みんなのランキング

かぐや姫人気曲ランキング!みんながおすすめする曲は?

22才の別れ / かぐや姫妹 / かぐや姫神田川 / かぐや姫

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数10
投票参加者数21
投票数36

みんなの投票で「かぐや姫人気曲ランキング」を決定!かぐや姫は1970年にデビューしたフォークバンド。シングルからアルバム収録曲まで多数の名曲をリリースし、代表曲の「神田川」は160万枚のヒットを記録しました。あなたが好きなかぐや姫の曲を教えてください!

最終更新日: 2021/10/20

このランキングの投票ルール

このランキングでは、これまでに「かぐや姫」名義で発表されたすべての曲が投票対象です。他アーティストとのコラボ曲がある場合、そちらも投票対象となります。全シングル・アルバム曲のなかから、あなたが好きな曲に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1神田川 / かぐや姫

神田川 / かぐや姫

引用元: Amazon

アーティスト南こうせつとかぐや姫
作詞・作曲喜多条忠 / 南こうせつ
リリース1973年9月20日『神田川』
収録アルバム『かぐや姫さあど』
『かぐや姫 シングル・コレクション』ほか
タイアップTaKaRa『純 レジェンド』CMソング
テレビ東京系アニメ『銀魂'』第219話・第220話挿入歌

もっと見る

バブル時代から取り残された、はかない幸せの形

皆がバブルに向かって贅沢三昧を始めた頃に、東京の片隅で、貧乏学生のカップルの、はかない同棲生活には、先が見えなくて、でも、その瞬間だけが幸せだった懐古の歌だったと解釈していた。ただ、優しいだけの男だったが、それが女としては嬉しかったが、それ以上の人生の保証もなく、漠然と怖かったのだと思う。でも、それが物欲の時代への反逆のようで、一層、歌詞が、ひかり輝いて聞こえて懐かしく聞こえる。

夜行列車さん

1位に評価

報告

昭和の中で愛を信じた二人の物語

昭和というまだ貧しかった時代に、同棲していたカップルの侘しくも温かい恋愛を描いた名曲。
時代として同棲や恋愛が、今ほど肯定的ではなかった頃に、二人の愛情を最大限、貫こうとした時代に抗うような光景が悲しくも美しいのです。

ハクビシンさん

1位に評価

報告

世代はちがうけど

ヒットした時は世代も時代も違いますが、何世代先も聞いてしまう、そして異性と銭湯に行くたびに、待ち合わせの時間ね!とか小さな石鹸カタカタ鳴ってーを高確率で口ずさんでしまうほどかなり切なく聞いてしまう曲だ。

マロンマザーさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2妹 / かぐや姫

妹 / かぐや姫

引用元: Amazon

アーティストかぐや姫
作詞・作曲喜多條忠 / 南こうせつ
リリース1974年5月20日『妹/夏この頃』
収録アルバム『かぐや姫LIVE』
タイアップ映画『妹』主題歌

もっと見る

四畳半フォークといえばこれ

明日結婚して家を出ていく妹がふすま一枚へだてた部屋におり、その妹へ向けて兄が切々と歌うという、なんとも狭苦しい(!)歌だが、しみじみ名作。同じく妹へ向けて歌ったQueenの「Sail Away Sweet Sister」と比べて聴くと、「妹」のせまっ苦しさが増して趣深い。

大泉の猫おばさんさん

1位に評価

報告

兄貴としての妹への優しさ表現

小さいころから何かと気にかけていた妹がついに明日結婚することに。”良かったね、幸せになれよ”という思いと寂しさが交差する中で、兄として少し上から”味噌汁の作り方を書いておけ”と支持する切ない気持ちが良く歌われていると思います。

プレスリーさん

1位に評価

報告

兄、妹のストレートな家族愛を優しく歌った名曲

妹の結婚を、父親とまではいかないけれど男として嬉しく、少し寂しく思う兄の心境が描かれた名作です。
兄としてのプライドも出しつつ、大切な妹の結婚を一人でしみじみと、襖を隔てて眠る妹に心で語り掛ける昭和の良さがにじみ出ています。

スープラ!さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

イルカのバイセクシュアルな歌声が、胸に響く歌です。

歌詞を聞くと、同棲相手との長い生活の中で、お互いの存在が重たくなって、彼女が都会の生活に疲れて彼氏との別れを決めた姿を勝手に想像してしまう。彼氏の心情から見える景色は、「ふざけすぎた」関係になった男としては、別れる彼女が「きれいになった」女として成長したのに、男が成長できなかったのが別れの原因だと、こうせつが歌うと、一層際立って聞こえる。
一方、イルカが歌うと、「東京でみる雪は、これが最後ね」の意味は、彼氏との間に溜まった凍り付いた雪のような、わだかまりと決別宣言する女の覚悟とともに、「くちびるが、さようならと、動くことが、こわくて、[続きを読む]

夜行列車さん

1位に評価

報告

合唱コンクールの思いで

中学生の頃、毎年クラス対抗の合宿コンクールがありました。そのときの選曲の候補はが、担任の先生が好きなかぐや姫のなごり雪で、生徒は、あまり知らないため、かぐや姫のなごり雪を教室で聞かせて、子どもながらこの曲スゴイと思った懐かしい思いでの曲です。
今でも、そのときの話は同級生と語れる素晴らしい曲だと思ってます。

神田川先生さん

1位に評価

報告

何度もカラオケで歌う大好きな曲

かぐや姫verの「なごり雪」は、心のこもった歌い方で、とっても癒されます。イルカverは、キーが女性にあっているので、こちらをよく聞きますが、かぐや姫よりは、さっぱりした歌い方ですが、聞きやすいと思います。

天使♪さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

422才の別れ / かぐや姫

22才の別れ / かぐや姫

引用元: Amazon

アーティストかぐや姫
作詞・作曲伊勢正三
リリース1984年3月20日『三階建の詩』
収録アルバム『三階建の詩』ほか
タイアップ-

もっと見る

合唱曲で歌った思い出の曲

「風」の楽曲だが、かくや姫のレコードに入っていたバージョンで知った。中学の頃、クラスの合唱曲を音楽担当教師が挙げたいくつかの楽曲候補から選ぶことになり、「あの素晴らしい愛をもう一度」などとともに候補になったこの曲に決まった。入賞はしなかったが、練習の時のことなどを思い出す楽曲。中学生にはわからない心情を歌っているが。

金のタマゴさん

1位に評価

報告

切ないメロディと歌詞、声がマッチしていて感動したため

夢を追いかける男性よりも現実的な男性との未来を選んでしまった女性の切ない気持ちが現在二十代の自分に響いた。自分も夢を追いかけている男性を好きになってしまって、一度は別離を考えた時にこの曲を聞いた。

whitesinoさん

1位に評価

報告

歌詞最高。

この曲は、私の大好きな伊勢正三の作詞・作曲で、私にとっては一番の名曲。まるで短編小説のように心に刻まれ深く残る歌詞が最高に良い。

だるみちゃんさん

1位に評価

報告

この曲の京都のイメージが気に入った

学生時代は京都でした。清水や東山、加茂川(鴨川)などを彼女とめぐりながら、そして初恋なのでわかれてしまう。そのような学生時代を夢見て、よく口ずさみました。特に「やさしい雨の祇園町で」の箇所が好きでした。

のなちゃんさん

1位に評価

報告

叙情あふれる歌詞と美しいハーモニーが印象的な曲

こうせつさんらしい京のしっとりとした叙情あふれる歌詞と美しい旋律が心に残ります。特にかぐや姫の楽曲でも屈指の美しさを誇るハーモニーは何年たっても忘れられない名曲です。

南伊勢パンダさん

1位に評価

報告

聞いてるだけで、歌の世界にひきこまれる

昔、ギターの弾き語りでよく歌っていましたが、心のこもった歌詞としっとりした曲のバランスが絶妙で、今でも、鳥肌がたつぐらい、胸がキュンとなるくらい最高にいい曲です。

天使♪さん

1位に評価

報告

7赤ちょうちん / かぐや姫

赤ちょうちん / かぐや姫

引用元: Amazon

アーティストかぐや姫
作詞・作曲喜多條忠 / 南こうせつ
リリース1974年1月10日『赤ちょうちん/この季節が変われば』
収録アルバム『かぐや姫LIVE』
『シングル・コレクション』ほか
タイアップ-

もっと見る

同じような境遇だった。

東京で同棲してる時に、同じように贅沢な日決めて、焼き肉を食った覚えがある。
普段は貧乏生活をしていたが、アルバイトは2人でしてたのに、なぜか金には苦労していた。
なぜか重なって、涙が出てくる。
今でも思い出すと、ほろ苦い。

ひめさんoneさん

1位に評価

報告

かぐや姫では明るい曲調

めずらしくノリのある曲調です。フォークソングとは、切なさがあるなか、結婚式を題材として「にぎやかな」ムードが曲、詩にふくまれており、きいていて、心温かくなってきます。

まーちゃんさん

1位に評価

報告

東京(渋谷)への憧れ

「渋谷まで歩いていって、坂道で倒れたって」の箇所が大好きでした。こうせつの高音が伝える睡眠薬を100錠飲んだ東京美人のマキシーへの驚きと渋谷の雑踏の坂道に東京への憧れを感じた。

のなちゃんさん

1位に評価

報告

松任谷さんアレンジの隠れた名曲

そんなに有名な曲ではありませんが、作詞伊勢正三さん、作曲南こうせつさんで、編曲はこの少し前にユーミンと結婚して有名になった松任谷正隆さんです。伊勢さんらしいロマンチックでありながら寂し気な歌詞、こうせつさんらしい哀調のメロディーと独特の歌唱、そして松任谷さんのかぐや姫にしてはポップス感の強いアレンジが素晴らしい曲です。

南伊勢パンダさん

1位に評価

報告

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

邦楽人気No.1が決定!

邦楽・J-POPランキング

ジャンル別の名曲ランキングはこちら!

邦楽ラブソングランキング

平成の名曲ランキング

CMソングランキング

カラオケの定番曲ランキング

あなたの好きなアーティストは何位にランクイン?

アーティストランキング

邦楽ロックバンドランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ