みんなのランキング

【人気投票 1~13位】リドリー・スコット監督映画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

ブラックホーク・ダウンブラック・レインエイリアン(映画)テルマ&ルイーズグラディエーター

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数13
投票参加者数20
投票数31

みんなの投票で「リドリー・スコット監督の人気映画ランキング」を決定! 抜群の映像センスをもった映画監督、リドリー・スコット。映像美に強くこだわり、SF映画を中心に、驚くような近未来の世界を描いています。SFホラーの金字塔『エイリアン』(1979年)、アカデミー賞などの作品賞を受賞した大作『グラディエーター』(2000年)、マット・デイモンが主演をつとめ火星をテーマとした作品『オデッセイ』(2015年)など、数多くの作品のなかから1位に選ばれるのは?あなたがおすすめするリドリー・スコット監督映画を教えてください!

最終更新日: 2022/08/19

ランキングの前に

1分でわかる「リドリー・スコット」

映像美とリアリティーを極める巨匠、リドリー・スコット

リドリー・スコットは1937年11月30日生まれ、イギリスの映画監督。美術大学でグラフィックデザインを中心に学んでいた彼は、セット・デザイナーとしてテレビの演出を手掛けていました。やがて自身の仕事に限界を感じたことから映像制作の道へ。1977年に公開された映画『デュエリスト/決闘者』でデビューし、1979年公開の『エイリアン』が世界的大ヒットを記録。本格的に映画監督として活動をはじめました。

リドリー・スコット監督の代表的な映画

フリィップ・K・ディックのSF小説を映像化した『ブレードランナー』(1982年)、アカデミー賞を含む2つの作品賞を受賞した『グラディエーター』(2000年)、猟奇的な殺人鬼の物語を描いた『ハンニバル』(2001年)、マット・デイモンが主演をつとめ、火星に1人とり残されたことから奮闘する作品『オデッセイ』(2015年)など。SF映画を中心に、心に残る名作を残しています。

関連するおすすめのランキング

リドリー・スコット監督の映画はランクイン?

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2022年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1エイリアン(映画)

エイリアン(映画)

引用元: Amazon

『エイリアン』(Alien)は、リドリー・スコット監督による1979年公開のSF映画。 大型宇宙船の薄暗い閉鎖空間の中で、そこに入り込んだ異星人(エイリアン)に乗組員たちが次々と襲われる恐怖を描いたSFホラーの古典であり、監督のリドリー・スコットや主演のシガニー・ウィーバーの出世作でもある。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

永遠にそびえ立つSFホラーの金字塔!

SFホラーの祖であり完成系とも言える本作はリドリー・スコット監督の才能を間違いなく世界に知らしめた。
CG技術がなかったにもかかわらず、いや、むしろなかったからこそ生み出されたリアルな質感に息を呑む。
シンプルなプロットとスリルを増大させる描写の数々。いくら時を経ても古びない恐怖感、そしてある種のセクシーさを併せ持つ普遍的な作品。

若ちゃんスーパーマンさん

1位に評価

報告

原点にして究極のSFホラーの金字塔!

とにかく今見ても全然古さを感じさせない圧倒的なクオリティ。
美しすぎる遺跡内の造形や、今なお衝撃的なエイリアンの孵化シーン。
狭い宇宙船内でのあえて『見せない』恐怖シーンの演出は何度見てもシビレます。
SFホラーの元祖的な作品ですが、これが究極のSFホラーと言っても過言ではありません。
それくらい、全てが詰まっています。

健太うろす(*_*)さん

1位に評価

報告

SFモンスターの代表

「エイリアン」といえばやっぱりリドリー・スコット監督の作品が最高傑作だと思います。宇宙には何らかしらの宇宙人や生物がいるのは分かっていましたがあんな化け物が存在するなんて。知能も高く人間を宿主に体内でエイリアンを孵化させその宿主を突き破って出てくるエグさ。もう何をとっても最後まで手に汗握る映像で目が離せません!

たまのエサさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2ブラック・レイン

ブラック・レイン

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間125分
監督リドリー・スコット
メインキャストマイケル・ダグラス(ニック・コンクリン)、アンディ・ガルシア(チャーリー・ビンセント)、高倉健(松本正博)、ケイト・キャプショー(ジョイス)、松田優作(佐藤浩史)ほか
主題歌・挿入歌I'll be Holding On / グレッグ・オールマン
公式サイト-

もっと見る

高倉健と松田優作の唯一の共演作

監督リドリー・スコット、メインキャストにマイケル・ダグラスとアンディ・ガルシアというだけで興味を引くのに、高倉健と松田優作が出演していることに興奮を禁じ得ない。本当に豪華なメンバーによる映画だと思う。松田優作が、その演技により作品に大きな爪痕を残している。最後、マイケル・ダグラスと高倉健のシーンでは、役柄だけでなくリアルでマイケルが高倉健を認めたように思えた。

レッチリ69さん

1位に評価

報告

ハリウッド映画で日本の俳優が活躍していた

あの当時の時代でハリウッド映画に日本の俳優が出て活躍する夢のような作品だったから印象に残ってる。そして松田優作さんの名演技に尽きると思う。アクションと凶暴性のあるキャラクターは圧巻だった。そしてマイケルダグラスと高倉健さんなど最高のキャスティングだったのが好きだった。

綺麗て儚ささん

1位に評価

報告

松田優作の凄みが堪能できる

我々日本人が想像する大阪とは全く違う大阪が見れる。まるでSFの世界のよう。
松田優作がマイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアなどのハリウッド俳優を完全に食う凄まじい演技。
叶わぬ夢だけど、もし優作が病気を克服していたら今どうなっていただろうかと思わずにはいられない。

五月雨たれ造さん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3テルマ&ルイーズ

テルマ&ルイーズ

引用元: Amazon

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)は、1991年に公開されたアメリカ映画。監督はリドリー・スコット、脚本はカーリー・クーリ、主演はスーザン・サランドンとジーナ・デイヴィス。第64回アカデミー賞並びに第49回ゴールデン・グローブ賞において脚本賞を受賞したロードムービーである。また、しばしば「90年代の女性版」アメリカン・ニュー・シネマと評される。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

カッコ良すぎる女性同士の友情

リアルタイムで映画館で観たこの映画、エンドロールが終わっても立ち上がれないほど強い余韻を受けた記憶があります。
スーザンサランドンが演じるルイーズと、ジーナデイヴィスが演じるテルマ。正反対の性格の2人がワクワクしながら旅に出るオープニングから、殺人を犯してしまったことで突然サスペンスな展開に…警察から逃げ回ると言うストーリーなのに、逃亡の中で2人のキャラクターが逆転していくところが最高に気持ちよく、どうか2人に逃げ切って欲しいと願ってしまいます。ラストシーンで2人が手を握り合ってグランドキャニオンにダイブするシーンは涙せずにいられませ[続きを読む]

ミキ٩(๑>∀<๑)۶さん

1位に評価

報告

女性二人の友情物語が凄いから

この映画からは、今の時代の若い人達にも見て欲しい。
そして友情などを通して、ドラマが進展していくのが考えさせられる事が多い。
派手な映画が多い中で人生を教えてくれる作品は見どころ。
そしてチャーリーセクストンさんが出ている所が好き。

綺麗て儚ささん

1位に評価

報告

映像の格好良さ

人間誰もが内に秘めている狂気があるきっかけでさらけ出される、これがこの映画のテーマだと思うのですが、それを脇に置いてでもこの映画に映し出されるアメリカの風景の美しさと音楽の格好良さ、これだけでも観る価値は充分です。

キョウちゃんさん

1位に評価

報告

4ブラックホーク・ダウン

ブラックホーク・ダウン

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間145分
監督リドリー・スコット
メインキャストジョシュ・ハートネット(マット・エヴァーズマン二等軍曹)、ユアン・マクレガー(ジョン・グライムズ特技下士官)、トム・サイズモア(ダニー・マクナイト中佐)、エリック・バナ(フート一等軍曹)、ウィリアム・フィクトナー(ジェフ・サンダーソン一等軍曹)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

もっと見る

リアルな戦闘映画

「これは戦争映画じゃない、戦闘映画だ」とネットで見つけた感想にあった。
圧倒的に有利だったはずの状況から、不気味な雰囲気を漂わせている敵に追い詰められていく様はホラーにも近い。
顔の判別はつけづらいが、有名俳優が多いので見所でもある。

うっしーずさん

1位に評価

報告

非常にリアルな戦闘シーンに息をのむ

この作品は戦場の恐ろしさがリアルに再現されていて、重要に見えるキャラクターでも容赦なく死んでしまうという展開があり、全く油断することができない。銃声などの音響にもこだわりが感じられ、まるで自分が戦場にいるかのような没入感を味わえる。

ダイヤのけんたさん

2位に評価

報告

リアルな戦場の虚無感を伝える映画

兵士の栄誉とか、マッチョイズムへの賛美とか、感動の人間ドラマとか、そういう脚色がなされておらず、ただ延々とありのままの戦闘を観せられる。現地のゲリラ兵にボロ負けになる米軍。見終わった後の虚しさが忘れられない。

リノ・バスタードさん

1位に評価

報告

5グラディエーター

グラディエーター

引用元: Amazon

『グラディエーター』(原題:Gladiator)は、2000年に公開されたアメリカ合衆国の歴史映画。 監督はリドリー・スコット、主演はラッセル・クロウ。第73回アカデミー賞および第58回ゴールデングローブ賞で作品賞を受賞した。 帝政ローマ時代中期を舞台とし、ラッセル・クロウ扮するローマ軍将軍マキシマス・デシマス・メレディウスは皇帝アウレリウスと皇太子コモドゥスの確執に巻き込まれて家族を失い、自らも奴隷に身分を落とす。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、ローマ文化の象徴の一つである剣闘士(グラディエーター)として名を上げていく。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

アクションがすごすぎる!

古代ローマを舞台にした壮大な映画。闘技場で戦うシーンはただただすごいの一言に尽きる!アクション好きなら絶対見るべき!それと同時に、人という生き物の残酷さも痛感。そして意外なラストの美しさも良かった!

すこっとらばー1号さん

1位に評価

報告

派手なアクションに尽きると思う

古代ローマで繰り広げられる戦いは緊迫感があって見逃せないシーンが多いのが良い。ある意味では、監督リドリースコットが最も得意とするジャンルなのかなと感じた。

綺麗て儚ささん

1位に評価

報告

6オデッセイ(2015年)

オデッセイ(2015年)

引用元: Amazon

制作年2015年
上映時間141分
監督リドリー・スコット
メインキャストマット・デイモン(マーク・ワトニー)、ジェシカ・チャスティン(メリッサ・ルイス)、クリステン・ウィグ(アニー・モントローズ)、キウェテル・イジョフォー(ビンセント・カプーア)、ジェフ・ダニエルズ(テディ・サンダース)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

SFサバイバルが面白かったですね。

火星探査の仕事で現地に滞在するという設定が、近未来要素と現実味があって良かったです。まあ、お決まりの事故で全員死亡かと思いきや、生き残った一人がサバイバル生活をする展開に引きつけられます。とくに生物学者だから、人の排泄物と火星の土でジャガイモを栽培するなんて発想が面白くて良かったです。

おおちくんさん

1位に評価

報告

どんな環境でもたくましく生きる主人公に勇気を貰える

主人公が火星に一人で取り残されるという絶望的な状況の中、知識や技術をフル活用して生き延びていく姿がとても面白い。一人の寂しさをまぎらわせるためにわざと独り言でギャグを言ったりするシーンなどで笑えるので、コメディー映画的な要素も楽しめる。

ダイヤのけんたさん

2位に評価

報告

7マッチスティック・メン

マッチスティック・メン

引用元: Amazon

制作年2003年
上映時間116分
監督リドリー・スコット
メインキャストニコラス・ケイジ(ロイ・ウォラー)、サム・ロックウェル(フランク)、アリソン・ローマン(アンジェラ)、ブルース・アルトマン(Dr.クレイン)、ブルース・マッギル(チャック・フレシェット)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

最後まで読めなかったストーリー

ニコラス・ケイジが、あまりにイケてない男の役で、しかし本作ではとてもハマっていることに面白いと感じました。
詐欺で生計を立てる、冴えない男の話ですが、最後の最後にその詐欺でどんでん返しがあります。
未来ものだけじゃない、リドリースコット監督の幅の広さを感じさせます。

ターニャんさん

1位に評価

報告

8ブレードランナー

ブレードランナー

引用元: Amazon

制作年1982年
上映時間116分
監督リドリー・スコット
メインキャストハリソン・フォード(リック・デッカード)、ルトガー・ハウアー(ロイ・バッティ)、ショーン・ヤング(レイチェル)、エドワード・ジェームス・オルモス(ガフ)、M・エメット・ウォルシュ(ハリィ・ブライアント)ほか
主題歌・挿入歌愛のテーマ / ヴァンゲリス
公式サイト-

もっと見る

世紀末+近未来な世界観にひきこまれる

未来の話だけど荒廃してる雰囲気もある、独特な世界観こそがこの作品の特徴であり、魅力でもあると思った。
SF映画でありながら、生きることはどういうことか、正義とは何なのかなど深いテーマに踏み込んでいるところも面白い作品。

ダイヤのけんたさん

2位に評価

報告

9ハンニバル(映画)

ハンニバル(映画)

引用元: Amazon

制作年2001年
上映時間131分
監督リドリー・スコット
メインキャストアンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ジュリアン・ムーア(クラリス・スターリング)、ゲイリー・オールドマン(メイスン・ヴァージャー)、レイ・リオッタ(ポール・クレンドラー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

壮観なスペクタクルと洗練された演技

グロくて洞察の深いサイコ・サスペンスの原作が、ロマンチックで洗練された映画に仕立てられており、リドリー・スコット監督の持ち味が色濃く出ていると感じた。お得意の壮観なスペクタクルも健在。主演のアンソニー・ホプキンスの身のこなしが、この映画を格式高いものにしている。

リノ・バスタードさん

1位に評価

報告

10キングダム・オブ・ヘブン

キングダム・オブ・ヘブン

引用元: Amazon

制作年2005年
上映時間145分
監督リドリー・スコット
メインキャストオーランド・ブルーム(バリアン・オブ・イベリン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴットフリー・オブ・イベリン)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス卿)、エドワード・ノートン(ポードゥアン4世)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

スペクタクルと映像美の融合

主役の俳優さんがバリバリの戦士にしては線が細すぎなのがチョイと気になりますが、それを除けば全編これぞリドリー・スコット作品という感じ。
実在の人物と史実を一部下敷きにした歴史モノですが、独特の映像感覚はもちろん健在。戦闘シーンあり、ちょっとしたロマンスありの娯楽大作に仕上がってます。
ラストの後味が良いのもこの作品のイイところ。個人的には、歴史のダイナミズムがより感じられるので同じ歴史モノのグラディエーターよりもこちらのほうが好き。

バリアントさん

1位に評価

報告

壮大な歴史の偉大さを感じる作品

スペイン王からの援助を受ける事に成功し豪華な船の建造を行うなど当時のコロンブスの新大陸発見にかける意気込みが伝わってきます。
映画時間は長かったですがその分、現地の人たちとの交流や対立などが詳細に描かれており満足できる作品でした。

子犬のさんぽさん

1位に評価

報告

たどり着いた地獄で1人戦い続ける次世代のヒロインが最高

舞台は西暦2104年で、人類を作ったとされるエンジニアの惑星LV-223に向かう前作プロメテウスの話しより11年後の話です。
移住計画の第一号で惑星オリガエ6に向かうコヴェナント号。
その船の中には2000人の入植者が乗っていて、クルー達もみんな夫婦で参加し主人公のダニエルズ夫妻も乗船していました。
しかし突然のフレアによる衝撃波の事故でダニエルズの夫は帰らぬ人に、、、。
冒頭よりかなりかわいそうな感じで始まるのですが、
物語はとんとん拍子に進みます。
船の修理中に歌のような電波をキャッチして調べるとオリガエ6より好条件の移住惑星を発[続きを読む]

エイリアン大好きみっつんさん

1位に評価

報告

候補ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ

引用元: Amazon

『ワールド・オブ・ライズ』(Body of Lies)は、デヴィッド・イグネイシャスの小説、及びそれを原作とした2008年公開のアメリカ映画。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~22位を見る

運営からひとこと

リドリー・スコット監督の名作が詰まった「リドリー・スコット監督の人気映画ランキング」。ほかにも、映画好き必見のランキングを多数公開中。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

全映画総合ランキングはこちら!

面白い映画ランキング

ジャンル別映画ランキングも必見!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2022年版

面白い洋画ランキング

SF映画ランキング

アクション映画ランキング

ホラー映画ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

エンタメ>アニメ・漫画

クレヨンしんちゃん映画ランキング

おすすめしたいクレヨンしんちゃん映画は?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ