みんなのランキング

歴代笑点メンバー人気ランキング!みんなが好きなメンバーは?

春風亭昇太林家木久扇桂歌丸六代目 三遊亭円楽三遊亭小遊三

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数16
投票参加者数140
投票数658

みんなの投票で「歴代笑点メンバー人気ランキング」を決定します!1966年より長きにわたって放送されている演芸バラエティ番組『笑点』。後半部の大喜利コーナーでは、個性豊かなキャラをもつ落語家たちが出演し、会場やお茶の間を笑いに包んできました。永世名誉司会の「桂歌丸」、おバカキャラで愛される「林家木久扇」、腹黒で社会派なオピニオンリーダー「三遊亭円楽」など、全レギュラーメンバーが大集結!あなたの好きな笑点の出演者を教えてください!

最終更新日: 2021/09/24

ランキングの前に

1分でわかる「笑点のメンバー」

個性豊かなメンバーが集う演芸バラエティ『笑点』

日本テレビから毎週日曜日に放送されている『笑点』。1966年より続く長寿番組で、世界で最も長く放送されるテレビ演芸バラエティとしてギネス世界記録を保持する番組でもあります。番組で取りあげらるのは、落語・漫才・マジックなどの演芸コーナーと、お題に対して噺家(落語家)が面白おかしく答える大喜利の2部。とくに大喜利コーナーでは名司会者の「桂歌丸」をはじめ、おバカキャラを売りにしている「林家木久扇」やインテリで腹黒な「三遊亭円楽」など、個性豊かな出演者たちが番組を盛り上げており、幅広い層から人気を集めている番組です。

関連するおすすめのランキング

人気のバラエティ番組をチェック!

バラエティ番組ランキング

笑点メンバーはランクインなるか!

落語家ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングは、『笑点』の大喜利コーナーに出演している歴代のレギュラーメンバーが投票対象です。落語家だけでなく、司会者や座布団運びにも投票OK!あなたの好きな笑点の出演者に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1桂歌丸

桂歌丸

引用元: Amazon

桂 歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 - 2018年 〈平成30年〉7月2日)は、日本の落語家。位階は従五位。勲等は旭日小綬章。本名は椎名 巌(しいな いわお)。 公益社団法人落語芸術協会会長(5代目)、横浜にぎわい座館長(2代目)などを歴任した。

もっと見る

ハゲ

歴代最長の大喜利司会者・5代目 三遊亭円楽の後任者として、2006年に司会者に就任した「桂歌丸師匠」。
回答者のときから大喜利メンバーのなかでは小柄な体格ですが、安心感と存在感を兼ね備え、司会者となってからはより一層そう感じられるようになりました。

6代目 三遊亭円楽からはよく「死にかけのじじい」「よぼよぼ」「ハゲ」「死体」など暴言いじりをされるのが様式美。

肺炎で一度、危篤状態となり、ヨネスケさんの声で見事に生還しましたが、その2ヵ月後に81歳で亡くなりました。
歌丸師匠のいない『笑点』は想像がつかなかったですが、現在司会の春風亭昇太で新しい風が吹いてる感あるので、天国で安心していることでしょう。

司会者を10年務めた歌丸さんには、その功績を称え「栄誉名誉司会」の称号が与えられています。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

横浜を愛し、横浜に愛された賢者

司会者になる前の歌丸師匠も、幼い頃から素敵なオジサマだなと憧れの対象だった。博識で気の利いたトンチや風刺にいたるまで、常にそつなくその場をまとめるキャラなのだが、決して嫌味がなく、世の中を優しい眼差しで見ていらした所も今でも尊敬している。横浜に根を張り、にぎわい座という寄席を立ち上げ、文化を盛り上げようとされていた事も素晴らしい。

popopo

popopoさん

2位に評価

歌丸は永遠に笑点の顔

桂歌丸は笑点の始めからずっと約50年もの長い間、登場し続けたまさに笑点の顔と言うか神様的存在だった素晴らしい落語家さんだったと思います。もうすでに亡くなられて実際に見ることは出来ませんが、きっと皆さんの記憶に永久に残っていると思い、3番目に選びました。

コメントをもっと読む

2林家木久扇

林家木久扇

引用元: Amazon

林家 木久扇(はやしや きくおう、1937年(昭和12年)10月19日 - )は、落語家・漫画家・画家。旧名は初代林家木久蔵(はやしや きくぞう)。本名:豊田洋(とよた ひろし)。血液型A型。出囃子は「宮さん宮さん」。定紋は、林家彦六一門の定紋である「光琳の蔭蔦」。愛称は木久ちゃん。

もっと見る

50年台メンバー

現在の『笑点』で、最古参・最年長メンバーといえば「林家木久扇」。
弟子が10人以上いるが私生活でそばにはつけず、お金には貪欲でメンバーに儲け話を持ちかけることが多いため孤立しているといったなかなかのキャラクター性を発揮しています。

基本は天然・おバカキャラで、大喜利ではいつも他のメンバーに弄り倒されています。が、現実では多芸多趣味であり、落語会の外でも人脈が広く、インテリであるというギャップをお持ち。

そして驚くべきが、笑点50年記念を迎えた折、「HIKAKIN」の指導のもと、「KIKUKIN」としてYouTuberデビューを果たしているという若々しさ。
とくに、三遊亭小遊三と逆さまじゃんけん(負けたら勝ち)の動画がおもしろすぎるのでおすすめです。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

色とラーメンで認知された異色な存在

木久蔵さんの頃から、癒しキャラとしてほっこりさせて貰ってきた。バカと言われようが、あの黄色の人とイロモノ扱いされようが、いつもニコニコされている。もちろん本当はとても頭の良い方なのだが、そのいつも笑顔でいる所と、決して他人をおとしめない優しさが魅力。たとえラーメンは美味しくなくても(いや美味しいですよ!)、ああいう歳の重ね方に憧れる。

popopo

popopoさん

3位に評価

毒のない笑い

笑点ではおバカキャラで他メンバーからいじられていて、回答もちょっと抜けていて、子供から大人までみんなに愛されるキャラだと思います。でも本職の落語を聞くと、笑点のほのぼのムードもありつつちゃんと落語をやっていて、しかも面白い!
小学生だった私が初めて生で落語を聞いて、落語好きになったきっかけを作ってくれた人です。

コメントをもっと読む

3六代目 三遊亭円楽

六代目 三遊亭円楽

引用元: Amazon

6代目 三遊亭 円楽(さんゆうてい えんらく、本名:會 泰通(あい やすみち)、1950年2月8日 - )は、日本の落語家。円楽一門会所属(マネジメントはオフィスまめかな)。2017年6月27日からは客員として落語芸術協会に加入し、2つの噺家団体で活動している。2010年3月1日、初名の三遊亭楽太郎(さんゆうていらくたろう)から師匠の名跡である6代目三遊亭圓楽を襲名。しかし、「落語界では旧字体の<圓>の字をよく使うが、常用漢字の<円>で通す」と表明しており、襲名以降各種落語会、独演会、テレビ出演等すべての活動において、「(6代目)三遊亭円楽」と名乗っている。

もっと見る

顔が好き

腹黒男のキャラがとにかく好きで、特に桂歌丸さんとの掛け合いが面白かったです。ふざけた回答をする時もあれば、時事問題に触れ真面目な回答をする姿に魅力を感じていました。
また笑顔がとても素敵で男性としての魅力を感じられます。

古いほうの円楽は、顔の長さにひかれます。

古い円楽が好きでした。顔の長さが気になるものの、結構イケメンだったと思います。笑いも私の好きな感じの笑いで司会になってしまった時には少し寂しかった思いをしていました。現在の円楽さんは、黒円楽といわれていますが、円楽さんがいてくれて面白くなります。

bu

buさん

1位に評価

安定の面白さ

紫の着物がとてもよく似合っていてハンサムなところが好きです。三遊亭円楽さんの大喜利が大好きです。毎回、楽しみに見ています。笑点から三遊亭円楽さんを知り、落語を聞くようになりました。話が面白く頭の回転がいいなと思います。

コメントをもっと読む

4春風亭昇太

生年月日 / 星座 / 干支1959年12月9日 / いて座 / 亥年
出身地静岡県
プロフィール1982年、春風亭柳昇に入門。1989年、NHK新人演芸コンクール優秀賞受賞。1992年に座亭推薦による抜擢で真打ちに昇進。定期的に発表する新作落語の創作活動(SWA)に加え、独自の現代的な解釈で取り組む古典落語の会を積極的に開き、古い落語の価値観にとらわれない若い観客層を増やし続け、芸術祭大賞をはじめ数々の賞を受賞。新作・古典を問わず高い評価を得ている実力派真打。さらに、演劇・音楽系の人たちとのライブも意欲的に行うなどジャンルを越えた交流も幅広い。次世代を担う落語家ユニット「六人の会」(春風亭小朝、笑福亭鶴瓶、立川志の輔、林家正蔵、柳家花緑)のメンバー。2006年より日本テレビ『笑点』の大喜利メンバーとしても活躍している。
代表作品日本テレビ『笑点』(大喜利メンバー)
TBS『タイガー&ドラゴン』
ニッポン放送『オールナイトニッポン』・『ラジオビバリー昼ズ』
公式SNS-

もっと見る

笑点が勢いづいた!

子供の頃から見ている好きな番組ですが、ここ20年ぐらいは、メンバーの高齢化とやや時代錯誤的な古いネタで、しらけてしまう雰囲気がありました。そんな番組を、今の時代を意識してうまく盛り上げているのが、昇太、たい平、円楽あたりでしょうか。特に、昇太は、司会になってからは、うまくメンバーを盛り上げて、80歳を過ぎた木久扇までもが勢いづいています。笑点に新しい風が入り、今の時代にあった本当に面白い番組になりました。昇太の独身ネタは使えなくなって少し残念ですが、彼が司会でいる限り、まだまだ盛り上がっていく番組となるでしょう。

wag

wagさん

1位に評価

想定外だった地元の英雄

春風亭昇太さんが笑点の司会をやるだなんて、地元静岡県民の誰が予想していたんでしょうか?きっと誰もそんなことあるわけないと思っていました。しかし、そんな予想はなんのその!清水の次郎長もビックリの春風亭昇太さんは笑点司会者にまで登り詰め、永遠の独身と思ったら結婚までしていまいました。どんだけ良い意味で県民の予想を裏切るのでしょう。まさに彼は想定外だった地元の英雄です。今ではもう笑点と言えば彼が1番の成長株です!

キレ味ある鋭さが魅力

10年以上前ですが仕事でご一緒する機会がありとても気遣いのある優しい方でした。
その後はファンになりずっと応援しておりましたが、まさかあの笑点をまわす立場になるとは!
ぼっちゃんぼっちゃんしている印象ですが意外な鋭い視点でのキレ味ある仕切りが魅力です。

Myon

Myonさん

1位に評価

コメントをもっと読む

5三遊亭小遊三

生年月日 / 星座 / 干支1947年3月2日 / うお座 / 亥年
出身地山梨県
プロフィール1968年、明治大学経営学部在学中に三遊亭遊三に入門。卒業と同時に前座、三遊亭遊吉と名乗る。1973年二ツ目に昇進し"小遊三"と改名。1980年に芸術祭優秀賞を受賞し、1983年には真打昇進。2001年には芸術祭優秀賞を再び受賞する。日本テレビ『笑点』にレギュラー出演しており、お茶の間の人気者である。
代表作品日本テレビ『笑点』
公式SNS-

もっと見る

変態おやじ

1983年から大喜利メンバーとして活躍している「三遊亭小遊三」。
司会者の横のポジションに座り、オープニングからの自己紹介はいつも一番初めで安定の笑いをおこしてくれるので、アイドルでいったら面倒見がよい圧倒的センター・リーダーといったかんじ。

自分をイケメンだと思いこむ“ナルシストネタ”や、殺人事件の犯人に顔が似ていることから始まった数々の“犯罪者ネタ”などの定番ネタに加え、下ネタも多め。顔つきからもわかりますが、言うこともエロおやじのそれで、司会者から座布団を没収されることもしばしば。
かと思いきや大喜利は収まりがよく、御後がよろしいあたりはさすがです。
番組では、隣に座っている三遊亭好楽との絡みが多め。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

好楽氏とのやりとりがとても面白かったです

大喜利の席でいつも三遊亭好楽氏の隣に座り、その回答にうまくちゃちや突っ込みを入れる姿が好きです。笑点出演時に着ている水色の着物もよく似合っており、戦隊モノのヒーローのように、水色と言えばこの小遊三氏がすぐに思い浮かびます。

かわいいおじさん

安定感があってすきです。明るいキャラクターでいつもひょうきんなおじさんだなって見ています。他の共演者とからんでいるところも面白いですが、真顔で冗談をいって自分で笑っているところに親近感を覚えます。目力があって素敵です。

コメントをもっと読む

笑点と言えばこの人でした

笑点という番組の存在を知った時の司会者で、とても印象に残っています。これぞ司会者という進行が抜群で、この後に司会になる人に大きな影響を与えたと思っています。高座を見たこともありますが、そちらでも歯切れもよさはそのままでした。

笑点の司会といえばこの人!

私の中で笑点の司会といえばこの5代目三遊亭圓楽さんの印象が強いです。あれだけの癖の強い笑点メンバー達を本当にうまくまとめていたと思います。

独特な笑いのセンスが良い

5代目・三遊亭圓楽は笑いのセンスが独特で面白いです。みんなが気づかないような所で笑いをとるのがうまくて大好きです。

コメントをもっと読む

都会に咲いた一輪の白百合!

『笑点』の初期メンバーのひとり「林家こん平」。
観客と盛り上がる「1、2、3、チャラーン!」の挨拶で知られています。

声デカすぎるのと意味わからないくらいハイテンションですが、大喜利のときはバシッとキメる。林家木久扇とはいつも座布団争いしていて、いつも2人に元気をもらっていました。

持病により2006年に番組を降板し、現在は弟子の林家たい平がその座を継いでいます。
長きに渡ってリハビリに励んでおられて大変かと思いますが、SP番組出演の際などは、あのチャラーン!を披露してくれます。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

4位に評価

チャラーンで場内を沸かせる男

いつも底抜けに明るく、一言チャラーンと叫んで万歳するだけで場内が爆笑の渦に巻き込まれる、稀有な魅力をもつ師匠。

popopo

popopoさん

4位に評価

掛け声

最初の挨拶をする際にチャランという掛け声をしているのが好きでした。お客さんも一斉にやれるのが良いなと思っていました。

コメントをもっと読む

8林家たい平

林家たい平

引用元: Amazon

林家 たい平(はやしや たいへい、1964年12月6日 - )は、埼玉県秩父市出身の落語家。本名は田鹿 明(たじか あきら)。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。武蔵野美術大学客員教授。言霊群団「夢吽空」団員。「駄句駄句会」同人、俳号は「中瀞(ちゅうとろ)」。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバー。

もっと見る

明るい雰囲気

こぶ平さんの代わりに出始めたのですが、たい平さんが解答すると会場が明るい雰囲気になるのが好きです。

体を張った大喜利

体を張って大喜利をしていて、笑点には欠かせません。特にふなっしーの真似が好きです。

みろ

みろさん

4位に評価

笑顔がかわいい

本当に笑顔がかわいいです笑

花火、奥さん話、山田くんとの絡み、
その他もろもろどれも最高です

もう一度いいます、
とにかく笑顔がかわいいです。

花より団子さん

1位に評価

9三遊亭好楽

三遊亭好楽

引用元: Amazon

三遊亭 好楽(さんゆうてい こうらく、1946年8月6日- 、本名、家入 信夫(いえいり のぶお))は、東京都豊島区出身の落語家。前名は林家九蔵。 出囃子は『ずぼらん』、あるいは五代目三遊亭圓楽、および六代目円楽と同じ『元禄花見踊』。落語家の三遊亭王楽は長男。 演芸番組『笑点』(日本テレビ)の大喜利メンバーとして知られる。2015年より、五代目円楽一門会会長を務める。

もっと見る

かわいい

真顔でちょっとエッチなことをいったり、嫌みなこと、変なことをいきなり言いだすのでとても面白いです。にやにや顔がみたくなります。はじっこで知れっとしている感じなどが好きなので、内容より表情をみて楽しんでます。

ドヤ顔すき

いい終わったあとのあのカメラへの
ドヤ顔がめっちゃ好きです笑

花より団子さん

1位に評価

10二代目 林家三平

二代目 林家三平

引用元: Amazon

2代目林家 三平(はやしや さんぺい、本名:海老名 泰助(えびな たいすけ)、1970年12月11日 - )は、日本の落語家、タレント。出囃子は『祭りばやし』。二代 林家三平と表記されることもある。前名は林家いっ平。 落語協会真打。かつてはタレントとしてホリプロにも所属していた。ねぎし三平堂堂長。英語が得意であり、中国語も話せる。 2016年5月より笑点の大喜利メンバーとなる。左利き。

もっと見る

ちょっとかわいそう

あまり面白くなくて見ていてソワソワしますが、一周回ってそれが面白くなりました。毎回つまらないことをいってますが、お客さんも共演者もわかっていて、少し可哀そうになりますが母性がうずくような、応援したくなるような気持になります。

いつも頑張ってて応援したくなる。

今まで出ている師匠が凄すぎてまだまだこれからという感じですが、頑張って笑点を盛り上げようとしているところがなんかかわいくて応援したくなります。

みろ

みろさん

5位に評価

若いのにセンスが光っている

若いのにセンスが光っていて面白いです。

早世のぬらり系色男

ズバリ、小学生低学年の時の私の初恋のヒト。ひょうひょうとした佇まいで、ちょっと気取った若旦那的なキャラで人気を博していて、子供心にもときめいており、日曜の夜はテレビにかじりついていた。43で病に倒れたのは今でも残念。

popopo

popopoさん

1位に評価

12山田隆夫

山田隆夫

引用元: Amazon

山田 隆夫(やまだ たかお、本名、山田 隆夫(異体字標記)1956年8月23日 - )は、東京都江東区出身の日本のタレント、歌手、俳優、作詞家、作曲家、落語家、プロボクサー(四回戦)で、元アイドル。血液型A型。5代目鈴々舎馬風門下で高座名は鈴々舎 鈴丸(れいれいしゃ すずまる)。東京都江東区深川出身。 2014年4月から芸名の表記を『笑点』出演時を除き「山田たかお」に改めている。

もっと見る

影で支えて下さっています。

影で支えて下さっている座布団運びの山田さん、素敵です。

百瀬 崇裕さん

4位に評価

13七代目 立川談志

七代目 立川談志

引用元: Amazon

7代目(ただし自称5代目)立川 談志(たてかわ だんし、1936年〈昭和11年〉1月2日 - 2011年〈平成23年〉11月21日)は、東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由(まつおか かつよし)。 古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を絶えず意識しつつ、長年にわたって理論と感覚の両面から落語に挑み続けた。古典落語を現代的価値観・感性で表現し直そうとする野心的努力が高く評価されたが、その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

もっと見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

最も人気のバラエティ番組は?

バラエティ番組ランキング

落語家ランキングも必見!

落語家ランキング

このランキングに関連しているタグ

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ