みんなのランキング

【人気投票 1~38位】三浦綾子の書籍ランキング!みんながおすすめする作品は?

 塩狩峠  海嶺銃口氷点 細川ガラシャ夫人

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数38
投票参加者数14
投票数139

結核の闘病中にクリスチャンとして執筆活動に励んでいた、三浦綾子。今回は「三浦綾子の人気書籍ランキング」をみんなの投票で決定します!朝日新聞で連載し、幾度に渡りドラマ化されている大ベストセラー『氷点』(1965年)、愛や真実の生き方について考えさせられる『ひつじが丘』(1966年)や、実在の鉄道事故を題材とした『塩狩峠』(1968年)など、名作が勢揃い!あなたがおすすめする三浦綾子作品を教えてください!

最終更新日: 2022/05/07

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「三浦綾子の人気書籍」

クリスチャン思想に基づいた作品で世に影響を与えた「三浦綾子」

三浦綾子は、1922年4月25日生まれ、北海道出身の小説家。戦後、結核を患い、闘病中の1952年に洗礼を受けました。以来、クリスチャンとして執筆活動に勤しみ、1963年に『氷点』が朝日新聞の懸賞小説公募で入選し、連載を開始。出版後は、映画やテレビドラマ、海外でも映像化する大ヒットとなりました。彼女の作品は、プロテスタントの信仰を反映したものが多く、クリスチャン作家や音楽家に影響を与えています。

三浦綾子の書籍

氷点

氷点
(引用元: Amazon)

三浦綾子の作品は、娘が殺害された夫婦とキリスト教の概念「原罪」をテーマにした『氷点』(1965年)、逆走した鉄道を止めるために自ら犠牲になって乗客を救った、実在する鉄道社員の生涯を描いた『塩狩峠』(1968年)や、昭和初期の軍国主義のなか奮闘する教師の感動の物語『銃口』(1994年)など。

三浦綾子記念文学館

1998年6月13日に全国からの寄付によって建てられた「三浦綾子文学記念館」。記念館では、彼女が執筆した生原稿や文学作品が展示されています。また、『氷点』の舞台となっている外国樹種見本林内に、図書室や資料室などを備えた建物もあります

関連するおすすめのランキング

人気小説家のランキングもチェック!

東野圭吾の書籍ランキング

村上春樹の書籍ランキング

宮部みゆきおすすめ作品

このランキングの投票ルール

このランキングの投票範囲は、「三浦綾子」や「林田律子」名義の作品です。随筆から共著まで投票可能です!

ユーザーのバッジについて

三浦綾子の書籍を全て読んだことがある

三浦綾子の書籍を50作品以上読んだことがある

三浦綾子の書籍を25作品以上読んだことがある

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1銃口

銃口

引用元: Amazon

参考価格1,089円(税込)

もっと見る

昭和の基底にひそむ戦争の意味について明らかにしようと改めて問い直す仕事をした作品。北海道生活綴り方連盟事件を取り上げた。

物語は大正天皇の大喪の礼の作文から始まり、昭和天皇の大喪の礼の日に終わる。まさに昭和の歴史を主人公北森竜太の歩む体験の軌跡を通して、私たちに追体験させてくれます。情熱をもって炭鉱町の小学校で生徒たちを育てる北森竜太に、突然治安維持法違反の容疑がかけられ、7か月の独房生活の後釈放された。そのショックからようやく立ち直った矢先に、召集の赤紙が届く。軍隊生活、そして敗戦。満州から日本への敗走中、思いもかけぬ再会に助けられ祖国の土を踏む。帰国後竜太は・・・ 人生如何に生きるべきかを問う三浦綾子最後の長編小説です。               [続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

9位に評価

報告

幕末に嵐に揉まれ難破した三人の船乗りが世界で見たものは?  5年の年月を経て帰国しようとする三人を待ち受けるものは果たして何か。歴史に翻弄される三人の数奇な運命を壮大なスケールで描く。

天保三年(1832年)知多半島にある小野浦から出航した千石船宝順丸。嵐にあい難破してしまう。1年2か月後奇跡的に生き残った3名(岩松、久吉、音吉)が北アメリカからロンドン、マカオなどを経由して日本を目指す。モリソン号事件を題材に、幕末の日本と世界を舞台に、人間の真実の姿は何かを問う時代巨編。                        

単行本 1981年4月20日発行 足新聞社 B6判 厚紙装 カバー オビ 上336頁 下334頁 装画 松田譲 装丁 山岡茂 地図 熊谷博人                            [続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

11位に評価

報告

生きる力

人として生きることが生きる力なんだと思います

報告

三浦綾子のデビュー作です。つまり三浦綾子の全てがぎっしり詰まった作品です。人間の中に棲む「闇」について処女作とは思えない筆運びで語って行きます。

「氷点」「続氷点」は旭川の医師の家を舞台に、人間の心の闇が描かれている作品です。不倫小説、青春小説、としても読めますし家庭内の継子いじめの小説としても読めます。
筆運びは上手でとてもこれがデビュー作とは思えません。ストーリーテラーとして、読者を飽きさせることはなく、思いもかけない展開に一気に読む人続出です。



古い数字ですが「氷点」と「続氷点」併せて622万部の発行部数です(1998年1月 三浦綾子記念文学館調べ)

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

1位に評価

報告

1909年に北海道の塩狩峠で実際に起きた事故を基にした作品です。愛、信仰、犠牲について書かれています

日本の鉄道黎明期といって良い時期1909年2月28日に北海道の塩狩峠で連結が外れて客車が暴走する事故がありました。鉄道職員永野信夫はその日札幌に向かい結納をすることになっていた。たまたま乗り合わせた彼がとった行動は?

もう、泣けます!

青春時代の成長小説でもあり、純愛の小説でもあり、明治時代の日本を垣間見ることができる作品でもあり、犠牲について考えさせられる作品でもあります。

新潮文庫の100冊に1976年から2020年まで45回(45年)選ばれ続けています。
また新潮文庫「高校生に読んでほしい50冊」2020年度版に『塩狩峠』[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

2位に評価

報告

実の親子も殺し合う戦国の世にあって、愛と信仰に殉じた細川がラシャ夫人を描く、三浦綾子初の歴史小説

明智光秀の娘として何不自由なく育てられた玉子は、当代随一の美貌と才知に恵まれていた。十六歳になった時、細川忠興のもとに嫁ぐことになった。夫忠興は玉子の美貌の故に、ほとんど外出を許さず縛りつけるような愛の持主であった。ある日玉子の父明智光秀が、主君信長のむごい仕打ちに耐えかねて織田家に反旗を翻した。一転して逆臣の娘となった玉子は苦難の日々を過ごすことなる。父母一族は滅夫や子とも引き裂かれた玉子は、秀吉のキリシタン弾圧の下で、洗礼を受けることを決意する。信仰の人細川がラシャ夫人に焦点を当て、生きることとは、信仰とはを追求した歴史小説の傑作[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

6位に評価

報告

作家三浦綾子の昭和21年4月13日から昭和34年5月25日までの心の歴史を描く自伝的文学作品。真摯な魂の軌跡。

敗戦に伴い、軍国教師としての自信も誇りも生き甲斐も全てが崩れ去り、癒しようもない虚無感に蝕まれ、二重婚約をしてしまう。更に肺結核の発症により、絶望の底へ突き落された。恋人前川正の懸命な祈りと献身のおかげで虚無と絶望の底なし沼から生還できた綾子は、前川正の信じるキリスト教を信じてみようかと生きる方向を向き始める。その綾子を前川正の死が襲う。真実な生き方を求める魂の軌跡を描く青春小説の金字塔。この内容は令和の今でも古びることなく、若い魂に語りかけてきます。                                     
道ありき[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

5位に評価

報告

樺太の大地を舞台にした特大スケールの小説です。恋、愛、金への執着、戦争末期の樺太の状況が描かれます

日本の文学作品としては珍しく樺太を主な舞台とした作品です。三浦綾子は作品を著すに当たり、樺太からの引揚者から聞き取り、更に数多くの文献に目を通しました。その甲斐あって樺太に住んだことがある方からも、景色が目に浮かぶようだとまで言われる出来上がりです。
雪との闘い、熊との争い、材木を川で流す流送の様子、樺太ならではのスケールの大きさです。
その舞台に負けないほど大きなのが人間の欲です。恋、愛、金銭欲、大自然の中でむき出しな人々の営みが胸に迫ります。

第二次世界大戦末期の樺太からの引き上げの描写も胸をうちます。

日本の近代史の一面を学[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

3位に評価

報告

三浦綾子の新米教師時代を描く青春自伝小説。三浦綾子がどれほど熱く生きたかが描かれる!

幼年時代を書いた「草のうた」に続いて少女時代を回想した「石ころのうた」は三浦綾子が女学校を卒業し炭鉱町歌志内市に新米の小学校教師として着任するところから始まり敗戦の頃の記述で終わる。戦時中の小学校教育と庶民の生活の記録としても貴重な内容を含む。
                                     
『道ありき』冒頭部の虚無感はこの『石ころのうた』を読んで初めて理解できます。                                     
単行本 1974年4月30日 角川書店 B6判 厚紙装 カバー オ[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

30位に評価

報告

大正15年5月の十勝岳噴火による噴火は一瞬にして、家族の命を奪い、田畠を石河原に変えた。この試練に立ち向かう人々の姿を描く感動長編です

父たちが三十余年かけて開拓し、これから豊かな生活が期待できると喜んでいた矢先、大正15年5月に十勝岳は大爆発し、開拓部落とその田畠を泥流が嘗め尽くした。祖父・父の思いがしみ込んだ農地の回復を願う拓一とそれを支える耕作兄弟。貧困のために苦界に沈めれられた福子に思いを寄せる拓一。街のボスである深城の娘節子は一途に耕作のことを思う。開拓農家、上井富良野市街の生活を背景にして描かれるこの4人の青春群像劇です。三浦綾子が渾身の表現で描く泥流被害のすさまじさは特筆もの。その復興に向けて取り組む者たちと妨害者たちの闘いの様子も詳らかに描かれる。巨大[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

8位に評価

報告

氷点に次ぐ三浦綾子の第二作。北国の春リラ高女を巣立った娘たちの哀歓の日々さまざまな愛が芽生えと破局が訪れる。

いずれも美しい奈緒美、輝子、京子はリラ高女のクラスで出会った。京子の兄良一は奈緒美を好きになり、京子は担任の竹山に好意を寄せていた。牧師である父親から「愛するとはゆるすことだよ、相手を生かすことだよ・・・・」と言われた時に「わたしだって、人一人くらい愛することはできるわ」と答えた奈緒美だった。しかし共に生活する時に見た良一の姿は・・・・錯綜する愛憎に翻弄されながら奈緒美、輝子、京子、良一、竹山の5人の人生はどこに辿り着くのだろうか?氷点に続いて三浦綾子が読者を魅了する。                           
1998年[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

7位に評価

報告

創立まもない札幌商業学校で教鞭をとり、洋菓子店ニシムラを創業、その人生を教育と伝道に捧げた西村久蔵の生涯を描く伝記小説の傑作

ここに、真の教育者あり!/人を憎まず、怨まず、人を信じ、許した稀有の男-キリストの深い愛に支えられ、人のために尽くした情熱と誠実の生涯(オビから)                                  
単行本 1983年10月20日発行 新潮社 B6判 厚紙装 カバー オビ 348頁 装画 澁澤卿                 
「小説新潮」1982年6月~1983年9月 連載                                           
オビ背に「自らを捨て、人のために尽くした男の情熱と誠実の[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

14位に評価

報告

裕福な妻妾同居の家庭に育った主人公佐々林一郎の葛藤を通して、人間如何に生きるべきかを問う作品

崩壊寸前の家庭で葛藤する中学三年生の佐々林一郎とその担任である杉浦悠二や雑貨店を経営する久代との交流を軸にして、人間の生きるべき姿が描かれる問題作。登場人物が引き寄せられるようにしてクライマックスになだれ込むあたりはストーリーテラー三浦綾子の面目躍如と言えると思います。                        

1998年1月までの発行部数151万部です(三浦綾子記念文学館調べ)                       
単行本1968年5月25日発行 新潮社 B6判 厚紙装 カバー オビ 394頁 さし絵/装幀 小磯良平[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

4位に評価

報告

13

母

引用元: Amazon

参考価格528円(税込)

もっと見る

『蟹工船』の著者小林多喜二の母セキの波乱に富んだ生涯を描いた書き下し小説

明治の初めに東北の寒村で生まれた多喜二の母、セキ。若くして小林家の次男末松と結婚。その後末松の兄の慶義に誘われる形で北海道小樽に一家で移住し、パン屋を営み病弱な夫を支えつつ多喜二など6人の子供を育てた。その後多喜二が小説家として著名になり、最後は築地警察署で拷問死を遂げた。「あの多喜二が小説書いて殺されるなんて・・・」大らかな心で、多喜二の「理想」を見守り、人を信じ、愛し、懸命に生きたセキの波乱に富んだ生涯を描く小説。                                                     
単行本 1[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

10位に評価

報告

クリーニングの白洋舎の創業者五十嵐憲治の生涯を描く伝記小説の傑作

大望を抱いて十五歳で家出したi五十嵐憲治は旅館の下働きから日露戦争軍夫へ、北海道のタコ部屋から三越百貨店の宮中係へと波乱の道を歩む。憲治は最後に人の垢を洗うクリーニング業に辿り着いた・・・。日本の近代から現代まで駆け抜けた五十嵐憲治の生涯を描く伝記小説の傑作。ダイナミックで面白い! 
                  
単行本 1987年9月20日発行 新潮社 B6判 厚紙装 カバー オビ 306頁 装画 笠井正博 本文カット 小松久子

オビに「天が与えた職業とは何か!?/クリーニングの〔白洋舎〕を興した五十嵐憲治の生涯に事業と信仰の根源を7描く!」とある。 

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

12位に評価

報告

生とは?/死とは?/愛とは?/何を信じ、何を耐え、何を望むか/牧師・榎本保郎の生涯をとおして人間の永遠の問いかけにこたえる伝記小説の名作

心の飢え乾く現代人におくる-牧師・榎本保郎の熱き生涯/敗戦-虚無感にうちひしがれた一人の軍国青年が、いらだち、傷つき、悩み苦しみながら、愛と信仰と希望の道を求めて生きるまで(オビ裏から)                                   
読んでいて、とにかく主人公が熱い!熱すぎる! 最後にアメリカで客死するまで自らに与えられた使命を全うすることを選んだ人生です。                                                   
単行本1987年5月28日 朝日新聞社 B6判 厚紙[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

13位に評価

報告

作家三浦綾子の昭和34年5月25日から昭和39年7月10日までを描く自伝小説第二弾(道ありき第二部結婚篇)

三浦光世との結婚式の翌日昭和34年5月25日から、朝日新聞1000万円懸賞小説受賞伝達の昭和39年7月10日までの愛と信仰の日々を綴る自伝です。                                
道ありき(第一部青春篇) この土の器をも(道ありき第二部青春篇)光あるうちに(道ありき第三部青春篇)の三部作の第二部となっています。                              
単行本 1970年12月5日発行 朝日新聞 B6判 厚紙装 カバー オビ 243頁 装丁 堀文子   「主婦の友」1969年9月~197[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

15位に評価

報告

自らの祖父母をモデルに、明治・大正を生きた家族の肖像を描く長編ロマン

天売・焼尻を眼前に望む苫幌村の商店かね中を営む順平・ふじ乃の一人娘として生まれた志津代。幼馴染みの文治に思いを寄せる志津代の幸せな生活も、天性の美貌を持つふじ乃が行商人と一夜の過ちを冒し、息子新太郎を身籠ったことから狂い始めてしまった・・・・                                       
単行本 1986年8月30日 主婦の友社 B6判 厚紙装 カバー オビ 381頁 装丁 上村淳之 口絵 小松久子  「主婦の友」1984年1月~1986年6月 連載                           [続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

16位に評価

報告

堀田綾子と前川正の病に冒されながらも、真剣に誠実に生きた若い魂の軌跡を示す文学

堀田綾子と前川正、十数年ぶりに再会した幼馴染みのふたりが、病に妨げられながら交わした往復書簡約二千通の中から厳選したもの、また前川正が残した創作、短歌、死の前に書き綴ったメモ、遺言など”愛の形見”が収録されている。 原石としての堀田綾子の姿が記録されており、三浦文学の水源ともいえる。                                                 
単行本 1973年5月2日発行 講談社 B6判 厚紙装 カバー オビ 254頁 装丁 難波淳郎  
                     
オビに「『道[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

18位に評価

報告

道ありき第三部/信仰入門編

「氷点」で目覚ましいデビューを果たした三浦綾子はその後も『ひつじが丘』『愛すること信ずること』『塩狩峠』を書きつづけているが・・中略・・貧しく、健康にもめぐまれない無名の主婦が、長い病床生活のあと、このわずか数年のうちに、光まばゆいばかりのめざましい仕事を次々となしとげて行く。それは才能とか資質だとか、作品の形象力とかいう陳腐な文芸論のなかに、過不足なくおさまりきるしろものではない。それは余りに力強く、ひっこみ思案の近代知識人にとっては時にへきえきする程の生命力にあふれた出来事であった。言ってみれば。『道ありき』にはじまる自伝的三部作[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

19位に評価

報告

20石の森

石の森

引用元: Amazon

参考価格550円(税込)

もっと見る

19歳の乙女が、憎しみあい、傷つけあいながらも、なお信じ続けることのできる道を求める青春ロマン小説

"誰だって人には言えない思いというものがある"早苗の孤独に凍てつくこころには、重く冷たい家庭と、秘密を抱いた父母の姿が焼きついている・・・・。                                         
単行本 1976年4月25日発行 集英社 B6判 厚紙装 カバー オビ 259頁 装丁 谷俊彦 題字 三浦光世      

「セブンティーン」 1975年2月~1976年2月 連載                                   
オビ裏に「早苗の両親と詩人の沢謙三、そして彼の姪で妖精のよう[続きを読む]

ロン@三浦綾子大好き

三浦綾子マイスター

ロン@三浦綾子大好きさん

17位に評価

報告

21

21位~38位を見る

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ