みんなのランキング

テクノ人気曲ランキング!みんながおすすめするダンスミュージックは?

ハイスクールララバイ / イモ欽トリオBorn Slippy / UnderworldTECHNOPOLIS / YELLOW MAGIC ORCHESTRAOne More Time / Daft PunkSweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / Sigala

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数113
投票参加者数28
投票数147

ハウスやダブステップと並びクラブミュージックカルチャーの一角を占めるサウンド、テクノ。クラブミュージックが流行し多様にジャンルが派生していった現在では、一口にテクノと言ってもたくさんの楽曲があります。そこで今回は、みなさんの投票で「人気のテクノランキング」を作成したいと思います!テクノミュージックと呼ばれるものであれば、どんな楽曲でも対象です。普段クラブに行かない方でもテレビや有線で耳にしたことがある楽曲がランクインしているはず!あなたのお気に入りを投票してください!

最終更新日: 2021/06/05

注目のユーザー

ランキングの前に

1分でわかる「テクノ」

テクノの金字塔的アーティストは日本にも

テクノとは、シンセサイザーやリズムマシンといった電子楽器を使って作られた音楽の総称で、テクノ・ポップといわることも。1970年代ドイツの実験的ロックシーンから、「クラフトワーク」が登場し、無機質な電子音楽の先駆けとなりました。日本からは黄色人種ならではの音楽を発信しようというコンセプトの「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が登場。オリエンタルでエキゾチックなサウンドと電子音を組み合わせた新しい楽曲は、世界的に高く評価されています。

テクノ・ポップは幅広い層から人気

近年日本でトレンドとなっているテクノ・ポップのバンドは、「サカナクション」や「パスピエ」など。電子音楽とよく練られた繊細な歌詞の組み合わせが特徴で幅広い層から人気を集めています。

関連するおすすめのランキング

クラブで定番なこちらもチェック!

ハウスミュージックランキング

ディスコミュージックランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、これまでに発表されたテクノ・ポップが投票対象です。シンセサイザーやリズムマシンといった電子楽器が印象的な曲であれば投票OK!あなたが好きなテクノの楽曲に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

テクノポップの王者が放つ最高傑作

テクノポップの黎明期に活躍した訳ではないけれど、何と言っても世界的に日本のテクノを浸透させた功績は大きいし、技術力の高さが際立っているバンドだと思います。超有名処が集結して圧倒的な力で最高の音楽を作る姿は、それ以前のライブハウスやTVの深夜番組で一部の熱狂的なファンを相手に活動していたバンドとは一線を画しており、目標とする場所の高さを感じさせられました。宣伝上手であった訳ではないのに世界に受け入れられたのも頷ける彼らの音楽への姿勢を最も表しているのが、このテクノポリスです。

とにかく新しかった

音楽なんてテレビアニメの主題歌かベストテンに出てくるような歌謡曲しか聞いてこなかった自分にとってとにかく新しかった。シンセサイザーなんて知らなくてドラム以外どうやって演奏しているのかさえ分からなかったけど、音楽・ファッション・髪型、どれも新しくて、かっこよくて聞きまくっていました。

2Born Slippy / Underworld

Born Slippy / Underworld

公式動画: Youtube

アーティストUnderworld
作詞・作曲リック・スミス(Rick Smith)、カール・ハイド(Karl Hyde)、ダレン・エマーソン(Darren Emerson)
リリース1995年1月1日『Born Slippy』
収録アルバム-
タイアップ-

もっと見る

広大な世界観に酔う!

映画『トレインスポッティング』を見たことあるという方は必ず聞いたことあるはずの名曲。もちろん『トレインスポッティング』を見たことなくても、テクノ好きなら必ず一度は聴いたことがあるはずのメジャーな一曲です。

2017年にEDM系の人気フェス「ULTRA JAPAN」のライブステージにアンダーワールドが大トリで出演していたのですが、最後の最後にこの曲が流れて、みんなで「お疲れ様!」って言いながら最後まで踊り狂ったのを今でもハッキリと覚えてます笑

So-on

DJ・DJ HACKs編集長

So-onさん

1位に評価

 一度聴いたら忘れられない。

とにかく流行ったこの曲。初めて聴いたときは、特徴的なメロディーがなかなか頭から離れずループしました。踊りたくなる感じがとても良い。
松本零士さんが手がけたアニメーションクリップも大好きで、何度も観てしまう。中毒性がある楽曲です。

ガト

ガトさん

1位に評価

4ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ

ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ

引用元: Amazon

アーティストイモ欽トリオ
作詞・作曲松本隆 / 細野晴臣
リリース1981年8月5日『ハイスクールララバイ 』
収録アルバム-
タイアップCX系全国27局ネット『欽ドン良い子悪い子普通の子』挿入歌

もっと見る

小学生の時に流行って夢中で見ていたので懐かしいし、シンセサイザーなどの楽器の音色が良いアクセントになっているメロディーと歌詞が良くてトリオのコミカルな動きが面白い

この楽曲は私がまだ小学生の時に流行って、当時人気が高かったザ・ベストテンなどのランキング歌番組で夢中になって見ていました。ポップなメロディーにシンセサイザーなどの楽器の音色が良いアクセントになっているのでワクワクするサウンドですし、そのメロディーに乗せてある歌詞はちょっとネガティブなのですが、イモ欽トリオの3人のコミカルな動きが面白くて見入ってしまいます。トリオの3人のそれぞれの個性が光って素敵なのですが、特に真ん中でニコニコして歌っている長江健次さんが大好きでした。すごく懐かしいですが、今聴いてもワクワクさせられる素敵なテクノポップだと思います。

5Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / Sigala

Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher) / Sigala

公式動画: Youtube

アーティストシガーラ(Sigala)
作詞・作曲ブリン・クリストファー(Bryn Christopher)、ブルース・フィルダー(Bruce Fielder)
リリース2015年12月4日『Sweet Lovin' (feat.Bryn Christopher)』
収録アルバム『Brighter Days』
タイアップ-

もっと見る

とにかくキャッチー

EDMならではの高揚感を感じられつつ、余計な音が少なめで、鬱陶しく感じるほどの強めの音を入れてこない。
歌も入っていて、覚えやすいフレーズなのでフェスでもしっかり歌える+踊れるというのもいい!耳馴染みがいいので、あまり興味のない人も一度聴いたら覚えてしまうような中毒性も持っているような気がします。80,90年代の昔の懐かしいpopsの感じもなんとなく感じられるので、それもかっこよく感じる。

鮎

さん

1位に評価

子供向け楽曲とは思えないほどクオリティが高い楽曲

幼少期にNHKみんなのうたを見ていた時に初めて聴いてから大好きな楽曲。自分の知らないリズムとシンセサイザーの音が子供ながらに近未来っぽく感じて衝撃的でした。リズムだけでなく、大人になってから歌詞をよく見てみると、韻を踏んでいたり、孫のおばあちゃんに対する尊敬や愛情を感じる歌詞だということに温かい気持ちになりました。

新しいperfumeへのアップデート

テクノポップであるんだけど、和のイメージを持たせる曲、カッコよくてクールだけど和を感じさせるPV。今までのperfumeが担っていたテクノポップのイメージを今一歩進めた曲かなと思いました。

テクノポップにのせられた切ないリリック

ピコピコとした単調な音にのせられた切ない歌詞に、踊りたいような悲しいような不思議な気持ちになる。
テクノポップというと少し敷居が高いイメージがありますが、Perfumeをはじめ2000年以降にデビューしたアイドルやバンドは大変聴きやすく、海外や国内1980年代のテクノポップにも興味を持つきっかけとなりました。

MOOOCO

MOOOCOさん

1位に評価

軽やかで爽やかなメロディーと割と深い歌詞と彼女たちの透明感のある歌声が生かされていて素敵

テクノポップ楽曲と言って一番に思い浮かぶのがPerfume。軽やかで爽やかなメロディーと割と深い歌詞と彼女たちの透明感のある歌声が生かされていて、素敵な楽曲だと思います。

12Polynasia / 石野 卓球

Polynasia / 石野 卓球

引用元: Amazon

アーティスト石野卓球
作詞・作曲Takkyu Ishino
リリース1998年4月1日『BERLIN TRAX』
収録アルバム『BERLIN TRAX』
タイアップ-

もっと見る

ジャパンテクノ界の宝!

個人的に日本でテクノといえば、電気グルーヴが最初に頭に浮かびます。電気グルーヴはユーモアとポップさがありますが、電気グルーヴの音楽を支えている石野卓球の楽曲はクラブ仕様の本格派テクノだらけです!

この「Polynasia」は疾走感がありながらも和太鼓っぽい音が鳴ってて、いかにも“日本のテクノ!”って感じがして初めて聴いた瞬間にダウンロードしました。

テクノというと聴き馴染みのない人が多いかもしれないですが、EDMにも負けず劣らずの激しくて踊れるビートでアガること間違いなしですね。

So-on

DJ・DJ HACKs編集長

So-onさん

2位に評価

これぞ Galantisの楽しく可愛い世界観

テクノポップといえばGalantisとも言えるほど、とにかくポップで上がる楽曲が多いですが、特にこの曲はPVの世界観も素晴らしいと思いました。目がチカチカするほどカラフルな色の世界観と、アップテンポで思わず踊りたくなるような曲がとても魅力的。世界観と魅力がいつも以上にぎゅっと詰まった楽曲です。

鮎

さん

3位に評価

16Mr. Saxobeat / Alexandra Stan

Mr. Saxobeat / Alexandra Stan

公式動画: Youtube

アーティストアレクサンドラ・スタン(Alexandra Stan)
作詞・作曲マーセル・プロダン(Marcel Prodan)、Andrei Nemirschi
リリース2011年1月28日『Mr. Saxobeat』
収録アルバム『Saxobeats』
タイアップテレビ朝日系 『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』 エンディング

もっと見る

19もんだいガール / きゃりーぱみゅぱみゅ

もんだいガール / きゃりーぱみゅぱみゅ

公式動画: Youtube

アーティストきゃりーぱみゅぱみゅ
作詞・作曲中田ヤスタカ
リリース2015年3月18日『もんだいガール』
収録アルバム『ピカピカふぁんたじん』
タイアップフジテレビ系ドラマ 木曜劇場『問題のあるレストラン』主題歌

もっと見る

21

21位~40位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

ジャンル別音楽ランキングはこちら!

ソウルミュージックランキング

ハウスミュージックランキング

ディスコミュージックランキング

洋楽ヒップホップランキング

洋楽ロック曲ランキング

70年代にヒットした楽曲をチェック!

70年代洋楽ランキング

70・80年代邦楽ヒット曲ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ