みんなのランキング

アルジャーノンに花束を(小説)

アルジャーノンに花束を(小説)

引用元: Amazon

『アルジャーノンに花束を』(アルジャーノンにはなたばを、Flowers for Algernon)は、アメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによるSF小説。1959年に中編小説として発表され、翌年ヒューゴー賞短編小説部門を受賞。1966年に長編小説として改作され、ネビュラ賞を受賞した。 それまでのSF小説が宇宙や未来などを舞台とした作品であったことに比べ、本作は知能指数を高める手術とそれに付随する事柄という限定した範囲での前提でSFとして成立させている。ジュディス・メリルは、本作をSFの多様性をあらわす作品のひとつとして位置づけている。また、最後の一文が主眼であり、ここに収束される感動に泣かされる作品でもある。 (引用元: Wikipedia)

ランクインしているランキング

感想・レビュー

全 3 件を表示

海外小説ランキングでの感想・レビュー

悲しき名作

人間の科学の力、言い方悪くすればエゴだけで知能指数を上げられてしまった人間の末路。またこれから人間が科学とどのように向き合うべきなのかを考えさせられる作品。作者のダニエルキースは多重人格などをテーマにした作品も数多くあるが、私はこのテーマの作品が大好きでした。

畳織り

畳織りさん(男性)

1位に評価

海外小説ランキングでの感想・レビュー

切ないストーリー

ネズミのアルジャーノンにがしたIQを上昇させる手術を受けることを決めた、知的障害を持つ少年の話。
とにかく、ストーリーが進むにつれて、
天才がいいのか悪いのか、分からなくなるみたいな感じがしました。
天才には天才の悩みかあるのかと、その人しか分からない悩みがあるんだなと。
しかも、知能が戻ってしまうとか切なすぎましたね。
でも、天才だから幸せと言うこともないので、何が幸せなのかスゴく考えさせられる話でした。

PANDA

PANDAさん

1位に評価

SF小説ランキングでの感想・レビュー

優しくて残酷

知能指数を高めるという少し異色にも感じられるSF小説となっています。知的障害をもった主人公が知能指数を上げるための手術をするのですが、その選択は彼を幸せにしたのか。かなりリアルな設定で、いろいろと考えさせられます。
山下智久さん主演で日本版のドラマ化をしています。

mino

minoさん(女性・20代)

3位に評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

生きることば あなたへ

エンタメ>

瀬戸内寂聴の本ランキング

あなたがおすすめする瀬戸内寂聴の本は?

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

Sweet(スウィート)

エンタメ>

女性ファッション誌ランキング

おすすめの女性ファッション雑誌は?