みんなのランキング

ソラリスの陽のもとに(ソラリス)

ソラリスの陽のもとに(ソラリス)

引用元: Amazon

『ソラリスの陽のもとに』(ソラリスのひのもとに、原題:Solaris)は、ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムが1961年に発表したSF小説。最初の日本語訳(ロシア語版からの重訳)は、1964年に早川書房『S-Fマガジン』に掲載され、1965年にハヤカワ・SF・シリーズで刊行された。(引用元: Wikipedia)

ランクインしているランキング

感想・レビュー

全 2 件を表示

SF小説ランキングでの感想・レビュー

ロシアの小説

ソラリスという惑星探査の話なのですが奇妙な幻覚を見せる惑星で、調査に向かった研究員や隊員たちが現実なのか幻覚なのかわからないまま、その世界に魅了されていく物語です。ロシアの話なのでちょっと理解しずらいストーリーですが、かなり面白いと思います。

トーイ

トーイさん(男性・30代)

3位に評価

SF小説ランキングでの感想・レビュー

地球外の知性体との遭遇。

人間以外の理性との接触。人が何をしたってどうにもならないことがある、そう思いながら読みました。

usa

usaさん(女性・40代)

3位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

生きることば あなたへ

エンタメ>

瀬戸内寂聴の本ランキング

あなたがおすすめする瀬戸内寂聴の本は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?