みんなのランキング

関ヶ原(司馬遼太郎)に関するランキングと感想・レビュー

関ヶ原(司馬遼太郎)

引用元: Amazon

最高評価

67.0

(7人の評価)

司馬遼太郎おすすめ作品ランキング」で最も高い評価を得ています。

関ヶ原(司馬遼太郎)の詳細情報

参考価格7,705円(税込)

『関ヶ原』(せきがはら)は、司馬遼太郎の歴史小説。徳川家康と石田三成の対立を軸に、天下分け目の決戦となった関ヶ原の戦いを描いた作品である。 『週刊サンケイ』誌上で、1964年(昭和39年)7月から1966年(昭和41年)8月にかけて連載された。 (引用元: Wikipedia)

関ヶ原(司馬遼太郎)がランクインしているランキング

感想・レビュー

全 2 件を表示

小説ランキングでの感想・レビュー

歴史小説を読むなら司馬遼太郎

一見若い子にはとっつきにくい感じのある歴史小説ですが、読みやすく解りやすい歴史小説なら司馬遼太郎さん一択です。
私も、叔父に勧められて「関ケ原」を読んだのですが、気が付けばあっという間に上中下巻を読み切っていました。
関ケ原での合戦を舞台に武将たちのドラマが繰り広げられるのですが、濃いストーリーによりどんどんハマっていきました。
2位に選んだ理由として、司馬さんの歴史小説は壮大で奥深い物語にも関わらず、他の小説家に比べ難しい言葉はほとんど出てこないので、初見でもノンストレスで読めるところが素晴らしいと思っております。

まりも

まりもさん(男性)

2位(95点)の評価

日本史上最大の決戦

秀吉亡き後の豊臣家、いや天下を巡って家康が野望をむき出しに刷るなか、立ち上がった石田三成。両者がいかにして戦い決着をつけたのかを丁寧に描いている作品です。

歴book好き

歴book好きさん(男性・40代)

4位(85点)の評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

殺戮にいたる病

エンタメ>

どんでん返しがすごい小説ランキング

おすすめのどんでん返しがすごい小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

阪急電車

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

下町ロケット(小説)

エンタメ>

直木賞受賞作ランキング

おすすめの直木賞受賞作は?