みんなのランキング

車漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

よろしくメカドック(漫画)湾岸MIDNIGHT(漫画)頭文字DF(漫画)capeta(漫画)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数17
投票参加者数55
投票数152

みなさんの人気投票によって「車漫画」の人気ランキングを決定!週刊少年マガジンで連載していた、類まれなドライブテクニックを駆使し、手練れたちを相手にしていく「頭文字D」や悪魔のZこと初代フレアディZに魅了された主人公が首都高で振り広げる、行道バトルを描いた「湾岸MIDNIGHT」、貧乏ながらも仲間たちに助けられながらその才能のみを武器に、強豪たちを相手に勝利を収めていく主人公を描く「capeta」など王道の人気作品も多くランクイン。あなたのお気に入りの作品も教えてください。

最終更新日: 2021/10/20

ランキングの前に

1分でわかる「車漫画」

ギリギリの勝負に興奮する「車漫画」

頭文字D

頭文字D
(引用元: Amazon)

華麗なドライビングテクや熾烈なデッドヒートで見る人を興奮させる熱い漫画作品といえば「車漫画」。有名な「車漫画」は「週刊ヤングマガジン」で連載していた『頭文字D(イニシャル ディー)』です。豆腐屋の息子が走り屋になり各地の猛者としのぎを削りながら、最速ドライバーを目指します。

「車漫画」の人気作品

「車漫画」には、主人公が「悪魔のZ」と呼ばれる車で多くの強敵とレースをする『湾岸ミッドナイト湾岸MIDNIGHT)』や講談社漫画賞を受賞した『capeta』、女性の走り屋が主人公の『オーバーレブ!』、F1を描いた日本初の漫画と言われている『赤いペガサス』、喧嘩シーンも有名な『ナニワトモアレ』などの人気作品があります。

関連するおすすめのランキング

最も面白い漫画は?

面白い漫画ランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

このランキングの投票ルール

一般的に車漫画は、「題材が自動車」もしくは「自動車のレース」が見られる漫画作品と言われています。しかし車漫画の明確な定義はないので、主観で選んでOK。あなたがおすすめしたい「車漫画」に投票してください。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1頭文字D

頭文字D

引用元: Amazon

作者しげの秀一
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(1995年30号~2013年35号)
巻数全48巻
参考価格748円(税込)

もっと見る

関連するランキング

藤原文太

頭文字Dキャラランキング

好きなイニシャルDのキャラクターは?

AE86

AE86で有名なドリキン土屋圭一も絶賛したドリフト漫画。物語の主人公の愛車もAE86トレノ。
水を入れたコップをドリンクホルダーに入れて峠を走るくだりは読者じゃなくても知ってる程あまりにも有名。アニメ版の主題歌はm.o.v.eが担当しており、軽快なユーロビートが当時の流行を感じる作品。

報告

現実でもクルマの人気に影響した

主人公の藤原拓海が操るトヨタAE86スプリンタートレノは元々ドライブ好きな人達から人気のあったクルマですが、ドアサイドに「藤原とうふ店」というステッカーを入れるクルマが現れる程人気に大きく左右させる漫画となりました。

報告

結構リアルな描写

峠の走り屋をテーマにした漫画で実際の車や土地などが出てきて結構リアリティーがあります。この漫画の影響で主人公が乗っている車が欲しくなりましたが、漫画が物凄く人気作になってそのせいでその車の価格が高騰したりしました。

Brendon

Brendonさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2湾岸MIDNIGHT(漫画)

湾岸MIDNIGHT(漫画)

引用元: Amazon

作者楠みちはる
ジャンル青年漫画
出版社小学館、講談社
連載ビッグコミックスピリッツ
週刊ヤングマガジン
巻数全42巻
参考価格660円(税込)

もっと見る

少しだけ実体験

この漫画が連載されていた当時、湾岸に住んでいて車趣味にも凝っていて、ほんの少しだけ真似事をしていました。個人的に主人公が乗るZに対する思い入れは全くなく、ライバルが乗るポルシェは自分が最も嫌いな外車だったにもかかわらず、毎号欠かさず読んでいたということは他に何かしら惹きつける要素があったんでしょう。それが何かはもう思い出せませんが。

報告

最高速バトル

このアニメは主人公が死神と呼ばれる黒のフェアレディZを手に入れ湾岸ハイウェイを走るという内容ですが、やはり高速なので1位の頭文字dのようにカーブが多いというより直線の最高速での勝負が多いです。
、またこのアニメではいろいろな名言などもあるのでぜひ見てください。

報告

3F(漫画)

F(漫画)

引用元: Amazon

作者六田登
ジャンル青年漫画
出版社小学館
連載ビッグコミックスピリッツ(1986年~1992年)
巻数全28巻
参考価格0円(税込)

もっと見る

F1ブーム

ちょうどこの頃に日本ではバブルの影響もあってかF1ブームが巻き起こり、物凄い人気でした。この漫画はこの頃に日本人が果たせない夢を漫画に託したような内容で日本人ドライバーがトップを争うという夢物語を見せてもらった漫画です。

Brendon

Brendonさん

2位に評価

報告

当時のF1ブームに沿って漫画→アニメ化

現実では中嶋悟選手が初のF1レギュラードライバーとして参戦が始まり、アイルトン・セナ選手とアラン・プロスト選手の確執で盛り上がる中、FJ1600等入門レースまで細かく取り上げて描いている所は良いと感じます。

報告

4よろしくメカドック(漫画)

よろしくメカドック(漫画)

引用元: Amazon

作者次原隆二
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1982年44号~1985年13号)
巻数全12巻
参考価格535円(税込)

もっと見る

メカニックに視点を置いた作品

普通なら「ドライバー」としての視点で物語を作りますが、この作品は将来F1で活躍するマシンを作りたいという若者がクルマのチューニング改造を通して成長していく物語です。

報告

こちらこそよろしく!

少し古めの漫画ですが、色褪せることのない名作とは、こういう作品のことをいうんでしょう。

報告

5capeta(漫画)

capeta(漫画)

引用元: Amazon

作者曽田正人
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載月刊少年マガジン(2003年3月号~2013年4月号)
巻数全32巻
参考価格0円(税込)

もっと見る

オンボロのレーシングカートで未来を切り開いた

普通ならレースでもう使う事はないオンボロのレーシングカートで奇跡の走りを見せ、優勝には届かなかったものの後のフォーミュラレースへのステップアップに大きく繋がるという物語の流れは中々他作品では見られないです。お金が掛かるモータースポーツの現実をまんまと見せつけられる作品です。

報告

苦労人

こちらもF1をテーマにしていますが、この漫画はF1の下位カテゴリーでF1を目標にステップアップしていく物語です。カートから始まりミドルフォーミュラからF3へとステップアップしていきますが、途中で資金難にあったりと実際に起こる内容が描かれていました。

Brendon

Brendonさん

3位に評価

報告

サーキットの始まり

このアニメは少年時代に勝平太がカートから始まりフォーミュラまで行くアニメです。主人公は父親に手造りのカートをもらいそこからカートを始めるのです。ラリーとは違い優勝を目指しデットヒートを繰り広げるシーンはモータースポーツの醍醐味だと思います。

報告

6レストアガレージ251

レストアガレージ251

引用元: Amazon

作者次原隆二
ジャンル青年漫画
出版社新潮社
連載週刊コミックバンチ(2001年1号(創刊号)~2010年33号)
巻数全33巻
参考価格535円(税込)

もっと見る

どんな車も修理!

爺さんと孫の2人で、ぐっちゃぐちゃになった車も、ピカピカのツルツルに修理してしまう「レストア」の話!

絵が綺麗で読みやすいのと、大体が1話完結型(またぐことも多いけど)なので、ストーリーがわからなくなることがないのは魅力です!

報告

7なにわ友あれ 第二部

なにわ友あれ 第二部

引用元: Amazon

作者南勝久
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(2007年14号~2014年30号)
巻数全31巻
参考価格660円(税込)

もっと見る

ナニトモの第2部

スパーキーレーシングを立ち上げたグッさんやマーボたちの環状族物語。
シビックが最も登場する回数が多い珍しい走り屋漫画。
作中後半のテツヤ・ナツ・テツオのストーリーは連載当時賛否両論で議論を巻き起こした。一読の価値あり。
長期連載だったが終わり方もよくオススメできる作品。

報告

8サーキットの狼

サーキットの狼

引用元: Amazon

作者池沢さとし
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(1975年~1979年)
巻数全19巻
参考価格0円(税込)

もっと見る

元祖かな

日本中にスーパーカーブームを巻き起こしたという点で社会全体への影響力が最も大きかった車漫画だと思います。車漫画にありがちなネガティブな影響がほとんどないこともプラス評価になりますね。魅力的なスーパーカーの数々以上に、登場人物の名前とキャラクター設定が抜群でした。今でも立て続けに人名を挙げられます。しかも何名かは実在の人物だったと後から知ってビックリ、そして笑いました。

報告

9オーバーレブ!

オーバーレブ!

引用元: Amazon

作者山口かつみ
ジャンル青年漫画
出版社小学館
連載週刊ヤングサンデー(1997年~2004年35号)
巻数全31巻
参考価格605円(税込)

もっと見る

女のでも車!

この漫画の主人公は女の子で解体屋で見つけたMR2を手に入れ走ることの楽しさをいろいろな人と出会っていくなかで分かっていくアニメです。公道とサーキットのどっちもあります。また車と言ったら男性というイメージがあると思いますがその考えを変えさせてくれる漫画でもあります。

報告

やはり女子

走り屋さんたちの間では、微妙な評価だったかもしれませんが、自分は峠には足を運ばない湾岸の都会人だったので(笑)そうしたこだわりがない分、可愛い女の子がたくさん出てくるので、純粋に漫画として楽しんで読んでいました。車の描写、特に競り合うシーンはなかなか画力が高かったと記憶しています。

報告

MR2

国産初のミッドシップエンジン搭載車MR2を購入した主人公。最終的にはラリードライバーとして一線で活躍する。

報告

10ナニワトモアレ

ナニワトモアレ

引用元: Amazon

作者南勝久
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(2000年~2007年4・5合併号)
巻数全28巻
参考価格660円(税込)

もっと見る

喧嘩シーン!

車漫画でもあり、ヤンキー漫画でもある作品。今話題の「ザ・ファブル」の作者が書かれてます。

報告

11ジゴロ次五郎

ジゴロ次五郎

引用元: Amazon

作者加瀬あつし
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊少年マガジン(2002年22号~2007年30号)
巻数全22巻
参考価格462円(税込)

もっと見る

少年漫画の走り屋ストーリー

走り屋漫画というと青年誌での連載が多いが本作品は週刊少年マガジンで連載された。
走り屋系、VIPカー系、ローライダー系等のチームが登場するので連載時に登場人物たちと同年代で車好きであれば読んでて楽しい作品。

報告

12マッハGoGoGo

マッハGoGoGo

引用元: Amazon

作者原作:吉田竜夫 / 作画:谷上俊夫
ジャンル少年漫画
出版社小学館
連載月刊コロコロコミック
巻数全2巻
参考価格350円(税込)

もっと見る

みんな忘れていないだろうか

三船剛さんによるマッハ号の走りを。ハンドルに付いたボタン達を押すとジャンプしたり空を飛んだり変形したり。まるでロボットアニメをカーレースアニメに置き換えたかのような作品です。

報告

13カウンタック

カウンタック

引用元: Amazon

作者梅澤春人
ジャンル青年漫画
出版社集英社
連載週刊ヤングジャンプ(2004年41号~2012年41号)
巻数全28巻
参考価格576円(税込)

もっと見る

濃度

絵柄に平成時代とは思えない古くささ、主人公のキャラクターやストーリー展開にやはり現代風ではない良い意味でのダサさがあったので、なんとなく毎号読んでいました。題材をカウンタックとしたのが正解だったのだと思います。

報告

カウンタック

子供のころから憧れだったカウンタックLP400を34歳で破格の値段にて譲り受ける所から始まるストーリー。

報告

アメリカンドリーム

Fで活躍した主人公の息子が今作の主人公でこちらはアメリカのインディーカーシリーズでの活躍を描いた漫画です。レースの内容も良いのですが、人間ドラマとしての側面を持っていて、とてもドラマ性に富んだ内容の漫画です。

Brendon

Brendonさん

4位に評価

報告

全コンプしました

西風の単行本は悪評高かった?内容重複のモノを含めて全部買いそろえましたが、引っ越しのとき一作を残してすべて処分してしまいましたね。最初に読んだGTROMANは10年ぐらい経って読み返したときになんとなく恥ずかしくなりましたし、かろうじて「今でも読めるかな」と思ったのが、この作品でした。でも、西風の作品で一番好きなのは、LAST MOMENTです。これは高く評価されるべき傑作です。ただ、車漫画ではないことになっているので、対象外にしました。

報告

16MFゴースト

MFゴースト

引用元: Amazon

作者しげの秀一
ジャンル少年漫画
出版社講談社
連載週刊ヤングマガジン(2017年40号~)
参考価格737円(税込)

もっと見る

続編なのか

頭文字Dの続編とも言える漫画で、頭文字Dの世界から十数年経過した時代設定の様です。頭文字Dでも奇抜な設定の漫画でしたが、こちらもかなり奇抜な設定となっています。ただ、今作は作者の絵柄がかなり変わっていて最初はとっつきにくいかもしれません

Brendon

Brendonさん

5位に評価

報告

17アーサーGARAGE

アーサーGARAGE

引用元: Amazon

作者たーし
ジャンル青年漫画
出版社少年画報社
参考価格2,615円(税込)

もっと見る

運営からひとこと

華麗なドライビングテクや熾烈なデッドヒートで見る人を興奮させる漫画作品を集めた「車漫画人気ランキング」!ほかにも「車アニメ人気ランキング」や「かっこいい車ランキング」など、投票受付中のランキングを多数公開しています。ぜひチェックしてみてください!

関連するおすすめのランキング

最も人気のある漫画作品は?

面白い漫画ランキング

車がテーマの作品ランキングもチェック!

車アニメランキング

カーズキャラランキング

車好き必見のランキングはこちら!

かっこいい車ランキング

モテる車ランキング

自動車メーカーランキング

高級車メーカーランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ