みんなのランキング

【人気投票 1~14位】深作欣二監督の人気映画ランキング!みんながおすすめする作品は?

仁義なき戦いバトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜バトル・ロワイアル(映画)蒲田行進曲バトル・ロワイアル 特別篇

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数14
投票参加者数9
投票数30

ヤクザ系やアクションものを中心に、監督として数々の映画を手掛けてきた「深作欣二」。急逝するまでにいくつもの名作を世に送り出しました。そこで今回は、みんなの投票で「深作欣二監督の人気映画ランキング」を決定します。昭和を代表する名作『蒲田行進曲』から、大ヒットを記録した『仁義なき戦い』シリーズ、晩年の代表作『バトル・ロワイアル』まで、数ある監督作品のなかから上位にランクインするのは?あなたが好きでおすすめしたい映画に投票してください!

最終更新日: 2022/03/25

ランキングの前に

1分でわかる「深作欣二」

1961年に映画監督デビュー

深作欣二(1930~2003年)は、茨城県出身の映画監督。1953年に東映に入社し、ドラマ制作の現場で腕を磨きます。映画監督デビューは1961年で、千葉真一の初主演作品となった『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』でのことでした。その後、深作と千葉は、監督と役者、そして盟友として、いくつものヒット作を生み出していきます。

深作欣二監督の代表作

ヤクザ映画の金字塔『仁義なき戦い』シリーズ

深作欣二監督作品を語るうえで『仁義なき戦い』シリーズ(1973年~)は欠かせません。歴代の暴力団抗争において最も多くの血が流れた「広島ヤクザ戦争」を題材にした作品。名優・菅原文太を主演とした、深作監督オリジナル5部作と深作新シリーズと呼ばれる3作が公開されました。緻密なストーリーと個性豊かな登場人物が魅力で、「ヤクザ映画の傑作」と称されています。

ほかにも見逃せない名作映画が盛りだくさん

仁義なき戦い』以外にも数々の名作を生み出した深作監督。古くは、千葉真一沢田研二を主演に迎えたアクション映画『魔界転生』(1981年)、2人の俳優とその間で揺れ動く女優の姿を描いた『蒲田行進曲』(1982年)。晩年では、過激な暴力描写で話題となった『バトル・ロワイアル』(2000年)と遺作となったその続編『~Ⅱ 鎮魂歌』(2003年)が有名です。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作映画は?

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

面白い邦画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2022年版

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1バトル・ロワイアル(映画)

バトル・ロワイアル(映画)

引用元: Amazon

制作年2000年
上映時間113分
監督深作欣二
メインキャスト藤原竜也(七原秋也)、前田亜季(中川典子)、山本太郎(川田章吾)、栗山千明(千草貴子)、柴咲コウ(相馬光子)ほか
主題歌・挿入歌静かな日々の階段を / Dragon Ash
公式サイト-

もっと見る

極めつけはDragon Ashが歌う「静かな日々の階段を」

「ねぇ、友達殺したことある?」という強烈なキャッチコピーでお馴染みの『バトル・ロワイアル』。
深作先生といえば、『仁義なき戦い』シリーズといったノンフィクションヤクザ映画や、『魔界転生』『里見八犬伝』などが代表作に挙げられると思いますが、私の世代は圧倒的にバトロワ。何周したかわからないくらい、人生で一番ループ見した作品だと思います。

中学生同士が殺し合いをするというあまりにも過激な設定と描写や、少年犯罪が横行していて社会的問題となっていた時代であったため、本作の規制を求める運動が政府ぐるみで行われているほどでした。
これらの報道によ[続きを読む]

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告

2バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜

バトル・ロワイアル II〜鎮魂歌(レクイエム)〜

引用元: Amazon

『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』(バトル・ロワイアル・ツー レクイエム、略称:BRII) は、2003年7月5日に公開された日本映画。 映画『バトル・ロワイアル』の続編。映倫により、前作同様R-15に指定されている。 前作は高見広春による小説を原作とした映画版であったが、今作は前作の映画版の続編であり、全くのオリジナル作品である。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

深作欣二の遺作

映画『バトル・ロワイアル』の待望の続編。
前作は小説を原作としていましたが、今回は劇場版の完全オリジナル。
制作発表時、深作欣二監督が病名を告白。撮影が開始してすぐに他界してしまったため、作品はほぼ息子・深作健太監督が手掛けていらっしゃいます。(名義は2人)

「前作と違ってめちゃくちゃすぎだろ」「いやこれはさすがに人バコバコ死にすぎてストーリーもくそもない」と厳しく駄作認定されていましたが、いいんですこれで。
たしかに登場人物については、モブの見せどころがなくなってますが、今回は相対的なバランスではなく、各ストーリー・設定にフォーカ[続きを読む]

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

報告

3蒲田行進曲

蒲田行進曲

引用元: Amazon

制作年1982年
上映時間109分
監督深作欣二
メインキャスト松坂慶子(小夏)、風間杜夫(銀四郎)、平田満(ヤス)、高見知佳(朋子)、蟹江敬三(監督)ほか
主題歌・挿入歌蒲田行進曲 / 松坂慶子、風間杜夫、平田満
公式サイト-

もっと見る

これぞ映画。

これぞ映画。でも、所詮は映画。今まで見てきたもの全てが最後のヤスの階段落ちのシーンのために。実はとてもメンタルの弱い銀ちゃんに比べて、我慢強く真っ直ぐなヤスは本当は怖くても恩のある銀ちゃん。大好きな小夏のために映画を良くする一心で決死の階段落ちをする。でもクライマックスの階段落ちのシーンはえ?っていうくらいあっさりしている。視聴者の思いを裏切るくらいに。最後のシーンで完全に裏切っているように。でもこれが映画なんです。映画なんてこんなもんなんです。こんなもんのために命かけて、人生かけてやるんです。だからこんなもんで人は心が揺さぶられるんです。本当に素晴らしい映画です。何度でも見ます。

三文役者さん

1位に評価

報告

4仁義なき戦い

仁義なき戦い

引用元: Amazon

制作年1973年
上映時間99分
監督深作欣二
メインキャスト菅原文太(広能昌三)、松方弘樹(坂井鉄也)、渡瀬恒彦(有田俊雄)、田中邦衛(槙原政吉)、金子信雄(山守義雄)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

9仁義なき戦い 頂上作戦

仁義なき戦い 頂上作戦

引用元: Amazon

『仁義なき戦い 頂上作戦』(じんぎなきたたかい ちょうじょうさくせん、Battles Without Honor and Humanity: Police Tactics )は1974年(昭和49年)1月15日に東映で公開された日本映画。『仁義なき戦いシリーズ』の第四弾。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

10柳生一族の陰謀(映画)

柳生一族の陰謀(映画)

引用元: Amazon

制作年1978年
上映時間130分
監督深作欣二
メインキャスト萬屋錦之介(柳生但馬守宗矩)、千葉真一(柳生十兵衛三厳)、松方弘樹(徳川家光)、西郷輝彦(徳川忠長)、大原麗子(出雲の阿国)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

13火宅の人

火宅の人

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間132分
監督深作欣二
メインキャスト緒形拳(桂一雄)、いしだあゆみ(ヨリ子)、原田美枝子(矢島恵子)、松坂慶子(葉子)、真田広之(中原中也)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

21

21位~40位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ