みんなのランキング

mikanさんの「青森の食べ物・郷土料理ランキング」

31
更新日: 2020/10/28

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1赤飯

赤飯

赤飯(せきはん)は、もち米にアズキやササゲを混ぜて蒸したおこわである。 ハレの日の食事として用いられる(吉事に用いられることが多いが凶事に用いる地域もある)他、栄養価が高い事から缶詰やフリーズドライ化された物も普及しており、非常食などとして用いられている。また、「赤飯おにぎり」「赤飯弁当」のように、一般食としてコンビニエンスストアやスーパーマーケット、駅売店で売られている事も多い

甘く大好きな味です。

青森県(一部の地域)の一部の地域の赤飯は、赤飯を炊くとき、砂糖もしくは甘納豆を使います。ですのでおはぎのように甘く大好きな味です。

寒い冬の時期にぴったり

魚(ぶりやたら)のあらを煮込んだ味噌汁で、よく祖母が作ってくれました。魚の白子を入れることで風味が増し、寒い冬の時期にぴったりの料理です。

色んな出汁が出てとても美味しい

山菜や高野豆腐、大豆を細かく切って煮込む料理。汁というより、ほぼ具を食べている感覚ですが、色んな出汁が出てとても美味しい。

さっぱりとして食べやすい

なんと青森県民はサメを食します。サメと大根のすりおろしたものを酢味噌で和えてたべる料理ですが、さっぱりとして食べやすいです。

家庭料理

大根の葉っぱを干したものを細かく刻んで作った味噌汁で家庭料理です。油揚げ、ネギが一緒に入って子供の頃何杯もおかわりした思い出があります。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる