みんなのランキング

ブルース・ウィリス出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

フィフス・エレメントアルマゲドンダイ・ハードRED/レッドパルプ・フィクション

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数33
投票参加者数29
投票数108

“渋くてかっこいい!”との呼び声が高い、スキンヘッドがトレードマークのブルース・ウィリス。アクション映画だけでなく、高い演技力で個性的なキャラを演じている作品もあり、男女問わず長きに渡って世界中の人々から支持されています。今回は『ブルース・ウィリス出演の人気映画ランキング』をみんなの投票で決定!ほぼスタントなしで演じ、世界的に知名度を上げた『ダイ・ハード』や世界中で涙を誘った名作『アルマゲドン』、寡黙なヒーローを演じた『シン・シティ』など多くの名作があるなか1位に輝く作品とは!?あなたがおすすめの映画も教えてください!

最終更新日: 2021/10/04

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「ブルース・ウィルス」

愛されスキンヘッドキャラといえばこの人

コメディ、ドラマ、アクションなど演技の幅の広さに定評のあるブルース・ウィリス。少年時代に重い吃音に悩まされていましたが、台詞なら問題なく言えることに気づき、演技の世界に魅了されていきます。彼のブレイクのきっかけの1つ、『こちらブルームーン探偵社』。当時付き合っていた恋人に会うためにワシントンに行き、現地でやっていたオーディションに参加したことがきっかけ!

様々なキャラクターを完璧に演じ切るカメレオン俳優

ブルース・ウィリスの出世作といえば、ほぼスタントなしで演じ、世界的に知名度を上げた『ダイ・ハード』。興行収入5億ドルを超える大ヒット作『アルマゲドン』でハリウッドスターとしての地位を不動のものとします。『シン・シティ』では寡黙なヒーローを好演し、演技力の高さを見せつけました。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

アクション映画の名作「ダイ・ハード」は何位にランクイン?

アクション映画ランキング

ユーザーのバッジについて

ブルース・ウィリス出演の映画を全作品観たことがある。

ブルース・ウィリス出演の映画を30作品以上観たことがある。

ブルース・ウィリス出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ダイ・ハード

ダイ・ハード

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間131分
監督ジョン・マクティアナン
メインキャストブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ボニー・ベデリア(ホリー・マクレーン)、デヴロー・ホワイト(アーガイル)、ウィリアム・アザートン(リチャード・ソーンバーグ)、ハート・ボックナー(ハリー・エリス)ほか
主題歌・挿入歌Let it Snow!Let it Snow!Let it Snow! / ボーン・モンロー
公式サイト-

もっと見る

「嫌々ながら」の表情が自然

ブルース・ウィリスの代表作といえばダイ・ハード、特に第1作目だと言えよう。

ブルース・ウィリスが演じるジョン・マクレーン刑事の不運っぷりや、妻とうまくいかない不器用さ、また時折見せる男らしさのバランスがよく、人間味のある憎めないキャラクターに仕上がっている。

ダイ・ハードシリーズに関しては、吹き替えでみるのもおすすめ。

goh

gohさん

3位に評価

報告

「とにかくツイてない!」愚痴を言いつつ敵を倒す、ぼやきアクション!

妻が主役のパーティーに呼ばれた刑事が、テロ事件に巻き込まれる。とにかくツイてない!
妻との仲はイマイチ、呼ばれたパーティーで事件に巻き込まれ、通報されるも信じてもらえず、裸足でガラス片の上を歩く!こんなにツイてない主人公がいるとは!
でも愚痴を言いながら敵を倒しまくり、最後はちゃんと妻とも仲直り。
最高のキャラクターです!

報告

ハラハラがたのしすぎ

全ての敵をブルースウィリスが倒していくのがとても痛快でおもしろいです。クリスマスの映画なので今となってはクリスマスの定番にもなっています。いつしんでもおかしくない状況がとてもハラハラします。ブルースの真骨頂はこの映画です。

報告
コメントをもっと読む

2アルマゲドン

アルマゲドン

引用元: Amazon

制作年1998年
上映時間150分
監督マイケル・ベイ
メインキャストブルース・ウィリス(ハリー・スタンバー)、ベン・アフレック(A.J. フロスト)、リヴ・タイラー(グレイス・スタンパー)、ウィル・パットン(チック)、スティーヴ・ブシェミ(ロックハウンド)ほか
主題歌・挿入歌I Don't Want to Miss a Thing / エアロスミス
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

ブルース・ウィリスの大ヒット作

仕事に対する熱意。娘に対する思い。部下を大切にする親方。この役はブルース・ウィリス以外ハマる人はいなかったと思います。ここでもブルースのやる気がなさそうな正義感が出ていてとても好きです。娘との最後の交信シーンでのブルースの涙とエアロスミスの音楽のマッチングは嗚咽になるほど涙が止まりませんでした。何十回見ても毎回涙が出ます。

yukinko

yukinkoさん

2位に評価

報告

親父の最後の仕事

地球に巨大隕石が衝突すると言う驚愕の事実を知らされそれを破壊しに行くことになったハリー達ですが問題が起き仲間がどんどん減っていってしまう時はどうなるのかと思いました。また2号機が墜落し1号のドリルも壊れた時はもう無理だと思ってしまいました。ラスト爆弾を起爆するためにハリーが1人残るシーンで娘との通信しているところでは涙が止まりませんでした。

報告

宇宙の話がすごく好き

地球を救うために宇宙に旅立っていき隕石を爆弾で破壊する話です。この宇宙に旅立っていくメンバーがみんな宇宙飛行士でもなんでもないので訓練する場面がすごく面白かったです。やはり一番の名シーンはブルースが一人で隕石に残り爆破スイッチを押して死んでしまう場面です。あそこで泣きました。

報告
コメントをもっと読む

3RED/レッド

RED/レッド

引用元: Amazon

制作年2010年
上映時間111分
監督ロベルト・シュベンケ
メインキャストブルース・ウィリス(フランク・モーゼズ)、モーガン・フリーマン(ジョー・マシス)、ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボッグス)、メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)、ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

こんなにカッコイイオヤジ達はいない!

元超一流のスパイ達によるアクションが格好良い。
俳優陣もとても豪華で、若い俳優さんが霞む程にジジババの活躍が光っています。
それぞれのキャラクターの個性も立っていて、ヘレン・ミレンが断トツで、イケメンです。
テンポよく話が進んでいくので退屈しません。

報告

おじいちゃん達の意地

歳をとり引退していたフランクモーゼスはいきなり家を襲撃されますがそこをきれいに返り討ちにするシーンは歳をとっても強いなと思いました。またじじいと呼ばれ怒るシーンや追突された車からおりそのまま銃を発砲するシーンはつい感激してしまいます。

報告

おじさんたちがかっこいい

この映画はほかのアクション映画と違って、登場人物のほとんどがおじさんとおばさんというところがすごく面白いです。
現役を引退したおじさんたちが、愛する人を助けるために現役さながらの最強さで戦うシーンはとにかくかっこいいです。

あい

あいさん

2位に評価

報告
コメントをもっと読む

4フィフス・エレメント

フィフス・エレメント

引用元: Amazon

制作年1997年
上映時間126分
監督リュック・ベッソン
メインキャストブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(リー・ルー)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、トリッキー(ライトアーム)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:配信中

もっと見る

これぞ未来!!

私が初めて映画館で観た洋画です。「100年後の未来はこうなっているんじゃないか」という想像を映像化した作品だと思います。ブルース・ウィリスのやる気がないようなヒーローがこの映画の魅力の一つです。映画自体のテンポも良く、アクションも派手だけどスマートな感じがとても好きです。音楽も含めて印象深い映画だと思います。

yukinko

yukinkoさん

1位に評価

報告

宇宙版ダイ・ハード

予告編ではブレードランナーと同系列のカルトSF映画かと思いきや、その事態は宇宙や未来都市でドンパチを繰り広げる宇宙版ダイ・ハードでした。が、そこが気に入った理由でもあります。クリス・タッカーやゲイリー・オールドマン他、キャラも立っていて文句なしです。

報告

SFアクション!

ブルースウィルスのSFアクション!最高に大好きな作品です。ストーリーも面白いけど、出てくるキャラがみんな濃くて楽しめる映画。

報告
コメントをもっと読む

5パルプ・フィクション

パルプ・フィクション

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間154分
監督クエンティン・タランティーノ
メインキャストジョン・トラボルタ(ヴィンセント・ベガ)、サミュエル・L・ジャクソン(ジュールス・ウィンフィールド)、ユマ・サーマン(ミア・ウォレス)、ブルース・ウィリス(ブッチ・クーリッジ)、ハーヴェイ・カイテル(ザ・ウルフ)ほか
主題歌・挿入歌Misirlou / ディック・デイル&デルトーンズ
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:なし

もっと見る

タランティーノのファーストチョイスでは無かったという説も

パルプ・フィクションでは、主人公の1人であるプロボクサーを演じたブルース・ウィリスだが、実はタランティーノは最初に他の役者を指名していたとか。

とはいえ、作品を観てみるとすっかりブルース・ウィリスがハマり役であることが分かる。

細部まで作り込まれているが、気構えることなく鑑賞できるコメディ映画。

goh

gohさん

1位に評価

報告

トリプル主演かな?

主演その1ブルース・ウィルス演じるボクサー。
主演その2ジョン・トラボルタ演じる殺し屋。
主演その3サミュエル・L・ジャクソン演じる殺し屋。
最終的に、悟りを開いたサミュエル・L・ジャクソンは殺し屋を引退し、ブルース・ウィルスによりジョン・トラボルタは殺されます。
ブルース・ウィルスとマフィアのボスが2人で拘束されるシーンは、なんか痛々しいです。

報告

6シックス・センス

シックス・センス

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間107分
監督M・ナイト・シャマラン
メインキャストブルース・ウィリス(マルコム・クロウ)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(コール・シアー)、トニ・コレット(リン・シアー)、オリビア・ウィリアムズ(アンナ・クロウ)、ドニー・ウォルバーグ(ヴィンセント・グレイ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

切ないホラー

今までのブルース・ウィリス作品とは全く違ったサスペンススリラーで、ブルースの違った魅力が詰まった映画だと思います。精神科医という役柄がしっくりきていた気がします。M・ナイト・シャマラン監督特有の最後のどんでん返しにはとても驚き、アクション物ばかり見ていた私がサスペンス物も見るようになったきっかけの作品です。

yukinko

yukinkoさん

3位に評価

報告

超超超衝撃展開ホラー!

小児科医の主人公が霊が見える少年と出会い、自身の真実に気づく。第2位「アンブレイカブル」の監督M・ナイト・シャマランによるホラー映画。
少年の複雑な環境や母親との関係などの見どころはもちろんありますが、やはり主人公自身の真実が明かされた時の衝撃は言葉に表せません。
ネタバレなしでとにかく見てほしい作品です。

報告

映画史上1番心に残ったホラー作品

最後までこの作品を見るともう一度見返してしまう程の伏線が張り巡らされた作品です!ホラー映画でもあり、人との温かさもあり、他のホラー作品とはまた違った魅力がたっぷりと詰まった映画です!この映画は見た人の映画ランキングを書き換えてしまうほど強烈な作品なのでぜひ色々な方に見て欲しいです!

Nikot

Nikotさん

3位に評価

報告
コメントをもっと読む

7ダイ・ハード4.0

ダイ・ハード4.0

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間129分
監督レン・ワイズマン
メインキャストブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ジャスティン・ロング(マシュー・ファレル)、ティモシー・オリファント(トーマス・ガブリエル)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ルーシー・ジェネロ)、マギー・Q(マイ・リン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ダイ・ハードシリーズ1番の傑作


ダイ・ハードは全部で5作ありますが、個人的には4が1番面白いと思います。
今回のテロリストはサイバーテロ組織です。
デジタルの事は分からないジョンと4での相棒でハッカーのファレル。この2人の凸凹コンビのやり取りもクスッと笑える魅力の1つです。
最後まで退屈しないストーリーとボロボロになりながら愛する娘を救うために奮闘するジョン・マクレーンの姿に胸が熱くなります。

報告

ついてない男ジョン・マクレーン

シリーズ4作品目にして最高についてない男ジョン・マクレーンが帰ってきました。毎回事件に巻き込まれてしまい、今回は娘も登場し守りながら敵を追い戦います。娘を守るため傷だらけになるジョンはかっこいいお父さんでした。

報告

8REDリターンズ

REDリターンズ

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間116分
監督ディーン・パリソット
メインキャストブルース・ウィリス(フランク・モーゼズ)、ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボッグス)、メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)、ヘレン・ミレン(ヴィクトリア)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(カーチャ・ペトロビッチ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

バージョンアップした続編

前作「RED」を上回る面白さ。
ブルース・ウィリスとジョン・マルコヴィッチのコンビが笑えるのはもちろん、初登場のイ・ビョンホンのかっこよさ!
そしてそして超かっこいいヘレン・ミレン。
茶目っ気たっぷり、おとぼけアンソニー・ホプキンス。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズも登場したりと、見どころたっぷり!

報告

帰ってきたはちゃめちゃな老人たち!

前作から更にパワーアップして帰ってきたこのREDリターンズは、変わらずはちゃめちゃでコメディ要素も沢山入ってアクションも見応え抜群!元スパイの老人たちも再度集合し、またまた暴れ回る!かっこいいカーレースや恋愛など様々な要素から目が離せない作品でした!

Nikot

Nikotさん

2位に評価

報告

9ダイ・ハード2

ダイ・ハード2

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間124分
監督レニー・ハーリン
メインキャストブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ボニー・べデリア(ホリー・マクレーン)、ウィリアム・アザートン(リチャード・ソーンバーグ)、レジナルド・ヴェルジョンソン(アル・パウエル)、ウィリアム・サドラー(スチュアート大佐)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ブルースレベルアップ

大好きなダイハードはさらにスケールアップしていました。それと同時にブルースウィルスも勇敢さがアップ、そしてブルースウイルスの戦う相手も増えているんじゃないかと思いました。次こそ死ぬのか?と何回見ても思います。このスケールアップでこのかっこよさ圧巻です。

報告

続編なのにパワーアップしている

大体続編となると前作の方が良かったとなることが多い印象なんですが、このダイハードは2の方もすごく面白いです。やっぱりブルースは傷だらけが非常に似合います。他にもダイハードのシリーズはあるのですが、ほとんどのダイハード作品は面白いので大好きです。

報告

よりド派手に進化

やや評価は落ちますが、アクション、バイオレンス共に大幅に強化されており、個人的には前作と同じぐらい楽しめた作品。ラスト近くのどんでん返しやクライマックスの一石二鳥ともいえるオチには「やられた!」と感じた人も多いのでは?

報告

1012モンキーズ

12モンキーズ

引用元: Amazon

制作年1995年
上映時間130分
監督テリー・ギリアム
メインキャストブルース・ウィリス(ジェームズ・コール)、マデリーン・ストウ(キャサリン・ライリー博士)、ブラッド・ピット(ジェフリー・ゴインズ)、クリストファー・プラマー(ドクター・ゴインズ)、デヴィッド・モース(ドクター・ピータース)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ブラピの使われ方よ。

まぁタイトルの12モンキーズのリーダー役がブラピなので、ある意味酷い使い方ではないですが、まさかの事件と無関係な存在役という。
大雑把な内容として、ブルース・ウィルスがウィルス拡散を企む組織(ブラピ率いる12モンキーズ)を潰しに、未来から現代に来ましたって話です。

報告

独特の世界観

テリー・ギリアム監督による異色のSFサスペンス映画。過去や未来を行き来する内に精神に異常をきたしていく様がとにかく強烈で、見ている側も精神を病んでしまいそうです。ブラッド・ピットの怪演も忘れ難い一作です。

報告

11デス・ウィッシュ

デス・ウィッシュ

引用元: Amazon

『デス・ウィッシュ』(Death Wish)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。監督はイーライ・ロス、主演はブルース・ウィリスが務めた。本作はブライアン・ガーフィールドが1972年に上梓した小説『狼よさらば』を原作とした映画作品『狼よさらば』(Death Wish)のリメイク作である。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

外科医から処刑人へ

家族を失った外科医が復讐により処刑人へと目覚めて行く物語。
こんなに銃を持ってかっこいい人いるのかって毎度思う。

Minnie

Minnieさん

2位に評価

報告

12アクト・オブ・バイオレンス

アクト・オブ・バイオレンス

引用元: Amazon

『アクト・オブ・バイオレンス』(Acts of Violence)は、2018年のアメリカ合衆国のアクション映画。監督はブレット・ドノフー。出演はブルース・ウィリス、コール・ハウザー、ショーン・アシュモア、アシュトン・ホームズ、メリッサ・ボローナ、ソフィア・ブッシュ、マイク・エップス。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

喰うか喰われるかのバイオレンス映画

24時間の限られた時間で起こる究極のアクション。
しぶーいブルース・ウィリスが堪能できる❤️

Minnie

Minnieさん

1位に評価

報告

13ジャッカル

ジャッカル

引用元: Amazon

『ジャッカル』(原題: The Jackal)は、1997年製作のアメリカ映画。1973年の映画『ジャッカルの日』のリメイク作品である。ジャッカルがクライマックスの大統領夫人暗殺に用いる遠隔操作式機関銃は、作中ではポーランド製のZSU-33 14.5mm機関銃とされているが、ZSU-33という名称の機関銃はポーランド製としてもそれ以外の国のものとしても実在していない。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

主演はリチャード・ギア。

ブルース・ウィルスは敵役の殺し屋として出演しています。
映画は1973年の「ジャッカルの日」のリメイクになります。
ブルース・ウィルス演じるジャッカルはその詳細を知る者が殆ど居ない為、FBIは刑務所収監中のリチャード・ギア演じるIRAのスナイパーデクランにジャッカルの調査を依頼し話が進んでいきます。
見所は、ジャッカルの冷酷な殺し屋ぶりで、顔を見られた者は容赦なく殺していきます。
対戦車ライフルの遠隔操作台座を発注した際の製作者で試射するシーンは、冷酷そのものです。

報告

14ファースト・キル

ファースト・キル

引用元: Amazon

『ファースト・キル』(First Kill)は、2017年のアメリカ合衆国のアクションスリラー映画。監督はスティーヴン・C・ミラー。出演はヘイデン・クリステンセン、ブルース・ウィリス。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

最強の男たち

最強の男たちの戦いを描いたアクション映画。
ブルース・ウィリスまじで最強。

Minnie

Minnieさん

3位に評価

報告

15アンブレイカブル

アンブレイカブル

引用元: Amazon

制作年2000年
上映時間106分
監督M・ナイト・シャマラン
メインキャストブルース・ウィリス(デヴィッド・ダン)、サミュエル・L・ジャクソン(イライジャ・プライス)、ロビン・ライト・ペン(オードリー・ダン)、スペンサー・トリート・クラーク(ジョセフ・ダン)、シャーレイン・ウッダード(イライジャの母)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

ヒーローの資質とは

列車脱線事故の唯一の生存者。
ブルースウィルス演じる主人公は列車脱線事故に巻き込まれるが、傷一つなく生還。
主人公はタイトル通り「アンブレイカブル(破壊不可能)」な肉体の持ち主だった。
ヒーローに不可欠な強靭な肉体を持つ主人公、そこにヒーローにとって不可欠なもう一つの存在である「宿敵」が現れる。
M・ナイト・シャマラン監督による「スプリット」、「Mr.ガラス」へと続く異質ヒーロー映画です。

報告

何歳になっても最強


ブルースウィルスが歳をとってから撮った映画ですまったく年を感じずアクションも素晴らしいですここまで刑事役が似合う人は他にもいないんじゃないかなーと感じた映画でした。ブルースの何年たっても変わらない良さがそこにありました

報告

17ダイ・ハード3

ダイ・ハード3

引用元: Amazon

『ダイ・ハード3』(ダイ・ハードスリー、原題:Die Hard: With a Vengeance)は、1995年のアメリカ合衆国のアクション映画。『ダイ・ハード』シリーズの3作目である。 原題のウィズ・ア・ヴェンジェンス (With a Vengeance) は「猛烈に」という意味だが、ヴェンジェンス (Vengeance) のみだと「復讐」という意味になり、作中には両方の意味が隠されている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

方向転換?

クリスマスや閉鎖空間は捨てきった全く新しいダイ・ハード。それでもダイナミックなアクション・シーンや細部に渡るギミックの細かさは健在。語り草となっているガロンのクイズ他、一種アドベンチャー・ゲーム的な楽しみ方も出来るのが本作の特徴か。

報告

18エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間103分
監督サイモン・ウェスト
メインキャストシルヴェスター・スタローン(バーニー・ロス)、ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス)、ジェット・リー(イン・ヤン)、ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン)、ランディ・クートゥア(トール・ロード)、テリー・クルーズ(ヘイル・シーザー)ほか
主題歌・挿入歌-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし
公式サイト-

もっと見る

アクションスターが再び大集合

ジルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、そしてブルース・ウィリス。
前作「エクスペンダブルズ」では顔合わせ程度だったこの3人。
しかし続編「エクスペンダブルズ2」ではアーノルド・シュワルツェネッガーとブルース・ウィリスが本格参戦。
3人揃い踏みで銃をぶっ放すシーンには感慨深いものが。

シュワルツェネッガーの名セリフ「I'll be back」に対して「戻りすぎだ!」と返すなど、シュワルツェネッガーとブルース・ウィリスの楽しい掛け合いのシーンも。

おまけに最強の都市伝説を持つ男チャック・ノリスも参戦。
アクションスターが再び大集合したワクワクが止まらない作品。

報告

19シン・シティ

シン・シティ

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間124分
監督ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー、クエンティン・タランティーノ
メインキャストミッキー・ローク(マーヴ)、クライヴ・オーウェン(ドワイト)、ブルース・ウィリス(ハーティガン)、ジェシカ・アルバ(ナンシー)ほか
主題歌・挿入歌Cells / サーヴァント
公式サイト-

もっと見る

主演はミッキー・ロークかな?

ブルース・ウィルスかな?
エピソード3本構成になっていて、殺し屋殺しのミッキー・ロークの話がEP1、娼婦街を守るために戦うガンマンの話がEP2、刑事のブルース・ウィルスの話がEP3、みたい構成です。
全3部作らしく続編もあります。

報告

20LOOPER/ルーパー

LOOPER/ルーパー

引用元: Amazon

制作年2012年
上映時間118分
監督ライアン・ジョンソン
メインキャストジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョー)、ブルース・ウィリス(オールド・ジョー)、エミリー・ブラント(サラ)、ポール・ダノ(セス)、ノア・セガン(キッド・ブルー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

変わったSF感が面白い

ブルース・ウィリスが普段演じているようなアクション感も交えながら繰り広げられるんだけど、タイムトラベルというSF要素もあって、とても面白い映画です。
殺し屋が未来からやってくる自分を殺さなければならなくなるという、ハラハラした展開も良いです。

あい

あいさん

3位に評価

報告

21

21位~33位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ