みんなのランキング

車アニメ人気ランキング!みんながおすすめする自動車アニメは?

頭文字D First Stage湾岸MIDNIGHT頭文字<イニシャル>D Fifth Stageよろしくメカドック(アニメ)カーズ/クロスロードカーズ(アニメ)capeta(アニメ)Gun Smith CatsDimension W逮捕しちゃうぞ(OVA)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数59
投票数131

車がテーマのアニメは、車好きのから子供が楽しめるものまで盛りだくさん!大迫力のカーアクションや、かっこいい車が多数登場する作品は、多くの人々を夢中にさせてきました。そこで今回は「車アニメ人気ランキング」をみんなの投票で決定!『マッハGoGoGo』(1967年)や、『頭文字D』(1998年)といったカーレースをテーマにした名作や、『レッカー車のトム』のような車が主人公の子供向けアニメまで投票OK!車初心者でも楽しめる作品が多数揃っています。あなたのおすすめ作品に投票してください!

最終更新日: 2022/11/20

ランキングの前に

1分でわかる「車アニメ」

車アニメは、レース系王道作品から子供向け作品まで目白押し!

車を題材としたアニメには、王道のレース系から車がキャラクターになっている子供向けの作品などさまざま。峠道を舞台に激しい戦いが繰り広げられる『頭文字D』(1998年)や、カーメカニックを題材とした『よろしくメカドック』(1984年)、ピクサーのアニメーション映画『カーズ』(2006年)などが挙げられます。ほかにも、「マツダ・RX-7」や「日産・フェアレディ」といった実際の車種が登場する人気作や、架空車両でレースに挑む作品など、子供やクルマ好きの大人だけでなく、車初心者も楽しめる名作が盛りだくさんです!

関連するおすすめのランキング

ジャンル別アニメランキングはこちら

アニメおすすめ人気ランキング 投票結果発表!全28ジャンル別・2022年版

名作神アニメはこちら!

面白い神アニメランキング

車がテーマの漫画も必見!

車漫画ランキング

今期新作アニメはこちら!

2022秋アニメ評価ランキング

来期注目アニメはこちら!

2023冬アニメ期待度ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、本格カーレースやカーアクションなど、車が活躍するシーンのある作品すべてが投票の対象です。テレビアニメ・アニメ映画問わずにあなたのおすすめする作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1頭文字D First Stage

84.3(41人が評価)
頭文字D First Stage

引用元: Amazon

放送期間1998年4月~
話数全26話
制作会社ぎゃろっぷ、スタジオコメット
監督三沢伸
メインキャスト三木眞一郎藤原拓海)、岩田光央(武内樹)、子安武人高橋涼介)、関智一高橋啓介)、川澄綾子(なつき)、檜山修之(中里毅)、矢尾一樹(池谷)、高木渉(健二)、石塚運昇(藤原文太)、西村知道(祐一)ほか
公式サイトhttps://www.animax.co.jp/special/initial-d

もっと見る

関連するランキング

藤原文太

頭文字Dキャラランキング

好きなイニシャルDのキャラクターは?

どんなに不利と言われている状況でも勝ってしまう主人公が格好良すぎ

主人公拓海が、古くて非力なハチロクで最新の車に乗ったライバル達を次々撃破していくストーリーは観ていてワクワクしました。使われているCG映像も当時としてはクオリティが高かったと思います。また、天才的なドライビングテクニックを持つ拓海が普段はボケーとした天然で自分の凄さをあまり自覚していないというところも良いですよね。

りょう

りょうさん

1位(100点)の評価

報告

無免許運転です。

物語が始まった時点で主人公は高校生でまだ普通免許を持っていないのですが、父親の仕事の手伝いで、毎日早朝豆腐の配達を86を使い峠道を往復していました。
そこから街道レーサーとして活躍する話なんですが、チューニングの詳細があまり記載されていないので若干不満が残りますが、レース(主に峠の下り)は手に汗握る展開が多く楽しめます。

まふ。

まふ。さん

5位(75点)の評価

報告

車好きご用達のアニメ

1990年代後半のアニメで当時車の免許を取って数年経過した頃でしたので、友人にこのアニメの影響で中古のハチロクを購入した人が結構いました。
レースシーンなど車の描写はすごくリアリティーがあるのに、人物は若干へたうまな感じなのですが、ずっと見ているとこれが何だかよくなってくるから不思議です。

さがりふじ

さがりふじさん

2位(85点)の評価

報告
コメントをもっと読む

2湾岸MIDNIGHT

82.7(18人が評価)
湾岸MIDNIGHT

引用元: Amazon

放送期間2007年6月~
話数全26話
制作会社A・C・G・T
監督冨永恒雄
メインキャスト小栗旬(朝倉アキオ)、三木眞一郎(島達也)、三宅健太(北見淳)、諏訪部順一(イシダヨシアキ)、すほうれいこ(秋川零奈)ほか
公式サイトhttp://www.obkikaku.com/wangan/wangan_1.html

もっと見る

悪魔のZです。

S30型フェアレディZのL28型エンジンをボアアップし3.1リッターに拡張し、TD06ツインターボ仕様にして600馬力にしたのが、ミッドナイトブルーの悪魔のZです。
首都高を舞台にレースをしてるので、舞台設定としてはあまり好きではないですが、登場する車種はすきな車ばかりです。
ポルシェ911ターボやGT-Rやランエボ、インプ、RX-7等々。
チューニングの内容が描かれているのも好きなポイントです。

まふ。

まふ。さん

2位(95点)の評価

報告

悪魔に魅せられてしまった主人公

悪魔のZと呼ばれるフェアレディZは、乗った者達が、必ず大きな事故にあってしまうといういわくつきの車なのですが、何度も事故に会いながらもそのZに乗り続ける主人公アキオの健気とも言える姿に妙に共感させられました。
私も車が好きなので、アキオの気持ちも少しは、わかるような気がします。車に対してただの機械以上の存在に感じてしまう瞬間って確かにあるんですよね。

りょう

りょうさん

2位(85点)の評価

報告

3頭文字<イニシャル>D Fifth Stage

75.7(14人が評価)
頭文字<イニシャル>D Fifth Stage

引用元: Amazon

放送期間2012年11月~
話数全14話
制作会社ウェッジリンク
監督橋本みつお
メインキャスト三木眞一郎藤原拓海)、石塚運昇(藤原文太)、川澄綾子(茂木なつき)、早見沙織(上原美佳)、中井和哉(池田竜次)ほか
公式サイトhttps://www.animax.co.jp/special/initial-d

もっと見る

イニシャルDの影響力は凄い

イニシャルDは主人公の藤原拓海が非力なAE86に乗り、最新ハイパワースポーツカー相手にバトルしていくという話。
車の非力さを補う為に下り限定のスペシャリストというカッコイイ立ち位置。
その影響は現実世界にも強く影響し、藤原の乗るパンタトレノの価格が高騰した程(本来なら登録年数的にも二束三文の車であるにも関わらず)。
今でも街中で見かける事があります。
音楽への影響力も凄く、アニメでかかっていたSuperEuroBeatもパラパラブームの火付け役ともなりました。

こーじー

こーじーさん

1位(100点)の評価

報告

4よろしくメカドック(アニメ)

71.4(10人が評価)
よろしくメカドック(アニメ)

引用元: Amazon

放送期間1984年9月~
話数全30話
制作会社タツノコプロ
製作吉田健二
メインキャスト橋本晃一(風見潤)、石丸博也(中村一路)、玄田哲章(野呂清)、井上和彦(那智渡)、石塚運昇(渡辺俊光)、小林勝彦(露崎武士)、大平透(神崎周治)、高田由美(神崎しのぶ)ほか
公式サイトhttp://www.tatsunoko.co.jp/works/mecha-doc

もっと見る

だからチューン!チューンナァァップ!

よろしくメカドックを見てみたのは小学生の頃ですが、チューンナップすることで車がすさまじく速くなることを教えてくれた作品です。
この影響を受け、車をチューンナップしたり、ゼロヨンで車の性能を競ったりという事が一般化したように感じます。
主題歌は今でも覚えてる程、大好きな作品です。

こーじー

こーじーさん

2位(90点)の評価

報告

私の世代の車アニメはメカドックです

子供の頃、週刊少年ジャンプで毎号欠かさず読んでいたよろしくメカドック。アニメもすごく好きでした。
当時、小学生の間で流行っていたチョロQに自作のメカドックのシールを貼り、アニメに登場した車をまねて自分のチョロQも改造したことを思い出します。
小学生当時、自分も車のチューンナップがしたいというのが夢でしたが、チョロQのチューンナップが限界でした。

さがりふじ

さがりふじさん

1位(100点)の評価

報告

5カーズ/クロスロード

67.4(4人が評価)
カーズ/クロスロード

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー大人気ベテランレーサー”ライトニング・マックィーン”は、カーレース『ピストン・カップ』で7回の優勝歴を誇る最強のチャンピオンだった。しかし2016年度シーズンのレースにて、最新テクノロジーを駆使した次世代レーサーのジャクソン・ストームが現れる。ストームをライバル視するマックィーンだったが、シーズン中のレースで連敗を重ねてしまう。さらにレース中で焦ったことによって大怪我をする。引退の危機に追い込まれたマックィーンの運命は......!?
制作年2017年
上映時間102分
監督ブライアン・フィー
メインキャスト土田大ライトニング・マックィーン)、松岡茉優クルーズ・ラミレス)、有本欽隆(スモーキー)、大川透(スターリング)、山口智充(メーター)、藤森慎吾(ジャクソン・ストーム)、戸田恵子サリー・カレラ)、立木文彦マック)ほか
主題歌・挿入歌エンジン / 奥田民生
制作会社ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ、ピクサー・アニメーション・スタジオ
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

もっと見る

関連するランキング

ライトニング・マックィーン

カーズキャラランキング

好きなカーズのキャラクターは?

実車じゃないです。

元々車に表情があって、喋ったりするようなアニメなんかただの子供だましだろうと思っていましたが、いざ観てみたらハマりました。
乗りたい車とかチューニングどうこうとかではない車アニメですが、クロスロードはライバルに勝てなくなったマックィーンの苦悩や決断、最終的に出された答えなど、素晴らしい内容になっています。

まふ。

まふ。さん

3位(90点)の評価

報告

6カーズ(アニメ)

67.4(16人が評価)
カーズ(アニメ)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リーレースでトップになることばかり考え、自信過剰で自分勝手な性格の若き天才レーサー・マックィーン。『ピストン・カップ』で初の新人チャンピオンを狙うマックィーンは、カリフォルニアで行われる優勝決定戦をひかえていた。しかし、会場に向かう途中、田舎町ラジエーター・スプリングスに迷い込んでしまう。マックィーンは、個性的な町の住民たちとの交流を通して、レースで勝利することよりも大切なものに気づき......。
制作年2006年
上映時間116分
監督ジョン・ラセター、ジョー・ランフト
メインキャスト山口智充(メーター)、戸田恵子サリー)、パンツェッタ・ジローラモ(ルイジ)、赤坂泰彦(ボブ・カトラス)、福澤朗(ダレル・カートリップ)、土田大ライトニング・マックィーン)ほか
主題歌・挿入歌-
制作会社ピクサー・アニメーション・スタジオ、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公式サイトhttps://www.disney.co.jp/studio/animation/0731.html

もっと見る

関連するランキング

ライトニング・マックィーン

カーズキャラランキング

好きなカーズのキャラクターは?

主人公のマックイーンが成長していく姿に感動

ディスニー映画が大好きな私ですが、車にそこまで興味が無いので見ていなかったのですが、あるキッカケで見てみたら感動しました。主人公のマックイーンが色んなトラブルに会いながらも、周りのサポートを得ながら成長していく姿には感動します。それにプラスしてアメリカの有名なルート66についてもちょっと知ることが出来て面白かったです。映像も奇麗でさすがディズニーとピクサーの共同作品だけあると思います。

にここ

にここさん

1位(100点)の評価

報告

7capeta(アニメ)

63.1(9人が評価)
capeta(アニメ)

引用元: Amazon

放送期間2005年10月~
話数全52話
制作会社スタジオコメット
監督三沢伸
メインキャスト安達直人(平勝平太)、滝原祐太(安藤信)、宮本侑芽(鈴木茂波)、小手伸也(平茂雄)、永野広一(熊田)、大輝ゆう(奈々子)、内藤玲(奈臣)ほか
公式サイトhttps://www.tv-tokyo.co.jp/anime/capeta/

もっと見る

主人公は子供です。

原作連載スタート時、主人公はまだ子供なので当然車の運転は出来ないのでカートレースが序盤のメインになります。
あまりカートレースがピックアップされる漫画やアニメはなかったので、かなり斬新でした。

まふ。

まふ。さん

4位(85点)の評価

報告

8Gun Smith Cats

59.1(2人が評価)
Gun Smith Cats

引用元: Amazon

発売日1995年11月1日
話数全3話
制作会社OLM
監督もりたけし
メインキャスト根谷美智子(ラリー・ビンセント)、荒木香恵(ミニー・メイ・ホプキンズ)、久川綾(ベッキー・ファーラ)、沢木郁也(ロイ・コールマン)、大塚芳忠(ビル・コリンズ)ほか
公式サイト-

もっと見る

バウンティハンターの話です。

賞金稼ぎの話なんですが、原作者の園田健一氏が大のアメ車好きなので、主人公やライバルの逃し屋の乗る車がいちいちイカしてます。
主人公のラリー・ビンセントが乗るのは、1967年型シェルビー・コブラGT500。
後に1970年型BOSS302ユニットに換装したフォード・マスタング・キングコブラに乗り換えます。
かなり運転してみたい車達です。

まふ。

まふ。さん

1位(100点)の評価

報告

9Dimension W

58.1(2人が評価)
Dimension W

引用元: Amazon

放送期間2016年1月~
話数全12話
制作会社Studio 3Hz、ORANGE
監督亀井幹太
メインキャスト小野大輔(マブチ・キョーマ)、上田麗奈百合崎ミラ)、石田彰(アルベルト・シューマン)、中村悠一(ルーザー)、鈴木絵理(エリザベス・グリーンハウ=スミス)、斉藤貴美子(マリー)、松岡禎丞(コオロギ)、鳥海浩輔(サルバ=エネ=ティベスティ)、山下大輝(ルワイ=オーラ=ティベスティ)、能登麻美子(ラシティ)、土師孝也(百合崎士堂)、本田貴子(百合崎セイラ)、夏川椎菜(百合崎苺)、奥谷楓(四阿屋雅)、大原さやか(四阿屋椿)、梶裕貴(ハルカ・シーマイヤー)ほか
公式サイトhttps://dimension-w.net/

もっと見る

2000GT

別に特別スポーツカーが好きなわけでもなければ車に詳しいわけでもない。でも2000GTはかっこいいのである。50年以上前の車なのに今見てもめっちゃかっこいい。そんなマシンを乗り回しているんだからかっこいいに決まってる。

ゆき

ゆきさん

2位(95点)の評価

報告

10逮捕しちゃうぞ(OVA)

57.7(2人が評価)
逮捕しちゃうぞ(OVA)

引用元: Amazon

発売日1994年9月24日
話数全4話
制作会社スタジオディーン
監督古橋一浩
メインキャスト玉川紗己子(辻本夏実)、平松晶子(小早川美幸)、小桜エツ子(二階堂頼子)、松本梨香(葵双葉)、島田敏(中嶋剣)ほか
公式サイト-

もっと見る

ovaはマジで作画が凄い

ほんとに94年の作品?って思いますね
作画だけで無くて内容も普通によき
声優もなかなか豪華

kimuさん

1位(95点)の評価

報告

11マッハGoGoGo(第1作)

54.0(2人が評価)
マッハGoGoGo(第1作)

引用元: Amazon

放送期間1967年~
制作会社タツノコプロ
総監督笹川ひろし
メインキャスト森功至、大宮悌二、堀絢子野村道子、富山敬、愛川欽也ほか
公式サイトhttp://www.tatsunoko.co.jp/works/mach-go-go-go-speed-racer

もっと見る

ハチャメチャなストーリー展開が面白い

ずいぶん昔のアニメですので、映像のタッチや流れる音楽が古いですが、それがまたレトロな感じがして興味深いです。また恐竜の化石を壊しながら逃げまわったりするハチャメチャなストーリー展開が今のアニメではありえない設定なので、それがまた面白いです。そして車のことは良く分からない私にも、描かれている車がカッコ良いと思います。年配の知り合いと一緒に見たのですが、思っていた以上に楽しむことが出来ました。

にここ

にここさん

2位(95点)の評価

報告

12F(アニメ)

52.6(7人が評価)

マイナーかもしれませんがいいアニメです

F1ブームの頃だったのでしょうか、このアニメを見たときにF1レーサーを目指す主人公が耕運機を改造して爆走するシーンに衝撃を受けました。
主人公の決め台詞「何人たりともおれの前は走らせねぇ」は部活のときのランニングや通学の自転車で誰かが必ず言うセリフでした。
沢向要士さんの主題歌も印象に残っています。

さがりふじ

さがりふじさん

3位(70点)の評価

報告

何人たりとも俺の前は走らせねぇ!

レースをする為に生まれれてきたような闘争本能と優れた動体視力でレーサーとして活躍する赤木軍馬を描いたアニメ作品。
なんとなく、ボクシングマンガの不朽の名作「あしたのジョー」を彷彿とさせる作品でもありますね。
最初は余り過ぎた闘争本能のせいでチンピラのようだったり、ライバルの聖一人が亡くなったりと。
ライバルを失ったショックを糧にレーサーとして、そして人間としても成長していく軍馬がカッコイイです。

こーじー

こーじーさん

3位(75点)の評価

報告

13REDLINE

45.0(4人が評価)
REDLINE

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間102分
監督小池健
メインキャスト木村拓哉(JP)、蒼井優(ソノシー・マクラーレン)、我修院達也(リンチマン)、岡田義徳(ジョニーボーヤ)、津田寛治(トラヴァ)、森下能幸(シンカイ)ほか
主題歌・挿入歌-
制作会社マッドハウス
公式サイト-

もっと見る

超絶リーゼント

そのあり得ないサイズのリーゼントとは裏腹に"すごく優しい男"なんて呼ばれてる。武装だってなんでもありのレースで主人公のJPことジョシュア・パンクヘッドがスピードだけで勝負を挑む。まぁかなり馬鹿げてるんだけど、世界観もそうだけどモットーを大事にしてるところとかめっちゃかっこいい。話によるとこのご時世にデジタルじゃなく手書きで制作したらしく、10万枚を超えるか超えないとか。とにかくすごい!

ゆき

ゆきさん

1位(100点)の評価

報告

運営からひとこと

車好きにはたまらない、車を題材にしたアニメ作品を大集結させた「車アニメ人気ランキング」!ほかにも「車漫画人気ランキング」や「かっこいい車ランキング」など、投票受付中のランキングを多数公開しています。ぜひチェックしてみてください!

関連するおすすめのランキング

最も人気のあるアニメの名作は?

面白い神アニメランキング

車がテーマの作品人気ランキングはこちら!

車漫画ランキング

カーズキャラランキング

車好き必見のランキングもチェック!

かっこいい車ランキング

モテる車ランキング

自動車メーカーランキング

高級車メーカーランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ