みんなのランキング

70・80年代邦楽ヒット曲人気ランキング!みんながおすすめする名曲は?

さよならの向う側 / 山口百恵飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜DESIRE -情熱- / 中森明菜恋におちて -Fall in love- / 小林明子禁区 / 中森明菜

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数112
投票参加者数112
投票数598

みんなの投票で「70・80年代邦楽ヒット曲人気ランキング」を決定!ニューミュージックの誕生やバンドブームの到来など、大きな変化が起きた1970年~1980年代。洗練されたメロディーや都会的な歌詞など、それまでとは異なる魅力あふれる名曲が多数生まれました。山口百恵の『秋桜』や、数多くのミュージシャンにカバーされた『木綿のハンカチーフ』、スキャンダラスな歌詞が話題を呼んだ『六本木心中』など、シングル曲からアルバム収録曲まで勢揃い!あなたがおすすめする70・80年代邦楽ヒット曲を教えてください!

最終更新日: 2021/11/24

ランキングの前に

1分でわかる「70・80年代邦楽ヒット曲」

日本の音楽界が大きく変わった1970年~1980年代

アイドル系から本格派シンガーまで幅広いジャンルのミュージシャンが登場し、邦楽界が大きく変化した1970年~1980年代。それまで邦楽の中心だったフォークソングやグループサウンズなどの歌謡曲とは一線を画したオシャレな響きのニューミュージックやテクノ・ポップの流行など、怒涛の如く新たな音楽が生まれました。1980年代にはバンドブームも到来し、数多くのバンドが若者を中心に社会現象を巻き起こしました。

関連するおすすめのランキング

邦楽ソングで最も人気がある名曲は?

邦楽・J-POPランキング

70・80年代の洋楽ランキングはこちら!

70年代洋楽ランキング

80年代洋楽ヒット曲ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、70・80年代(1970年~1980年)にリリースされた邦楽が投票対象です。バラードやポップ、ロックミュージックなど、ジャンルを問わず、すべての邦楽に投票OK!あなたが好きな70・80年代邦楽に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1DESIRE -情熱- / 中森明菜

DESIRE -情熱- / 中森明菜

引用元: Amazon

アーティスト中森明菜
作詞・作曲阿木燿子 / 鈴木キサブロー
リリース1986年2月3日『DESIRE -情熱-』
収録アルバム『オールタイム・ベスト -オリジナル- Special Edition』
『BEST2』ほか
タイアップ-

もっと見る

明菜大好き!

中森明菜全盛期の名曲!30年ほどたった今でも大好きな曲。振り付けも覚えて踊ったり、ヘアスタイルも真似したり青春そのもの!着物をアレンジした衣装も当時話題になりました。中森明菜の独特の歌いかたとセクシーさは今も大好き!

報告

あの頃、一番好きな歌手でした

この歌がパイオニアのステレオのCM曲で、直ぐに買いました。着物をアレンジして、かっこ良かったなあ❗️

ゲスト晋作さん

1位に評価

報告

2飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

引用元: Amazon

アーティスト中森明菜
作詞・作曲中森明菜
リリース1984年11月14日『飾りじゃないのよ涙は』
収録アルバム『BITTER AND SWEET』
『BEST』

もっと見る

前奏からカッコイイ

ジャズのような、低い声からはじまる出だしが最高にかっこいい!(女性歌手の歌でこの低さからはじめる曲ってあまりないかも。)
「飾りじゃないのよ涙は、ハッハー」
ノリの良い勢いのあるサビはついついマネをしたくなります。
中森明菜が歌うと彼女の雰囲気とあいまってすごくかっこいいです。

報告

現代女性でも共感の歌詞

強くて挑発的な女性のイメージがある中森明菜さんの曲はどれも好きですが、特に井上陽水さんが作詞作曲したこの曲が好きです。私は泣いたことがないという歌詞が何度も出てきて、強がって生きている女性の姿が現代でも全く色あせてないと感じます。

報告

3恋におちて -Fall in love- / 小林明子

恋におちて -Fall in love- / 小林明子

引用元: Amazon

アーティスト小林明子
作詞・作曲湯川れい子 / 小林明子
リリース1985年8月31日『恋におちて -Fall in love-』
収録アルバム『FALL IN LOVE』
『True Love 〜ラヴ・バラード・セレクション』
『GOLDEN☆BEST 小林明子』
タイアップTBS系ドラマ『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』主題歌

もっと見る

カラオケで歌うと気持ちが良い

「土曜の夜と日曜のあなたが全部ほしいから」このような歌詞から「不倫の歌」とよく言われていますが、とても切ない良い歌詞です。サビが終わった後の「ダイヤルまわして手をとめた」の伸ばして、少しためるところが、カラオケでもすごく気持ちよく歌えます。

報告

綺麗な曲でした。

確か、金曜日の妻たちへの主題歌だったかな?街に出ると、あちこちで、流れてました。声も綺麗で聞き惚れましたよ😃

ゲスト晋作さん

1位に評価

報告

昭和の名曲

山口百恵さんが引退するときに歌った曲だと言われており、色んな感情や意味が歌詞に込められている名曲だと思います。

報告

子どもは歌詞を気にするが、愚痴っぽい訳じゃなかった。

1984年1月1日リリース、「北ウイング」。異例の元日発売は明菜の強気さを現していました。小学6年だった私は小学レコード店の開店を待って、購入…。ところが、売切れ。代わりに購入した「禁区」が名曲。ジャケ写の明菜ちゃんのかわいさも去る事ながら、地味な低音から始まる語りかけは手をグルグル回す反乱へのプレリュード。元日発覚と相まって、たまたま明菜ワールドに魅了されてしまうきっかけになりました。

報告

6ルビーの指環 / 寺尾聰

ルビーの指環 / 寺尾聰

引用元: Amazon

アーティスト寺尾聰
作詞・作曲松本隆 / 寺尾聰
リリース1981年2月5日『ルビーの指環』
収録アルバム『Reflections』
タイアップヨコハマタイヤ『ASPEC』CMソング
キリン『ラガー』2006年CMソング

もっと見る

イントロからゾクっとする

これも両親の影響で物心ついたときから聴いていました。曲も歌詞も大好きで、私にとって名曲中の名曲です。

ぐみ

ぐみさん

2位に評価

報告

7さよなら / オフコース

さよなら / オフコース

引用元: Amazon

アーティストオフコース
作詞・作曲小田和正
リリース1979年12月1日『さよなら』
収録アルバム『SUNNY SIDE OF ORIGINAL LOVE』
タイアップ-

もっと見る

切ない

未だに良く聴きますし、やはり良い曲は何年経って色褪せないです。とても切ない歌で寂しくなりますが、聴きたくなります。

報告

元気になれる

この曲は今でもいろんな番組とかでBGMにも使われていますが、とにかく元気になれる1曲だな思ったのでこの曲を選びました。

報告

9とんぼ / 長渕剛

とんぼ / 長渕剛

引用元: Amazon

アーティスト長渕剛
作詞・作曲長渕剛
リリース1988年10月26日『とんぼ』
収録アルバム『LICENSE』
『SINGLE COLLECTION』
『長渕剛LIVE'89』
『SINGLES Vol.2(1983~1988)』
『長渕剛 BEST~空~』
『Tsuyoshi Nagabuchi ALL Time Best 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』
タイアップTBS系テレビドラマ『とんぼ』主題歌
フジテレビ系テレビドラマ『英二ふたたび』主題歌
映画『英二』主題歌
サントリー『BOSS』ジャンパープレゼントキャンペーンソング

もっと見る

全盛期の長渕氏の名曲です

長渕氏が音楽、ドラマ共に一番勢いがあった頃の曲で、都会の孤独を歌った歌詞が同氏の歌い方も手伝って、とても心に響きます。同タイトルの長渕氏主演のドラマの主題歌でもあり、そちらの内容ともとてもマッチしていた名曲です。

報告

頭から一生離れない

学生時代にバンドでコピーした曲です。何度もリピートして聴いても飽きません。青春時代を共に過ごした思い出深い曲で頭から一生離れる事は無い名曲です。ボーカルの氷室京介さんは、とてもカッコ良く聴き惚れてしまう声の方です。

nseiji

nseijiさん

1位に評価

報告

カラオケで歌いやすい。

Boowyが大好きで、特にこの曲は歯切れがよく、とてもテンポが良い。
カラオケで歌うにも長さや音程も私にちょうど良く、とても歌いやすい。
耳に残るし気持ちが上がる。

gogotea

gogoteaさん

1位に評価

報告

大人の雰囲気

私は徳永英明さんの曲がものすごく好きでした。
ハイトーンのハスキーな声と、大人っぽい歌詞にドキドキしたとの覚えています。
その中でも、輝きながら・・・は断トツでした。
サビ前の少し荒ぶった曲調とかもすごく好みでした。
この曲から、大人の曲を聴くようになったきっかけの曲です。

報告

いつまでたっても色褪せない名曲

まずこの曲を歌った小林麻美さんがすぐ引退してしまったためミステリアスなイメージがあります。当時の音楽番組にもついに出演しないままだったし。
ちなみに洋楽のカバー曲なんですが、当時のユーミンが元曲を凌ぐ名曲に仕立て上げています。一度聞いたら忘れられないメロディで、今でもたまに聴きます。

報告

松田聖子のキラキラした魅力が全開

イントロが流れた瞬間に「青い珊瑚礁だ!」とワクワクするくらい何度も繰り返し聴いた大好きな曲です。メロディーも歌詞もみずみずしくキラキラしていて、透明感のある歌声もとても心地いい曲です。80年代最強のアイドル松田聖子の魅力が凝縮された素晴らしい曲なので1位に選びました。

報告

ノリの良い曲

イントロを聞いただけでノリノリになる歌。
テンションが上がる曲だと思う。ハンサムスーツなど映画などでも使われる曲

報告

耳に残る声とメロディー

小さい頃に朝の番組で何度となく聴いていて、歌詞とメロディーが記憶に深く刻み込まれているから。たい焼きのキャラクターもインパクトがあった。

bini

biniさん

1位に評価

報告

17冬の稲妻 / アリス

冬の稲妻 / アリス

引用元: Amazon

アーティストアリス
作詞・作曲谷村新司 / 堀内孝雄
リリース1977年10月5日『冬の稲妻』
収録アルバム『ALICE VI』
『ゴールデン☆ベスト アリス』
『アリス・ザ・ベスト ~遠くで汽笛を聞きながら~』
『ALICE AGAIN 限りなき挑戦 -OPEN GATE- THE SETLIST』
『ALL TIME COMPLETE SINGLE COLLECTION 2019』
タイアップ-

もっと見る

初めて聞いた邦楽

小学校6年生の頃にラジオから聞こえて来た邦楽で、当時はかなり流行ってました。TVで見る歌謡曲以外に初めて聞いた邦楽でパンチの効いた歌声が好きでしたね。中学に上がってもアリス人気は止まる事を知らず、ずっとファンでした。

報告

18プレイバック Part 2 / 山口百恵

プレイバック Part 2 / 山口百恵

引用元: Amazon

アーティスト山口百恵
作詞・作曲阿木燿子 / 宇崎竜童
リリース1978年5月1日『プレイバックPart2』
収録アルバム『ゴールデン☆ベスト 山口百恵 コンプリート・シングルコレクション』
『山口百恵 ベスト・コレクション VOL.2』ほか
タイアップ-

もっと見る

やっぱり百恵ちゃんかっこいい

イントロ出だしの緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェという歌詞から、当時小さかったけれども心臓にハート打つ壮大な曲だと思います!今の音楽界とはまた違う最高の名曲。バカにしないでよ!一緒に思いっきり声を出して歌いたくなります。とにかくかっこいい。

報告

ドラマティックな曲調が最高

サビに向かってドラマティックに展開する曲調が最高に格好良いと思います。
ギターフレーズも最高で素晴らしいです。

報告

親父が好きだった歌でした。

大学時代から社会人に入ってカラオケで必ず入れます。自分の親父もよく歌っていたので歌詞が脳裏に焼きついています。

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

懐かしの名曲をもっとチェック!

歌謡曲ランキング

カラオケで盛り上がる昭和の名曲ランキング

懐メロランキング

演歌ランキング

邦楽フォークソングランキング

70・80年代のアイドルランキングはこちら!

70年代女性アイドルランキング

80年代女性アイドルランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ