みんなのランキング

大人は判ってくれない(映画)に関するランキングと感想・評価

大人は判ってくれない(映画)

引用元: Amazon

最高評価

66.7

(4人の評価)

フランス映画ランキング」で最も高い評価を得ています。

大人は判ってくれない(映画)の詳細情報

制作年1959年
上映時間99分
監督フランソワ・トリュフォー
脚本フランソワ・トリュフォー、マルセル・ムーシー
メインキャストジャン=ピエール・レオ(アントワーヌ・ドワネル)、パトリック・オーフェー(ルネ・ビジェー)、アルベール・レミー(ジュリアン)、クレール・モーリエ(ジルベルト)
制作フランソワ・トリュフォー
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
参考価格9,639円(税込)

『大人は判ってくれない』(おとなはわかってくれない、Les Quatre Cents Coups)は、1959年のフランス映画である。 フランソワ・トリュフォー監督の最初の長編映画。原題の「Les Quatre Cents Coups」(あえて直訳すれば「400回の殴打、打撃」)は、フランス語の慣用句「faire les quatre cents coups」(「無分別、放埓な生活をおくる」といった意味)に由来する。 (引用元: Wikipedia)

大人は判ってくれない(映画)がランクインしているランキング

感想・評価

全 3 件を表示

まさにヌーヴェルヴァーグ!

1950年代の映画とは思えない斬新な撮影法や、洒落たカット割りは、まさに新しい波。そう、ヌーヴェルバーグです。

現代のフランス映画ほど難解ではないものの、鑑賞者に答えを委ねるような印象的なラストシーンなどは、哲学的で一筋縄では済まないフランス映画の基礎になったのではないかと思いました。

主人公アントワーヌは、まるで自分の幼少時代のように感じられ、終始ドキドキワクワクし、大人へ反発したい気持ちになりました。もう大人ですけど(笑)

おさる

おさるさん(女性・40代)

1位(100点)の評価

トリュフォー作品

フランソワトリュフォーの長編作品。子役が可愛いです。演技も良し。放題と内容があっています。昔のフランス映画の雰囲気が綺麗。

anna

annaさん(女性・30代)

5位(70点)の評価

親に咎められた少年の心

何をしようとも家でも学校でも大人に怒られ人生に絶望を感じ一人で生きていくことを決める少年。幼いながらにそんな決断ができる少年にあっぱれと思う一方、子供が考えていることをなかなか分かってあげられない親や教師という立場にやるせなくなる。

mana

manaさん(女性・20代)

5位(75点)の評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ>アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?