みんなのランキング

70年代女性アイドル人気ランキング!みんなが好きなのは誰?

天地真理キャンディーズ山口百恵ピンク・レディー榊原郁恵

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数26
投票参加者数194
投票数771

みんなの投票で「70年代女性アイドル人気ランキング」を決定!80年代や現在とはアイドルの定義が異なり、おもにドラマや映画で人気の若手女優をアイドルとしていた70年代。そのためソロでの活動が多くみられましたが、アイドルグループの先駆けといえる「キャンディーズ」がデビューしたことによって、グループやユニットも人気がでた年です。投票では70年代に活躍した日本の女性アイドルであればソロやグループ関係なく投票OKです。あなたからの投票もお待ちしてます!

最終更新日: 2021/09/17

ランキングの前に

1分でわかる「70年代女性アイドル」

ソロアイドルが多く活躍した70年代

山口百恵

山口百恵
(引用元: Amazon)

岡崎友紀や小柳ルミ子といった、主にドラマや映画に出演する人気の若手女優をアイドルと呼んでいた70年代。そのため近年とは違い、ソロアイドルが多かったことが特徴です。代表的なのは、「花の中三トリオ」と呼ばれた森昌子・桜田淳子・山口百恵。日本レコード大賞金賞の受賞や、紅白歌合戦出場など、それぞれが輝かしい活躍をみせました。また今も多くのドラマに出演する石野真子・榊原郁恵も70年代にアイドルとして活躍していた人物です。

一世を風靡した、70年代のアイドルグループ

ソロアイドルが多く活躍するなか、グループやユニットも根強いファンを獲得していた70年代。とくに、ラン・ミキ・スーの愛称で親しまれた美少女3人組グループ「キャンディーズ」や、6枚目のシングル『UFO』がミリオンセラーを記録したアイドルデュオ「ピンク・レディー」は爆発的人気を獲得していました。

関連するおすすめのランキング

女性アイドル総合人気ランキングはこちら!

かわいい女性アイドルランキング

【年代別】女性アイドル人気ランキングもチェック!

70年代女性アイドルランキング

[ranking-link|best-90s-female-idols]

このランキングの投票ルール

このランキングでは、1970年代を中心に活躍した女性アイドルであれば、ソロ・グループを問わずどのアイドルに投票してもOK。あなたが好きな70年代女性アイドルを教えてください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1山口百恵

関連するランキング

秋桜 / 山口百恵

山口百恵の曲ランキング

好きな山口百恵の曲は?

潮騒(1975年)

山口百恵出演の映画ランキング

おすすめの山口百恵出演映画は?

名曲揃いで、今でも口ずさんでしまう

70年代を問わず全アイドルで今後よほどのことがない限り百恵さんを抜くアイドルはいないと思えるほどのスーパーアイドルだからです。引退してから40年の歳月が過ぎていて当時私は小学生だったにもかかわらずそのお姿ははっきり覚えていますし、曲にしても今でも口ずさんでしまうほどです。
まだ子どもながらもいい曲だと思いながら聴いていたのですが、大人になって詞の良さがもの凄くわかるようになり、本当に名曲揃いだったんだと改めて感じています。

natsu

natsuさん

1位に評価

こんな生き方したい!

沢山のヒットソングを持ちながら、ドラマにも赤いシリーズで脚光を浴びている中、共演者の三浦友和さんと結婚。
育った環境も大変な中、妻、母親といまだに真っ当されているのに感動です。
こんな感じの生き方を選ばれる芸能人はいない!

akamoto

akamotoさん

1位に評価

歌がうまい

デビューした頃はそうでもなかったのですが、姉がLPを買ってきて聴いていたので、私も引き込まれてしまいました。歌は本当に上手。今のアイドルには無い、色気、歌のうまさなど全てを持った本当のアイドルだと思います。

JS

JSさん

2位に評価

コメントをもっと読む

キュートな3人組

これぞアイドルという感じの可愛らしさが魅力でした。当時はソロアイドルのが多く3人組なのも珍しかったですし可愛い振付をしながら歌うのも記憶の限りでは初めて見た気がします。
明るく元気になれる曲が多く、特に『春一番』は毎年冬が終わる頃につい歌いたくなるほど好きな歌です。

natsu

natsuさん

2位に評価

かわいいの一言

伊藤蘭ちゃんのファンでした。
さよならコンサートすごかったですね。テレビで見ました。
3人で踊って歌って、バラエティー番組によく出ていました。
見ごろ食べごろ笑いごろというのが、面白くてよく見ていました。
すーちゃん、亡くなって悲しかったです。

可愛い系のアイドル

3人とも可愛いから選びました。顔も偏差値だいぶ高いけど、曲も可愛くて好きです。母がファンで、よく歌ったり聴いたりしていました。当時は友達同士で誰の役がしたい!とかあったみたいで、なんか共感できました。女の子の憧れなんですかね。

sor

sorさん

3位に評価

コメントをもっと読む

歌詞もダンスも強烈

とにかくパワフルなダンスをしながら歌う姿と、特徴のある歌詞が記憶に深く刻まれています。
当時の年頃の女性の8〜9割はピンクレディーのマネをしていたのではないかと思えるほどのブームで、2人組のアイドルの中で彼女ら以上にインパクトがあるアイドルは今のところ出現していません。

natsu

natsuさん

3位に評価

よく踊ってた

姉に付き合わされて、ほとんどの曲の振り付けをマスターしてしまいました。1曲歌って踊るとフラフラになってしまうのに、あの2人はコンサートで何曲も披露する姿を見て驚きました。コンサートのチケットが買えず、姉が泣いていた思い出があります。
今でも歌って踊れるかもしれません。

JS

JSさん

3位に評価

当時みんな踊ってた

私の年代の人は、曲が流れると今でも踊れると思います。
当時は大流行で、学校の休憩時間に友人とペアになって踊っていました。
よく覚えているのは、合宿のとき学年が全員いる中で、ステージで友人と踊ったことです。
怖かった先生も笑って見てくれました。良い思い出です。

コメントをもっと読む

4天地真理

天地真理

引用元: Amazon

天地 真理(あまち まり、1951年11月5日 - )は、日本の女性歌手。70年代アイドル。埼玉県大宮市(現さいたま市)出身。

もっと見る

点からの歌声

現代のアイドルと違って、昔のアイドル達は歌が比較的上手でした。天地真理の歌声は頭のてっぺんから発声しているような感じでした。透き通ったビブラートに魅了されたファンは数知れません。今でも彼女のヒット曲は、モノマネされつつよく歌われています。

シンデレラだったのに

私が小学校の頃まりちゃん自転車を買ってもらったことを覚えています。
カゴにはシンデレラを装っている天地真理さん。
可愛かったイメージで、よく真似て歌を歌っていました。
あなたーを待つの!テニスコート‥って歌っていました。

akamoto

akamotoさん

2位に評価

とにかく綺麗で可愛い

どことなく大人の雰囲気があり、鼻声の歌い方も印象に残っています。子どもながらにどこか大人の女性でかつ歌もうたえて憧れの存在そのものでしたね。思えば彼女を知ってそれからしばらくは歌手になりたいと本気に思ったものでした。

stella

stellaさん

5位に評価

5榊原郁恵

榊原郁恵

引用元: Amazon

生年月日 / 星座1959年5月8日 / おうし座
出身地神奈川県
公式SNSInstagram

もっと見る

微妙な太さが良かった

榊原郁恵さんの現役時代って正直微妙だったと思います。なんというかポッチャリさんでした。でも榊原郁恵さんの場合、それが良かったんです。もちろん私はデブ専とかじゃないんですが、適度に太く、そこまで可愛くないというのが身近に感じるとでもいいましょうか。だからか女性アイドルだというのに恋をしてしまい、一時期は夢をよく見てました。こういう身近さが榊原郁恵の良いところですし、大好きでした。

ちょっとぽっちゃりしていて可愛い

たぬきっぽい雰囲気が愛らしく可愛くて好きでした。当時から明るく笑顔がよく似合う好感度のある女性で、曲は夏のお嬢さんが有名ですね。よく口ずさんでしまった記憶があります。年齢を重ねても当時の面影は残ってますね。可愛らしいです。

健康女子代表

健康美 10
幸福感 8
ポップ 7

かわいいです

周りの人から「南沙織に似ている」と言われたときは、超嬉しかったです。
顔がきれいでスタイル抜群で歌も上手、とにかく憧れの人でした。
あの時代は今と違って歌謡曲全盛期で、歌謡番組がとにかく多かったです。
篠山紀信の奥さんになられて、息子さんも活躍していますね。
またブラウン管に出てほしいです。

信じられないほどかわいい

日本人離れした、濃いめの顔立ちが大変ステキ。ちょっとびっくりするくらいかわいい。個人的な話になってしまうが、笑ったときの歯の感じもタイプど真ん中。

7岩崎宏美

生年月日 / 星座 / 干支1958年11月12日 / さそり座 / 戌年
出身地東京都
プロフィール東京都出身。1975年“天まで響け 岩崎宏美”をキャッチフレーズに『二重唱(デュエット)』でデビュー。当時から抜群の歌唱力には定評があり、『ロマンス』や『思秋期』では数々の賞を受賞。1982年には『聖母たちのララバイ』が130万枚の売り上げを記録するなど、歌手として着実な実績を上げていく。その一方でミュージカルやドラマなどでも多彩な才能を発揮。『レ・ミゼラブル』のファンティーヌ役は、1987年の初演メンバーとして出演。この役との出会いは、歌手人生において大きな影響を与える。2010年、デビュー35周年を迎え、その記念に発売されたカバーアルバム集『Dear Friends BOX』が、第52回日本レコード大賞・企画賞を受賞。2012年には、念願であったさだまさしによる書下ろしシングル『あなたへ~いつまでも いつでも~』を発売。2013年6月4年ぶりのオリジナルアルバム『Love』を発売。2013年10月、揖保の糸のCMソングとして使用されている「時の針』がアルバムからのシングルカットとして発売。2014年にはデビュー39周年として、稀代のポップ・メロディーメーカー斎藤誠プロデュースによる通算66枚目の新曲『Thank You!』を5月に発売。8月には、カバーアルバム第7弾『Dear Friends Ⅶ 阿久悠トリビュート』を発売。今年40周年を迎え、更に精力的に活動中。
代表作品シングル『ロマンス』
シングル『思秋期』
シングル『シンデレラ・ハネムーン』
チャンネルURL岩崎宏美 公式YouTubeチャンネル
公式SNSInstagram

もっと見る

抜群の歌唱力

透き通った綺麗な声と言われると岩崎ひろみさんが脳裏に‥
モノマネで岩崎ひろみさんがクローズアップされますが‥。デビュー当時から品があり髪の毛が綺麗すぎるほど。
万華鏡の歌が大好きでよく歌っていました。火サスの歌も岩崎ひろみさん!

akamoto

akamotoさん

4位に評価

歌唱力抜群でしたね

歌唱力抜群で、サスペンスの主題歌にもなり、歌声に気持ちが入っていて、彼女の曲は好きでした。
歌に心が入っていて、聴くと涙が出ます。
妹さんも歌手で、家系的に歌が上手いのでしょうね。
ものまねタレントのコロッケさんが真似していましたが、特徴をよくとらえていました。

天まで響く歌姫

歌唱力 10
神秘性 7
普遍性 7

8桜田淳子

桜田淳子

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1958年4月14日 / おひつじ座 / 戌年
出身地秋田県
プロフィール1972年、14歳の時に日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』のテレビ予選で、牧葉ユミの『見知らぬ世界』を歌い、番組史上最高得点となる573点で合格。その後の第4回決戦大会では審査員からの圧倒的な評価を受け最優秀賞(グランドチャンピオン)を受賞した。翌年『天使も夢みる』で歌手デビュー。3枚目のシングル『わたしの青い鳥』がまたたく間にヒットし、第15回日本レコード大賞新人賞、第4回日本歌謡大賞放送音楽新人賞を受賞。さらにその年の大晦日には第15回日本レコード大賞の最優秀新人賞にも輝いた。
代表作品シングル『わたしの青い鳥』(1973年)
シングル『はじめての出来事』(1974年)
シングル『夏にご用心』(1976年)
シングル『しあわせ芝居』(1977年)
公式SNS-

もっと見る

花の中三トリオの中で可愛い部門担当

山口百恵ちゃんを筆頭に、大人しめの森昌子と仲良しトリオでした。1位が山口百恵であれば、自然と2位は桜田淳子ちゃんになってしまいましたね。歌い方も可愛らしくまた独特なものがあって和みました。

stella

stellaさん

2位に評価

9石川ひとみ

生年月日 / 星座9月20日 / おとめ座
プロフィール1978年に歌手デビュー。81年に『まちぶせ』が大ヒット。数々の賞を受賞。テレビ人形劇『プリンプリン物語』(NHK)のプリンセスプリンプリンの声と主題歌を担当。NHKでは伝説の歌番組『レッツゴーヤング』の司会も務める。歌手としてだけではなく幅広い分野で活躍していた最中、87年にB型肝炎で倒れ入院、闘病生活を経て復帰。その後、闘病記『いっしょに泳ごうよ』(集英社)を出版し、病気と健康に関する講演会やトーク&ライブなどを積極的に行っている。NHK教育テレビの『母と子のテレビタイム・日曜版』の司会のお姉さん役を努める。1999年すべてご本人作詞によるファミリーに向けてのオリジナルCDアルバム『HOME・MADE-ただいま-』(ビクター)を発売。2004年~2007年、楽器「一五一会」を使った、CDアルバム『みんなの一五一会~唱歌・童謡編~』『With みんなの一五一会~フォークソング編』『With みんなの一五一会~RADIO DAYS』発売。そして新録を含む2枚組ベスト・アルバム『With~the best of 一五一会』(テイチクエンタテインメント)を発売!2013年5月に『THE REBORN SONGS~すずらん~』(徳間ジャパンコミュニケーションズ)を発売。2016年に参加した『ザ・ピーナッツ トリビュートソングス』で第58回レコード大賞企画賞受賞!2018年にはデビュー40周年を迎え、40周年記念フルアルバム『わたしの毎日』(テイチクエンタテインメント)を発売、40周年記念コンサートも行われ、東京、名古屋にて追加公演も行われた。現在コンサートや講演会など幅広い分野で活躍中。
代表作品シングル『まちぶせ』
シングル『くるみ割り人形』
シングル『三枚の写真』
公式SNSTwitter

もっと見る

通学路でまちぶせ、お願いします

「石川ひとみ」さんは1970年代にデビューした元アイドル。1980年代にユーミンの作詞した『まちぶせ』でブレイクした。まちぶせは、ちょっと奥手な女の子を歌った曲で、文字通り好きな人をまちぶせする内容である。石川ひとみさんにまちぶせされたかった。ああ人生。

初めて石川ひとみさんを知ったのが高校生のときで、一目惚れ。歌はうまいし、声も綺麗で、立ち振る舞いも上品。フィクションじゃないかと思っちゃうくらい素敵な人だと感じた。プリンプリン物語のプリンセスも印象深い。

まちぶせ以外だと、『くるみ割り人形』や、『夢番地一丁目』も好き。

10石野真子

生年月日 / 星座1月31日 / みずがめ座
出身地兵庫県
プロフィール兵庫県出身の女優。1977年1月、日本テレビスター誕生に合格(尼崎市百合学園1年)1978年3月『狼なんか怖くない』でビクターよりデビュー。 主な出演作品は、テレビ朝日『陽はまた昇る』、日本テレビ『ダンダリン 労働基準監督官』、NHK『軍師官兵衛』、『噂の現場直行ドキュメン ガンミ!!』ナレーションなど。その他、CDアルバム『しあわせのレシピ』やライブ・コンサートも行い、活躍している。
代表作品ライブ・コンサート『石野真子 CHRISTMAS DINNER SHOW 2015』(2015)
NHK『軍師官兵衛』(2014)
CDアルバム『しあわせのレシピ』(2013)
公式SNS-

もっと見る

セクシーすぎました

石野真子さんは、水着に着替えるCMが印象的すぎました。たしかビキニだったと思うんですが、小学校低学年だった私ですら石野真子さんの色気にやられ大ファンになってましたね。当時としては胸のグラマーさも抜きんでていましたし、ほんとセクシーでした。

八重歯+タレ目の方程式

チャームポイント 10
ポップ 8
親近感 7

11岡田奈々

生年月日 / 星座 / 干支1959年2月12日 / みずがめ座 / 亥年
出身地岐阜県
プロフィール主な出演作は、TBS『月曜ゴールデン「七人の刑事」』シリーズ(レギュラー)、映画『遠くでずっとそばにいる』(母親役)、DVD・ビデオ『DVD BOX「王様の家」』(妻役)など。他、CMやドラマ映画などに多数出演。
代表作品東宝『あゝ野麦峠・新緑篇』(1982)
映画『ゲンセンカン主人』(1993)
映画『無頼平野』(1995)
公式SNS-

もっと見る

ドストライク

この方もすごくきれいな方。小生はお顔立ちのはっきりされた方が好きなので、岡田奈々さんもドストライク。

母親に勧められて聴いた『青春の坂道』。今も聴いてます。青春真っ只中という気分になって気持ちがいい。

12アグネス・チャン

生年月日 / 星座 / 干支1955年8月20日 / しし座 / 未年
出身地香港
プロフィール1972年、『ひなげしの花』で日本デビュー。一躍アグネス・ブームを起こす。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。1984年、国際青年記念平和論文で特別賞を受賞。翌年、北京チャリティーコンサートの後、エチオピアの飢餓地帯を取材、その後、芸能活動のみならずボランティア活動、文化活動にも積極的に参加。1989年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学。1994年、教育博士号取得。1998年、日本ユニセフ協会大使に就任。以来、タイ、スーダン、東西ティモール、フィリピン、カンボジア、イラク、モルドバ共和国と視察を続け、その現状を広くマスコミにアピール。2000年、歌手活動を再開し、シングル『この身がちぎれるほどに』は20万枚のヒットを記録。2002年、初の短編小説集『パーフェクト・カップル』を発売。2006年、全米歌手デビュー。芸能活動のほか、エッセイスト、大学教授、日本ユニセフ協会大使など文化人としても幅広く活躍。
代表作品著書『みんな未来に生きるひと』
著書『この道は丘へと続く』
著書『パーフェクト・カップル』
公式SNS-

もっと見る

今では立派なお母さん

歌い方もルックスも可愛くて、ましてや日本人じゃなくて。特にあの片言の日本語が可愛かったですね。彼女は今現在もメディアでたまにお見かけしますが、永遠のアイドルだったような気がします。

stella

stellaさん

4位に評価

上京物語

素朴さ 10
歌唱力 8
コメディエンヌ 8

16森昌子

生年月日 / 星座 / 干支1958年10月13日 / てんびん座 / 戌年
出身地栃木県
プロフィール栃木県出身。1971年、「スター誕生!」の初代グランドチャンピオンとなる。翌年、弱冠13歳にして歌手デビューした曲『せんせい』が大ヒットし、その後も圧倒的な歌唱力と親しみやすいキャラクターで『同級生』、 『中学三年生』と続く学園三部作や、『おかあさん』、『なみだの桟橋』『哀しみ本線日本海』、『立待岬』など歴史に残る名曲を次々と 世に送り出した。 1983年には『越冬つばめ』で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞し、1985年NHK『紅白歌合戦』では最年少で司会とトリを務め、国民的実力派歌手としての地位を不動のものにするが、 1986年8月に結婚のため引退。 2006年6月、『バラ色の未来』で再デビューし、同年のNHK『紅白歌合戦』に出場。 2007年にはコンサートで全国を周る傍らNHK『連続テレビ小説「どんど晴れ」』にヒロインの母親役としてレギュラー出演した。2008年4月1日、個人事務所「おんがく工房」を設立。
代表作品シングル『せんせい』
シングル『おかあさん』
シングル『立待岬』

もっと見る

花の中三トリオのお姉さん系

一位・二位が山口百恵・桜田淳子となれば、三位は当然この人でしょう。森昌子は、やはり特別に歌がうまかったと記憶しています。3人の中ではお姉さんというかお母さんというか、年甲斐もなく落ち着いた印象でしたね。しかし個性の違う3人だからこそ、上手くいって皆んなに愛されたのだと思います。

stella

stellaさん

3位に評価

17小柳ルミ子

小柳ルミ子

引用元: Amazon

小柳 ルミ子(こやなぎ ルミこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。1970年代のアイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身。血液型はA型。愛称:ルミちゃん、ルミルミ。 プラチナムプロダクション所属。

もっと見る

演歌的アイドル

くるりと巻いたカールの髪型が可愛らしかった小柳ルミ子。瀬戸の花嫁は名曲として代々歌い継がれ、時代を経ても郷愁を誘います。アイドルでありながら演歌歌手的要素も持つ、歌唱力バツグンの女性です。ダンスが上手いことも有名です。

18アン・ルイス

アン・ルイス

引用元: Amazon

アン・ルイス(Ann Lewis、1956年6月5日 - )は、日本の元歌手。本名、アン・リンダ・ルイス。兵庫県神戸市出身。その楽曲は多くの音楽家にカバーされている。

もっと見る

関連するランキング

あゝ無情 / アン・ルイス

アンルイスの曲ランキング

あなたが好きなアンルイスの曲名は?

パンチのきいたアイドル

日本人と外国人の間に生まれたアン・ルイスは愛らしいルックスから一躍人気が出ました。アイドルから次第にロック歌手に転向しましたが、それからの方がヒット曲に恵まれています。パンチのきいた歌声は、一度聴くと忘れられません。

素敵なラブリーガール

演技力 8
マドンナ度 8
マルチ性 7

小麦色の元気

健康美 8
コメディエンヌ 7
親近感 7

21

21位~26位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

70年代アイドルの名曲はランクイン?

歌謡曲ランキング

カラオケで盛り上がる昭和の名曲ランキング

70・80年代邦楽ヒット曲ランキング

懐メロランキング

このランキングに関連しているタグ

芸能人・著名人の新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ