みんなのランキング

最後の将軍に関するランキングと感想・レビュー

最後の将軍

引用元: Amazon

最高評価

68.5

(4人の評価)

司馬遼太郎おすすめ作品ランキング」で最も高い評価を得ています。

最後の将軍の詳細情報

参考価格671円(税込)

『最後の将軍-徳川慶喜』(さいごのしょうぐん とくがわよしのぶ)は、司馬遼太郎の長編時代小説。『別冊文藝春秋』96号から98号(1966年6月、9月、12月)に連載された。翌1967年に文藝春秋で初版単行本が刊行された。現在は文春文庫版(改版1997年)で重版している。(引用元: Wikipedia)

感想・レビュー

全 2 件を表示

謀才の使い方

幕府を滅亡させた人というより、一年で古い時代を終わらせた人だと思う。優秀が故に日の目をみるのではなく、優秀が故に影になったきがします。謀才の使い方が勝利のためでないという、栄光のない優秀さを司馬さんが光を当てさた気がします。こんなリーダーもあり。

カハヤ

カハヤさん(男性・50代)

3位(90点)の評価

悲しき男の物語

江戸幕府に入れて260年の最後を閉めることになった15代将軍徳川慶喜の生涯を描く姿は非常に物悲しさを感じました。司馬遼太郎の小説と言えば長編小説ですが文庫本で1冊の中でこれだけ深く凝縮されている作品はなかなか珍しいと思います。

ひいくん

ひいくんさん(男性・50代)

2位(95点)の評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

殺戮にいたる病

エンタメ>

どんでん返しがすごい小説ランキング

おすすめのどんでん返しがすごい小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

阪急電車

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

下町ロケット(小説)

エンタメ>

直木賞受賞作ランキング

おすすめの直木賞受賞作は?