みんなのランキング

マカロン大佐さんの「嫌いな食べ物ランキング」

323
更新日: 2020/05/27

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1きゅうり

きゅうり

キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。野菜の一種として食用にされる。かつては熟した実も食用とされたが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。

においがダメ

匂いが無理です。僕という生命体がこんなにも拒絶反応を起こす食べ物は他にありません。なぜでしょうか。なぜこんなにも嫌いなのでしょうか。皆は美味しく食べていますし、夏のシーズンでは屋台で味噌きゅうり食べているのが羨ましいです。食感は大丈夫なんですが、味がどうも苦手です。寿司でもきゅうりを抜きます。

2エビ

エビ

エビ(海老・蝦・魵)は、節足動物門・甲殻亜門・軟甲綱・十脚目(エビ目)のうち、カニ下目(短尾類)とヤドカリ下目(異尾類)以外の全ての種の総称である。すなわち、かつての長尾類(長尾亜目 Macrura)にあたる。現在、長尾亜目という分類群は廃止されており、学術的な分類ではなく便宜上の区分である。 十脚目(エビ目)から、カニ・ヤドカリという腹部が特殊化した2つの系統を除いた残りの側系統であり、単系統ではない。この定義では、ザリガニもエビに含まれる。

かたちが気持ち悪い

なんであんなにグロテスクなんでしょうか。カニもそうですが甲殻類というのはなぜあんなにも虫に似ているのでしょう。あれが食べ物と思えません。

3カニ

カニ

カニ(蟹)は、十脚目短尾下目(たんびかもく、Brachyura、別名:カニ下目)に属する甲殻類の総称。タラバガニやヤシガニなどは十脚目異尾下目(ヤドカリ下目)に属するが、これらも漁業・流通等の産業上、「カニ」として扱うことがある。また分類学において、本分類以外の水産節足動物で「カニ」の名を与えられているものも多い。

匂いが生臭い

カニは高級料理ですが僕にはそう思いません。むしろ食べられたらお金をもらいたいぐらいです。えびもそうですが、色合いも食感も匂い全てが僕とは相いれないです。ですがいつかカニ鍋を食べてみたいです。

4しいたけ

しいたけ

シイタケ(椎茸、香蕈、学名:Lentinula edodes、英語:Shiitake, Shiitake mushroom)は、ハラタケ目-キシメジ科に分類されるキノコである。異説では、ヒラタケ科やホウライタケ科、ツキヨタケ科ともされる。 シイタケは日本、中国、韓国などで食用に栽培されるほか、東南アジアの高山帯や、ニュージーランドにも分布する。

5トマト

トマト

トマト(学名:Solanum lycopersicum、英語: Tomato)は、南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種である。日本語では唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)、珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)などの異称もある。

青臭い匂いが苦手

ハンバーガーなどに入っている何か料理の間に入っている物は食べられるのですが、 単体として食べるのはとても厳しい。プチトマトあれも苦手です、いつか克服してカプレーゼを食べてみたいです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング