みんなのランキング

ハウスミュージック人気ランキング!みんながおすすめする曲は?

We Could Go Back ft. Moelogo / ジョナス・ブルー(Jonas Blue)What Do You Mean? / ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / SigalaOcean Drive / デューク・デュモン(Duke Dumont)I Want You To Know ft. Selena Gomez / Zedd

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数40
投票参加者数26
投票数111

みんなの投票で「ハウスミュージック人気ランキング」を決定します!アメリカのシカゴを発祥としたクラブミュージックである“ハウスミュージック”。早いテンポに合わせて、楽しくダンスを踊れる曲が数多く存在します。定番の曲から知る人ぞ知る隠れた名曲まで、盛り上がる名曲が大集結!あなたが好きなナンバーを教えてください!

最終更新日: 2021/12/05

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「ハウスミュージック」

リズムに乗って楽しく踊れる“ハウスミュージック”

ハウスミュージックとは、1997年にアメリカのシカゴで生まれた音楽ジャンル。70年代のディスコやフィリー・ソウルなどのクラブミュージック起源とし、楽しく踊れる早いテンポが特徴です。代表的なのは、アメリカの音楽グループ「The Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピーズ)」のくせになるフレーズが繰り返される『BOOM BOOM POW』や、イギリスのグループ「Underworld(アンダーワールド)」の『Scribble』。アンダーワールドはデザインも得意としており、同曲のカラフルなセンスあるミュージックビデオにも注目が集まりました。日本では、北海道を中心に活動する日本人男性アーティスト「DAISHI DANCE」の『P.I.A.N.O.』という曲が有名で、タイトル通りピアノの音を強調したハウスミュージックで、印象に残る楽曲となっています。

関連するおすすめのランキング

音楽ジャンル別に名曲をチェック!

ソウルミュージックランキング

テクノ曲ランキング

ディスコミュージックランキング

このランキングの投票ルール

このランキングは、歴代のハウスミュージックが投票対象です。一般的にハウスミュージックは、クラブミュージックテイストな楽曲とされていますが、厳密な定義はないため投票は主観でOK!あなたが好きなハウスミュージックに投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / Sigala

Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / Sigala

公式動画: Youtube

アーティストシガーラ(Sigala)
作詞・作曲ブリン・クリストファー(Bryn Christopher)、ブルース・フィルダー(Bruce Fielder)
リリース2015年12月4日『Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher)』
収録アルバム『Brighter Days』
タイアップ-

もっと見る

アップリフティング

シガーラの楽曲は、EDMにあるような重低音はなくて、ハイテンポで軽快なピアノのサウンドと、トロピカルなニュアンスのプラック音が特徴的で、爽やかな気分になれる気がします。よくフェスとかで聴くような一般的なEDMとはちょっと違う雰囲気の曲調なので、EDMが苦手な人にはおすすめしたいです!!

あみ

あみさん

1位に評価

報告

ダンスナンバー

Sigalaのセカンドシングル曲。Bryn Christopherとコラボしてるんだけど、めっちゃいい。歌声がまじで良すぎる。これ流れてきたら確実に踊っちゃう\(^o^)/笑

SARA

SARAさん

2位に評価

報告

Sigalaは安定

安定のSigala。ハウスの王道です。

特にこの曲はテンションがぶち上がります。ハイトーンボイスが特徴の曲です。

報告

CMソング

日本ではソフトバンクのCMソングとして有名なジャスティン・ビーバーの曲!「What do you mean」(訳:どういう意味?)という言葉の響きが、日本語だと「ドュユーミーン」って感じで「どういう意味」に聞こえる空耳ソング。笑 覚えやすい英語ですね!What do you mean

報告

聴き心地最高

ソフトバンクのCMに使われてた曲。CMで耳にしてからハマっちゃって、一時期はずーーーーっとこればっかり聞いてた気がする\(^o^)/オリジナルも大好きなんだけど、アコースティックバージョンのWhat Do You Mean?もめちゃくちゃよくて、癒される!!!!

SARA

SARAさん

1位に評価

報告

トロピカルハウスの代表

ポップな楽曲で、トロピカルハウスといえばこの曲が頭に浮かぶ。
やっぱりジャスティンビーバーの声は最高すぎるし、聞いていて本当にリラックスする。

報告
コメントをもっと読む

3Ocean Drive / デューク・デュモン(Duke Dumont)

Ocean Drive / デューク・デュモン(Duke Dumont)

公式動画: Youtube

アーティストデューク・デュモン(Duke Dumont)
作詞・作曲アダム・ダイメント(Adam Dyment)、ハル・リットソン(Hal Ritson)、ジェームズ・ノートン(James Norton)、Timucin Fabian Kwong Wah Aluo
リリース2015年7月31日『Ocean Drive』
収録アルバム『Duality』
タイアップ-

もっと見る

夕方の海沿いで嬉し涙を流した思い出の曲

この曲は個人的な思い出がバリバリ詰まった曲です。

数年前、夏にビーチで開催されていたフェスでこの曲を作ったデューク・デュモントがDJしていたんですが、夕方の日没のタイミングでこの曲が流れて、しかもサビのタイミングで花火が上がって、フェスとビーチと日没と花火という、夏を感じる要素が完璧に重なって「うわ!夏!」って感じでエモさが深まり過ぎて泣いたのを覚えています。

曲そのものが夏っぽい切なさがあるので、ぜひ夏の夕暮れ時に聞いてみてください!

So-on

DJ・DJ HACKs編集長

So-onさん

1位に評価

報告

ハウスらしいビートが気持ちい

ビートのリズムがとても疾走感があって気持ちが良い。ドライブなんかにとても相性がいいと思う。

jun

junさん

1位に評価

報告

4We Could Go Back ft. Moelogo / ジョナス・ブルー(Jonas Blue)

We Could Go Back ft. Moelogo / ジョナス・ブルー(Jonas Blue)

公式動画: Youtube

アーティストJonas Blue
作詞・作曲ガイ・ロビン(Guy Robin)、ジャニー・ベネット(Janée Bennett)、Edvard Forre Erfjord、Henrik Barman Michelsen
リリース2017年10月13日『We Could Go Back ft. Moelogo』
収録アルバム『Blue』
タイアップ-

もっと見る

MVが日本

「We Could Go Back」のミュージックビデオは、日本が舞台になっていて、新宿だったり原宿、代々木とか東京駅、首都高など日本人なら見覚えのある景色が次々と出てきて、めっちゃ記憶に残ってる!

SARA

SARAさん

5位に評価

報告

東京で撮影されたジョナスの代表作

ジョナス・ブルーはモロッゴが参加した5枚目のシングル。MVは東京で撮影されていてどこか親しみを感じます。メロディーは聞いていて本当に心地よくて海辺とかで聞きたい曲だなと思います。

報告

一番好きなハウス曲

いつか覚えていませんが、初めてこれを聞いた時耳の奥底まで響いて鼓膜が破れるどころか踊り始めた感じがしてただただ衝撃でした。気分が上げたい時いつもこれを聞いてます。

報告

5I Want You To Know ft. Selena Gomez / Zedd

I Want You To Know ft. Selena Gomez / Zedd

公式動画: Youtube

アーティストゼッド(Zedd)
作詞・作曲アントン・ザスラフスキー(Anton Zaslavski)、ライアン・テダー(Ryan Tedder)、ケビン・ニコラス・ドリュー(Kevin Nicholas Drew)
リリース2015年2月23日『I Want You to Know』
収録アルバム『True Colors』
タイアップ-

もっと見る

Zeddが好きだったころ

まわりがEDMが好きになって聞き始めたのがZeddでした。Zedd好きというと今ではミーハーだし初心者という感じがするけれど、やっぱりとっつきやすくてみんなを引き込む力があるからすごいなと改めて感心します。とくにこの曲は、Zeddのなかでもポップで親しみやすいトロピカルハウスって感じで印象深いです。

報告

ラブソング

ZEDDとSelena Gomezの熱愛報道が出てて、当時話題になった曲。タイトルの『I Want You To Know』も、歌詞も当時のふたりの感情が溢れ出ちゃってる感じですよね!笑

SARA

SARAさん

3位に評価

報告

6Addicted To You / アヴィーチー(Avicii)

Addicted To You / アヴィーチー(Avicii)

公式動画: Youtube

アーティストアヴィーチー(Avicii)
作詞・作曲ティム・バークリング(Tim Bergling)、マック・デイヴィス(Mac Davis)、ジョッシュ・クラジシク(Josh Krajcik)、アラーシュ・ポアノウリ(Arash Pournouri)
リリース2013年12月27日『Addicted To You』
収録アルバム『True』
タイアップ-

もっと見る

お洒落なサウンド

アヴィーチーとアウドラ・メイがコラボした大ヒット曲。さすがアヴィーチーという感じのEDMバラードソングで、ヴォーカルのアウドラ・メイの歌唱力も圧巻で、この曲をはじめて聴いた時は、彼女のパワフルな歌声に鳥肌がたちました。

報告

心の底からしみる曲

所属していたダンスサークルのメインソングだったので、よく耳にする機会があり、とても好きになりました。最初の電子音から始まるところの曲調が一番好きで、これを聞くと当時のことを思い出すのとテンポのいいリズムでジムで有酸素の時によく聞いています。

報告

デトロイトディープハウス

ブラックミュージックに強く影響を受けたハウスミュージックで、ムーディな感じが根強く残っているハウスって感じの曲。少し古い曲ですが、ハウスミュージックの代表曲といったらこの曲は外せません。ちょっと一人でお酒をおしゃれに嗜む時なんかに流すととても雰囲気があっていい感じだと思います。
Moodymannの中でもかなり人気の高い曲で、日本でもちょっと前に話題になったのを記憶しています。

報告

ジャジーなナンバー

曲名からもわかる通り、ジャジーな曲調が特徴のハウスミュージックです。明るくて陽気な中にも少し暗さがあるというかムードがある感じで、これもハマるとかなり味があります。

報告

ゆるくてオシャレな夜のBGM

ハウスミュージックというとビートが強くて踊れる音楽を想像しがちですが、僕はこういうゆるやかで寝る前に聞いても落ち着くテンションの曲が大好きですね。

この「My Love」はジェス・グリンという人気シンガーのボーカルが際立っていて、「オトナの夜のBGM」って感じがします。こういうハウスは「UK HOUSE」と呼ばれるので、気に入った方はチェックしてみてください!

ミュージックビデオはサーモグラフィを使って夜のセクシーな雰囲気を描いていて素敵です。

So-on

DJ・DJ HACKs編集長

So-onさん

2位に評価

報告

11Boom Boom Pow / The Black Eyed Peas

Boom Boom Pow / The Black Eyed Peas

公式動画: Youtube

アーティストThe Black Eyed Peas
作詞・作曲The Black Eyed Peas
リリース2009年3月10日『Boom Boom Pow』
収録アルバム『The E.N.D』
『The Beginning』ほか
タイアップ-

もっと見る

クセになる

「ガラゲッゲッ」からはじまって「ブーンブーンパウ」が繰り返される歌詞がなんかクセになる。一回聞いたら一生頭から離れなくなる\(^o^)/笑 無意識に「ガラゲッゲッ」って口ずさんじゃったりとかしてちょっと恥ずかしくなる。笑

SARA

SARAさん

4位に評価

報告

ボーカルがいい

オーストラリアのボーカルWilliam singe が参加した楽曲。ちょっとハスキーな感じがジョナスブルーの楽曲にぴったり。クラブでもかかることが多くて最近よく耳にします。

報告

誰でも知ってる名曲

シカゴハウスの名プロジェクトFingers Incの楽曲。ハウスのフェスにいくと絶対流れているイメージがある。

報告

15Music Sounds Better With You / Stardust

Music Sounds Better With You / Stardust

引用元: Amazon

アーティストStardust
作詞・作曲アラン・クーム(Alain Queme)、ベンジャミン・ダイアモンド(Benjamin Diamond)、ドミニク・キング(Dominic King)、フランク・マスカー(Frank Musker)、トーマ・バンガルテル (Thomas Bangalter)
リリース1998年7月20日『Music Sounds Better with You』
収録アルバム-
タイアップ-

もっと見る

ハウスミュージックの名曲オブ名曲!

1998年にリリースされたハウスミュージックの名曲!ゆるやかで踊りやすいメロディはもちろん良いのですが、タイトルが"Music Sounds Better With You(あなたといると音楽も良くなる)"ってあたりもオシャレなんですよね。

僕は1995年生まれなので、この曲を知ったのはリリースされた20年後くらいなのですが、20年前の曲だと知らずにヘビロテしてました!今でもリミックスやカバーなどで色んな形でクラブで聴きますね。

So-on

DJ・DJ HACKs編集長

So-onさん

3位に評価

報告

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ジャンル別音楽ランキングはこちら!

ソウルミュージックランキング

テクノ曲ランキング

ディスコミュージックランキング

洋楽ヒップホップランキング

洋楽ロック曲ランキング

70年代にヒットした楽曲をチェック!

70年代洋楽ランキング

70・80年代邦楽ヒット曲ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ