みんなのランキング

ケイト・ブランシェット出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

ベンジャミン・バトン 数奇な人生オーシャンズ8エリザベス(映画)ロード・オブ・ザ・リングシンデレラ(2015年)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数22
投票参加者数23
投票数118

知的でクールビューティな容姿に高い演技力をもつ実力派女優、ケイト・ブランシェット。女優として数々の作品に出演する傍ら、現在は舞台監督でも活躍しています。今回は、みんなの投票で「ケイト・ブランシェット出演の人気映画ランキング」を決定します!アカデミー賞受賞作品『アビエイター』や『ブルージャスミン』、長編小説「指輪物語」原作の映画『ロード・オブ・ザ・リング』、大人気シリーズのリブート版『オーシャンズ8』など、すべての作品がラインアップ!あなたのおすすめ映画を教えてください。

最終更新日: 2021/09/11

ランキングの前に

1分でわかる「ケイト・ブランシェット」

舞台監督としても活躍する実力派女優、ケイト・ブランシェット

ケイト・ブランシェットは、1969年5月14日生まれ、オーストラリア出身の女優。学生時代から演劇を学び、1992年に舞台女優としてのキャリアを開始。その後、数々の映画作品に出演し、現在は舞台監督としても活躍。知的でクールな容姿と繊細な演技が魅力で、多くの賞を受賞している実力派女優です。

『エリザベス』で一躍注目を集めることに

彼女の知名度を一気にあげたのは、1998年に公開された映画『エリザベス』。映画デビューから4年後の作品となる本作で''エリザベス1世''を熱演し、アカデミー主演女優賞にノミネート。その高い演技力が評価され、一躍トップスターの仲間入りを果たしました。

ケイト・ブランシェット出演の映画作品

J.R.R.トールキンの長編小説「指輪物語」原作の映画『ロード・オブ・ザ・リング』(2001年~)で人気女優としての地位を確立した彼女。シリーズを通し、強大な力をもつエルフ族・ガラドリエルで出演しています。ほかにも、アカデミー賞を受賞した『アビエイター』(2004)や『ブルージャスミン』(2013年)、大人気シリーズがオール女性キャストとなったリブート版『オーシャンズ8』(2018年)など、数々の話題作に出演しています。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

ケイト・ブランシェットは何位に?こちらも必見!

歴代ハリウッド女優ランキング

ユーザーのバッジについて

ケイト・ブランシェット出演の映画を全作品観たことがある。

ケイト・ブランシェット出演の映画を30作品以上観たことがある。

ケイト・ブランシェット出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1エリザベス(映画)

エリザベス(映画)

引用元: Amazon

制作年1998年
上映時間124分
監督シェカール・カプール
メインキャストケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジョセフ・ファインズ(ロバート・ダドリー)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クリストファー・エクルストン(ノーフォーク公)、リチャード・アッテンボロー(ウィリアム・セシル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

主演・演技力がすばらしい

ケイトの顔、顔つき、佇まい、仕草、振る舞い、全てが絶対君主・女王エリザベスに合っていてはまり役です。存在感が凄まじく、身近にいたら思わずひれ伏したくなるレベルです。演技の内容もすばらしくケイト主演の映画としては個人的にダントツ。

ケイトといえばエリザベス

有名過ぎる映画です。ケイトはカメレオン女優と言われていますが、これを見れば納得できます。すごい演技力です。美しさと演技力が極めて高い映画です。どんな風に稽古をしたらあんな風になれるのか興味が湧く一本。

ハリウッド女優としてのセンセーショナルなデビュー作

オーストラリア人の彼女が、ハリウッド女優としてスターダムを駆け上がるキッカケとなった作品。イギリスのエリザベス一世の波乱に満ちた一生を、少女時代からシングルの女王になるまで時に身を焦がすように情熱的に、時に氷のようにクールに熱演し、その憑依ぶりに見ている方が戦慄を覚える。

etchan68

etchan68さん

1位に評価

コメントをもっと読む

2オーシャンズ8

オーシャンズ8

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間110分
監督ゲイリー・ロス
メインキャストサンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー・ミラー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミータ)、サラ・ポールソン(タミー)ほか
主題歌・挿入歌Hit The Road Jack / スロットル
公式サイト-

もっと見る

爽快!イケてる女たちが大暴れ!

自分の力で戦えるカッコイイ女が大好きな私なので、予告の段階からどハマりした作品です。テンポ良くお洒落なBGMと共に進んでいくストーリー展開も爽快。あまり考えずに楽しくポップコーンとコーラ片手に観られる雰囲気であるところも魅力です。ハンサムイケメンという言葉がぴったりのケイト様が拝めます。

筑紫

筑紫さん

1位に評価

豪華

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモンなどのキャストで知られる「オーシャンズ11」の女版。
サンドラ・ブロックとアン・ハサウェイも出演していて、イケイケで戦える系の強くかっこいい女性を演じています。

当たり前だけど、現代の役柄も似合うー。どんな役もしっくりくるー。

ぴり

ぴりさん

3位に評価

ケイトのファッションに釘付け

とにかくオシャレな服が出てきます。8人の個性的な女性たちの服を見るだけでも楽しいですが、ケイトの着こなしには脱帽。カメレオン女優を不動にした映画です。この映画は演技力も高い女優さんがたくさん出ているので見ても楽しいです。

コメントをもっと読む

3ロード・オブ・ザ・リング

ロード・オブ・ザ・リング

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間178分
監督ピーター・ジャクソン
メインキャストイライジャ・ウッド(フロド・バギンズ )、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン)、ショーン・アスティン(サムワイズ・ギャムジー)、ショーン・ビーン(ボロミア)ほか
主題歌・挿入歌May it Be / エンヤ
公式サイト-

もっと見る

エルフの女王

ケイト・ブランシェットの地位を確たるものにした感のある作品。
この中で演じるエルフの女王、ガラドリエルからもわかるように、ケイト・ブランシェットは気高く威厳のある役が多い。
ただプライドが高いとか強そうだとかではなく、気品が感じられるのが良いですね。

人間とは思えない美しさ

ケイトの名前が有名になった代表作です。美しさだけでなく透明感、存在感柄際立つ素晴らしい女優さんだと感じる映画です。キレイな女優さんがたくさん出てきますが、ケイトはとにかく異質。本当に実在するのか疑ってしまうくらい。

神話のエルフをも凌駕する美しさと透明感

人間離れした圧倒的な美しさで世界を圧倒した、大人気ファンタジー映画超大作、ロードオブザリング。
作中でケイトブランシェットはエルフの女王・ガラドリエルを演じています。

異世界感満載のグラフィックはさておき、アップにしてもあの透明感はやばい。人外。

薫子

薫子さん

2位に評価

コメントをもっと読む

4ベンジャミン・バトン 数奇な人生

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間167分
監督デビッド・フィンチャー
メインキャストブラッド・ピット (ベンジャミン・バトン)、ケイト・ブランシェット (デイジー)、タラジ・P・ヘンソン (クイニー)、ジュリア・オーモンド(キャロライン)、ジェイソン・フレミング(トーマス・バトン)、ティルダ・スウィントン(エリザベス・アボット)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

愛とはそのままの相手を受け入れ慈しむこと

共演したブラッド・ピットとのケミストリーが素晴らしい、男女の出会いから別れまでの一生を描いた作品。独特なのは男は老人の姿で生まれ、年を重ねるにつれ若返ってゆく所で、誰にも気味悪がられた幼少期に出会った女と共に成長し、お互いが同世代になった頃に愛し合うが、ふとした事で離れ心の距離も出来てしまう。運命に逆らうことの出来ない苦悩を儚げに演じるケイトの表現力が圧巻。そして老いて少年の姿となった男が再び現れ、最後のシーンは奇妙な光景なのだが、愛のピュアな部分が表現されていて美しい。

etchan68

etchan68さん

2位に評価

どの年代でも美しいケイト

ブラピが老人から若返っていく映画で、ケイトはヒロイン役を演じています。ケイトは若い頃から老婆になるまで演じていますが、若い頃のケイトが凄まじく美しい。それから各年代を経て老婆になるわけですが、いずれの年代も年相応の美しさ、仕草があり絶妙に演じているのは流石だと思いました。

ブラピを食ったケイト

あのブラピを食ってしまった珍しい女優さん。演技力があるのも大変だなって思わせる映画。素敵な女優だとほんとに感じた映画です。綺麗なだけじゃなくて、本当に実力がある女性ってこんなオーラが出せるのだと思います。

コメントをもっと読む

5シンデレラ(2015年)

シンデレラ(2015年)

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間105分
監督ケネス・ブラナー
メインキャストリリー・ジェームズ(エラ、シンデレラ)、ケイト・ブランシェット (トレメイン夫人)、リチャード・マッデン(キット王子)、ヘレナ・ボナム=カーター(フェアリー・ゴッドマザー)、ノンソー・アノジー(大佐)ほか
主題歌・挿入歌Strong / ソナ・リーレ
公式サイト-

もっと見る

関連するランキング

お願い!シンデレラ / THE IDOLM@STER

デレマス・デレステの曲ランキング

好きなデレマス・デレステの曲は?

双葉杏

デレマス・デレステキャラランキング

好きなデレマスキャラは?

超嫌味な継母

超がつくほど嫌味な継母を演じているケイト・ブランシェット。
リリー・ジェームズ演じるシンデレラが本当にかわいそうで同情してしまう。でも実は苦労人で嫉妬や不安からシンデレラに冷たく当たってしまうという人物像が細かに描かれていて今までのシンデレラとは少し違った作品。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

悪役ながら美しい

意地悪な継母を演じたケイト・ブランシェット。
悪役ながら美しい!
そのスタイリッシュなファッションも素敵。
シンデレラよりケイト・ブランシェットばかりに目がいってしまって…
ケイト・ブランシェットがさすがの存在感を示した作品。

意地悪な役もいける、ケイト

シンデレラの意地悪継母のイメージを更に高めた映画。内容は誰でも知っている内容だけに、映像化は期待されていたと思いますがケイトの存在でとても良くなったと思います。他の俳優の演技力のなさが目立ってしまった映画。

コメントをもっと読む

6キャロル(2015年)

キャロル(2015年)

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間118分
監督トッド・ヘインズ
メインキャストケイト・ブランシェット(キャロル・エアード)、ルーニー・マーラ(テレーズ・ベリベット)、サラ・ポールソン(アビー・ゲルハルト)、カイル・チャンドラー(ハージ・エアード)、ジェイク・レイシー(リチャード)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ケイト様にだったら抱かれてもいい!!ひたすらかっこいいケイト・ブランシェットが観たい人におすすめ

女性同士の同性愛を描いた作品ですが、是非とも一度偏見なしにまっさらな心で観て欲しい。とにかくケイト様が美しく麗しい。テレーズ役のルーニー・マーラも可愛らしいですが、2人の美しさの違いが巧みに表現されていて、互いに惹かれる気持ちに自然と共感を覚えます。テレーズがキャロルに心奪われる気持ちが分かりすぎるくらいケイト様が美しく、また景色の描写も美しいので様々なシーンでうっとりしてしまう一作。

筑紫

筑紫さん

2位に評価

同性が見てもドキドキする美しい妖しさ

50年代の古き良きNYの光景をバックに、惹かれあった2人の女性達の恋する気持ちが妖しくも美しく描かれると共に、世間体や当時の常識から外れている事への葛藤、それぞれの家庭やパートナーとの関係の悩みも含めて、丁寧に描かれた物語。当時の百貨店の建物もお洒落で魅力的。けれど何と言っても憂いを帯びた笑みをたたえる、ケイトの凛とした佇まいに見惚れてしまう事必至。

etchan68

etchan68さん

3位に評価

カメレオン俳優

Cブランシェットにだったら抱かれてもいい。むしろ抱かれたい。

7ブルージャスミン

ブルージャスミン

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間98分
監督ウディ・アレン
メインキャストケイト・ブランシェット(ジャスミン・フランシス)、アレック・ボールドウィン(ハル・フランシス)、ボビー・カナヴェイル(チリ)、ルイ・C・K(アル)、アンドリュー・ダイス・クレイ(オーギー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

痛い女

完璧主義者ほど、案外もろくて、一回崩れ落ちたら立ち直れんよな〜。プライドが邪魔してくるんよね〜。

報道の裏側

ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指していたころに、アメリカの有名テレビ局・CBSで実際に報道された軍歴詐称に関するスクープをもとに制作された実話映画。

報道された情報が真実なのか否か、結局のところはわからないままだけど、さまざまな圧力によって事実がねじ曲げられていくことは確かだと思います。事実がどうであれ、やっぱり政治の圧力には勝てないみたいですね…。

ケイト・ブランシェットが演じた女性プロデューサーが優秀すぎて、感激しました。こういう政治に関する実録みたいな映画、アメリカではよく制作されているけど、日本は絶対につくらないですよね。今の日本こそ見るべき映画だと思います。

権威に逆らう人が消える構図はいつまで経っても変わらない気がしますね。

女帝

女帝さん

1位に評価

9理想の結婚(映画)

理想の結婚(映画)

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間97分
監督オリヴァー・パーカー
メインキャストケイト・ブランシェット(ガートルード・チルターン)、ジュリアン・ムーア(ローラ・チーヴリー夫人)、ミニー・ドライヴァー(メイベル・チルターン)、ルパート・エヴェレット(アーサー・ゴーリング卿)、ジェレミー・ノーサム(ロバート・チルターン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

名女優の対決

20年も前の映画なれど、ケイト・ブランシェットとジュリアン・ムーアという名女優の対決が見られる作品。
ケイト・ブランシェットは美しいし、何より毒を持った悪女を演じたジュリアン・ムーアが素晴らしい!

10マイティ・ソー バトルロイヤル

マイティ・ソー バトルロイヤル

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リーソーは地球を守るため、「アベンジャーズ」の一員として戦ってきた。ある日彼の目の前に、死の女神と称される「ヘラ」が現れる。彼女は、アスガルド破壊を目論み、次々と攻撃をしてくる。ソーの究極の武器である・ムジョルニアを、いとも簡単に操れるほどの圧倒的パワーをもつヘラ。最強の敵に立ち向かうため、弟で宿敵のロキ、メンバーとして共に戦った、盟友ハルクらとともに、チームを結成し立ち向かっていく。ソーは破天荒な仲間とともに、世界を守ることができるのか……!
制作年2017年
上映時間131分
監督タイカ・ワイティティ
メインキャストクリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、浅野忠信(ホーガン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

怖い姉

気高く威厳のある役を演じることの多いケイト・ブランシェットですが、ここでは神の役。
死を司る神であり、主人公ソーの姉であり、めちゃくちゃ強い、怖い。
作る側も誰にこの役を演じてもらうかと考えた時に、まず候補としてケイト・ブランシェットを挙げるんでしょうね。

11あるスキャンダルの覚え書き

あるスキャンダルの覚え書き

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間98分
監督リチャード・エアー
メインキャストジュディ・デンチ(バーバラ・コヴェット)、ケイト・ブランシェット(シーバ・ハート)、ビル・ナイ(リチャード・ハート)、スティーヴン・コナリー(アンドリュー・シンプソン)、マイケル・マロニー(校長)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

12アビエイター

アビエイター

引用元: Amazon

制作年2004年
上映時間169分
監督マーティン・スコセッシ
メインキャストレオナルド・ディカプリオ(ハワード・ヒューズ)、ケイト・ウィンスレット(キャサリン・ヘプバーン)、ケイト・ベッキンセール(エヴァ・ガードナー)、ジュード・ロウ(エロール・フリン)、アレック・ボールドウィン(ホアン・トリップ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

レオ様の「タガが外れてしまった人」の演技はやはり天下一品!

実話を元にした作品なのでストーリーは賛否が分かれるところですが、主演のレオナルド・ディカプリオの常人から少し、いやかなり?逸脱してしまった人間の描き方と、ケイト・ブランシェットのこれぞ大女優!という余裕たっぷりな佇まいとその美しさに引き込まれます。

筑紫

筑紫さん

3位に評価

13バベル

バベル

引用元: Amazon

制作年2006年
上映時間142分
監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
メインキャストブラッド・ピット(リチャード)、ケイト・ブランシェット(スーザン)、ガエル・ガルシア・ベルナル(サンチャゴ)、役所広司(ヤスジロー)、菊池凛子(チエコ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

14エリザベス:ゴールデン・エイジ

エリザベス:ゴールデン・エイジ

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間114分
監督シェカール・カプール
メインキャストケイト・ブランシェット(エリザベス1世)、ジェフリー・ラッシュ(フランシス・ウォルシンガム)、クライヴ・オーウェン(ウォルター・ローリー)、アビー・コニッシュ(ベス)、サマンサ・モートン(メアリー・スチュワート)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

16ギフト(映画)

ギフト(映画)

引用元: Amazon

『ダークマン』のサム・ライミ監督が描くサスペンススリラー。人の運命を見抜く能力“ギフト”がある女性占師・アニーは、町で起こった失踪事件を占うことになった。捜査は順調に進んでいるかに見えたが、今度はアニーの身に危険が迫る。

もっと見る

17ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!

引用元: Amazon

『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(Hot Fuzz)は、2007年の。『ショーン・オブ・ザ・デッド』に続くエドガー・ライト監督・脚本、サイモン・ペグ脚本・主演作品。ブラック・コメディおよびアクションでありながらサスペンスの面を併せ持つ。ライト・ペグ・フロスト・パークの関与する「スリー・フレーバー・コルネット3部作」第2作目に相当する。

もっと見る

アクションもコメディもサスペンスも

ケイト・ブランシェットがカメオ出演したサイモン・ペグ主演のアクションコメディ。
ファンの署名運動で公開にこぎ着けた作品とあって、これはおもしろい!

優秀すぎるというおかしな理由で田舎町に左遷された警察官サイモン・ペグ。
いい人たちばかりが住む田舎だと思いきや…
アクションコメディであり、サスペンスにしてホラー要素もあり。
何よりサイモン・ペグとニック・フロストのコンビが最高。
色んなアクション映画にオマージュを捧げた作品でもあります。

18ハンナ

ハンナ

引用元: Amazon

『ハンナ』(原題: Hanna)は、ジョー・ライト監督による2011年のアメリカのアクションスリラー映画である。主演はシアーシャ・ローナンであり、ライト監督とは『つぐない』以来、2度目のタッグとなる。2019年にはテレビドラマにリメイクされ、Amazonビデオで配信された。

もっと見る

怖すぎるケイト

ラスボスを演じるケイトですが、かなり怖いです。CIAの女エージェントで主人公を追跡する役どころ。イメージは女王の教室の阿久津真矢のような出で立ち、最後の遊園地でのシーンは個人的には良かったですが、世間的にあまり評価されていない映画ではあります。

19ミッシング(2003)

ミッシング(2003)

引用元: Amazon

『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督がトミー・リー・ジョーンズとケイト・ブランシェット主演で贈るサスペンスアクション。孫娘の誘拐を機に、過去の確執を引きずった父と娘が次第に絆を回復していく。

もっと見る

21

21位~22位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ