みんなのランキング

【人気投票 1~21位】三国志の登場人物人気ランキング!三国志(演義)で最も愛される武将・軍師は?

呂布諸葛亮孔明趙雲関羽劉備

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数21
投票参加者数132
投票数633

みんなの投票で「三国志の登場人物人気ランキング」を決定!かつて中国の勢力を三分した魏・呉・蜀による知略を巡らせた戦いを、壮大なスケールで描いた歴史書『三国志』。かなりの長編である上に登場人物たちの思惑が複雑に絡み合っており、ハマる人が続出しています。人情に厚い主人公「劉備」や、多彩な才能を持つ「諸葛亮」、自身の野望を追い求め続ける「曹操」など、三国時代の武将や軍師たちのなかで1位に輝くのは?あなたが好きな三国志の登場人物を教えてください!

最終更新日: 2022/05/24

このランキングの投票ルール

このランキングでは、歴史書『三国志』や小説『三国志演義』の登場人物が投票対象です。あなたが好きな三国志の武将や軍師に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1趙雲

趙雲

趙 雲(ちょう うん、拼音: Zhào Yún、? - 229年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢にかけての将軍。字は子龍(しりゅう)。冀州常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)の人。封号は永昌亭侯。諡は順平侯。子は趙統・趙広。父と兄の名は不詳。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

非の打ちどころがない

長い間活躍を見ていられる。身体能力にたけている。男らしく、勇敢で、それでいて知性も感じられる。国に尽くす忠誠心も素晴らしい。敵陣に突進すう勇猛果敢さも持ち合わせている。部下に1人欲しい。上司のことを思いやる気持ちもある。自分のことより国のことを優先する姿に感動。縁の下の力持ち。しっかり仕事をこなすできる男。寡黙なところも素敵。武勇に優れていて非の打ちどころがない。劉備や諸葛亮からも信頼されている。女性や子供にも優しい。人柄が良い。何でもこなすオールラウンダー。

報告

勇敢な武将でかっこいい

三国志といえば趙雲子龍だと思います。強いだけでなく、容姿も三国志の中で一番かっこいいです。いつでも冷静沈着で、与えられた仕事をきっちりこなすところがすごいと思います。同じ男性として憧れます。趙雲の長坂の戦いが印象に残っています。たくさんの軍勢の中を阿斗を抱いて突っ込み、血だらけになりながら必死で阿斗を守り切った姿に感動しました。趙雲が命がけで救った阿斗を劉備が地面へたたきつけたのには衝撃を受けましたが、それほど趙雲が信頼のおける家臣なんだと思いました。

番長

番長さん

1位に評価

報告

数千の敵の中を赤子を抱えて馬でかけ抜けた蜀の武将

知性と武力を兼ね備え、容姿も端麗だといわれている蜀で一番好きな武将です。
長板の戦いでは劉備の息子である阿斗を抱きかかえながら、敵の大軍団の中を一人で駆け抜けていったという逸話は一度知ったら忘れることのできないエピソードですね。
三国志演技では劉備の妻である孫が、孫権の策略に騙されそうになったところを助けているという点も非常にポイントが高いです。五虎大将軍の中でもあまり癖が強い方ではなく、常に劉備に忠誠を誓い続けた主人公的存在だと感じます。

報告
コメントをもっと読む

2諸葛亮孔明

諸葛亮孔明

諸葛 亮(しょかつ りょう、拼音: Zhūgě Liàng ジューガー リァン、181年 - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師。字は孔明(こうめい)。 司隷校尉諸葛豊の子孫。泰山郡丞諸葛珪の子。諡は忠武侯(ちゅうぶこう)。蜀漢の建国者である劉備の創業を助け、その子の劉禅の丞相としてよく補佐した。伏龍、臥龍とも呼ばれる。今も成都や南陽には諸葛亮を祀る武侯祠があり、多くの観光客が訪れている。 妻は黄夫人。子は蜀漢に仕え綿竹で戦死した諸葛瞻。孫には同じく蜀漢に仕え父と共に綿竹で戦死した諸葛尚や、西晋の江州刺史になった諸葛京がいる。親族として叔父の豫章太守諸葛玄、同母兄で呉に仕えた諸葛瑾とその息子の諸葛恪、同母弟で同じく蜀漢に仕えた諸葛均などが知られる。一族には、魏に仕えた諸葛誕などがいる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

かっこいい

様々な策略を用いて劉備を陰から支えている姿に、とても応援したくなるようなかっこよさがあり、1位にしました。後半では劉備に変わって主人公となり、四苦八苦しながらもいろいろな人たちと連携し、困難に立ち向かう姿もとてもいいと感じました。さらには他の人が考えないような武器等の発明も行っていて、頭が良く、かつ人に対する対応に柔軟性があるため、彼一人がいるといないとでは戦況が大きく変わるような重要人物であるところも主人公感があります。

報告

今なお語られる名軍師

三国志で登場する人物の中でも特にインパクトがあるのが諸葛孔明です。
彼がいるかいないかで戦局が大きく変わったという点からも彼の存在が大きかったのは確かですね。
三国志に登場する人物の中でも特にその名前をよく聞くのが諸葛孔明という点からもその凄さが分かります。
名軍師と言われる彼は決して自分に酔いしれず振る舞う姿や君主に従う姿も諸葛孔明の良いところだと思います。

大佐

大佐さん

1位に評価

報告

もはや誰もが知っている天才軍師

もう語ることはないのではないかというほど有名な、三国志で頭一つどころか二つ以上抜けた大軍師です。
三顧の礼から、赤壁の戦いでの計略、五丈原などの活躍で、もはや説明不要の蜀の軍師です。
阿斗のせいで蜀はあっけなく、魏に降伏しましたが、もし諸葛亮が生きていたらどうなっていたのかと妄想してしまいます。

報告
コメントをもっと読む

3関羽

関羽

関 羽(かん う、拼音: Guān Yǔ グァン ユー、? - 建安24年12月(220年1月))は、中国後漢末期の将軍。字は雲長(うんちょう)。元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の人。子は関平・関興。孫は関統・関彝。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

強さと義理に熱い!

とにかく強い!一騎打ちをやらせたら相手天下無敵!程遠志、華雄、管亥、荀正、車冑、王忠、顔良文醜、孔秀、孟担など名だたる武将を一騎打ちで撃破している一騎当千の力をもっているし、扱う武器の青龍刀を使いこなすところもかっこいいし、愛馬赤兎馬に乗馬している姿もかっこいい。
敵の魏の総大将曹操にまで欲しいと言われるほどのすごさも魅力です。
しかし関羽は義理を重んじるので劉備、関羽、張飛の三人で義兄弟の契りをかわし、劉備の義弟として忠義を尽くし、義弟の短気な張飛もコントーロルするぐらいすごい武将です。

報告

やはり神になった男は違う

冷静に見ると結構頑固物であり、後の行動を見たりするとせっかくの本拠地を失うなど色々とトラブルと言うかミスが目立つ感じではあるのですがそれはそれでやはり劉備のもとにいくために千里を厭うことはなかった、というのは素晴らしいです。当時最大勢力であったといえるようなレベルの曹操に対して士官を断ってはっきり言って落ち目のレベルの劉備のところに戻ったというのはこれ以上のことがないくらいに美談であり、主従の鏡であると思います。

報告

強くてかっこいい

でっかい矛を振り回して強いイメージもあれば、長いひげを蓄えて武官のように戦略家でもある印象があって知的な印象もありかっこいい。

報告

4呂布

呂布

呂 布(りょ ふ、? - 建安3年12月24日癸酉〔199年2月7日〕)は、中国後漢末期の武将・群雄。字は奉先。并州五原郡九原県(現在の内モンゴル自治区包頭市)の人。『三国志』巻七 呂布伝、『後漢書』列伝六十五 呂布伝などに記録がある。 丁原・董卓に仕え、抜群の軍事力を誇った。董卓との亀裂から彼を殺した後天下を失い、放浪するも最期は曹操との戦いに敗れ、殺された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

とにかく強い

呂布は中国後漢末期の武将であり、ゲームやドラマなど三国志のコンテンツを制作するときには欠かせないキャラクターである。その特徴はなんといってもその強さにあり、その力こそが男心をくすぐられる。
性格的にはちょっと他人とは異なり、厄介であるが、そのも私は魅力の一つとしてとらえている。
剣や弓、馬などいろんな才能があり、とにかく戦いに関していえば最強という立ち位置がとにかく好きです。
関羽、張飛の協力コンビも注目ポイントですね。

報告

圧倒的な強さ!

呂布はとにかく強いのが魅力的で、悪役チックなのに憧れがあります。呂布が戦う姿は武将としてかっこいいです。

報告

5劉備

劉備

劉 備(りゅう び、延熹4年(161年) - 章武3年4月24日(223年6月10日))は、後漢末期から三国時代の武将、蜀漢の初代皇帝。字は玄徳。 黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。 明代の小説『三国志演義』では中心人物として登場する。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

非常に魅力を感じられる存在

なんだかんだで主人公と言っていいくらいな人物。
全ての陣営というわけではないですがあちらこちらに流浪していて、ではないですがその先でそれなりに厚遇されていたり好意的に受け入れられているという点を見ると、やはり魅力的な人物だったんだなあと感じられるのはやはり傑物。
最終的には僻地ではありますが皇帝にまで成り上がったという点も見逃せない。やはり下から上に成り上がった人というのはなんだかんだで見ていると楽しいです。

報告

6姜維

姜維

姜 維(きょう い、建安7年(202年) - 景元5年1月18日(264年3月3日))は、中国三国時代の人物。魏・蜀漢に仕えた。字は伯約。涼州天水郡冀県の出身。父は姜冏。妻は柳氏。子孫に唐の姜恪がいる。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

諸葛亮亡き後の蜀を率いた

横山光輝の三国志の中でイケメンに描かれていた。諸葛亮による魏からの引き抜き工作により、蜀に加わった。武勇、智略ともに優れ、諸葛亮亡き後の蜀を率いて戦った。

報告

7曹操

曹操

曹 操(そう そう、拼音:Cáo Cāo、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、後漢末期の武将・政治家。詩人・兵法家としても業績を残した。字は孟徳(もうとく)、幼名は阿瞞、また吉利。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の出身。 後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、諡号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。 羅貫中の小説『三国志演義』では敵役・悪役として設定される。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

やはり魏と言えばこの人でしょう

ダークヒーロー的な魏の君主ですが、頭の回転がとにかく早い。冷酷な面を持っているものの優秀な部下が忠誠を誓っているということは、彼の魅力と底力を信じていたからだと思います。曹丕という優秀な息子を持てたのは劉備と対を成していて面白いです。

報告

8周瑜

周瑜

周 瑜(しゅう ゆ、拼音: Zhōu Yú チョウ ユ、175年 - 210年)は、中国後漢末期の武将。字は公瑾(こうきん)。渾名は周郎。揚州廬江郡舒県(現在の安徽省六安市舒城県)の人。高祖父は周栄。従祖父は周景。従父は周忠。父は周異。子は周循・周胤・周妃。妻は小喬。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

文武両道、呉の天才軍師

赤壁の戦いにおける魏の曹操軍圧倒的有利の状況の中で、諸葛亮と並ぶ二大賢人の龐統に連環の計を進言して、曹操を退けたシーンで有名な映画『レッドクリフ』を観て周瑜公瑾に惹かれました。
卓越した知謀と統率力で、孔明と互角に渡り合える才能が素晴らしい。
周瑜の妻で絶世の美女で知られる小喬役がリン・チーリンさんで、とても可愛かったです。

報告

老人ながら若者に負けない武力とナンバー1の弓術。

老人ながら若者に負けない武力とナンバー1の弓術という玄人好みの武将。蜀の五虎将軍の一人というのもポイントが高い。もう少し若い時に劉備の家来になってくれたらと想像力を膨らませてくれる存在。

ニア

ニアさん

1位に評価

報告

10司馬懿

司馬懿

司馬 懿(しば い、拼音:Sī-mǎ Yì 、179年 - 251年9月7日)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将・政治家。魏において功績を立て続けて大権を握り、西晋の礎を築いた人物。字は仲達(ちゅうたつ)。西晋が建てられると、廟号を高祖、諡号を宣帝と追号された。『三国志』では司馬宣王と表記されている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

最後の小芝居が好き

司馬懿といえば孔明との対決が有名です。死せる孔明生ける仲達を走らすなんて言葉、三国志好きなら誰もが知っているでしょうし。でも私は最後、ボケ老人をした所が一番好きですね。さすが孔明と渡り合ってきただけある!と感じました。

報告

とがり具合が好き

郭嘉は曹操陣営の軍師の中でも最も個性的な人物だと感じます。曹操といえば人材コレクターとしても有名で、有能な軍師が回りにはキラ星のごとくいます。その中でも郭嘉は頭一つ抜けていて、カッコイイですね。他の軍師は普通なのに、郭嘉だけは色んな面で許されていました。赤壁の戦いで曹操が郭嘉がいればこの大敗はなかったのにと悔やむ所でもその有能さがわかると思います。恐らく郭嘉なら連環の計や埋伏の毒を見破ったでしょうし。もう少し長生きしていればと残念に感じる人でもありますね。

報告

12馬超

馬超

馬 超(ば ちょう、拼音: Mǎ Chāo マ チャオ、熹平5年(176年) - 章武2年(222年))は、中国後漢末期から三国時代にかけての蜀漢の将軍。字は孟起(もうき)。諡は威侯。司隷扶風郡茂陵県の人。『三国志』蜀志に伝がある。 後漢の名将馬援の子孫の出身。祖父は馬平(子碩)。父は馬騰。弟は馬休・馬鉄。従弟は馬岱。妻は楊氏・董氏(側室)。子は馬秋・馬承。娘は劉理の妻。 父が羌族との混血であったため(『典略』)、この血を引いている馬超も漢王朝の支配を受けない民族からの信望が厚かった。関中の独立軍閥の長の座を父から引き継ぎ、曹操に服属していたが、後に韓遂と共に曹操に反乱を起こして敗れた。一族も勢力も失い流浪した末、益州の劉備の下に身を寄せ、厚遇を受けた。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

13張飛

張飛

張 飛(ちょう ひ、拼音: Zhāng Fēi ヂャン フェイ、生年不詳 - 章武元年(221年)6月)は、中国後漢末期から三国時代の蜀の将軍、政治家。字は益徳。幽州涿郡(現在の河北省涿州市)の人。『三国志』蜀志に伝がある。封号は新亭侯、のち西郷侯。諡は桓侯。子は張苞・張紹・敬哀皇后張氏・張皇后。孫は張遵。 後漢末の群雄の1人である劉備の挙兵に当初から付き従った人物で、その人並み外れた勇猛さは下述の通り中原に轟いた。その武勇は後世にも称えられ、小説『三国志演義』を始めとした創作作品でも多くの脚色を加えて取り上げられており、現在でも中国や日本を中心にその人柄を大いに親しまれている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

14甘寧

甘寧

甘 寧(かん ねい、生年不詳 - 215年?)は、中国後漢末期の武将。孫権に仕えた。字は興覇(こうは)。益州巴郡臨江県(現在の重慶市忠県)の出身。子は甘瓌・甘述(『晋書』「甘卓伝」)。孫は甘昌(『晋書「甘卓伝」』)。曾孫は甘卓(『晋書』「甘卓伝」)。『三国志』呉志に伝がある。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

16夏候惇

夏候惇

夏侯 惇(かこう とん、? - 延康元年4月25日(220年6月13日))は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。字は元譲(げんじょう、拼音: Yuánràng)。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の人。『三国志』魏志「諸夏侯曹伝」に伝がある。吉川英治の三国志や横山光輝の三国志などの作品では「かこうじゅん」と江戸時代の慣例に従った読みになっている。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

17孫策

孫策

孫 策(そん さく、175年 – 200年5月5日)は、中国後漢末期の武将。字は伯符(はくふ)。揚州呉郡富春県の人。 若くして父の孫堅を亡くし、19歳のとき、袁術の将軍となった。袁術軍に組み込まれていた孫堅の兵1000人余りをまとめて軍を編成し、劉繇を倒して勢力を拡大。その後、袁術の元から独立し大きく躍進するが、建安5年(200年)に刺客に襲撃された際に負った傷が原因で26歳で死亡。後継を孫権に定めた。後に孫権によって長沙桓王と諡された。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

18張遼

張遼

張 遼(ちょう りょう、165年/169年 - 222年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。字は文遠(ぶんえん)。并州雁門郡馬邑県(現在の山西省朔州市朔城区)の出身。前漢の聶壱(じょういつ)の子孫に当たるという。兄は張汎。子は張虎。孫は張統。『三国志』魏志「張楽于張徐伝」に伝がある。 後漢末の動乱期に丁原・董卓・呂布に仕えた後、曹操の配下となり軍指揮官として活躍した。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~21位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

三国志に関するランキングはこちら!

三国志の武将最強ランキング

三国志漫画ランキング

日本の戦国武将・大名に関するこちらも必見!

戦国武将・大名ランキング

戦国武将最強ランキング

軍師ランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ