みんなのランキング

西加奈子の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

さくら(小説)サラバ!きいろいゾウ(小説)漁港の肉子ちゃん円卓

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数19
投票参加者数26
投票数106

今をときめく人気作家でテレビやラジオなど多数のメディアに出演している西加奈子。今回みんなの投票では「西加奈子の人気書籍ランキング」を決定!直木賞を受賞した『サラバ!』を始めとして、デビュー作の『あおい』や発売前から話題を呼んだ名作『i(アイ)』、映像化された『円卓』、全8作を収録した短編集『おまじない』などの名作がランクイン?あなたがおすすめしたい西加奈子の作品も教えてください。

最終更新日: 2021/01/24

ランキングの前に

1分でわかる「西加奈子」

多くの作品が映画化された「西加奈子」

1977年生まれ、大阪府出身の作家「西加奈子」。デビュー作は2004年に発表された『あおい』です。そして翌年の2005年に発表した作品『さくら』が20万部を超えるヒットを記録します。家族を描いたこの作品は今をときめく若手俳優達が主演を務め、映画化されました。続く2006年には夫婦の愛を題材にした『きいろいゾウ』を発表。この作品も宮崎あおいと向井理の二人が演じ、映画化されました。2015年、直木賞を受賞した人気作『サラバ!』を発表。さらに翌年に発表された『i(アイ)』は発売前から話題になるほど、注目された作品です。他にも、8作が収録された短編集『おまじない』や映画化もされた『円卓』など、これまでに多くの人気作品を世に送り出しました。

デビュー作まで

元々小説を書くことが好きだった西加奈子。基本は自分で自分の作品を読み返すだけでしたが、ある時他の人に読んでもらったところ「感情がない。感情を溜めないとだめ」とダメ出しされます。そこから半年ほど筆を置き感情を溜め続け、偶然降りてきたイメージを元に書き上げた作品がデビュー作の『あおい』でした。

ユーザーのバッジについて

西加奈子の作品を全作品読んだことがある。

西加奈子の作品を15作品以上読んだことがある。

西加奈子の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

ゆっくりとした時間が流れる物語

ムコさんとツマ、2人の夫婦の話がゆっくり進んでいき、それぞれの中で膨れ上がる想い。それぞれの視点があって、読んでいて面白かったです。側から見れば幸せそうに暮らす2人でも、お互い抱えているものがあって、こういう夫婦って多いんだろうなと思いました。大人になればなるほど言えなくなる気持ちもあるよなって共感した部分もありました。

優しい嘘もあるんだ

映画から観たのですが、断然本の方がおススメです。
嘘って言うと嫌なイメージしかありませんが、この作品に出てくる嘘は優しい、相手を想う嘘。
だから、最初は嫌な気持ちにならないのですが、だんだんと効いてくる痛さ、切なさみたいなのがあります。
夫婦って面白いなと思える作品です。

makiko

makikoさん

2位に評価

優しい世界観が大好き

初めて読んだ西加奈子さんの作品です。最初に映画の存在を知っていて、表紙のかわいさについつい手を出してしまいましたが、実際は読んでよかった。不思議な世界観で、優しくて素朴な感じが素敵だなぁと感じました。こんなふたりみたいな時間を過ごしたいと憧れを持ちました。

コメントをもっと読む

2サラバ!

サラバ!

引用元: Amazon

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに―。

もっと見る

特異なのに誰にでもある人生

サラバ!は長編ですが、この人生の先行きが気になって止まらなくなる珠玉の名作です。主人公の生い立ちは、決してどこにでもあるものではないし、共感する部分も少ない(特に私は女性なので共感というものは少し遠い)のですが、西さんはご自分と同じ年齢設定にしていたりと重ね合わせる部分があるという通り、どこか遠くない人の人生のように感じます。

たね

たねさん

2位に評価

直木賞受賞作品

さすがの直木賞受賞作品という感じで、流れ的には一般受けするのかなという印象。共感はあまりできないし、個人的に宗教が出てくる作品が苦手です。
だけど、全編通して、作品自体は面白いし、登場人物も面白い。なさそうな家族だけど、きっと言えない部分を持っている家族が多いので、意外と身近にいるのかなと思ってしまう作品でした。

makiko

makikoさん

3位に評価

西加奈子の自伝的小説

家族の海外出張に伴い幼少期を海外で過ごし、小学生のときに日本は帰ってきてから大人になるまでの男のストーリーです。作者の西加奈子さんも幼い頃はテヘランで過ごしていたそうなので、性別こそ違うもののそんな自分と主人公を掛け合わせたのだと思います。「家族」をテーマにした明日への希望が持てる作品です。

コメントをもっと読む

語り口も愛しく愛しすぎて涙

とにかく西加奈子さんの描く主人公は、愛しい。どんなに不遇な人生だろうと悩みに悩んでいようと、全てが愛しい。
その中でも愛しい主人公が肉子ちゃん。語り口や会話も全てが愛しく、この世界に入って自分もこの愛しい登場人物たちと並んで表現してもらいたいくらい。ボロボロの感情も全て表現してくれる肉子ちゃんが大好きになる作品です。

たね

たねさん

3位に評価

つらつら流れて、最後に大泣きできる作品

最初はつらつらと日常の風景が流れていくような、そんな感覚で読み始めました。インパクト強めで、でもかわいらしい肉子ちゃんにちょっとクスリとしてしまい、気が付いたら心つかまれていました。そして最後にまさかの大どんでん返しというか、まさか大泣きさせられるとは…。いい意味で裏切られた。最高のお話です。

お魚の町で熱い焼き肉を

漁業で栄える港町の片隅で営業を続ける1軒の焼き肉屋を舞台に、たくましく生き抜く親子の姿を描いています。異性との関係にだらしのない母親の菊子に振り回されながらも、大人への階段を登っていく娘・喜久子が可愛らしいかったです。

コメントをもっと読む

4さくら(小説)

さくら(小説)

引用元: Amazon

『さくら』は、作家・西加奈子が著した小説である。2005年2月23日に単行本、2007年12月6日に文庫本が小学館から刊行された。風変わりではあるが、幸せに暮らしていた両親と3人の兄妹。しかし、ある日長男が交通事故に遭遇したことで、その幸せの構図が崩れていきそうになる。そんな中でも唯一変わらない愛犬の「サクラ」を通して、神様から送られた絶望とも取れる運命の構図をユーモアを持って受け取ろうと試みる物語である。

もっと見る

悲しくも温かい物語

家族の中で起こるさまざまな出来事。楽しい思い出ももあれば、もちろんそうではない辛い思い出もあって、本を読み進めれば進めるほど家族の尊さを感じる作品でした。特に兄が亡くなってしまうところは読んでいて辛かったです。弱さというのは強さと紙一重なんだと教えてくれた作品です。

家族の愛を知る

家族って微妙な絆でつながっているものなのかもしれません。ちょっとしたことで絆が簡単に崩れてしまいます。
この小説では壊れてしまった家族が登場しますが、壊れてしまったと思っていても実は愛があります。
自分の周りの愛に気がつかせてくれました。

西加奈子さん世界観に引き込まれる!

独特で優しい世界観に序盤から引き込まれ、ラストに近づくに連れて重たいパワーを感じます。疲れているときには読めないような作品です。
楽しさや人間臭さ、切なさや悲しさ。苦しいけど最後に「希望」を見せてくれる。
感情が揺さぶられっぱなしでした。

ira3ko

ira3koさん

2位に評価

コメントをもっと読む

5円卓

円卓

引用元: Amazon

『円卓』は、西加奈子による日本の小説。『別冊文藝春秋』にて2010年9月号・11月号・2011年1月号に連載、2011年3月5日に文藝春秋より刊行された。家族に愛されながらも、不満ばかりが募り、「孤独」を愛する小学3年生の琴子が、ひと夏を通じて成長していく物語。

もっと見る

切ないけど温かい

西さんの作品でも共感できる部分がたくさんあり、入り込みやすかった作品。
円卓って、ときどき食べに行く中華料理屋さんにあって、家に欲しいなと思っていたので憧れです。
なんでうちはこうなんだろう、なんで私だけこうなんだろうという主人公の気持ちが痛いほど分かる。

makiko

makikoさん

1位に評価

もう一度、何度も読み返したくなる本

こっこの気持ちや考え方が少しずつ変化していくところが魅力的だった。自分自身が子供だったころを思いはせてみたりもしました。出てくる登場人物の個性が強いことも特徴的で、メッセージ性を度外視して笑ってしまうシーンもありそんなところが好きでした。

小学生が主人公のほのぼの小説

芦田愛菜さん主演で実写化もされたこの小説の主人公は小学生の女の子琴子。琴子の周りには個性的な友達や、優しい家族がたくさんいて話は平和に進んでいきますが、物語の後半琴子にピンチが訪れます。小学生の女の子がおりなす成長ストーリーです。

コメントをもっと読む

現実味がある作品

i(アイ)は、震災・世界で起きるテロと、自分の暮らす裕福な環境とのギャップに苦しむ心理を表現している作品です。そんな中でも、自分の出来ることは何かを模索していきます。とても考えさせられるシーンが多かったです。たくさんの人に読んでもらいたい作品です。

アイの強さに注目

主人公のアイと自分の性格を重ねすぎてしまい、物語には納得できない箇所もありましたが、自分の感情に囚われ傷ついて苦しんでいるアイの姿から最後まで目を話すことができませんでした。
アイの生き様をガツンとぶつけられたような強さを感じることができました。

ira3ko

ira3koさん

3位に評価

愛について考えるきっかけになる本

自分自身の存在意義に悩む主人公。アイが葛藤し悩み抜く過程が良かったです。愛について深く考えさせられる作品だと思います。私自身もこの本を読んで、考える部分があったし、この日常にもっと感謝して愛を持って生きていこうと感じました。

人のダメなところも愛しく感じる

主人公の自意識過剰さが、笑えて泣ける名作です。西加奈子さんの作品を読んでいると、人のダメな部分も弱い部分も愛しく感じてしまうのですが、特にこの作品は、窮地に陥れば陥るほどダメダメな部分が見えてくるのですが、その中に愛しさを感じ、最後は泣き笑いしてしまいます。自分に自信をなくしたときなど読みたくなる作品です。

たね

たねさん

1位に評価

主人公の気持ちが何となくわかる

『舞台』に登場する主人公は周りの目を気にして、やりたいことができずにいます。
私も周りの目を気にしてしまいます。気にしすぎると本当の自分ではなくなってしまうし、疲れてきてしまうので、この主人公に共感できる部分がありました。

ニューヨークを舞台にしていて、共感できたから

ニューヨークを舞台に、自分に自信があった主人公が事件に関わることで、考え方が変わっていくところに共感できました。

肩の力を抜いてくれるから

大阪のミナミに暮らす主人公はさえない生活で暗い性格なのに、小説は暗くないのが不思議でした。人生での勝ち組と呼ばれる人にはなれなず、葛藤している人に響く物語だと思います。誰もが正しい、憧れる生活だけがいいものではないと思いました。

孤独なふたりをシンボルタワーが繋ぐ


大阪・ミナミの工場で働く中年男性と、失恋の痛手を忘れられない若い女性を主人公にした第24回織田作之助賞受賞作です。人生のどん底を這いずり回っていたふたりが目撃する、通天閣での小さな奇跡には心温まります。

後を引くヌメッと感

同じ時間の流れの中で登場人物それぞれの視点で物語を分けて書かれていて、それぞれがまた関わりあっているという構成の仕方が面白いと感じました。
ちょっと不気味で不思議な空気感が物語の中にずっと流れていて、それが読み終わった後も後を引く感じがあってなんとも言えない気持ちになります。

わからない!読み返したくなる本

読み終わってすぐに、はて?と考えてしまうような本です。いつも読ませてもらっていた本たちとは、若干雰囲気が違うように感じましたが、いろんな視点からのお話を知ることで、秘密がわかってくる。ふわっとしたお話ではなく、ドキドキするお話でした。再読したい。

ありえないのだけどどこかリアル

冴えない女性2人が、最近この辺りに出没する「足が燃えている男」を探す短いお話です。彼女たちは自分の惨めとも言える人生を変えたいという思いで、毎晩その「炎上している人」がいないかと探します。そして、迎えたラストは読者の予想を裏切るとんでもない展開でした。

11きりこについて

きりこについて

引用元: Amazon

きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。

もっと見る

女性として強く生きていこうと思えた本

女性として生きていく中で、「女性とは〇〇でなければならい」「〇〇な女性がいい」などと言う、呪いのような言葉をたくさん浴びてきました。
でも、この本と出会えたおかげで呪いから解放されて、強く自分らしく生きていこうと思えました。

現実とイメージの差を上手く描いている作品

きりこについては、現実社会に出た時のギャップに苦しむ女性心理を上手く描写している作品です。男女問わず、同じような経験をした人は多いと思います。若い人に読んでもらいたい作品の一つです。また、猫が語り手なので設定が面白いです。

作者らしさが出ていた

この著者の作品をたくさん読んだ後に、この本を読みましたが、西加奈子らしさが出ている作品であると感じ、楽しめました。
女性は見た目が大切であるといった、価値観を持っている多くの人には一度は読んでほしい作品だと感じます。

コメントをもっと読む

大人になってから読み返すと面白い

子供は未知で無垢。そんな子供たちにとって大人はお手本になるべく存在。
だけど大人だって日々成長の過程にあり続けているんだなと考えさせられました。
子供から大人へ成長すること、変化することを受容し、子供の延長線上にあることを忘れてはいけない。そんな気がしました。

ira3ko

ira3koさん

4位に評価

すっと読める、すっと好きになれる

テーマがいのち、と帯に全面的に書いてあった。躊躇というか抵抗もなく、すっと読める西さんらしい文章がすきです。
嫌われたくないという今どきの若い女性のお話だったので、なんとなく自分の気持ちとも重なるところが多く読みやすかったです。

共感

恋は終わる度に傷つく。経験を重ねていっても、また恋をする時には、走り出している。
人の心は人が動かしてくれるんだと、確信した。

編集者と連載作家のバトル

熱すぎるプロレスラー兼作家の守口廃尊の担当を任された、喜怒哀楽のない編集者・鳴木戸定の苦難の日々をテーマにした異色作です。連載原稿という名のリングの上でぶつかり合っていたふたりの間に、不思議な共闘関係が芽生えていく瞬間が圧巻でした。

短編集で内容が凝縮されていた

女性がそれぞれ主人公で短編集なのでギュッと話が濃密でよみごたえがありました。

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ