みんなのランキング

ぽっぽさんの「寿司ネタランキング」

262
更新日: 2020/10/27

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ウニ

ウニ

ウニ(海胆、海栗、英: Sea urchin)は、ウニ綱に属する棘皮動物の総称。別名にガゼなど。なお、「雲丹」の字をあてるときはウニを加工した食品について指す。日本の俳句では春の季語。

独特の旨味

うには苦いとも甘いともいえない独特の旨味を持つネタだと思います。
この旨味がわかるようになったのは大人になってお酒を飲むようになってからでしたが、日本酒と一緒にいただくうにほど美味しいものはありません。

2いくら

いくら

イクラ(鮭卵、𩺡、ロシア語: икра, ikra イクラー)とはサケの魚卵。筋子の卵巣膜(卵を包む薄い膜)を取り除き、産卵前の熟した卵を1粒ずつに分けたものを特に指して呼ぶ。バラ子とも呼ばれる。一般的には加熱加工せず、塩漬けや醤油漬けにして食べる。

食感が良い

いくらはまず見た目が豪華で心躍ります。
キラキラとした小さな粒は宝石のようで食べる前から贅沢感を味わえます。
そして口に含んだときのつるつるとした食感が噛むことでプチプチとした食感に変わる瞬間は、なんともいえない快感を覚えます。

3

鯛

鯛(タイ、英: sea bream)とは、広義にはスズキ目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイを指す。

4カンパチ

カンパチ

カンパチ(間八、勘八、学名 Seriola dumerili )は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。全世界の暖海域に分布する大型肉食魚で、日本では高級魚として扱われる。

5

鮭

サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の魚。狭義には種としてのO. keta の標準和名であるが、広義にはサケ類一般を指すことが多い。サケは程よく油がのったクセのない身をもち、加熱すると独特の食感があらわれる。それらの特徴を引き立たせる様々な料理がある。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる

ライフスタイルの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング