みんなのランキング

しえんまさんの「青森の食べ物・郷土料理ランキング」

81
更新日: 2020/03/10

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1せんべい汁

せんべい汁

せんべい汁(せんべいじる)は、青森県八戸市周辺の郷土料理で、同料理専用の南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは鍋料理。地名を入れた「八戸せんべい汁」として名物化し、域外へPRしている。

B級グルメ大会で1位に輝く料理

B級グルメ大会で何度もトップに輝いている料理です。お煎餅がスープや鍋に入っていることも不思議ですが、それがどんなスープにでも合う。味噌、醤油、塩、豚骨、どんなスープでも美味しくなる。何にも似ていない唯一無二の食材で作られる汁は絶品です。食べた方はびっくりして必要以上に食が進むようです。県民だけではなく大勢の方に愛される料理です。

ラーメン4 焼きそば6

焼きそばがスープに浸るなんて想像もできないと思うんです。濃い味が持ち味のソース焼きそばがラーメンの汁に使ってるなんて台無しだと思う方が多いと思うのですが、2つが交わるとびっくりするほど絶妙なハーモニー。ラーメンの汁が焼きそばのソースと絡み味が丸くなります。全国どこを探してもこんなスペシャルな焼きそばはないかと思います。

最強駄菓子

芋くじという駄菓子です。大王を引くと大きな芋菓子が、ハズレでも小さい芋菓子がもらえます。この芋菓子が絶品なんです。芋餡をアンドーナツの外側で包み込んだと言いますか。本当に美味しい。私は全国どこにでもあるものだと思っていましたが、津軽地方のみにしか存在しないそうです。これを知らない方は本当に残念だと思います。是非足を運んできていただきたいです。

4いちご煮

いちご煮

いちご煮(いちごに)とは青森県八戸市とその周辺の三陸海岸の伝統的な料理で、ウニ(キタムラサキウニ、エゾバフンウニなど)とアワビ(ツブ貝等で代用されることもある)の吸物である。古くから上客への出し物として使われてきた。赤みが強いウニの卵巣の塊が、野イチゴの果実のように見えることからこの名が付いた。

海の宝石

海の宝石を使い込んだ高級スープ。あわび、うにで作り上げられたスープ。私自身らあわびもうにも好きではないのですが、これは別物です。全く臭くない。そして美味。またこの缶詰を使って炊き込みご飯を作ると、これがとんでもないことになります。海の匂いがする程よい塩加減とうにの甘さ、そしてアワビの歯応え。それが炊き立てのご飯に合わさりもう絶品です。

捨てるものは何もない

魚も野菜も捨てるところは何もない。それを具現化した食べ物です。魚のアラ、野菜の端切れ、それを出汁で煮込んだスープです。野菜、魚からいいエキスが出てくるのでなんとも言えない美味しい優しいスープになります。特にこれをいれる!という食材があるわけではなく、好きなもの、余り物を入れて煮込みます。津軽の郷土料理です。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる