みんなのランキング

ディスコミュージック人気ランキング!みんながおすすめする曲は?

Stayin' Alive / Bee GeesSeptember / Earth Wind & FireDancing Queen / ABBANight Fever / Bee GeesMoskau / Genghis Kahn

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数34
投票参加者数30
投票数98

みんなの投票で「ディスコミュージック人気曲ランキング」を決定!1970年代に流行し、多くの人々を熱狂させたディスコ・ブーム。キャッチ―でソウルフルなディスコソングは、若者を中心に圧倒的な人気を獲得しました。映画『Saturday Night Fever』のテーマ曲『Stayin’ Alive』や、ディスコの女王と呼ばれたドナ・サマーの代表曲『I Feel Love』など、人気の楽曲が大集結!定番から知る人ぞ知る隠れた名曲まで、あなたがおすすめするディスコミュージックを教えてください!

最終更新日: 2021/11/18

ランキングの前に

1分でわかる「ディスコミュージック」

思わず体が動き出すリズミックできらびやかな、ディスコナンバー

1970年代半ばからアメリカで人々を熱狂させたディスコブームは、日本でも若者を中心に絶大な人気を獲得しました。ディスコを題材にしたヒット映画『Saturday Night Fever』に出演したジョン・トラボルタは一躍世界的スターに上り詰め、映画で使用された曲はディスコミュージックの代表曲として幅広い層から親しまれるようになります。ファンクやソウルなどさまざまなジャンルの曲をミックスしたリズミックな曲は、聴衆の心を鷲掴みにしました。

関連するおすすめのランキング

ジャンル別人気のミュージックをチェック!

ハウスミュージックランキング

ソウルミュージックランキング

テクノ曲ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、すべてのディスコミュージックが投票対象です。一般的に「ディスコミュージック」とは、ディスコやクラブのダンスフロアで流れているダンスミュージックのことを指しますが、明確な定義は決まっていないため主観で選んでOK!邦楽・洋楽を問わず、あなたが好きなディスコソングに投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1Dancing Queen / ABBA

Dancing Queen / ABBA

公式動画: Youtube

アーティストアバ(ABBA)
作詞・作曲ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)、スティグ・アンダーソン(Stig Andersson)、ビョルン・ウルヴァース(Bjorn Ulvaeus)
リリース1976年8月16日『Dancing Queen』
収録アルバム『Arrival』
『Dancing Queen & That's Me』ほか
タイアップ-

もっと見る

ディスコミュージックと言われてはじめに思い浮かぶ曲!

わたしはディスコに実際に通い詰めていた世代ではないのですが、ディスコミュージックと言われて一番最初に思い出すのはDancing Queenでした。2018年に公開された映画の「マンマ・ミーア!ヒア・ウィ・ゴー」をみた時に、作中でこの曲が使われていて、そのときになぜか気に入ってしまい、繰り返し聴きました。歌詞の内容も人生を楽しむような内容なのでとても聞いていて楽しい曲です。コロナで外に遊びにいくのが難しいことも多いですが、家の中でも楽しい気分になれますね。

Cecilia

Ceciliaさん

1位に評価

報告

思い出の曲

ディスコで聞いていたわけではないですが、中学生時代の私の思い出の曲で好きなディスコミュージックです。
私は部活でダンスをしていたんですが、その頃ディスコミュージックを使ってのダンスをするために曲選びでよくこのジャンルを聞いていました。
実際にABBAのダンシングクイーンでダンスをしたので、曲も印象に残っていますし、同時に合わせて振り付けをしたダンスも鮮明に覚えていて、とても思い出の一曲になっています。

怜美

怜美さん

1位に評価

報告

サビのハーモニー

この曲も言わずとしれたアバの名曲ですが、ディスコミュージックだったとは知らないで聴いてました。
でも曲名がダンシング・クイーンなんですよね。
この曲の好きなところはサビに入る前のところとサビのハーモニーです。
4人の声が重なり合って最高にキレイ!
テンポは決して早くないけどノれる曲ですね。
自然とテンションあがる曲でもあるのでこの曲を選びました。

報告

2September / Earth Wind & Fire

September / Earth Wind & Fire

公式動画: Youtube

アーティストアース・ウインド&ファイヤー(Earth Wind & Fighters)
作詞・作曲モーリス・ホワイト(Maurice White)、アル・マッケイ(Al McKay)、アリー・ウィリス(Allee Willis)
リリース1978年11月18日『September』
収録アルバムThe Best of Earth, Wind & Fire, Vol. 1
タイアップテレビドラマ『続・平成夫婦茶碗』主題歌
『GAP』コマーシャルソング
映画『バベル』サウンドトラック
映画『ナイト ミュージアム』エンディング
映画『最強のふたり』オープニング

もっと見る

ディスコミュージックの定番中の定番!いつまでも色褪せない名曲

40年以上前の曲で、40代前半の自分はリアルタイムで聞いていたわけではないのですが、未だにドラマやCMなどでよく使われていますし、今聴いても全然古さを感じず、純粋にオシャレな曲だなと思います。この曲の好きなところを具体的に挙げると、ドラム、パーカッション、ベースの安定したリズム隊に小気味よいカッティングギターやゴージャス感のあるサックスなどの上ものがうまく融合することで、極上のグルーヴを感じるバックのアレンジが素晴らしいですね。ファルセットをふんだんに使ったキレイな歌メロも一度聴いたら忘れないくらいのインパクトがありました。

報告

誰もが知っている曲

流行った世代の方から、今の若い子までがみんなが知っている曲なので選びました。テレビでもよく使われていて流れてくるとついつい口ずさんで乗ってしまう身体に染み付いている曲です。個人的には吹奏楽で演奏したことのある曲なので、思い入れもあって選んだ理由にもなりますね。Earth, Wind & Fireはアルバムのジャケットが個性的なイラストで存在感があって良いバンドです。ライブ映像も盛り上がっているのに品があって素敵です!

報告

楽曲が素晴らしく聞くだけで盛り上がる。

恋のナイトフィーバーはCMやテレビ番組で子供のころから聞くことが多かったので昔からよく知っている曲ですが聞くだけで盛り上がるメロディは聞いていると自然に楽しくなってきて今も大好きなディスコミュージックです。サタデー・ナイト・フィーバーが昔の映画とは思えないくらい面白かったので恋のナイトフィーバーも今も色あせることなく楽しみながら口ずさめる曲で昔クラブに行った時に恋のナイトフィーバーが流れたらとても盛り上がっていたのも良い思い出です!

Megu

Meguさん

1位に評価

報告

空耳

この曲は空耳歌詞が一時期、有名になった曲でFLASH動画でその空耳歌詞をアニメーションにしたのも更にこの曲を知らない層でも知るきっかけになりましたね。
最初は私もFLASH動画を観ているだけでしたが、この曲のイントロ部分が癖になるんです!
サビも癖になりますが、サビの後のワハハのハッ!っていうハッ!の部分も絶妙な合いの手というか曲全体が不思議だけど、テンポがいいからノれちゃうこの曲は中毒ありまくりで本当に好きです。
本家の歌っている人達のパフォーマンスもダイナミックで面白いのも更に好きな理由の一つです!

報告

最近リリースされた古いグルーヴを感じる楽曲

ディスコ全盛期と呼ばれる70〜80年代はまだ自分がディスコに通うような大人ではなかったこともあり、ディスコミュージックで1位に選んだ曲は比較的最近リリースされた、ダフトパンクのゲットラッキーを選びました。もともとエレクトロミュージックが好きだったこともあり、ずっとダフトパンクのファンでした。中でもこの曲は良い意味で古い楽曲を思わせるようなグルーヴを感じてとてもかっこいいと思いました。ディスコミュージックだけでなく、純粋に好きな楽曲でもありますね。

報告

よく聴くあの曲!

CMでお馴染みのあの曲!
歌手は聴いたことあるけど、曲名まで分からない…でもイントロを聴けばすぐに分かるこの曲!
個人的には、夏に聴きたいこの曲なんです。
イントロ聴くだけでワクワクする感じが好きだから選びました!

報告

セクシーに踊ろう!

この楽曲を初めて知ったのは、一昔前のテレビCM。全盛期の山田優さんが抜群のスタイルで登場するジンジャーエールの、超カッコいい、かつセクシーなCMです。そのCMのバックに流れていたのが、この曲!インパクトが強く、ディスコソングといえばこれだ!と一瞬で頭の中に刻み込まれましたね。曲調もリズムを取りやすく、歌詞も口ずさみやすいのがいいですよね。私達の年代では、遅がけで始まるパーティーなどでよくかかる一曲だと思います!

報告

ロックじゃない

ディスコードミュージックといえば、ロックが主流と言われてきたのですが、この曲は、ロックではないというところが魅力でした。ディスコードミュージックにおいて、人々が踊ったりすることを考慮していくのであれば、まずロックという要素は外せないと思っていました!しかしこの曲はそういった常識といった感じのものから大きく外れていて、少し静かに楽しむ要素を取り入れていました。とても影響を受けましたし、すごいと思います!

報告

前奏の入り方が最高

この曲も有名な曲で、日本人の歌手も沢山歌ってきた曲で私も小さい頃から幾度となく聴いてきた曲です。
前奏の部分の入り方がこれから何が始まるのかな?何かワクワクするような気持ちにしてくれるこの曲は子供の頃から今も変わらず好きな曲です。
歌詞を全部知らなくても最初のアイラビューベイビーだけは誰でも歌えるであろう凄い曲だと思います!
なのでこの曲を選びました!

報告

ヤングマン

この曲は日本語歌詞だとヤングマンという曲で有名で、小さい頃からテレビで流れてくるのを聴いていて馴染み深い曲です。
日本語歌詞を聴く限りだとポジティブな言葉が沢山出てくるので音楽と相俟って自然と元気に明るくなれる曲だと思います。
疲れた時に聞くと元気になれるこの曲を選びました!

報告

14You Spin Me Round / Dead Or Alive

You Spin Me Round / Dead Or Alive

公式動画: Youtube

アーティストデッド・オア・アライヴ(Dead Or Alive)
作詞・作曲ピート・バーンズ(Pete Burns)、 スティーブ・コイ(Steve Coy)、 マイク・パーシー(Mike Percy)、 ティム・レバー(Tim Lever)、ウェイン・ハッシー(Wayne Hussey)
リリース1984年『You Spin Me Round』
収録アルバム『primary colors』
『COMPLETE BEST day after tomorrow』ほか
タイアップ-

もっと見る

18Born Slippy / Underworld

Born Slippy / Underworld

公式動画: Youtube

アーティストUnderworld
作詞・作曲リック・スミス(Rick Smith)、カール・ハイド(Karl Hyde)、ダレン・エマーソン(Darren Emerson)
リリース1995年1月1日『Born Slippy』
収録アルバム-
タイアップ-

もっと見る

21

21位~34位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ジャンル別音楽ランキングはこちら!

ハウスミュージックランキング

ソウルミュージックランキング

テクノ曲ランキング

70年代にヒットした楽曲をチェック!

70年代洋楽ランキング

70・80年代邦楽ヒット曲ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ