対抗できる人はなかなかいません。

rekisidaisukiさんの評価

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

最強

家康を二度も自害覚悟させる、凄い人

ddさんの評価

歴史上の人物ランキングでのコメント・口コミ

最後がかっこいい

覚悟がかっこいい

眼帯さんさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

ざこ

真田幸村ざこ

たくくんさんの評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

天才!!!【親子そろって】

©

小十郎さんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

最後まで戦った武将真田幸村

真田幸村は1567年生まれで昌幸の次男として生まれた
兄は信之
大阪夏の陣で戦死したが最後まで戦った
幸村を
討ち取った人物は松平忠直の家臣西尾宗次

幸村享年48

独眼竜123さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング