みんなのランキング

オレンジさんの「夏野菜ランキング」

4 2
更新日: 2019/10/24

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1枝豆

枝豆

枝豆(えだまめ)は、未成熟で青いうちの大豆を収穫し、食用にするもの。枝豆という植物が大豆と別に存在する訳ではなく、一般的な大豆とは収穫時期や調理・加工方法が異なるだけで、植物としては同一である。

定番のおいしさ

夏と言えば、枝豆。
茹でた枝豆の上から、塩をふって食べる。
ビールと一緒に食べたら、もう止まらないです。

2トマト

トマト

トマト(学名:Solanum lycopersicum、英語: Tomato)は、南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。緑黄色野菜の一種である。日本語では唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)、珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)などの異称もある。

さっぱり

冷やして食べるのがたまらないです。
サラダには、かかせないです。
そのまま、食べてもおいしいし、量が多いときはケチャップにしちゃいます。

3とうもろこし

とうもろこし

トウモロコシ(玉蜀黍、学名 Zea mays)は、イネ科の一年生植物。穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要で、年間世界生産量は2009年に8億1700万トンに達する。世界三大穀物の一つ。

プチプチ甘い

夏と言えば、とうもろこし。
田舎に帰ると、祖父母と一緒にとうもろこしを畑から取り、取れ立てのとうもろこしを茹でて食べたのが思い出深いです。

4かぼちゃ

かぼちゃ

カボチャ(南瓜、英: pumpkin、米: squash)は、ウリ科カボチャ属に属する果菜の総称である。原産は南北アメリカ大陸。主要生産地は中国、インド、ウクライナ、アフリカ。果実を食用とし、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜。

ホクホク

カボチャが夏野菜だというのは分かりませんでした。
だけど、夏のバーベキューや天ぷらに必ずある野菜でした。
ホクホクして甘くておいしいです。

5きゅうり

きゅうり

キュウリ(胡瓜、Cucumis sativus L.)とはウリ科キュウリ属のつる性一年草、およびその果実のことである。野菜の一種として食用にされる。かつては熟した実も食用とされたが、甘みが薄いためにあまり好まれず、現在では未熟な実を食用とするようになった。インド北部、ヒマラヤ山麓原産。

しゃきしゃき

冷やして食べるのが好きです。
漬け物にしてもおいしいし、生キュウリを味噌につけてもおいしいです。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

鶏の唐揚げ

ライフスタイル>料理

ご飯に合うおかずランキング

あなたが好きなご飯のおかずは?

鮭・サーモン

ライフスタイル>料理

寿司ネタランキング

あなたが好きな寿司ネタは?

寿司

ライフスタイル>料理

和食メニューランキング

好きな日本の料理・食べ物は?