みんなのランキング

黒田官兵衛(黒田孝高)

黒田官兵衛(黒田孝高)
生没年1546年~1604年

黒田 孝高(くろだ よしたか、旧字体:黑田 孝高)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。戦国の三英傑に重用され筑前国福岡藩祖となる。キリシタン大名でもあった。 諱(実名)は初め祐隆(すけたか)、孝隆(よしたか)、のち孝高といったが、一般には通称をとった黒田 官兵衛(くろだ かんべえ)、あるいは剃髪後の号をとった黒田 如水(くろだ じょすい)として広く知られる。軍事的才能に優れ、豊臣秀吉の側近として仕えて調略や他大名との交渉など、幅広い活躍をする。竹中重治(半兵衛)とともに秀吉の参謀と評され、後世「両兵衛」「二兵衛」と並び称された。 (引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 18 件を表示

軍師ランキングでのコメント・口コミ

戦国の世において人を殺すことをよしと思わなかった心優しき軍師

黒田官兵衛は出身が姫路ということもあり、非常に荒々しい郡市をイメージするかもしれません。ただ母方が京都の公家で和歌の教養が非常にあったこともあり、彼自身の和歌も非常に繊細で一見して戦国武将ではないのではと思わせるようなものが多いです。

また戦いにおいても出来る限り相手を殺さない戦略をとっています。
第2位の明智光秀のところで言ったように戦において逆転劇をすることが優れた軍師ではないと考えます。むしろ戦をする前にすでに勝敗が決しているような状態に持っていくことこそ有能な軍師と言えます。

このことは黒田官兵衛がキリシタン大名であったということにも関係があるかもしれません。黒田官兵衛は戦国の世には珍しく一夫一妻制を貫きました。人を殺さず、和歌を愛し、側室を持たない、戦国時代においてこのような態度だったからこそ秀吉の下で最強の軍師と呼ばれ九州をまとめあげて行くほどの力を持てたのではないかと考えます。そういえば明智光秀も一夫一妻を貫きました。

ですから大河ドラマの「軍師官兵衛」が決まった時、主役岡田准一さんが演じると聞いて、私は個人的に「なるほど」と思いました。黒田官兵衛の本当の姿をよく分かった上でのキャスティングだと感動したのを覚えています。

金谷 俊一郎

歴史コメンテーター

金谷 俊一郎さん(男性)

3位に評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

頭が良い

なんと言っても頭のキレの良さが秀吉の天下統一の一番の手助けになったと思います。この方は、様々な点で色んな所に顔が出るほど多くの方に知られていると思います。その中でも、北条政宗などを説得できたなど本当に凄いかたです。

てんてん

てんてんさん(男性・20代)

4位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

地元出身の人物だから

同じ県の出身人物だから。大河ドラマにもなりましたが、とても頭の良い策士っぷりがかっこいいと思います。結局頭の良さから恐れられ疎まれ九州に追いやらてしまったのは残念でしたが、それだけ聡明だったのだと思いますね。すごい人が同じ県で嬉しくて選びました。

あんこ

あんこさん(女性・50代)

5位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

野心家

軍師として優秀ですが、秘めた野心は大きく、関ケ原の戦いのときに黙々と九州を征圧していたのは凄いです。この時代にあって情報の重要さを理解していたのも凄いです。軍師というよりも既に戦国武将に位置づけられるかもしれません。半兵衛と比べ、人間的なミス(荒木村重からの幽閉、三成との不和、秀吉から警戒される、など)が多いような気がします。

オンライン

オンラインさん(男性)

2位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

時世を読む軍師

豊臣秀吉に恐れられる人物として徳川家康と並び名指しされた人物の一人です。秀吉に支えながらもその実力を知らしめ、信長のが討たれた本能寺の変後、誰よりも早く秀吉が明智光秀を討てたのは、黒田官兵衛あってこそとも言われています。秀吉亡き後は、関ヶ原で徳川側東軍につくという時流を読む力が素晴らしい人物だったとも思われます。

柚子

柚子さん(女性)

1位に評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

才能あふれる家臣

豊臣秀吉を支えた名家臣として有名な武将です。大河ドラマでも取り上げられた調略が得意な知略型の武将で、家臣の割には名前が大きく残っています。秀吉からもう少し大きな領地をもらっていれば、家康と一戦交えることもできたかもと思うと、楽しくなります。

sarurururu78

sarurururu78さん(男性・50代)

4位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

ダウンタウン松本さんもファン

黒田官兵衛を知ったきっかけはダウンタウンの松本人志さんが番組で話していたのがきっかけです。豊臣秀吉の参謀として活躍しますが、息子のせいで天下を取り逃がすなど残念な面もまたこの人の魅力的な部分だと思います。

軍師ランキングでのコメント・口コミ

策略と大胆な行動力

この人物が成し遂げた功績は数えればきりがない程多いですが、特にすごいと思うのが高松城の水攻めや九州遠征でほぼ平定したり、本能寺の変が起これば直ちに毛利氏と休戦し京都まで引き返すなどの大胆な行動力。行動力の裏にどれほどの知略が隠れているのか計り知れないすごい軍師。

smoothie

smoothieさん

1位に評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

誰も勝てない天才軍師

多分本気を出せば天下取れた人。
関ヶ原の戦いの読みさえ間違えていなければいけた。

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

西国諸将を悩ませた謀将。

毛利、長宗我部、島津と渡り合い勝利を続けた名将。

軍師ランキングでのコメント・口コミ

秀吉の天下取りに貢献

秀吉の軍師として数々の合戦を指揮し、死後も大名として家康と巧みに渡り合い黒田家の筑前藩を残したから。

サトシ

サトシさん(男性・40代)

3位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

頭がいい

豊臣秀吉を天下統一に導き、水攻め等奇抜な戦略や外交にも長けていた

麹

さん(男性・40代)

1位に評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

人の心理を読む天才

彼は合戦における策略もさることながら、何より人の心を操る術に長けていたように思う。秀吉に警戒されつつも重宝され、関ケ原のときの九州制圧において兵の士気を高められたのは、彼が読心術を得意としたからではなかろうか。

ゲストさんの評価

戦国武将・大名ランキングでのコメント・口コミ

戦国最強の軍師

本能寺で信長倒されたとき黒田官兵衛は、中国地方で毛利氏を攻めていた秀吉にすぐ京都に戻るように勧め天下統一への道をつくった。
その後も数々の戦いの作戦を立てて、秀吉を勝利に導き秀吉が死ぬまで「軍師」として仕えた。

ゲストさんの評価

戦国武将最強ランキングでのコメント・口コミ

最強っ軍師

最強だから

ゲストさんの評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

高松城水攻めの時、策を考えた黒田官兵衛

あああああああああああああああああああ

さんの評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

カッコイイです。

初めて見たのでうれしいです。

ゲストさんの評価

軍師ランキングでのコメント・口コミ

天才

片倉さんの評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング