みんなのランキング

【人気投票 1~32位】必殺シリーズ人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

新必殺仕事人必殺仕掛人必殺仕事人必殺仕置人必殺仕事人V

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数32
投票参加者数70
投票数293

みんなの投票で「必殺シリーズ人気ランキング」を決定!時代劇の長寿シリーズとして、数多くのファンをもつ「必殺シリーズ」。裏家業として殺し屋を営む登場人物達が、アンチヒーローとして人気を獲得しました。ファンから“神回”との呼び声も高い最終回・解散無用を含む10作目『新・必殺仕置人』や、ゲスト仕事人が多く参加している『必殺仕事人V激闘編』、シリーズ15弾目にして記念すべき第1作目となる『必殺仕事人』など、見逃せない名作が勢揃い!あなたがおすすめする必殺シリーズの作品を教えてください!

最終更新日: 2022/03/30

ランキングの前に

1分でわかる「必殺シリーズ」

映画や舞台、パチンコでも大人気の時代劇・必殺シリーズ

1972年に第1作目『必殺仕掛人』の放送がスタートして以来、20作を超えるシリーズを展開してきた長寿時代劇「必殺シリーズ」。池波正太郎の小説『必殺仕掛人』をベースにしたドラマで、15作目の『必殺仕事人』を境に前半・後半に分かれており、初期は映画のようなハードボイルドな雰囲気、後期は娯楽性の高い内容となっています。物語は、表と裏の顔を使い分ける登場人物達が、さまざまな悪党を始末していくというもの。シリーズ後半にあたる70~80年代では、藤田まこと演じる中村主水(もんど)が主人公の作品がほとんどで、ほかにも実力派俳優が多数出演してきました。勧善懲悪を主とする他作品とは異なり、主人公側があくまで金のために殺しを行うといった点や、それ故に苦悩していく姿が描かれているのも見どころで、長きに渡って多くのファンを魅了しています。

関連するおすすめのランキング

必殺シリーズは何位にランクイン?

歴代TBSドラマランキング

時代劇ファンはこちらもチェック!

時代劇映画ランキング

イケメン俳優ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、歴代の必殺シリーズが投票対象です。あなたがおすすめする作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1必殺仕事人

必殺仕事人

引用元: Amazon

『必殺仕事人』(ひっさつしごとにん)は1979年5月18日から1981年1月30日まで、朝日放送と松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)の共同製作により、テレビ朝日系で、毎週金曜日22:00 - 22:54に全84話が放送された、テレビ時代劇。主演は藤田まこと。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

裏家業の美学

初めて見た必殺シリーズだったので、とても印象に残っています。決して正義の味方ではない。裏家業の美学というものを見たような気がしました。
中村主水というのは、決して自分のことを正当化しないんです。時には、ずるい手を使って殺す時もあります。でも、敵に対して放つ鋭い一言は、どんな正義のヒーローよりも重たくずっしりとしていました。
そして、家庭に戻った主水がお嫁さんやお姑さんに対してだらしなく情けなく接する姿もまたとても印象的でした❗

都

さん

1位に評価

報告

まさに定番

まさに時代劇の定番で、侍の動きを見るとワクワクするもので、ストーリーも良くて正義の味方という感じがします。また、勧善懲悪をするところにいい味を出していることや、悪を懲らしめるところが今の世の中にも必要だと感じさせてくれるものです。登場人物の個性を見るだけでも価値があり、セリフの話し方は何度も真似をしたくなります。悪党たちとの駆け引きを見ると緊迫したムードがありますが、観る側を飽きさせないような工夫に脱帽です。

報告

シリーズ最高に面白さ

必殺シリーズと聞かれて真っ先に思い浮かべるのが「必殺仕事人」です。
やはりこの作品が面白くヒットしたからこそ、長いシリーズになっただけある作品だと思いました。この必殺仕事人で必殺シリーズの良さをすべて出しているという点でも良い作品です。シリーズ初期でこれだけの完成度を誇っているという点でも良いと思いました。
なので、数ある必殺シリーズでもギャグとシリアスの割合から見てもかなり上位で良い作品だと思いますね。

報告
コメントをもっと読む

記念すべき第一シリーズ

池波正太郎氏の原作「仕掛人」シリーズに沿った内容で盛り上げてくれた「必殺仕掛人」。梅安さん(緒形拳)の殺しの場面がやけにリアルに感じられ、夢に出るくらいでした。主題歌の「荒野の果てに」も曲・詩ともに素晴らしく、ドラマ内に流れる荒廃した雰囲気を払拭する作用があり安心して聞くことができました。
それにしても凄い役者がそろった作品でしたね。主演の緒形拳さんのあの射貫くような眼力には恐れ入るほどで、料亭で飯を食いながら微笑むときの菩薩のような笑顔と対局であり、表現者としての力量を感じさせてくれました。音羽屋半兵衛の山村聰さんも同様で、裏稼業らしい雰囲気を醸し出していました。

報告

なんだかんだで初代

やはりその後の展開とお約束的なことが続いていくことになるものを作り上げた初代が一番って感じです。
まぁまぁ古い作品ではありますがだからこそ演出というのもあったりしますから、まず面白いといえるでしょう。改めてみるとやっぱり時代劇とは思えないようなBGMなどが物凄く優れていると思います。
役者さんの演技も後年のシリーズのものとは結構違う感じなのが新鮮に思えるかもしれないです。そのくらいまだ定まっていないことが多かったんだなぁと思えます。

報告

必殺シリーズ第1作

主人公が緒形拳の仕掛け人藤枝梅安だった。他にも、林与一や中村玉緒が出演していたのを覚えている。
子供の頃の時代劇といえば、この必殺仕掛人と木枯らし紋次郎が2大双璧の面白さで、学校で皆でまねして遊んでいたことを思い出す。

takashI

takashIさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

中村主水シリーズの第1作

やはり、藤田まことの中村主水が必殺シリーズが顔であり、その1作目のシリーズなのでとても印象に残っている。
山崎努の念仏の鉄に、沖雅也の棺桶の錠、そして野川由美子の鉄砲玉のおきんの仕置人達が、完璧に悪者を仕置きするストーリーをわくわくしながら見ていた。

takashI

takashIさん

2位に評価

報告

中村主水の必殺はここから始まった

中村主水が初登場した作品。もう1人の主役格の念仏の鉄との絡みも抜群でした。
後作では元締が必殺のメンバーを仕切っている形になりましたが、この仕置人においてはその存在がなく、自然とメンバーが集まって合議の上で仕置きを行うというスタイルで、有名になった後作から見た自分にとってそれが逆に斬新なストーリー展開に感じました。
この後に中村主水ではないシリーズも作られましたが、また中村主水に戻ったのは同作がそれだけよかったからだと思います。

報告

もはや名シーン、フルスイング!

仕事人シリーズとは異なる点が多く楽しめます。
殺しのない回だなと思えば、バイオレンス描写に続くなど新鮮さの多い作品です。
棍棒を使い野球のようなフルスイングにて成敗する様はあまりにシュールに映りました。(笑)

nekko

nekkoさん

5位に評価

報告
コメントをもっと読む

勇次が素敵でした。

仕事人系って暗殺系で人を殺していくわけですし、結構エグイシーンも多かったと思います。
そんな中、ライト感覚の強かったのがこの新・必殺仕事人。この頃は必殺シリーズの面白さに気付いている人も多く、友達同士で仕事人について語り合ったものです。
自分的にお気に入りなのは三味線屋の勇次。歯で三味線を挟み、ピーっと伸ばしていくところが大好きでした。他の仕事人に比べて殺し方も派手でしたし、こと切れる時のプンという三味線の演出も良かったです。

報告

作風の転換期的作品

必殺仕事人を流行らせたのはこの作品じゃないかなと感じる程、前作とはかなり違いました。主役は前回同様中村主水なんですけど、かなり明るい雰囲気になってるんですよね。また勇次の存在も大きかったと思います。この勇次、イケメンというだけでなく殺しのテクニックもあざやか。当時は勇次のモノマネが流行った程です。

報告

必殺仕事人シリーズの第2作

一番好きな必殺仕事人シリーズの第2作。
中村主水に、飾り職人の秀、三味線屋の勇次、仕事人の取り次ぎ役の加代、そして仕事人の元締めのおりく、この作品が必殺シリーズの中で、最も爽快に悪者達を成敗していたような気がする。

takashI

takashIさん

3位に評価

報告

枠を超えすぎた時代劇

そもそもこの作品シリーズの概要を垣間見たのが「マツコ・有吉の怒り新党」の番組内コーナーということもあるのですが、その内容はあまりにハチャメチャです。
タイムワープ要素があり、舞台も国も時代劇とはおおよそ感じられないような展開が当たり前のように差し込まれてきます。
サブタイトルにある「キン肉オトコ」の通りにキン肉マン作者の漫画家、ゆでたまごが出てくるほどには自由です。
これらについては若年層の取り込みを目指してのことらしいのですが、度を越えてくるので先の展開がまるで読めません。

シリーズファンの方からは怒られてしまうのかもしれませんが[続きを読む]

nekko

nekkoさん

1位に評価

報告

京本様!

この頃から京本政樹さんが出てきたと思うんですが、美しさと仕事をこなす時のかっこよさがキレッキレで見ていて惚れ惚れしてしまいました!京本さんが出てきてから少し現代的になったように感じましたが、いい変化だったので気に入っています。

凰梨

凰梨さん

3位に評価

報告

きょんさま

京本政樹さん演じる“組紐屋の竜”が、ビジュアルも美しく、クールでニヒルなキャラクターも格好良かった。その艶やかな見た目とは裏腹に、ワイルドな技で仕事をこなしていく様もギャップがあり魅力的だった。

報告
コメントをもっと読む

最高の3人組(+2人)

必殺シリーズと言えば何と言っても中村主水、飾り職人の秀、三味線屋の勇次の3人を思い浮かぶ。また主水と勇次が単なる仲良しではなく、前期必殺のハードさがまだかろうじて残っているという点で新・必殺仕事人のバランスの良さが表れている。

報告

見事な伏線

ゲストさん

1位に評価

報告

伝説の最終回。

『仕置人』シリーズの続編。必殺シリーズ最も男前の『棺桶の錠』の替わりは義理人情に厚い『己代松』これが大成功だった。竹鉄砲での仕置のリスキーさが最高。そして、鉄、主水、己代松ともに流れるBGMは『問答無用』これがまたいい。
そして、必殺史上最高最強のエピソードと言われる『解散無用』はまさに伝説の神回である。

最高のレッド弾北斗。さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

7必殺仕事人2009

必殺仕事人2009

引用元: Amazon

放送年2009年
放送局ABC、テレビ朝日
脚本寺田敏雄、岡本さとる、前川洋一、森下直、後藤法子、瀧本智行
メインキャスト東山紀之(渡辺小五郎)、松岡昌宏(経師屋の涼次)、大倉忠義(からくり屋の源太)、和久井映見(花御殿のお菊)、水川あさみ(玉櫛)、藤田まこと(中村主水)ほか
主題歌・挿入歌鏡花水月 / The SHIGOTONIN
公式サイトhttps://www.asahi.co.jp/hissatsu2009/

もっと見る

過去作はしっかりオマージュしてる!

BGMが過去の必殺仕事人シリーズの音楽を流していたりとシリーズファンにはたまらない演出に力を入れていて、本当に感激しました。必殺仕事人は江戸に暮らす人々の晴らせぬ恨みを代わりに仕事人が晴らしてくれるという、シリーズの原点に立ち返っていながらも過去の作品のオマージュがあったりと、ファンが求めていることをしっかりと答えてくれたのがこの必殺仕事人2009です!

報告

ジャニーズ勢ぞろい

東山さんを筆頭に、松岡さん、大倉さんなどジャニーズ勢が脇を固める事で、仕事自体はハードなものではあるけど華やかなキャストだったのが良かった。なかでも田中さんがハマリ役で、いろんな騒動を経た今また見返して楽しみたい作品。田中さんの弟と必殺仕事人Vの京本政樹さんの息子さんが今同じグループで切磋琢磨しているのも縁を感じて楽しめる。

報告

雰囲気が一変

2009は新キャストとして東山紀之さんや松岡昌宏さんが出演するのですが、雰囲気がかなり変わってカッコ良さが追加された感じです。またそ照明や音楽も良くなりました。張り詰めた空気と面白い空気が折り混ざっていて、メリハリがある内容なので好きです。

蜜子

蜜子さん

3位に評価

報告
コメントをもっと読む

闇夜に飛ばす三味線糸は伊達じゃない

三味線屋の勇次の三味線糸で吊るしあげられる悪人の姿に渋い勇次の表情がとてもかっこいいいこのシリーズが大好きです。かんざし職人の秀の暗殺技の金色のかんざしで敵を仕留める姿も大好き。やはり三味線屋の勇次のくちに三味線糸を加えて相手に投げるシーンはとても印象に残っていて、必殺仕事人といえば三味線糸のイメージがあるほどこのシリーズはとても見どころがあります。
また、中村主水、秀、勇次、なんでも屋の加代とバランスのいいコンビで、必殺シリーズで一番面白い作品です。

報告

加代と西順之助コンビが好きだった

仕事人って暗殺稼業ですし、その為に熟達したスキルは当然必要。主役格の中村主水は剣の達人でしたし、秀や勇次にしても職業を利用した暗殺術です。というわけで普通の人には遠い世界であった仕事人稼業を身近なものに感じさせてくれたのが加代と西順之助コンビ。加代は情報収集という役目があったので半人前扱いでも気になりませんでしたが、問題は西順之助。こんな素人でも仕事人稼業が出来てしまったことで親しみを感じましたし、加代とのコンビプレーが爽快で楽しく観れました。

報告

西順之助が好きでした。

他の仕事人メンバーはいかにも!って感じでしたけど、西順之助はイレギュラーというかかなり異質でした。ボンボンって感じでしたし。しかし独特のカラクリを作り、加代と共に敵を倒していたのは凄かったと思います。
トラブルメーカーって感じなところもありましたけど、これはこれでアリ。

報告
コメントをもっと読む

主人公が素敵

主人公が暗殺者なのですが、とても人間らしいのが意外でした。
こういった作品の主人公はかなり影で活躍するのに違和感がないのですが、この作品の主人公は人の命を奪うのに抵抗があり、そこが人間らしいなと思いました。

SHOHTA

SHOHTAさん

3位に評価

報告

中村主水が再び活躍

必殺とタイトルにはありませんが、そのシリーズで中村主水が登場する2作目で、主役の石坂浩二氏の演技も抜群でした。

報告

最も悩める主人公

ここまで戦いに迷い続けた主人公は珍しい。そして、それが最終回で‥‥。もう一つ、やはり西崎みどりさんの主題歌でしょう。

最高のレッド弾北斗。さん

4位に評価

報告

ストーリーが深いです。

このシリーズは歴史上の人物が出てくるので、歴史好きには面白く観ることができます。そして人気キャラクターの三田村邦彦さんの演じた錺職の秀について詳しく描かれているので、お話について深く知ることができます。

蜜子

蜜子さん

2位に評価

報告

大好きなキャラクター

メインとなる飾り職人の秀は私が一番好きなキャラクターなので、とても嬉しかったです。
無口だけど情に厚くて、本来なら仕事人には向いていない優しさが大好きです❗

都

さん

4位に評価

報告

まさか組むとは‥‥

必殺仕事人で三田村邦彦演じる秀を催眠術で操ったのが、秋野暢子演じるお京。その秋野暢子が桂馬のお銀となってまさか秀と組むとは‥‥。

最高のレッド弾北斗。さん

5位に評価

報告

日本史上最強の美男子殺し屋

鉄と錠さん

1位に評価

報告

必殺史上最もセクシーな暗殺マシーン

圧倒的に主役は沖雅也演じる『市松』だ。同じく、沖氏が演じた『棺桶の錠』とは対称的なタイプで必殺史上最もセクシーで冷酷な暗殺マシーンといえよう。あの中村主水がかすむほどだ。

最高のレッド弾北斗。さん

1位に評価

報告

怖い。

必殺シリーズの中で一番怖いと思います。出演者の一人ひとりのキャラが凄くて特に市原悦子さんが恐ろしすぎます。演出も面白いです。しかし最後は悲しくて切ない終わり方をするのでとても見応えがあり1番夢中になれました。

蜜子

蜜子さん

1位に評価

報告

人殺しに幸せは似合わない

全体を通してストーリーが暗い。中村主水もこのシリーズのメインキャラクターである赤井剣之助も救われない。だが、そこが本来人殺しである仕業人が幸せになってはいけないというメッセージを伝えられていて、非常に考えさせられる。

報告

他作品と比べると気持ち悪い

剣之助のキャラクターが気持ち悪い。白塗り姿も理由ですが。理由としても髪で相手の首を絞める技が現実的ではない。暗殺としては時間がかかる。勿論、他作の三味線や組紐等のキャラクターと技の見映えや順之助の気を失わせる道具なども、物語を盛り上げる為でありその辺も現実には色々と考えさせる事もありますが、この作品だけはあまりに見劣りします。最終回の悲観的な終わりは好感できますが。Vは高順位として、どうして、厚みのあるV激闘編が順位で負けているのか理解できない。まあその他のシリーズも好きな作品は結構上位なのでその点は納得なランキングです。

F-NEOさん

2位に評価

報告

義賊が良い!

義賊が主人公となるこの作品は、今までのシリーズの良いところを引き継ぎながらなかなか面白い作品でした。
最終回には中村主水が登場するのが激アツの作品で、シリーズのオマージュもあって面白かったです!

報告

奔放さ変わらず

「必殺仕事人V」でのハチャメチャ活劇をそのまま、いやさらに自由に作られた作品なのかもしれません。
これらは初回から「主水、エスカルゴを食べる」といったサブタイにする点からも察する通りです。

nekko

nekkoさん

2位に評価

報告

奇妙と正統派の狭間で

殺しの手段に催眠術を用いるなど奇天烈な回も存在しますが、ファン納得の名作かと思います。
緒形拳さんをはじめかつての名優たちの演技も堪能できます。

nekko

nekkoさん

4位に評価

報告

転換性

京本政樹さんの化粧や衣装がやや地味になり、組紐による仕事方法が変更されたりと前作との違いが如実に表れているのが面白い。相方の政も花の枝での仕事ではなくなり、その華やかさはなくなった半面、すべてにおいて現実的な演出になっていたのに面白みを感じた。

報告

とにかく全体的に厚みがある。

必殺シリーズでは、全作品を知ってる訳ではありませんが、主にV 激闘編が好きです。前作の花屋の政が転職して鍛冶屋になり今でいう器械体操的なシーンもありますが、ミュージックも含め、全体的に前作のV を越える [厚みのある]物語感が好き。V激闘編で一番お気に入りの話は[壱]の恋人と思っていた相手が、実は同業者として対立した話。

F-NEOさん

1位に評価

報告

仕事人シリーズの時が一番好きだった。

新・必殺仕事人の続編だったような気がする。登場人物もほぼ同じで、変わらぬ面白さで毎日楽しく見ていた。
菅井きんの中村せんと白木万里の中村りつも絶好調で、自分も婿殿になったような気分で、本当におもしろかった。

takashI

takashIさん

4位に評価

報告

ジャニーズが多いけど許せる

だんだんとジャニーズのメンバーが増えていって昔の味がなくなってしまったなと感じますが、松岡くんも東山くんもジャニーズというよりは俳優として成功している方なので、必殺仕事人でも俳優としてのかっこよさを感じることができたので、意外といいなと評価が上がった作品です!

凰梨

凰梨さん

2位に評価

報告

21

21位~32位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

最も面白いドラマは?

面白いドラマランキング

日本の名作ドラマをチェック!

名作ドラマランキング

平成の名作テレビドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングにも注目!

ドラマおすすめ人気ランキング!全26ジャンル別・2022年版

今期新作ドラマはこちら!

2022年春ドラマランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜

エンタメ>テレビ

韓国ドラマランキング

おすすめの韓国ドラマは?

アンナチュラル

エンタメ>テレビ

面白いドラマランキング

おすすめの面白いドラマは?

トンイ

エンタメ>テレビ

韓国ドラマ時代劇ランキング

韓国ドラマの時代劇であなたがおすすめしたい作品は?

永遠の桃花~三生三世~

エンタメ>テレビ

台湾・中国ドラマランキング

おすすめの台湾・中国ドラマは?

ページ内ジャンプ