みんなのランキング

モモ(ミヒャエル・エンデ)

モモ(ミヒャエル・エンデ)

引用元: Amazon

『モモ』(Momo)は、ドイツの作家ミヒャエル・エンデによる児童文学作品。1973年刊。1974年にドイツ児童文学賞を受賞した。各国で翻訳されている。特に日本では根強い人気があり、日本での発行部数は本国ドイツに次ぐ。 1986年に西ドイツ・イタリア制作により映画化された。映画にはエンデ自身が本人役で出演した。 日本では、1987年に女優・歌手の小泉今日子が朝日新聞のインタビュー記事で本作の大ファンであることを公言し、話題になった。(引用元: Wikipedia)

感想・レビュー

全 6 件を表示

小説ランキングでの感想・レビュー

時間泥棒のパートは必読!

社会人になる前に読んでほしい一冊。

社会人になると目の前の仕事に忙殺され、生きる気力を失いがちだが、本作を読むとそれはある種の《時間泥棒》のせいなんだと気付かされます。人はお金だけではなく時間を消費して生きている。お金とは違って、時間は誰しも等しく与えられており、それをどう使うかで自分の人生が決まってくるのだが、現代人は知らず知らずのうちに時間が奪われてしまっている。そういうことをミヒャエルエンデは教えてくれるのです。

che bunbun

映画の伝道師

che bunbunさん(男性・20代)

5位に評価

小説ランキングでの感想・レビュー

時間ついて考えるきっかけ

時間を大切になんて言葉をよく耳にするが、どのように大切にするかは、私たちは考えていないように感じる。ベッポがいうように、「いちどに道路全部を考えてはいかん。いつもただつぎのことだけをな。」という言葉にあるように、未来に対して考えるだけではなく、今できること、今自分の周りにいる人とどうするか、ということを考えることが重要なのではないかと考えさせられる作品だった。

マナ

マナさん(女性・20代)

4位に評価

児童文学ランキングでの感想・レビュー

ドラマでも出てきましたね

今放送中の「35歳の少女」でもこの作品を主人公の少女が読んでいました。私も小学生の頃に読んだ作品ですが、物語に登場する「時間どろぼう」とは何かを深く考えさせられました。登場人物の灰色の男たちは不気味ですしね。物語は現実には起こり得ない設定ですが、名言も多く、私たちのこれからの生活に活かしていこうと思えることも多いです。大人になった今ももう1度読んでみたい作品です。私の子供はまだ小さいですが、小学生ぐらいになったらおすすめしてみたいです。

keyu山田

keyu山田さん(女性)

1位に評価

児童文学ランキングでの感想・レビュー

現代社会への痛快な一撃

時間を稼いでより豊かな生活を送るために我々が築き上げた現代社会のあり方を、モモという純真無垢な女の子を通して見つめ直し、多くの現代人が陥っている自己矛盾を暴いてくれる児童文学。なぜ子どもは学校に行って勉強しなければならないのか?なぜ大人は働いてばかりいるのか?など人生の根本的な疑問にぶつかったときにぜひ読ませたい作品。扱うテーマは大人向けではあるもののファンタジー要素も多く散りばめられており、児童文学としての傑作と言えます。

ケナガワ

ケナガワさん(女性)

1位に評価

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

大人こそ読むべし

灰色の街で人の時間を奪う時間どろぼう達。対峙するのはマイペースだけど自分を失わない少女モモ。子供の頃はモモの視点で読んでいましたが、自分が成長するに従い、時間に追われ続けて余裕のない大人の姿が自分と重なって反省。自分も色を失わないようにと。

アスミン

アスミンさん(女性)

2位に評価

児童文学ランキングでの感想・レビュー

哲学すら感じさせるドイツ児童文学の傑作

時間を奪う灰色の男たちというのは、まさしく私が暮らしている現代社会そのもの。児童文学でありながら強烈な文明批判を秘めています。

みきたにあやめ

みきたにあやめさん(男性・30代)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

生きることば あなたへ

エンタメ>

瀬戸内寂聴の本ランキング

あなたがおすすめする瀬戸内寂聴の本は?

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

Sweet(スウィート)

エンタメ>

女性ファッション誌ランキング

おすすめの女性ファッション雑誌は?