みんなのランキング

mzさんの「夏野菜ランキング」

154
更新日: 2020/07/02

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

まえがき

夏野菜カレーや夏野菜のスープ、焼肉の野菜など、夏に取れる野菜は外食でもふんだんに使われていますよね。
今回は、料理によく使われる夏野菜をランキングにしました。

ランキング結果

1ズッキーニ

ズッキーニ

ズッキーニ(英名:zucchini、courgette、学名:Cucurbita pepo L. 'Melopepo')は、ウリ科カボチャ属の一年生の果菜。果実の外見はキュウリに似るが、カボチャ(ペポカボチャ)の仲間。主に緑果種と黄果種がある。

夏野菜といえば、ズッキーニ!

カレーやスープ、素焼きなどで食べても美味しい万能野菜!夏になると、ズッキーニという単語を色んなところで目にします。グラタンにいれても美味しそう!

2パプリカ

パプリカ

パプリカはナス科の多年草であるトウガラシ属トウガラシの栽培品種。または香辛料のこと。カラーピーマンの一種であり、日本では肉厚で辛みが無く甘いCapsicum annuum 'grossum'の品種を呼ぶ。日本で流通する果実の多くは赤色や黄色、橙色であるが、紫色、茶色などの品種もある。また着色料(パプリカ色素)としても使われる。

彩り野菜にぴったり!

パプリカが夏野菜であることは、意外と知られていません。ピーマンよりも甘みが強く、子供でも食べやすいので、付け合わせ野菜にもぴったりです!

3トマト

トマト

トマト(学名:Solanum lycopersicum、英語: Tomato)は、南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種である。日本語では唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)、珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)などの異称もある。

栄養抜群!血液もサラサラになっちゃう

1年中見かけるトマトも、実は夏野菜。サラダには欠かせない食材ですよね。トマトには、リコピンが豊富に含まれているので、血液もサラサラになります!

4オクラ

オクラ

オクラ(英語: okra、秋葵、学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属の植物、またはその食用果実である。英名 okra の語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkrama から。その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれる。

ネバネバの王様!納豆と一緒に食べたい

ネバネバの食材として知られるオクラ。栄養価も高く、夏バテにもいいと言われています。茹でる時は、刻んでからお湯に入れると、ネバネバ成分が増幅しますよ!

5ゴーヤ

ゴーヤ

ツルレイシ(蔓茘枝、学名:Momordica charantia var. pavel)は、未熟な果実を野菜として利用するウリ科の植物である。また、その果実のこと。一般的にはニガウリ、ゴーヤーなどと呼ばれる。

沖縄を連想させる夏食材!

沖縄料理でよく使われるゴーヤ。暑い地域で育つ野菜だからこそ、暑さにも負けない栄養価が備わっています!
ものによって苦味も違うので、ぜひ料理に取り入れてみてください。

あとがき

夏野菜は、一年中人気の食材が多いですね。栄養価が高く、夏バテにも効く食材が多いので、ぜひ日々の料理に取り入れてみてください!
ご覧いただき、ありがとうございました。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる