みんなのランキング

ジョニーさんの「長崎の食べ物・郷土料理ランキング」

60
更新日: 2020/02/01

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1ウナギ

ウナギ

ウナギ(鰻、うなぎ)とは、ウナギ科(Anguillidae) ウナギ属(Anguilla) に属する魚類の総称である。世界中の熱帯から温帯にかけて分布する。ニホンウナギ、オオウナギ、ヨーロッパウナギ、アメリカウナギなど世界で19種類(うち食用となるのは4種類)が確認されている[3]。 フウセンウナギやデンキウナギ、タウナギなど、外見は細長い体型をしていてウナギに似ている魚類には、分類学上では別のグループでもウナギの名を持つ種がある。また、ヤツメウナギ、ヌタウナギは硬骨魚類ですらなく、原始的な無顎魚類(円口類)に分類される。 種類や地域によっては食用にされる。日本では主にニホンウナギで蒲焼や鰻丼などの調理方法が考案されて、古くから食文化に深い関わりを持つ魚である。漁業・養殖共に日本では広く行われてきたが、近年は国外からの輸入が増えている。

知る人ぞ知る長崎ご当地グルメ

長崎県諫早市では、実は、うなぎ料理がとても有名であり、明治から営業している老舗がいくつも立ち並びます。諫早市の中央を流れる本明川沿いに建てられた、老舗のうなぎ屋さんでは、濃厚さとさっぱりさが絶妙なハーモニーを奏でる、長崎でしか食べれないうなぎが食べられます。そして、うなぎの骨を使ったうなぎせんべいなどもお土産として人気です。

安くて美味いご当地B級グルメ

長崎県雲仙初・じゃがいもをサクサクの衣につけ、カラッと揚げた地元民のソウルフード「じゃがちゃん」一本の割り箸には、じゃがいもが2つ刺さっており、圧倒的大ボリューム。そんなボリュームなのにお値段は100円とお買い得!地元で生産されたじゃがいもしか使用していない事も最大の魅力であろう。食べれば誰しもがやみつきになる味の地元民に愛されるソウルフードです。

アジの漁獲量日本1位

アジフライが一番多く食卓に出る県は長崎ではないでしょうか、夏でも冬でも新鮮なアジが取れ放題の長崎県では、アジフライがおふくろの味です。長崎で取れるアジは身がぎっしり詰まっており、かなり濃厚で、噛めば噛む程旨味が溢れ出てきます。家庭内の事なので、あまり知られてはいないが、長崎ではどの家庭もアジフライがポピュラーな晩ご飯である。

4六兵衛

六兵衛

六兵衛(ろくべえ)は長崎県島原半島周辺と対馬に伝わる麺料理である。島原地方では基本的に「六兵衛」と漢字で表記するが、対馬では「ろくべえ」とひらがなで表記される事が多い[1]。対馬では古くは「せんじる」と呼ばれていたという。

市民を救った郷土料理!

長崎にある島原半島が、鎖国の影響などで飢餓に襲われた時、市民を救うために六兵衛という人が生み出したとされる郷土料理。さつまいもの粉を山芋と混ぜ合わせ、出汁には九州特有の濃口醤油を使い、ねぎや生姜などの薬味を添えて食べる素朴な味であるものの、麺をすすった時に鼻を抜けるさつまいもと山芋の香りがなんといってもたまらない。島原にまつわる郷土料理。

5具雑煮

具雑煮

具雑煮(ぐぞうに)は、長崎県島原地方の郷土料理。島原藩領だった島原半島一帯で作られている郷土料理で、日常食ではないが家庭では正月はもちろんのこと、その他の祭礼、ハレの日の食事に供される。

島原の冬の郷土料理

長崎県の伝統的郷土料理である具雑煮は、お正月に食べるイメージではあるが、島原藩領だった島原半島一帯では、年中、特に冬に多く作られている郷土料理。島原の乱の際、一揆軍の総大将天草四郎が、農民たちに餅を兵糧としてたくわえさせ、海や山から様々な材料を集めて雑煮を炊かせ、バランスの良い栄養を摂取しながら、約3ヶ月もの戦を繰り広げたとされる。知る人ぞ知る長崎県の伝統的な郷土料理。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる