みんなのランキング

たにりりさんの「おにぎりの具ランキング」

7119
更新日: 2020/11/17
たにりり

ごはんソムリエ

たにりり

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1

鮭

サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の魚。狭義には種としてのO. keta の標準和名であるが、広義にはサケ類一般を指すことが多い。サケは程よく油がのったクセのない身をもち、加熱すると独特の食感があらわれる。それらの特徴を引き立たせる様々な料理がある。

バリエーションも栄養もナンバーワン!

嫌いな人はいないのでは、とすら思う定番中の定番、シャケおにぎり。
ひとくちにシャケといっても、塩鮭の種類(甘口・中辛・辛口)、鮭の品種(紅鮭・銀鮭・白鮭)など様々。キングサーモンとアトランティックサーモンはサーモン(鮭)ですが、トラウトサーモンはトラウト(マス)を品種改良したものでちょっと違います。具の入れ方では、焼き鮭、ほぐし鮭、フレーク鮭など。
こうしたバリエーションが豊かなのも、楽しめる要素のひとつですよね。

ちなみに、コンビニサイズの鮭おにぎりを2個食べると、大人の女性なら一日に必要なたんぱく質量のおおよそ半分を摂取できます。
その他、鮭おにぎりは骨の健康に欠かせないビタミンDが豊富です。免疫機能を助けるビタミンB6も豊富。B6は脂肪肝を防ぐ機能があるといわれており、お酒を飲む人に鮭おにぎりはおすすめ!

2梅干し

梅干し

梅干しとは、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにしたものである。日本ではおにぎりや弁当に使われる食品であり、健康食品としても知られる。なお、塩漬けのみで日干しを行っていないものは梅漬けと呼ばれる。 伝統的な梅干しは非常に酸味が強い。

疲労回復・傷み防止、いいことづくめ!

疲れているとき、胃腸が弱っているとき、食欲不振には梅干しのおにぎりを!
梅干しに含まれるクエン酸が疲労回復を助けます。また梅干しの酸っぱさで唾液がしっかり分泌されると、消化促進や抗酸化作用などのも期待できるといわれています。

夏場で汗をたっぷりかくときも、梅おにぎりがおすすめ。塩分をすばやく補給します。梅干しは傷み防止の効果もあるので、夏のおにぎりには何はともあれ、必須アイテムですね。

梅干しがちょっと苦手な人は、はちみつおかか梅干しを作ってみて下さい。ほぐした梅肉にはちみつとかつおぶし少々を混ぜるだけです。酸味がマイルドになり、旨味もアップするので、食べやすい美味しさになりますよ。

3辛子明太子

辛子明太子

辛子明太子(からしめんたいこ)は、スケトウダラの卵巣(たらこ)を唐辛子などで漬け込んだもの。福岡で辛子明太子を製造するふくやによると、明太子の語源は、朝鮮語でスケトウダラを「明太」(ミョンテ) と呼ぶことに由来するという。

パンチの効いたおいしさはクセになる!

たらこと明太子、どちらにするか迷うことはありませんか?ほかほかご飯に乗せて食べるなら、生たらこ(塩たらこ)をおすすめしたいのですが、おにぎりとなると辛子明太子がやや優勢です。

というのは、生たらこは熱いご飯に閉じ込めると、独特の生臭さがどうしても残ります。その点、辛子明太子は調味液に漬け込んでいるので、臭みが少ない。逆にホカホカご飯と食べると、おいしいですが、辛味が先に立って、ご飯の味がわかりにくくなってしまいます。

辛子明太子おにぎりは、冷えたご飯にパンチと旨味をプラスするという点で、とても見事な組み合わせなのです。ただ気を付けたいのは、お弁当として持って行くとき。明太子は冷蔵保存です。暑い時期には必ず焼いてから具に入れましょう。

明太子おにぎりをグレードアップさせるなら、青じそがおすすめ。海苔といっしょに青じそを一枚、くるりとおにぎりに巻くだけです。爽やかな風味がよりいっそうおいしさを増し、大人のおにぎりになります。日本酒や焼酎にもあいますよ。

あとがき

以上、おにぎりの具ランキングでした!
あなたの好みと同じだったら、とても嬉しいです。もし違っていたら、こういうおいしさの見方もあるのかと、参考になったら嬉しいです。

ランキングは定番の3つを選びましたが、おにぎりは基本的には自由に楽しむものだと、わたしは思っています。
何を具にしてもいいんですよ。買ってきたから揚げやシュウマイでもいいし、チーズやナッツ、コンビーフやツナ、冷えたカレーなど可能性は無限大。いろいろ試してみると楽しいですよね。

ただし、作ってすぐ食べない場合。お弁当やお夜食など、作って時間を経てから食べるときは、守るべき三カ条があります。

その一、生モノ厳禁。
その二、油分・汁気の多いものは避ける。
その三、にんにく・ネギは入れない。

拙著『大人のおむすび学習帳』でも詳しく述べています。この三カ条だけ守って、あとは自由に楽しみましょう。

「おにぎり」についてもっと深く知りたい方におすすめ!

おむすびインストラクター・たにりりさんの著書『大人のおむすび学習帳』

大人のおむすび学習帳

大人のおむすび学習帳

引用元: Amazon

おむすびについて学んだことがありますか?
コンビニやスーパーなどどこでも買えて、老若男女誰でも作れるのがおむすび。そんな当たり前の存在になっているおむすびですが、なんとなく作ってなんとなく食べている人がほとんどではないでしょうか。
そんなもったいない!
おむすびは日本のソウルフード。もっと知ってほしいと思い、本を書きました。

お米の選び方や炊き方、ふわっキュッと握るおいしい作り方や具の法則などおいしく作る方法のほか、栄養や文化・歴史など「大人の教養」として知っておきたいことが載っています。

そして大事なこと。おむすびは料理の基本です!
おむすびを通して、おいしいとは?という問いの答えを見つけることができます。それくらい、おむすびは簡単で大事でおもしろい。

楽しく読めるように、かわいいネコたちが進行役をしてくれます。ネコたちが見つけた「生まれながらにして料理の上手下手の別なし、ただおむすびを学ぶか学ばないか、だ」という言葉の意味を、ぜひ探してみてください。

この本を読みながらランキングを見ると、よりいっそう楽しいですよ!

>本の購入はこちら

>本のFacebookページはこちら

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる