みんなのランキング

弘兼憲史の漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

係長島耕作部長島耕作人間交差点(ヒューマンスクランブル)課長島耕作(漫画)加治隆介の議

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数7
投票数31

みんなの投票で「弘兼憲史の漫画人気ランキング」を決定!リアリティのある大人の世界を描く、漫画家・弘兼憲史。自身のサラリーマン経験を題材に、中高年向けの作品を多数手がけています。人間模様を描く短編集『人間交差点』(1980年)、サラリーマン・島耕作シリーズの第一弾『課長島耕作』(1983年)、40代以降の恋愛模様を追った『黄昏流星群』(1995年)などの作品がランクイン?あなたが名作だと思う、弘兼憲史の漫画を教えてください。

最終更新日: 2021/01/12

ランキングの前に

1分でわかる「弘兼憲史」

リアリティある世界観が魅力!漫画家・弘兼憲史

課長島耕作(漫画)

課長島耕作(漫画)

引用元: Amazon

弘兼憲史は1947年9月9日生まれ、山口出身。現代社会を生きる大人から、圧倒的な支持を得ている漫画家です。サラリーマンとして松下電器産業(現・パナソニック)に3年勤めていた経験を活かし、大人の葛藤や恋愛模様をリアリティある描写で演出しています。代表作である『課長島耕作』シリーズは、1983年から「モーニング」にて連載され、コミック累計発行部数4000万部を突破しました。

弘兼憲史の代表作

関連するおすすめのランキング

全ジャンルの人気漫画が、一堂に会するランキングはこちら!

>面白い漫画ランキング

ジャンル別作品ランキング!

>ラブコメ漫画ランキング

>ファンタジー漫画ランキング

>SF漫画ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、「弘兼憲史の手がけた漫画作品」が投票対象です。原作を手がけていなくとも、作画を担当していればOK。連載作品はもちろん、短編集の収録作品や読み切り作品などを含む、弘兼憲史の全作品に投票できます。なお、漫画以外の著作物に関しては対象外です。

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

重い

重い話ばかりで終始気が滅入りそうになりますが、一話の中に描かれる人間ドラマを見ることによって、人はこんなにも温かく、醜く、儚く、素晴らしいとさえ思えます。基本的に一話完結の作品となりますが、どの作品にも登場人物の生き様を感じられ、読み進めなければ気が済まないような感覚になります。絵も昔ながらのテイストで、今っぽい漫画の描かれ方はされておりませんが、そこがまた一話一話の作品の良さを生み出していると思います。カッコよくなくて良い、ただがむしゃらに生き抜く姿は清々しさを感じられ、毎回学ぶべきことがたくさんあります。人はいつの時代も変わらないけれども、これが本来の人間の姿なのだとつくづく感じさせられます。

人生の選択

一歩道を見誤れば、各話に出てくる主人公と同じような末を迎えるとなると、背筋がゾッとしますね…。いつ自分に降りかかってもおかしくない話ばかりなので、それを考えると不安しかありません。ですが不安ばかり抱えていても悪くなる一方なので、今普通の生活が出来ていることに日々感謝しながら生きます。

辛さ、悲しみ

短編集でさまざまな人たちが織りなす人間模様が見どころの作品です。
悲喜こもごもの感情が描かれていて、一度読むだけでなく何度も読み返す面白さがあります。この作品を読んだ年齢によっても物語の受け取り方が違う気がしています。

残りの1件のコメントを読む

テンポが良い

島耕作シリーズ、さすが続いているだけあるなという作品のテンポの良さが伺えます。人間関係やその他のトラブルなど、現代社会で起こり得る様々なことがリアルに描かれており、それを乗り越えていく姿が何ともたくましい。男の磨き方をこの一冊にとことん凝縮していると思いました。主人公と自分を置き換えることで物語の中に入り込めるので、女性よりかは男性ファンが多いんじゃないかな?と思いました。思いっきり昭和の時代を描かれているので、現代とマッチさせることは難しいかと思います。ですがそんな時代において昇進し、部長となった島耕作の活躍をしかと見届けて欲しいものです。シリーズものなので、途中から読んでもストーリー展開が分からないと思います。興味がある方は最初から読むことをオススメ致します。

ロングセラー

最初から読んでいますが、とうとう部長にまで昇進したかと嬉しくなりました。ビジネスマンガですが、内容が軽快で面白いですね。島の行動や考え方にどこか共感を覚えます。一気に読んでしまうのを我慢しながら、一言一句味わいながら読んでいます。島のようにモテモテで仕事が出来る人間を目指し、日々努力ですわ。

構成が好き

シリアス展開だけでなく、時々エロさを交えてくるなどのトッピングが何より好き。

3課長島耕作(漫画)

課長島耕作(漫画)

引用元: Amazon

作者弘兼憲史
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載モーニング(1983年~1992年)
巻数全17巻

教科書

バブル時代の雰囲気が分かる、漫画という名の教科書。これを読んで学ぶべきことは数知れず。

シンプルに面白い

いかにも意地が悪そうな上司が登場してあの手この手で嫌がらせしてくるんですが、そんな逆境にもめげずに立ち向かう島耕作の姿には勇気をもらえますね。

本格派

本格派の政治ドラマと銘打たれることもあるが、まさにその名に恥じぬ重厚な作品だと思う。
主人公の加治はもともとサラリーマンだったのが、代議士の父親が死んだことで政界への縁故が生まれ、政治家としての道を踏み出していく。
衆議院選挙に出馬してからはめまぐるしく状況も変わり、父親の事故死が実はほかの議員の汚職を隠すための仕組まれたものだったとか、外務大臣としてロシアや中国などの国々の代表と渡り合ったりと面白い。

信頼できる議員がほとんどいない日本の現状を見ると、加治のような義にあつく真摯でまっすぐな政治家に、決して順風満帆とはいえない日本号の舵取りをやってもらいたいものである。

政治

政治になじみのない自分でも楽しめたお話です。主人公の心情など共感できることも多くてうなづきながら読んでいた記憶があります笑

6黄昏流星群

黄昏流星群

引用元: Amazon

作者弘兼憲史
ジャンル青年漫画
出版社小学館
連載ビッグコミックオリジナル(1995年22号~)
巻数-

大人の恋愛

初めて作品を読んだときは20代と若かったので共感するポイントもさほどありませんでした。しかし30代、40代と歳を経るごとに黄昏流星群のファンタジーな大人の恋愛に惹かれていきます。50代になっても恋心を持ち続けるというのは現実、困難なことではありますが、何歳になっても青春を感じられるっていうのは素敵なことだなと思います。
この作品の良さは少しビターなほろ苦い物語の後味にもあるのではないでしょうか。ちょっと切なくて泣けるけど心を動かされる。中高年だからこそ理解できる、面白く感じられる苦味があると思います。

報道の世界

漫画のなかでも珍しい報道の世界を描いた物語で、ニュースの裏側にスポットが当たっており、真実をいかに正しく視聴者へ届けるか、現場における熱量と意気込みに圧倒された。

現場の臨場感も伝わってきて、1分1秒を争う緊張した展開に、手に汗握る感じ。エピソードのなかには東条英機の処刑の謎を解明しニュースにするというものもあり大変興味深く読ませていただいた。

主人公にすえているのは敏腕かつ情熱あふれるプロデューサー。正義感が強く責任感にも溢れている理想の上司。自分もこうでありたいと思い描く理想的な人物。

弘兼作品といえば島耕作を1番にあげる人も少なくないと思うが、個人的に1番好きなのはこのラストニュースだ。

若手時代

部長になり、社長になり、会長にまで上り詰めた島耕作にだって、理不尽な怒りをぶつけられ、人知れず流した涙を拭きながらなにくそとがむしゃらに働いた新人の時代があった。とはいえそこはさすが島耕作。新人らしい初々しさや情熱だけでなく、冷静さも兼ね備えた男だということがよくわかる。

何よりモテることモテること。シリーズを通してモテモテの島耕作だが、先輩の女性を瞬く間に落としていくさまは、年齢を重ねていくなかで育まれた際の深みだけではなく、人としての魅力からだということを実感する。同じおじさんとして正直羨ましい。

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1ラストニュース

    ラストニュース

  2. 2ヤング島耕作

    ヤング島耕作

  3. 3加治隆介の議

    加治隆介の議

  4. 4課長島耕作(漫画)

    課長島耕作(漫画)

詳細を見る
はらたいら

はらたいらさんの評価


0
  1. 1黄昏流星群

    黄昏流星群

  2. 2人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

  3. 3係長島耕作

    係長島耕作

詳細を見る
  1. 1加治隆介の議

    加治隆介の議

  2. 2係長島耕作

    係長島耕作

  3. 3部長島耕作

    部長島耕作

詳細を見る
ぶっぱ

ぶっぱさんの評価


0
  1. 1人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

  2. 2部長島耕作

    部長島耕作

  3. 3課長島耕作(漫画)

    課長島耕作(漫画)

詳細を見る
小籠包

小籠包さんの評価


0
  1. 1部長島耕作

    部長島耕作

  2. 2人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

  3. 3社長 島耕作

    社長 島耕作

詳細を見る
  1. 1課長島耕作(漫画)

    課長島耕作(漫画)

  2. 2部長島耕作

    部長島耕作

  3. 3人間交差点(ヒューマンスクランブル)

    人間交差点(ヒューマンスクランブル)

詳細を見る
ももん

ももんさんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ