みんなのランキング

台湾映画人気ランキング!みんながおすすめする台流映画は?

藍色夏恋KANO 1931海の向こうの甲子園あの頃、君を追いかけた(2011年)ヤンヤン 夏の想い出冬冬の夏休み

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数27
投票参加者数100
投票数229

みんなの投票で「台湾映画人気ランキング」を決定します! 色鮮やかなネオン、フィルムカメラのような街並み、青春のきらめき……。そんな台湾の魅力がたっぷり味わえる、台湾映画。台湾ならではのPOPなファッションやBGMなど、おしゃれな世界観に魅了される名作ばかりです。古き良き台湾映画『悲情城市』をはじめ、映画史に残る名作『牯嶺街少年殺人事件』、エモすぎる恋愛映画『台北セブンLOVE』などのなかから、おすすめの台流映画を教えてください!

最終更新日: 2021/11/29

ランキングの前に

1分でわかる「台湾映画」

台湾映画の歴史

台湾映画界に光が差したのは80〜90年代のこと。巨匠エドワード・ヤンなど新人監督が、マンネリ化していた台湾映画に新潮流を生み出す「台湾ニューシネマ」運動を開始。以降、政治性の強いプロパガンダ映画から逸脱した、台湾の日常生活をていねいに追ったエモーショナルな映画が数多く誕生しました。

台流映画の代表作品

1991年公開のエドワード・ヤン監督による『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』は、BBCが95年に選出した「21世紀に残したい映画100本」に唯一選ばれた台湾映画。60年代の台北を舞台に、中国大陸から台湾に移住した外省人たちとその家族を描いたストーリーで、主演をチャン・チェンが好演。マーティン・スコセッシ、ウォン・カーウァイ、オリヴィエ・アサイヤスなど、名だたる巨匠に影響を与えた傑作として、今もなお根強い人気を誇ります。

悲情城市

悲情城市
(引用元: Amazon)

もちろんこのほかにも、台湾の映画史に名を刻む名作が盛りだくさん。九份を舞台に禁断の二・二八事件を描いた『悲情城市』(1989年)、カンヌ国際映画祭で称賛された『ヤンヤン 夏の想い出』(2000年)、台湾中西部での青春を描いた恋愛映画『あの頃、君を追いかけた』(2011年)など、台湾ならではの独特な世界観が堪能できる作品が揃っています。

関連するおすすめのランキング

華流ドラマランキングはこちら!

台湾・中国ドラマランキング

中華圏の人気俳優・女優をチェック!

中国・香港・台湾俳優イケメンランキング

中国・香港・台湾女優美人ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、台湾で制作されたすべての映画作品が投票対象です。あなたがおすすめする台湾映画に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1あの頃、君を追いかけた(2011年)

あの頃、君を追いかけた(2011年)

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間110分
監督ギデンズ・コー
メインキャストクー・チェンドン(コー・チントン)、ミシェル・チェン(シェン・チアイー)、スティーブン・ハオ(シエ・ミンハ)、ジュアン・ハオチュエン(ツァオ・グオション)、イエン・ションユー(シュー・ボーチュン)ほか
主題歌・挿入歌那些年 / 胡夏
公式サイトhttp://www.u-picc.com/anokoro/

もっと見る

誰しもの記憶の片隅にある甘酸っぱい思い出

90年代の地方都市に住む高校生たちを描いた青春ドラマ。やんちゃ坊主が優等生の女の子に惹かれてゆく、けれど距離がなかなか縮まらないもどかしさ、互いの事も自分の事も見えていない切なさが、下ネタ含め良い意味で描かれていて、忘れていた思い出を思い出すように胸がキュンとする。結ばれない恋の方がより記憶に残り、悔いも含めて心に刻まれるのを思い起こさせる作品。どのシーンも甘酸っぱくてこそばゆいけれど、そこがまた心に染みる。

etchan68

etchan68さん

3位に評価

報告

台湾の青春映画1位!

日本版は2018年の10月に公開された台湾映画となっています。青春時代を送ったすべての大人にぴったりの映画であり、大変感動する映画となっていると言えるでしょう。最初はそれほどまでに私からやっていなかった2人が徐々に時間の経過とともに光やっていく姿や、甘酸っぱい恋模様が描かれているところが自分自身の青春時代を思い出させます。非常に良い映画で言えると言う事は間違いありませんし、多くの方がこの台湾映画で良い映画と言っている映画なのです。

報告

日本でも有名になったラブストーリーだがとても感動した。

台湾と香港で大ヒットしたと聞いて興味を持ち始めて見ました。
その後日本でも映画化されることになったのです。
主人公のコートンと優等生であるチアイー。
ちょっかいばかりのチアイーに対して好意を抱いていくコートンとの関係がたまらなかったです。

報告
コメントをもっと読む

2KANO 1931海の向こうの甲子園

KANO 1931海の向こうの甲子園

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間180分
監督マー・ジーシアン
メインキャスト永瀬正敏(近藤兵太郎)、大沢たかお(八田興一)、坂井真紀(近藤兵太郎の妻)、ツァオ・ヨウニン(呉明捷)、チェン・ジンホン(蘇正生)ほか
主題歌・挿入歌風になって〜勇者的浪漫〜 / Rake feat.中孝介
公式サイトhttp://kano1931.com/

もっと見る

事実をもとにしたストーリー

私自身野球が好きでこの映画は主に野球がで出てきます。台湾の歴史と日本の歴史がある。日本統治時代の台湾の歴史でいい面や悪い面どちらも描かれている作品。日本から来た近藤監督率いる嘉義農林高校が試合で奮闘している姿が魅力的でした。

sukiyaki

sukiyakiさん

1位に評価

報告

実話を映画化した感動ドラマ 


KANO・1931海の向こうの甲子園は、日本統治下の台湾で甲子園出場を果たした実際のストーリを映画化した作品です。台湾の歴史を学ぶ上でも重要な映画です。時代が変わってもスポーツは素晴らしいなと思います。日本の高校球児や若い世代に見てもらいたい作品です。当時の練習法なども新鮮で面白かったです。

報告

野球を通した感動が感じられる作品!

この「KANO~1931海の向こうの甲子園~」は台湾で大ヒットとなり、日本においても大ヒットを記録した映画となっています。日本統治時代の台湾において甲子園に出場し、活躍した野球チームの実話を映画化したものです。野球を通した努力と青春の日々を描いた作品であり、この映画を見て自分も一生懸命頑張ろうと思うことができる作品です。台湾でも屈指の感動する映画であると言えるでしょう。

報告

3ヤンヤン 夏の想い出

ヤンヤン 夏の想い出

引用元: Amazon

制作年2000年
上映時間173分
監督エドワード・ヤン
メインキャストウー・ニエンチェン、エレイン・ジン、ジョナサン・チャン、ケリー・リー、イッセー尾形ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

もがくオトナの中でけなげに育つ少年の思い出

都会暮らしの恵まれた家庭と思いきや、実は家族それぞれ悩みや心の闇を抱えており、皆バラバラの方向を見ている。母の蒸発、父の元彼女との再会、姉の恋愛、そして祖母の病気。皆それぞれの闇を昏睡状態の祖母に話しかける。幼い少年の「お互いに何が見えているか分からないとしたらどうやって分かり合うの」という台詞がせつない。人は自分が思っているほど自分の事は分からない。背中を見ている他人に自分の違う面を教えて貰う事もある。ただ1人時に冷静に、時に飄々としながら等身大で生きる少年が家族を繋ぎ止めるクサビとなっているのが興味深かった。我が身を振りかえさせられる作品。

etchan68

etchan68さん

1位に評価

報告

現代の家族問題をリアルに描写している映画です。

ヤンヤンという主人公の家族が、ある日を境に不幸に陥っていくストーリーなのですが、
その悲劇の内容が現代の核家族が抱える問題点をリアルに描写していて、とても考えさせられる映画です。
また、この映画では生と死の両方の苦悩を描いているので、若い年代の人にも見てほしい映画です。

saa

saaさん

1位に評価

報告

4藍色夏恋

藍色夏恋

引用元: Amazon

『藍色夏恋』(あいいろなつこい、原題:藍色大門、英語題:Blue Gate Crossing)は、2002年に制作された台湾・フランス合作映画。高校生の少年少女たちの淡く切ない恋愛を描いた青春映画である。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

切ない青春映画

ラブストーリー?と、言われるとちょっと違います。
青春の切なさを感じさせる傑作
主人公の女の子(モン・クーロウ)は、作品中ほとんど笑わないのですが、
ラストシーンの笑顔がとても素敵です。

報告

凄くよかった

単なるラブストーリーではないけど、人を好きになることで成長していく姿を描いています。

まさやんさん

1位に評価

報告

5冬冬の夏休み

冬冬の夏休み

引用元: Amazon

制作年1984年
上映時間98分
監督ホウ・シャオシェン
メインキャストワン・チークァン(トントン)、リー・ジュジェン(ティンティン)、グー・ジュン(お祖父さん)、メイ・ファン(お祖母さん)、チェン・ボーチョン(叔父さん)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

昔の自分に戻れる

小さい頃、よく外で無邪気に遊んだことを思い出させてくれる映画になっています。自分に結びつくことが多く感じ、とても良い映画です。今は外で無邪気に遊ぶことより、ゲームをする子が多くなってきていると思います。そんな時代背景の違いを感じながら観られる1作品となっています。ぜひおすすめします。

報告

懐かしい世界観に和む映画

台湾映画はどこか懐かしい雰囲気を感じさせるのもみどころのひとつです。特にそれを感じさせてくれる作品が冬冬の夏休みです。ひと夏を過ごす兄妹を描いた作品で自分の幼少期を思い出したり共感する部分が多いのでとても見やすい映画です。

yoda

yodaさん

2位に評価

報告

6悲情城市

悲情城市

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間159分
監督侯孝賢
メインキャストリー・ティエンルー(リン・アルー)、チェン・ソンヨン(ウンヨン)、カオ・ジエ(アリヨン)、トニー・レオン(ウンセイ)、シン・シューフェン(ウー・ヒロミ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

歴史も学ぶことが出来る映画

悲情城市は、終戦後の台湾を舞台にしている作品です。激動の台湾史を映画を見ながら学べるので、とても勉強になります。駆け抜けるような時代の中で、家族が一生懸命に生きる姿は心に響きます。日本人が好きなストーリーだと思います。当時の生活模様や建築物も知ることができる貴重な作品です。

報告

最も台湾映画らしい映画

台湾映画の特徴といえばオリジナル感がある映画が多くそれでいて作品の雰囲気や環境的な面などが日本にだいぶ近く感情移入しやすく、日本人に非常にとっても見やすい作品が多いです。そんな台湾の魅力がたっぷり味わえる作品が非情城市です。この作品は戦後の台湾が舞台となっていてそこで生き抜いて人達の話でとてもその姿には勇気づけられます。あと映画の中ではいくつもの国の言葉が出てくるのでとても勉強になります。

yoda

yodaさん

1位に評価

報告

7言えない秘密

言えない秘密

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間102分
監督ジェイ・チョウ
メインキャストジェイ・チョウ(シャンルン)、グイ・ルンメイ(シャオユー)、アンソニー・ウォン(シャンルンの父)、アリス・ツォン(チンイー)
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

映画でしかできない要素の詰まったファンタジー映画

ジェイ・チョウは、中華圏のスーパースターですが、
作った映画も傑作でした。
明るく進んでいきますが、
彼女には秘密があって、かなしい別れが…
感動のラストまで目が離せません。

淡水の風景がとっても素敵、
藍色夏恋から5年経った、ルイ・グンメイも美しい。

報告

甘酸っぱい感じを思い出させてくれる映画

台湾映画はラブストーリーも多数ありますが、どの作品も拝見すると大人の感じというよりも甘酸っぱい学生恋愛の感じが多い感じがします。特に言えない秘密という作品はその要素が凄く出ています。お互いにみせるやきもちや嫉妬など、それを表す表情などに萌えっ放しです。

yoda

yodaさん

3位に評価

報告

8海角七号 君想う、国境の南

海角七号 君想う、国境の南

引用元: Amazon

制作年2008年
上映時間130分
監督ウェイ・ダーション
メインキャストファン・イーチェン(阿嘉)、田中千絵(友子)、イン・ウェイミン(水蛙)、ミンション(ローマー)、リン・ゾンレン(ボー爺さん)ほか
主題歌・挿入歌野ばら / 中孝介、范逸臣
公式サイト-

もっと見る

台湾映画歴代No.1!

台湾映画において史上歴代No.1の大ヒットとなったこの「海角七号/君想う、国境の南」であります。台湾の人気歌手であるファン・イーチェンと日本人の田中千絵が共演して話題になった映画でもあるのです。敗戦後の2人の男女の恋愛を描き、日本人教師の想いが台湾人女性に届かなかったがその女性を想って綴った7通のラブレターを巡った笑いと涙の感動映画です。

報告

9私の少女時代 Our Times

私の少女時代 Our Times

引用元: Amazon

『私の少女時代-OUR TIMES-』(わたしのしょうじょじだい あわたいむす、原題:我的少女時代、英語題:Our Times)は、2015年の台湾映画。 仕事も恋も上手くいかない30代女性が回想する、自らの青春時代だった90年代の高校生時代を描いた青春恋愛映画。エグゼクティブプロデューサーを務めるアンディ・ラウが本人役で特別出演もしている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

フランキーチェン監督が好き

フランキーチェン監督が務めた青春ラブコメディとなって映画です。
主人公リン・チェンシンは恋愛は愚か、仕事さえなにもうまくいかない毎日を過ごしていました。
そんなリンが高校時代好きだったフェイファンを思い出し現在が恋人がいるフェイファンを別れさせるという作戦に出るところに惹かれました。

報告

10台北の朝、僕は恋をする

台北の朝、僕は恋をする

引用元: Amazon

『台北の朝、僕は恋をする』(原題:一頁台北、Au Revoir Taipei)は、2010年に公開された台湾の恋愛映画。アーヴィン・チェン(陳駿霖)監督。ジャック・ヤオ(姚淳耀)、アンバー・クォ(郭采潔)主演。 ドイツでは、2010年の第60回ベルリン国際映画祭で上映後、続けてフランスの第11回ドーヴィルアジア映画祭でも上映。後に数々の国際映画祭で公開された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

台湾に行きたくなる!

台湾旅行が決まったらまず見てほしい映画です。ストーリーとキャストもとても素敵なのですが、なんといっても台北の普通の街並みや暮らしが見れるところが映画の雰囲気をつくっていてよかったです。台湾に行きたくなる映画です。

報告

11風櫃(フンクイ)の少年

風櫃(フンクイ)の少年

引用元: Amazon

制作年1983年
上映時間101分
監督ホウ・シャオシェン
メインキャストニュウ・チャンザイ(アーチン)、チャン・シイ(アーロン)、チャオ・パンジュ(グォズ)、チェン・ポウチョン(アーホ)、リン・シウリン(シャオシン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

等身大

小さな農村での青春ストーリー。恋したり、友達とバカやったりする姿に癒されるシーンもあれば、登場人物それぞれが抱える悩みや葛藤に触れ、切なくもなります。日本との文化の違いにも触れられるすばらしい映画です。

報告

12台北ストーリー

台北ストーリー

引用元: Amazon

『台北ストーリー』(たいぺいストーリー、原題:青梅竹馬、英題:Taipei Story)は1985年製作の台湾映画。エドワード・ヤン監督。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

都会のカップルの光と影

80年代の経済成長期、時流に乗って飛び立とうとする者と、取り残される者。あるカップルのお互いの思い通りにならない歩みとすれ違ってゆく様を、古い下町から無機質な高層ビル街に変わってゆく様と交差させ、時代の移り変わる光景を淡々ととらえた作品。どの場面をとってもフォトジェニックで美しいのが、切なさを倍増させるのが印象的。

etchan68

etchan68さん

2位に評価

報告

13恐怖分子

恐怖分子

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間109分
監督エドワード・ヤン
メインキャストコラ・ミャオ(イーフェン)、リー・リーチュン(リーチュン)、チン・スーチェ(シェン)、クー・パオミン(クー警部)、ワン・アン(シューアン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

様々なタイトルを取った映画

1987年金馬奨最優秀作品賞、第40回ロカルノ国際映画祭銀豹賞、第32回アジア太平洋映画祭最優秀脚本賞を受賞。 と言った様々なタイトルを取った有名な映画です。
コラミャオ リーリーチュンと言った有名なキャストも出てるオススメのストーリーとなっているところから選ばせていただきました。

報告

国際社会の問題点を描写している映画です。

「ヤンヤン夏の思い出」と同じ鬼才監督の作品ですが、こちらは現代の台湾の問題をリアルに描いている映画です。
台湾では日本とは視点が違った問題点を抱えていて、国際社会の新たな問題点を知る機会になりました。

saa

saaさん

2位に評価

報告

14若葉のころ(映画)

若葉のころ(映画)

引用元: Amazon

『若葉のころ』(わかばのころ、原題:五月一号、英語題:First of May)は、2015年に制作された台湾映画。 ビージーズの名曲「若葉のころ」をモチーフに、母が17歳だった1982年と娘が17歳の2013年を舞台としてそれぞれの初恋を描いた恋愛映画。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

映像が美しい

主人公の現在とその母親の青春時代の二つの観点から、初恋を丁寧に描いた作品に心がぎゅっとしました。また、日本の映画とは違い、瑞々しい映像がよく流れて、それぞれの場面に合った音楽のセンスが抜群です。時系列の違いを楽しみながら観ていただくと、より一層楽しめる作品となっています。

報告

15セデック・バレ 第一部 太陽旗

セデック・バレ 第一部 太陽旗

引用元: Amazon

制作年2011年
上映時間143分
監督ウェイ・ダーシェン
メインキャストリン・チンタイ(モーナ・ルダオ)、マー・ジーシアン(タイモ・ワリス)、安藤政信(小島源治)、河原さぶ(鎌田弥彦)、ビビアン・スー(高山初子)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

壮絶な時代

日本統治時代の話で悲劇的で壮絶ですがいい映画です。台湾は親日だといわれていますが日本が統治していた時代にはやはりいろいろあります。そんな時代の事件について映画化しており見た後はいろいろ考えさせられます。

報告

男が好きな人を振り向かせたい

この作品は主人公の男がある日配達先で出会う女の子に一目惚れしてなんとか振り向かせようと手話を使って会話をしようとする話。姉妹の絆の強さも見る事ができる。会うたびにお互いが惹かれ合うところも魅力的でした。

sukiyaki

sukiyakiさん

2位に評価

報告

17花蓮の夏

花蓮の夏

引用元: Amazon

『花蓮の夏』(かれんのなつ、原題:盛夏光年、英題:Eternal Summer)は、2006年公開の台湾映画。尚、『盛夏光年』は台湾ではノベライズ化もされている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

胸を締め付ける恋

メインキャラクターは優等生と、問題児という、よくあるような設定ですが、そこにもう一人加わることで関係性が一気に複雑化します。友情と恋愛という、いつの時代も、どこの国でもまとわりつく課題を等身大で痛々しくも愛しく描いたことで私の胸にもグッとつきささりました。

報告

18ラブゴーゴー

ラブゴーゴー

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間113分
監督チェン・ユーシュン
メインキャストタン・ナ、シー・イーナン、リャオ・ホイヂェン、チェン・ジンシンほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttps://nettai-gogo.com

もっと見る

19星空(2011年)

星空(2011年)

引用元: Amazon

『星空』(ほしぞら、原題:星空、英語題:Starry Starry Night)は、2011年の台湾・中国合作映画。台湾の絵本作家ジミー(幾米)のベストセラー『星空 Starry Starry Night』をトム・リン監督が映画化した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

泣きたい人におすすめ

高校生から大人になるまでの数十年の物語がいっぱい詰まっている作品で、自分の近くに誰かがいてくれることで救われることが沢山あることを実感できる映画です。お互いが愛し合うことで、愛が成立することを改めて実感させられました。女性にはぴったりの映画になっています。ときめきたい方や、すこし心が病んでる方にはぜひこの映画を見て明るい気持ちになってもらいたいと感じました。

報告

21

21位~27位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

映画を観るのにおすすめのサービスが決定!

映画見放題サービスランキング

アジア圏のこちらの映画もチェック!

中国映画ランキング

香港映画ランキング

韓国映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ