みんなのランキング

米澤穂信の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

愚者のエンドロールボトルネック氷菓(小説)春期限定いちごタルト事件クドリャフカの順番

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数8
投票数39

短編集『満願』と長編『王とサーカス』で史上初の2年連続ミステリーランキング3冠を達成した作家の米澤穂信。今回みんなの投票では「米澤穂信の人気書籍ランキング」を決定します。代表作の1つで映画化された『インシテミル』やデビュー作の『氷菓』はもちろん、新境地に挑戦した『折れた竜骨』や2018年に発表した『本と鍵の季節』がランクイン?あなたがおすすめしたい米澤穂信の作品も教えてください。

最終更新日: 2020/05/02

ランキングの前に

1分でわかる「米澤穂信」

史上初の快挙を成し遂げた「米澤穂信」

1978年生まれ、岐阜県出身の「米澤穂信」。2001年、アニメ化及びドラマ化されたデビュー作『氷菓』を発表し、角川学園小説大賞奨励賞を授賞します。ちなみにこの作品はのちに続く「古典部シリーズ」の1作目でした。さらに、2002年『愚者のエンドロール』を発表すると、続いて2004年に発表された『さよなら妖精』が高く評価されます。また、2007年に発表された作品『インシテミル』は映画化されるほどの人気作品に。そして2015年に発表した短編集『満願』が3つのミステリーランキングで国内1位に選ばれ、三冠を達成。これは史上初の快挙でした。続いて2015年に長編『王とサーカス』でも2年連続の三冠を達成します。その他にもパラレルワールドを舞台にした『ボトルネック』やファンタジーとミステリーの組み合わせが話題を呼んだ『折れた竜骨』などの作品を次々と発表。現在は、新作の執筆を期待される人気作家の1人です。

デビューまで

米澤穂信は大学時代に読んだ『空飛ぶ馬』、『六の宮の姫君』をきっかけにミステリーの執筆を思い立ちます。そして大学卒業後、「2年間だけ小説の夢にチャレンジしたい」と両親を説得。岐阜で書店員として働きながらも執筆を続けた結果、2001年に『氷菓』でデビューしました。

ユーザーのバッジについて

米澤穂信の作品を全作品読んだことがある。

米澤穂信の作品を15作品以上読んだことがある。

米澤穂信の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1氷菓(小説)

氷菓(小説)

引用元: Amazon

『氷菓』(ひょうか)は、2001年11月に刊行された米澤穂信のライトノベル系推理小説。『〈古典部〉シリーズ』第1作であり、第5回角川学園小説大賞内で新設されたヤングミステリー&ホラー部門で奨励賞を受賞後、角川スニーカー文庫〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉から刊行された著者のデビュー作である。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

大人気古典部シリーズ第1作

アニメ化もされた「古典部シリーズ」第1作目であり、記念すべきデビュー作でもあります。ライトなミステリー小説ではありますが、ほのぼのとした高校生の日常らしい風景も描かれています。最後まで伏線の回収の仕方が美しいので2度読みしたくなること間違いなしです。

報告

米澤穂信の原点にして人気シリーズの第一作

本作は米澤穂信のデビュー作であり、『古典部シリーズの』第一作です。活き活きとしたキャラクター達と日常の謎を掛け合わせた作品で、初めて米澤穂信作品を読もうと思っている人におすすめの作品です。私が米澤穂信作品にはまったきっかけの作品で、思い入れも強いため3位に選ばせていただきました。

koshiki

koshikiさん

3位に評価

報告

偉大なスタート

章が複数あって、各章で小さくてほんわかする謎を解決しつつも、表題にある「氷菓」の謎という大きなゴールに向かっていく素晴らしい構成。短編の連なりで大きな1つの作品となっているという意味では短編的な側面もあり、非常に読みやすい作品です。ノンストレスで読めるのは素晴らしい。

報告
コメントをもっと読む

2ボトルネック

ボトルネック

引用元: Amazon

『ボトルネック』は、2006年に 新潮社から刊行された米澤穂信の推理小説。石川県金沢市と福井県東尋坊を舞台とした、パラレルワールドを扱った青春SFミステリ。自分の住む環境とは似て非なるパラレルワールドに迷い込んだ少年がパラレルワールドと本来いる世界の相違から見出した真実に打ちのめされていく様が描かれている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

強烈な印象を読後に残す灰色の青春ミステリー

本作は、米澤穂信作品にしては珍しいSFとファンタジーが融合したようなミステリーになっています。家族と上手くいっていない主人公が、自分が存在していないパラレルワールドに迷い込むところからはじまり、衝撃な事実を目の当たりにして終わります。暗いですが、読みやすく先が気になる物語になっていて、ラストに強烈な読み味を残してくれるため、1位に選びました。

koshiki

koshikiさん

1位に評価

報告

救いようのない残酷さ

パラレルワールドものだから気楽に読めば良いと気を抜いて読み進めていると最後に残るのは絶望感のみ。自分が存在しなかった世界では全てが上手くいっていると知ってしまった主人公の選択と、タイトルであるボトルネックの意味が胸に突き刺さります。

報告

二つの世界が描かれる、奇怪で巧妙な世界観

自分が存在する世界と、存在しない世界。パラレルワールドの中には驚くべき「違い」とそれによって変わる「未来」があります。小さな変化から大きな変化まで。

報告

3春期限定いちごタルト事件

春期限定いちごタルト事件

引用元: Amazon

『春期限定いちごタルト事件』(しゅんきげんていいちごタルトじけん)は2004年に創元推理文庫から刊行された米澤穂信の推理小説。〈小市民〉シリーズの第一弾。「小市民を目指す」という目的を共有したシリーズの主人公・小鳩常悟朗と小佐内ゆきが物語の舞台となる船戸高校に入学した高校一年の一学期の出来事を描いた連作短編集。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

もどかしい二人に注目

優しい推理小説。
目の前に現れた謎についつい首を突っ込みたくなる主人公と、自分に危害を加えた人間には徹底的に報復せずにはいられないヒロインが小市民を目指しているが、この本を読んでいると本音を隠して右往左往する姿に思わず共感してしまいます。
依存関係ではない。ましてや恋人なんてものでもない。
二人の関係にドキドキが止まらないです。

報告

ポップな推理小説

他にはない推理小説な感じがとても軽くて好きです。主人公の2人の小市民を心がけようとする生活、それとは裏腹に事件がたくさん降ってきてそれを解決して、また小市民的生活に戻っていく目立たないことを心掛ける少年少女たちのちょっと変わった推理小説になってて面白いです

報告

さらっとした「小市民シリーズ」

古典部シリーズよりさらに軽めな小市民シリーズ。ささやかな日常の中で二人にさらっと降りかかる謎を解いていく、甘くも酸っぱくもないのに青春を感じる一冊です。

報告

4愚者のエンドロール

愚者のエンドロール

引用元: Amazon

『愚者のエンドロール』(ぐしゃのエンドロール)は、2002年8月に刊行された米澤穂信の推理小説。『〈古典部〉シリーズ』第2作。前作『氷菓』同様、角川スニーカー文庫〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉から刊行されたが、レーベル自体が廃止されてしまったため、シリーズは本作で一時中断されることとなったが、シリーズ再開に伴い角川文庫で文庫化された。発表時および角川文庫版の英題は「Why didn't she ask EBA?」(なぜ江波に頼まなかったのか?)。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

古典部シリーズ2


脚本が途中で消えてしまったミステリー映画の結末を、途中までの映像をもとに解明していくという変わった内容。人が死なない系の学園×推理小説ではできない、殺人現場の推理が含まれていて楽しい。

報告

5クドリャフカの順番

クドリャフカの順番

引用元: Amazon

『クドリャフカの順番』(クドリャフカのじゅんばん)は2005年6月30日に刊行された米澤穂信の推理小説。『〈古典部〉シリーズ』第3作。前作『愚者のエンドロール』から約3年ぶりのシリーズ作品となり、本作から角川書店より四六判で刊行されるようになっていった。単行本での副題は「十文字事件」だが、2008年5月25日に文庫版が発売された際は外されている。文庫版の英題は「Welcome to KANYA FESTA!」。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

古典部3作目の面白さ

数ある古典部シリーズの中で、1番盛り上がりのある、文化祭のお話がメインに置かれています。文化祭で起こる事件を奉太郎が、どう解いていくのかが1番面白い作品だと思います。ヒントが散りばめられていて、見ていて、こちらも犯人は誰か予想も立てられるのも面白いです。

報告

古典部シリーズのお気に入り

実は、古典部シリーズの作品の中で個人的な一押しはこの作品です。登場人物4人の目線で描き分けられていて、文化祭という高校生の青春を切り取った中で起きる日常のささやかなミステリーです。

報告

3作目にして最高傑作

文化祭での推理が、複数の登場人物の視点で語られさらにはそれが結び付いく素晴らしい構成

報告

6真実の10メートル手前

真実の10メートル手前

引用元: Amazon

『真実の10メートル手前』(しんじつの10メートルてまえ)は、米澤穂信による日本の推理小説短編集。『ユリイカ』(青土社)、『ミステリーズ!』(東京創元社)などでの掲載を経て、東京創元社より2015年12月25日刊行。2016年の「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)国内部門2位、2017年の「ミステリが読みたい!」(早川書房)国内編1位、「このミステリーがすごい!」(宝島社)国内編3位に選出された。2016年第155回直木賞候補作。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

記者の話

短編に分かれていて読みやすかったです。太刀洗という記者のお話で、全6編?!に分かれていて、好きなところから読んでも、それなりに楽しむことができると思います。「王とサーカス」というものもあるので読んでみる価値ありです。

報告

7追想五断章

追想五断章

引用元: Amazon

『追想五断章』(ついそうごだんしょう)は、米澤穂信による日本の推理小説。『小説すばる』(集英社)2008年6月号から12月号に掲載され、2009年8月30日に刊行された。第63回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作。「このミステリーがすごい!」2010年および「本格ミステリ・ベスト10」2010年版で第4位、「週刊文春ミステリーベスト10」2009年で第5位、「ミステリが読みたい!」2010年版で第3位にランクインした。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

穏やかさと切なさの一体感

亡くなった父が遺した5つのリドルストーリーを探す話だが、米澤穂信の凄さを改めて実感する物語。
静かに静かに進んでいく作品の中に今の生活や人生に抗う様子に青春を感じさせられる。
一通り読み終えてから序章を見返りして、すっきりする。

報告

8遠まわりする雛

遠まわりする雛

引用元: Amazon

『遠まわりする雛』(とおまわりするひな)は、2007年10月3日に角川書店から刊行された米澤穂信の短編推理小説集。『〈古典部〉シリーズ』第4弾であり、シリーズ初の短編集となる。2010年7月24日に文庫版が発売、英題は「Little birds can remember」。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

9さよなら妖精

さよなら妖精

引用元: Amazon

『さよなら妖精』(さよならようせい)は、2004年に東京創元社から刊行された米澤穂信の推理小説。岐阜県高山市をモデルとした地方都市・藤柴市を舞台に、語り部を務める守屋路行を含む4人の高校生と、ユーゴスラビアから来た少女・マーヤの交流を描いた青春ミステリ。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

日常の謎を解いた先に見えるものは

本作は、ユーゴラスラビアから来た少女と高校生の交流を描いた青春ミステリーです。構成は連作短編になっていて、ラストには感情を揺さぶられる真実が明らかになります。ただ日常の謎を扱っているだけではなく、異文化交流についての話が随所に織り込まれていて、考えさせられる物語になっています。痛みを伴う少年少女の気持ちが読後に強く印象に残ったため2位に選びました。

koshiki

koshikiさん

2位に評価

報告

10儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

引用元: Amazon

『儚い羊たちの祝宴』(はかないひつじたちのしゅくえん)は、2008年に新潮社から刊行された米澤穂信の短編推理小説。 上流階級の関係者が主人公であること以外、各編はそれぞれ独立したストーリーを展開するが、一部の登場人物が「バベルの会」と呼ばれる読書サークルの関係者であるという共通項があり、書き下ろし作「儚い羊たちの晩餐」にて「バベルの会」に纏わる話が描かれる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

全部読み終わった時に知る衝撃

それぞれに「バベルの会」という、とある大学の読書会が登場するものの、全体としては5話からなる短編集です。しかし、最後まで読むとそのつながりと驚愕の事実に気づくことができます。背筋がぞくっとする快感をお楽しみください。

報告

11ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算

引用元: Amazon

『ふたりの距離の概算』(ふたりのきょりのがいさん)は、2010年に角川書店から刊行された米澤穂信の推理小説。『〈古典部〉シリーズ』第5弾。『野性時代』2009年11月号から2010年4月号まで連載され、2010年6月に単行本化、2012年6月22日に文庫版が発売され、英題は「It walks by past」。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

個人的に一番共感できた。

大日向の友達らしさを求める思考には共感できた。

報告

12インシテミル

インシテミル

引用元: Amazon

『インシテミル』は、米澤穂信による日本の推理小説。クローズド・サークルを舞台とした殺人ゲームを主題とした作品であり、作者は「自分なりにとことんミステリを追究した」作品と語っている。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

映画化もされた名作

映画としても中々の面白さだと思いますが、文章だけで表現された原作小説はもっと読み応えのあるものになっています。デスゲームに隠された真実を解き明かすミステリーになっていて、作者がとても凝って作ったと言っていたように読み終わった後の満足感はすごかったです。

報告

13満願

満願

引用元: Amazon

『満願』(まんがん)は、米澤穂信による日本の推理小説短編集。『小説新潮』(新潮社)および『小説すばる』(集英社)などでの掲載を経て、新潮社より2014年3月20日刊行。第27回山本周五郎賞受賞作。2014年の「ミステリが読みたい!」(早川書房)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文藝春秋)、「このミステリーがすごい!」(宝島社)において国内部門1位となり、史上初のミステリーランキング3冠に輝いた。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ