1. トップ
  2. エンタメ
  3. 三島由紀夫の書籍ランキング

三島由紀夫の人気書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

  • 午後の曳航
  • 仮面の告白
  • 金閣寺
  • 潮騒
  • 豊饒の海 第一巻 春の雪

日本文学界を代表する作家の一人であり、評論家や皇国主義者としても知られる「三島由紀夫」。1963年にノーベル文学賞候補になり、国内外問わず認められた歴史的作家です。今回みんなの投票で決めるのは「三島由紀夫人気書籍ランキング」。近代日本文学を代表する傑作の一つ「金閣寺」や、初の書き下ろし小説ながら代表作の一つとされる「仮面の告白」、何度も映画化されて好評を博した「潮騒」など、人気作品は何位にランクイン!?あなたがおすすめする三島由紀夫の作品に投票してください。

最終更新日: 2020/09/25

このお題は投票により総合ランキングが決定

投票参加者数
19
アイテム数
25
投票数
88

ランキングの前に

1分でわかる「三島由紀夫」  

文学界や政治運動に多大な影響を与えた「三島由紀夫」

三島由紀夫は1925年生まれの作家。執筆作品の数々はノーベル文学賞の候補になったほどで、日本のみならず世界中の文学者や文学愛好家にも認められた天才作家です。’’世界の百人(Esquire誌)‘’に選ばれた初の日本人であり、国際放送されたテレビ番組に初めて出演した日本人としても有名。また、"皇国主義"の思想を持っており、随筆活動のほかに評論家や政治家としても活動。1970年にクーデターを促す演説をしたのち割腹自決し、この世を去りました。この出来事は高度成長期の繁栄に沸いていた日本を震撼させ、新右翼が生まれるなど、国内の政治運動に大きな影響を及ぼしました。

三島由紀夫の受賞歴

古代アジアの『ダフニスとクロエ』から着想した「潮騒」が1954年に第1回新潮社文学賞を、日本文学を代表する傑作の一つである「金閣寺」が1956年に第8回読売文学賞を獲得するなど、三島由紀夫にはいくつもの受賞歴があります。さらに1964年には、三島由紀夫本人が「ぼくにとつて、最近五、六年の総決算をなす作品」と位置づけている「絹と明察」が、第6回毎日芸術賞の文学部門賞を受賞しました。

このランキングに投票しているユーザーのバッジについて

  • 三島由紀夫の作品を全作品読んだことがある。

  • 三島由紀夫の作品を15作品以上読んだことがある。

  • 三島由紀夫の作品を5作品以上読んだことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、気軽に参加可能な3つのボタンによる投票と、自分の順位を決めて公開・投票するマイランキングの合計ポイントで決定します。マイランキングの方がポイントは高く、順位に及ぼす影響は大きくなります。

投票ポイント・不正投票について

マイランキングを作ってみる

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

三島由紀夫の書籍ランキング

タップすると画像やコメントを見ることができます。

  1. 1位金閣寺
    詳細
    コメント
  2. 2位潮騒
    詳細
    コメント
  3. 3位仮面の告白
    詳細
    コメント
  4. 4位豊饒の海 第一巻 春の雪
    詳細
    コメント
  5. 5位午後の曳航
    詳細
    コメント
  6. 6位美徳のよろめき
    詳細
    コメント
  7. 7位豊饒の海 第四巻 天人五衰
    詳細
    コメント
  8. 8位花盛りの森・憂国
    詳細
    コメント
  9. 9位若きサムライのために
    詳細
    コメント
  10. 10位複雑な彼
    詳細
    コメント
  11. 11位命売ります
    詳細
    コメント
  12. 12位レター教室
    詳細
    コメント
  13. 13位青の時代
    詳細
    コメント
  14. 14位不道徳教育講座
    詳細
    コメント
  15. 15位百万円煎餅
    詳細
    コメント
  16. 16位行動学入門
    詳細
    コメント
  17. 17位蘭陵王
    詳細
    コメント
  18. 18位反貞女大学
    詳細
    コメント
  19. 19位太陽と鉄
    詳細
    コメント
  20. 20位サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡
    詳細
    コメント
11位から20位を見る

TOP5集計グラフ

合計ポイント差

  1. 1位金閣寺

  2. 2位潮騒

  3. 3位仮面の告白

  4. 4位豊饒の海 第一巻 春の雪

  5. 5位午後の曳航

ポイント男女比

  1. 1位金閣寺

  2. 2位潮騒

  3. 3位仮面の告白

  4. 4位豊饒の海 第一巻 春の雪

  5. 5位午後の曳航

男性女性

ランキングの詳細・コメント

条件による絞り込み:なし

1金閣寺

金閣寺

引用元: Amazon

『金閣寺』(きんかくじ)は、三島由紀夫の長編小説。三島の最も成功した代表作というだけでなく、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされ、海外でも評価が高い作品である。 1956年(昭和31年)、文芸雑誌『新潮』1月号から10月号...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数3
注目

比類なき傑作

三島由紀夫の作品を読んだのはこの「金閣寺」でした。難解で複雑な文章に苦戦し、一行を読んではすぐに眠くなり、結局読み終わるのに半年もかかってしまいました。そんな読み方では普通は物語の筋など覚えておらず、理解できないはずなのですが、最後の一文を読んだ瞬間、私の中に何か大きな変化が起きたのを感じました。いつの間にか涙を流し、過去の自分から脱皮した気がしたのです。それからは何十回も読み直し、その文章の壮麗さや心理描写の巧みさや哲学的な談義の面白さなどに感嘆しました。ただ、最も感銘したのは、主人公が金閣寺を焼くことで、自分を束縛していた未来や過去を破壊し、精神を自由に解き放ち、新たな自分に成長するというラストのシーンが、初めて読み終わったときの私と重なっていたことです。全人類に向けて三島由紀夫が示した進化と革命の書。

注目

狂おしい自我と美への執着

「豊饒の海」四部作を一纏めに1位として、2位がこちら。
ですが、本作は内容といい、金閣のことを「時間の海を渡ってきた船」と表す言葉・文章の美しさと言い、1位と並んだり入れ替わることもしばしばです。
20代の頃はこちらが1位だったし、何度か京都を旅した時は、荷物の中に文庫本を必ず入れていました。

新着

ショッキングな青春の体験にドキリとする。

綴られる内容はショッキングなものが多く、主人公少年やその友人の素行については決して良いものだとは言えません。
しかし、人物が起こす各アクションごとに生じる人間心理を表す描写はとても迫力があり、テンポもよくて読みやすい、そしてとんでもない事件を起こす主人公にどこか共感を得ることもできるのが不思議な魅力となっている作品です。
最後に燃える金閣寺をイメージして読後の余韻に浸ったことが想い出深いです。

感じるものが多い。

金閣寺の美しさに魅入られた男の話。高校生くらいの時に読んで、その頃は難しい表現や言葉が多く、理解出来ませんでした。吃りをもつ主人公、内翻足の友人のもつなんともいえぬ邪さや、道から逸れようとする葛藤が印象的でした。大人になってから読むと、感じるものが多いです。心理描写がとても上手い!

いろいろな大切なことに気づかせてくれる良い小説

この小説には幼い頃から「金閣寺の美しさ」について父親から教え諭されて育った少年の中で、金閣寺の存在が少年の人生に良くも悪くも強い影響を与えて行くストーリーが描かれていますので、親が子に諭す言葉についての重要さについて色々と考えさせられました。様々な大切なことに気づかせてくれる良い小説だと思います。

解らないでも無い。

個人的にこれぞ三島文学だと思っています。
綴られる美しい日本語と情景とに圧倒され、この醜く拗けた主人公の心情がこうも美しく表現され、語らせるのかと溜息をつきながら読みました。
屈折した精神を見下しながらも共感してしまう、複雑な年頃にハマった作品です。

溝口の心に共感した

美に対しての執着を持ってしまったコンプレックスの塊のような主人公の溝口にとても感情移入してしまいましたね。女性に対してもなかなか思い切りいけない姿が自分とダブりました。とても美しい文体が続き酔いしれる。文章の芸術作品だと思いました。

ストーリーと、描写が素晴らしいです。

読めば読むほど、三島由紀夫さんの表現力に驚かされました。
金閣寺の美しい情景を記している所が私にビシビシ伝わってきてすごい。
主人公のかなり異常な心理描写もすごくて、終始興味を持って読むことができました。

傑作

三島由紀夫の色褪せることのない傑作です。

金閣寺が燃えた真相?

様々な悩みや、環境から自分の人生に絶望感や世界に対する拒絶感を感じ独特な歪んだ慣性から、失われてしまう美しさに気づいてしまった主人公。金閣寺に秘められる悲劇的な美。

文章が、言葉が、表現が美しい。

金閣寺が放火される作品。修学旅行で金閣寺を訪れた時、この小説を思い出し、しばらく動けませんでした。

残り8件のコメントを見る

2潮騒

潮騒

引用元: Amazon

『潮騒』(しおさい)は、三島由紀夫の10作目の長編小説。中編小説とみなされることもある。三島の代表作の一つで、何度も映画化されるなど一般的にも人気の高い作品である。 1954年(昭和29年)6月10日に書き下ろしで新潮社より刊行...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

苦労して結ばれる2人の物語に感動を覚えます

とても有名な小説で、映像でも見たことがありますが、細かい部分まで省かれることなく、物語の全てが分かるのはやはり原作のこの小説です。
照吉に認められるまでの新治のさまざまな苦労が初江への愛の強さを表していて、読んでいてとても勇気づけられました。

注目

純愛な青春が書かれている

三島由紀夫の作品として珍しく純愛を取り上げている。
真面目な漁師である若者の男らしさは三島が好きな題材であるが、島の生活や風習、漁師の過酷さもよくわかります。
ハッピーエンドなので、読書後も余韻を楽しむことができます。

新着

感動する

三島由紀夫さんが執筆した小説はクセが強かったり、毒気があるストーリー展開が多い気がするのですが、この「潮騒」という小説は純粋で健康的な男女の恋愛が描かれていて読みやすい作品だと思います。
そしてこの2人がさまざまな障害や困難を乗り越えて2人の幸せを手に入れて行く姿が描かれているので感動します。
また舞台が小さな島なので、そこにある美しい情景を思い描きながら読むのが楽しかったです。
流石、何度もこの小説をもとにした映画が作成されているのも納得の、良い小説だと思います。

光が綺麗

情熱的で、清々しい恋物語。とても綺麗です。

純粋な恋愛ってやっぱりいい。

静かで、穏やかで、清々しさがありました。神島に行きたくなりました。島で生まれ育ち、島で恋愛し暮らす。何とも質素だけれどもそんな生き方も悪くないと思いました。

純愛とはまさにこれ

小説を読み進めていく中で主人公、新治の気持と一緒にドキドキしたり、苦しくなってしまう。純粋な恋愛とはまさにこういうことを言うんだと感じさせられます。

美しい。

美しく素朴な島の中で生まれた若い恋を皆で見守るお話です。 少女の純粋な少女らしさみたいな… 大人にはできない十代の恋愛って美しいなと思います。

残り4件のコメントを見る

3仮面の告白

仮面の告白

引用元: Amazon

『仮面の告白』(かめんのこくはく)は、三島由紀夫の2作目の長編小説。三島の初の書き下ろし小説である。1949年(昭和24年)7月5日に書き下ろしとして河出書房より刊行された。 当時、同性愛というテーマを赤裸々に綴ったことは大きな...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

「性」が大きく注目された時代

三島由紀夫が『仮面の告白』を発表した当時、文壇にも大きな反響が起き、この作品で三島も一躍有名な作家の仲間入りを果たしました。
同性愛を扱い、「愛」とはなにかについて煩悶する主人公を描いた作品として広く知られています。「同性愛」が認知され、受け止められるようになってきている現代では、この作品の衝撃を当時ほど感じることができないかもしれませんが、三島の詩的で流麗な筆致の魅力は褪せません。
私個人の考えとしては、『仮面の告白』が書かれた時代の前後は、意外にも「性」が注目されていた時代だと思っています(それ以前には、大きく「性」を取り扱う作品が少ないのでは?)。
日本人がどのように「性」に向き合ってきたのか、よく分かる作品だと思います。

注目

若き才気

三島由紀夫の文章が美しいことはよく言われることですが、中でもこの作品の文章の特異さは桁違いです。特にこの小説は彼が若い頃に書かれたとは思えないほど文章がエロティックで甘美的で、才気を匂わせる作品だと思います。

新着

三島由紀夫はまずこれを。

幼い頃、なにを綺麗と思ったかを覚えていること。自分の脳裏に強烈に突き刺さったことなどが生の言葉で綴られているように思います。
自伝的な小説であり、三島由紀夫とはどんな人なんだろう?という方におすすめです。

同姓を好きになる人の葛藤、苦しみがわかる

1949年に出版されているので既に60年以上前の作品ですが、男性が同姓を好きになる心情と苦しみが痛いほどわかる小説になっています。
今の時代では多少理解されていますが、当時は変人とみなされていた様子が書かれており、女性に対しプラトニックな感情で接しますが、余計苦しみを増してしまいます。

自伝的な部分も多いと言われている傑作です

本人の自伝的な部分が多く含まれていると言われており、小説の中でなら色々なことがカミングアウトできるといった意味合いからのタイトルだとも考えて、この時代としては斬新な作品だと思います。

同性愛の心理描写

同性愛が受け入れられてきている時代になっているから大したことないけど、これが書かれた時代を考えると結構衝撃だったのではないか。 ストーリーも良いけど、やりすぎに感じるくらい美しい文章が素晴らしい。

自分はいったい何者なのか、どう生きればよいのか奮闘する物語

自身の恋愛観に悩む主人公

残り4件のコメントを見る

4豊饒の海 第一巻 春の雪

豊饒の海 第一巻 春の雪

引用元: Amazon

『豊饒の海 第一巻 春の雪』は、三島由紀夫の最後の長編小説である『豊饒の海』(ほうじょうのうみ)全4巻のうち、第1巻目にあたる。貴族の世界を舞台にした恋愛小説。 文芸雑誌『新潮』にて、1965年(昭和40年)9月号から1967年...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数2
注目

ストーリーの流れが端麗

大人になりきれない男女の悲恋物語です。全てで、四部作あるだけに、次につながるであろう伏線やシリーズ全体をつなぐテーマの輪廻転生や仏教がきれいに織り込まれています。比喩とかの表現がとても綺麗です。

注目

後半がドラマティックで引き込まれる

この小説には華族や貴族の豪華な生活ぶりや恋愛事情が描かれているので、興味深かったです。
そして後半はストーリー展開がドラマティックなので引き込まれました。

5午後の曳航

午後の曳航

引用元: Amazon

『午後の曳航』(ごごのえいこう)は、三島由紀夫の長編小説。横浜山手を舞台に、ブティックを経営する未亡人と息子、その女性に恋する外国航路専門の船員とが織り成す人間模様と、少年たちの残酷性を描いた作品。 1963年(昭和38年)9月...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

結末が衝撃的

この小説は子供の視点から見た周りの大人たちのことが描かれているので独特的な雰囲気で興味深いし、特に最後の結末が衝撃的でした。

6美徳のよろめき

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

正しさとはなんなのか考えさせられる

不倫を題とした愛憎劇。不倫相手の男はとても魅力的とはいえない。しかし、逢瀬のたびにいきいきとしたり、しおらしくしたりしてみせるヒロインを見ると、最初は「なぜこんな男に…」と思っていたはずが、ラストには本当の愛はここにあるんじゃないか、とさえ思えてくる。
好きな気持ちを堪えて別れを切り出し、居た堪れず手紙を出してしまうラストに「感情を無視した正しさ」の中で生きる女の物悲しさがある。

7豊饒の海 第四巻 天人五衰

豊饒の海 第四巻 天人五衰

引用元: Amazon

執筆期間は1970年(昭和45年)5月から同年11月まで。三島は最終巻の取材のため、1970年(昭和45年)5月に清水港、駿河湾を訪れ、5月末頃に題名を〈天人五衰〉に決めた。

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

最後の小説

豊饒の海は他巻も素晴らしいですが、特に最後の小説である本小説は、三島文学のグランドフィナーレを担っていますが、この小説の調子はとても静的で、劇的な死を遂げた本人との最期と好対照を成しています。

注目

「豊饒の海」四部作の大団円

以前何かで見た四部作の人気ランキングは上から1、2、4、3部目の順だったように記憶しています。
が、私は最後の「天人五衰」を読んだ時の、興奮とも茫然自失とも言える状態が忘れられず、本作が自分の1位となりました。
しばらく毎日、4人目が本物か偽物かを考えていました。
あんなに心が支配され、とりつかれたようになった読書体験は、非常に稀でした。

8花盛りの森・憂国

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

かわいい三島由紀夫

時代背景もあろうが、難しい熟語で埋め尽くされたこの小説は三島由紀夫が15歳の頃に描いたものである。めいっぱいの背伸びを感じる文章でありながら、中身は純愛である。
純粋な感性と陰鬱な時代のコントラストに三島由紀夫のあぶらぎった青春を感じて、三島由紀夫を1人の人間として好きになる、三島オタク向けの小説。

注目

短編

花ざかりの森や、詩を描く少年、憂国などの作品が収録されています。
読みやすく、でも読み応えがあります。

9若きサムライのために

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

東大を動物園にしろ、は一読の価値あり

東大を動物園にしろ、の章に「新宿騒乱を見に行って」という文章がある。ここには、大衆を組織化させず単独行動で行われるテロは簡単だ、という文章があった。
最近は個性を重要視する流れがあって、人と違うことを表現することが価値であるような風潮があるが、求心力が生まれなければ本当の革命になり得ない。他人に行動を起こさせる力を持った時初めてそれは革命になる。私が創作活動を続ける中で目標にすべきはテロではなくて革命なのだと気付かされた一文だった。

10複雑な彼

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

三島文学を語る前に読むべき一冊

三島由紀夫氏の小説は、自分のような読解力が乏しい爺さんには難解なものが多いですが、この「複雑な彼」は女性セブンに連載された軽妙な青春恋愛小説です。
主人公の森田冴子が愛した安倍譲二がモデルだと言われる国際線のスチワート宮城譲二は謎の多い男であり、その彼を物語の中で存分に暴れさせているのが面白いです。
現代の小説家が同じ素材を使ったら、もっと完成度が高いエンターテーメントになったと思われますが、稀代の文豪が取り組んだ実験的な小説と思って読む事で大いに楽しめる作品です。

11命売ります

命売ります

引用元: Amazon

『命売ります』(いのちうります)は、三島由紀夫の長編小説。自殺に失敗した男が「命売ります」という広告を出し、自分の命を捨て売りしてしまおうとする物語。 1968年(昭和43年)、週刊誌『週刊プレイボーイ』5月21日号から10月8...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

隠れ怪奇作品

三島由紀夫独特の作風で想像以上におもしろく読みやすい作品です。
主人公の命を売ったことから始まるそれを買いに現れる人たちとの様々怪奇な事件。繰り返される生と死。

12レター教室

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

三島も読書も好きじゃなくても読みやすい

全文が手紙の形式を成していて、読書嫌いな人でも気軽に三島作品が読める。
形式だけでなく、私たちに近い一般の男女の日常が、軽妙なユーモアに溢れた親しみやすい文章で書かれ、クスクス笑って読めます。
レター教室という題名だけど、手紙の書き方の見本としては、ちょっとどうかな?

注目

借金の申し込み

借金をしようとする人間は手紙の中で、まず自分の非礼を詫びる。そこから自分の首が回らないこと、他者の情けを受けられないこと、努力の度合いや喫緊度を痛切に語る。
しかし受け取る側は三者三様で、同情したり、激昂したり、笑いとばしたりする。お金を借りるという行為にはわかりやすく両者を照らす作用があって、ちっぽけで、とても面白い。
私もお金を貸したり借りたりする度この手紙を思い出し、相手をよく見るようになった。

13青の時代

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

家庭環境と社会に対する反感をもつ青年の行動が興味深い

実際にあった光クラブと称する詐欺事件を題材にしているが、三島ならではの解釈が加えられています。
親に反抗していた少年が青年になり社会に対して反抗し、詐欺による金儲けを実行しますが、悲惨な最期を迎えます。

14不道徳教育講座

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

名前とは裏腹に道徳的である

ユニークでウィットに飛んだ会話。ああ、この人は本当に頭が良くて、それでいてよく機転がきいて愉快で。
クスッと笑えるところもあって素敵な作品です。

15百万円煎餅

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

面白おかしく読める短編です

日々一生懸命節約をしながらも、時にはそれを思いっきり破ってしまいたくなるという気持ちをよく表しており、すかっとする部分もあって面白い作品です。

16行動学入門

行動学入門

引用元: Amazon

『行動学入門』(こうどうがくにゅうもん)は、三島由紀夫の評論・随筆。行動よりも弁舌ばかり横行していた戦後社会の現象や風潮に対するアンチテーゼとして、あえて行動の美や行動の意味について思弁した書である。 1969年(昭和44年)、...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

彼の考えに出合えます。

そこまで難しい文章ではないので、読みやすかったです。「行動学入門」「おわりの美学」「革命哲学としての陽明学」の3部構成です。

17蘭陵王

蘭陵王

引用元: Amazon

『蘭陵王』(らんりょうおう)は、三島由紀夫の最後の短編小説。三島が1969年(昭和44年)8月20日に陸上自衛隊富士学校で行なった楯の会の戦闘訓練(第4次体験入隊 7月26日 - 8月23日)の際の一挿話を描いた作品で、三島としては珍...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

三島由紀夫・末期の傑作

とにかく文章の密度が高い末期の傑作短編です。

18反貞女大学

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数0
注目

正しい女の鎧を脱ぎ、生身の自分を愛す

「知性の性質は、ほかのいろんな人間の能力と同様に、抵抗を求める」という文章がある。自らの知性や教養が本物なら、いつかは自分より知性の劣る相手に尊敬されているだけでは物足りなくなる。恋愛関係には相手を思いやれる気持ちが必須だが、その相手にとって足る人物であるためには相手より抜きん出た一面が必要になる。
尊敬し合える関係を築くことって相当ハードルが高い。

19太陽と鉄

太陽と鉄

引用元: Amazon

『太陽と鉄』(たいようとてつ)は、三島由紀夫の自伝的随筆・評論。三島自身は、「告白と批評との中間形態」としている。主に自らの肉体と精神、生と死、文と武を主題に書かれたもので、三島の文学、思想、その死(三島事件)を論じるにあたり重要な作...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
注目

体を鍛え始めた理由が分かります。

終わりまで読むと、三島由紀夫に少しだけ近づけた気がします。

20サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡

サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡

引用元: Amazon

『サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡』は、三島由紀夫の戯曲である『サド侯爵夫人』(サドこうしゃくふじん)と『朱雀家の滅亡』(すざくけのめつぼう)を併録したオリジナル版文庫である。 『サド侯爵夫人』は、1965年(昭和40年)、文芸雑誌『...

もっと見る

\ ログインしていなくても投票できます /

投票総数1
21位~25位を見る

三島由紀夫の書籍ランキングに関連するタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    仮面の告白
    仮面の告白
  3. 3
    蘭陵王
    蘭陵王
  4. 4
    潮騒
    潮騒
続きを見る
shutoshuto(男性・20代)
  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    豊饒の海 第一巻 春の雪
    豊饒の海 第一巻 春の雪
  3. 3
    潮騒
    潮騒
  4. 4
    仮面の告白
    仮面の告白
続きを見る
ny4649ny4649(男性・20代)
  1. 1
    命売ります
    命売ります
  2. 2
    潮騒
    潮騒
  3. 3
    金閣寺
    金閣寺
  4. 4
    仮面の告白
    仮面の告白
続きを見る
RokuRoku(女性・20代)
  1. 1
    潮騒
    潮騒
  2. 2
    金閣寺
    金閣寺
  3. 3
    行動学入門
    行動学入門
  4. 4
    太陽と鉄
    太陽と鉄
続きを見る
usausa(女性・40代)
  1. 1
    仮面の告白
    仮面の告白
  2. 2
    金閣寺
    金閣寺
  3. 3
    潮騒
    潮騒
  4. 4
    サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡
    サド侯爵夫人・朱雀家の滅亡
続きを見る
  1. 1
    豊饒の海 第四巻 天人五衰
    豊饒の海 第四巻 天人五衰
  2. 2
    金閣寺
    金閣寺
  3. 3
    レター教室
    レター教室
続きを見る
  1. 1
    潮騒
    潮騒
  2. 2
    百万円煎餅
    百万円煎餅
  3. 3
    仮面の告白
    仮面の告白
続きを見る
サイダーサイダー(男性・40代)
  1. 1
    仮面の告白
    仮面の告白
  2. 2
    青の時代
    青の時代
  3. 3
    潮騒
    潮騒
  4. 4
    美徳のよろめき
    美徳のよろめき
続きを見る
  1. 1
    若きサムライのために
    若きサムライのために
  2. 2
    美徳のよろめき
    美徳のよろめき
  3. 3
    レター教室
    レター教室
  4. 4
    反貞女大学
    反貞女大学
続きを見る
かいかい(女性・20代)
  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    午後の曳航
    午後の曳航
  3. 3
    潮騒
    潮騒
続きを見る
  1. 1
    仮面の告白
    仮面の告白
  2. 2
    不道徳教育講座
    不道徳教育講座
  3. 3
    潮騒
    潮騒
  4. 4
    金閣寺
    金閣寺
続きを見る
おそらおそら(女性・20代)
  1. 1
    複雑な彼
    複雑な彼
  2. 2
    潮騒
    潮騒
  3. 3
    金閣寺
    金閣寺
続きを見る
  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    仮面の告白
    仮面の告白
  3. 3
    潮騒
    潮騒
続きを見る
  1. 1
    潮騒
    潮騒
  2. 2
    金閣寺
    金閣寺
  3. 3
    豊饒の海 第一巻 春の雪
    豊饒の海 第一巻 春の雪
  4. 4
    午後の曳航
    午後の曳航
続きを見る
  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    潮騒
    潮騒
  3. 3
    仮面の告白
    仮面の告白
続きを見る
  1. 1
    金閣寺
    金閣寺
  2. 2
    花盛りの森・憂国
    花盛りの森・憂国
  3. 3
    葉隠入門
    葉隠入門
続きを見る

あわせて読みたいランキング

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ >

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?

転生したらスライムだった件 (ライトノベル)

エンタメ >

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

ゴールデンスランバー(小説)

エンタメ >

伊坂幸太郎の書籍ランキング

あなたがおすすめする伊坂幸太郎の書籍は?

ボッコちゃん

エンタメ >

星新一の書籍ランキング

あなたがおすすめしたい星新一の作品は?

図書館戦争(小説)

エンタメ >

有川浩の書籍ランキング

あなたがおすすめしたい有川浩の作品を教えて下さい!

マイランキング
作成・投票