みんなのランキング

ショーン・コネリー出演の人気映画ランキング!みんなのおすすめ作品は?

小説家を見つけたらザ・ロックインディ・ジョーンズ/最後の聖戦エントラップメント007/ロシアより愛をこめて

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数26
投票参加者数29
投票数97

“生きるハリウッドの伝説”と称される、往年の名俳優ショーン・コネリー。2006年に引退を宣言し、表舞台から去っている彼ですが、圧倒的存在感で今もなお映画界に大きな影響を与えています。今回は『ショーン・コネリー出演の人気映画ランキング』をみんなの投票で決定!初代ジェームス・ボンド役を演じた世界的メガヒットシリーズ『007』をはじめ、禁酒法時代を描いた『アンタッチャブル』や、偏屈な小説家を演じた『小説家を見つけたら』など多くの名作があるなか1位に輝く作品とは!?あなたがおすすめの映画も教えてください!

最終更新日: 2021/09/06

ランキングの前に

ランキングの前に…1分でわかる「ショーン・コネリー」

生きる伝説ショーン・コネリーの人生とは

初代ジェームズボンド役でハリウッドスターとしての地位を不動のものとしたショーン・コネリー。2006年に惜しまれながらも引退を発表しましたが、今でも彼は人々の心をとらえて離しません。ハリウッドスターになる前に様々な仕事を経験してきたショーン。貧しい家に生まれたため13歳から牛乳配達として働き始めます。その後も、イギリス海軍やトラック運転手や美術モデルなど多くの仕事を経験。映画の裏方の仕事をしていたのがきっかけで俳優の道に進むこととなります。豊富な人生経験が演技に生きているのですね。

名作ずらり!ショーン・コネリーの人気作品

ショーン・ショーン・コネリーの代表作といえば、ジェームス・ボンド役を演じ世界的に大ヒットした『007』シリーズ。禁酒法時代を描いた『アンタッチャブル』ではアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。天才作家と黒人少年の人間ドラマ『小説家を見つけたら』はファンの多い名作です。

関連するおすすめのランキング

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

面白い映画ランキング

面白い洋画ランキング

ユーザーのバッジについて

ショーン・コネリー出演の映画を全作品観たことがある。

ショーン・コネリー出演の映画を30作品以上観たことがある。

ショーン・コネリー出演の映画を10作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間127分
監督スティーヴン・スピルバーグ
メインキャストハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、ショーン・コネリーショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ)、リヴァー・フェニックス(インディ青年時代)、アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

厳格な駄目親父

脇役に回ったが油がのったハリソンフォードに引けを取らない存在感だ。
インディの父親としてはイメージがぴったりだ。
厳めしく、学究の徒かと思いきや、聖杯マニアであり、若い女性とのロマンスという下世話な面もあった。
飛行機の追撃戦ではボケ老人を演じたかと思えば、機転で鳥で戦闘機を落とし涼しい顔で歴史の講釈を垂れるところがあいかわらずの芸達者で面白い。
ラストでは聖杯への気持ちよりも親としての気持ちを出すシリアスな演技は衰えではなく磨きを感じさせた。

報告

見た目は大人だけど精神は子供

考古学者という身近にはまずいないだろう人物設定を、いとも簡単に信じ込ませてくれるショーン・コネリーの演技力がわかる作品。
知識人で頭でっかちな考古学者で主人公の父親役として物語に登場するが、所々に見える夢中になって息子と謎を解き明かしていく姿は、本気で子供と虫取りを楽しんで知る父親のようで観ているこちらも思わずワクワクする。
というか、途中からもう子供みたいになる。

報告

インディのパパ役!

インディジョーンズ(ハリソン・フォード)のパパ役で、二人の絡みが面白いです!インディジョーンズは、聖杯がある所の入り口まで来て、敵に追い詰められます、まずは敵のザコキャラ一人が先に進み罠で即死亡し、インディジョーンズがパパを人質に、というかパパが撃たれて聖杯に入れた水が無いと助からない状態で進む事に!罠を次々と攻略していくシーンが印象的です!

報告
コメントをもっと読む

2ザ・ロック

ザ・ロック

引用元: Amazon

制作年1996年
上映時間135分
監督マイケル・ベイ
メインキャストショーン・コネリー(ジョン・パトリック・メイソン)、ニコラス・ケイジ(スタンリー・グッドスピード)、エド・ハリス(フランシス・X・ハメル准将)、ジョン・スペンサー(ジェームズ・ウォマックFBI長官)、デヴィッド・モース(トム・バクスター少佐)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

男は男を知る

名優、ショーン・コネリーここにあり!という作品。

脱出不可能と言われるアルカトラズからただ1人脱出に成功した元英国スパイ、ショーン・コネリー。
死んでいった部下のため、アルカトラズを占拠、テロリストと化したエド・ハリス。

テロリスト掃討の為アルカトラズに挑むショーン・コネリー。
そして2人の男の邂逅。
静かに対峙する男と男。
このシーンが本当に痺れる![続きを読む]

報告

アクションが凄くてハラハラドキドキさせられる

私はこの映画をアメリカに留学中に日本人の中学生仲間たちと一緒に見たのですが、最初から最後までハラハラドキドキするストーリーで固唾を飲みながら見たことを覚えています。その後、何度か見ましたがやっぱり素晴らしい映画だと思います。とにかくアクションが凄くて、結構、年が行っているショーン・コネリーさんもカッコ良かったです。その他にもニコラス・ケイジさんやエド・ハリスさんの演技も良くてとても良い映画に仕上がっています。

報告

ボンドとは違う冷戦に埋もれた凄腕スパイ

脇役だが人気絶頂のニコラスケイジと真っ向張り合う演技を見せた。
伝説のスパイということで往年の肉体派の演技もある。
非情なスパイの演技をしつつ、娘との再会のシーンではビクつく中年男の演技をこなすのはやっぱりコネリーだ。
偉いさんの失策を隠すため、社会から抹殺された状態のスパイでも気骨を失っていない役は実に見ごたえがある。

報告
コメントをもっと読む

3エントラップメント

エントラップメント

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間113年
監督ジョン・アミエル
メインキャストショーン・コネリー(ロバート・マクドゥガル)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴァージニア・ベイカー)、ヴィング・レイムス(アーロン・ティボドー)、ウィル・パットン(ヘクター・クルーズ)、モーリー・チェイキン(コンラッド・グリーン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

いくつになっても007は美女が似合う

キャサリンゼタジョーンズがキレイすぎて惚れ惚れします。あんな綺麗な方と共演する男性はやっぱり007。どんなイイ男もジジイになったら主役を張るのは難しい。でもショーンコネリーならどんな美女とでも並んで観れるのが凄い!

報告

おじぃちゃんと美女の危険なロマンス

老人のショーン・コネリーと美女とのやり取りにの中でこちらもついつい、ショーン・コネリーの知的でダンディな魅力に気付かされていく作品。
自分が老人になった時に、こんなに堂々と若い美女と会話ができるだろうか?と考えながら観ると更に面白い。
作品の内容的にはイマイチかもしれないが、美女が老人に心を惹かれていくシーンでは、ショーン・コネリーのおかげで自然と納得ができる。

報告

セクシー!

侵入するところの、センサーをくぐる為練習してるシーンが印象的!!ヒロインのタイツスーツがセクシー♡

報告

4小説家を見つけたら

小説家を見つけたら

引用元: Amazon

ショーン・コネリー製作・主演による感動ドラマ。隠れた文才を持つ黒人青年と、処女作を残し姿を消した天才作家が、交流を通しそれぞれの希望を見出していく。(引用元: Amazon)

もっと見る

頑固じじぃを演じさせるならやっぱりこの人

ショーン・コネリーが頑固じじぃを演じるときのハマり具合がとても良く現れている作品。
小説家という知的な仕事をしている人に対するイメージ、また天才基質のアーティストが出す独特の我の強さがショーン・コネリーの演技によってより強調されている。
ショーン・コネリー演じる小説家の自宅にて、主人公の少年が初めてショーン・コネリーと話すシーンでは、思わずこちらも緊張してしまうほどの空気感が出ている。

報告

老人と若い青年がお互いに支えあって寄り添う姿が感動的

お互いに悩みを抱えている老人と若い青年が友情を育んで、お互いに足りないものを補い合いながら寄り添う姿がとても感動的でした。そんなちょっと偏屈な老人を演じているショーン・コネリーさんの演技が素晴らしかったです。そして映画の中で流れる音楽がとても素敵で映画を盛り上げていると思います。

報告

5007/ロシアより愛をこめて

007/ロシアより愛をこめて

引用元: Amazon

制作年1963年
上映時間115分
監督テレンス・ヤング
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、ダニエラ・ビアンキ(タチアナ・ロマノヴァ)、ペドロ・アルメンダリス(ケリム)、ロッテ・レーニャ(ローザ・クレップ)、ロバート・ショウ(レッド・グラント)ほか
主題歌・挿入歌From Russia With Love / マット・モンロー
公式サイト-

もっと見る

自分が生まれる前の作品だなんて

ショーンコネリー出演の007シリーズの中で一番好きな作品です。アクションシーンはもちろんのこと、巧みなカメラワークも見事。CGなど無くても夢中になれます。この作品が自分が生まれる前の作品だなんて驚き。ショーンコネリーはダンディの形容がピッタリ。女性たちが夢中になるのも分かります。

JS

JSさん

3位に評価

報告

若くてダンディなショーンコネリーを楽しめる!

007シリーズの中でも、クラシックと言っていいんじゃないでしょうか。由緒正しきスパイ映画で、ボンドの中でも最も品があり、アクションにもキレがある全盛期じゃないかと思います。007を好きになったきっかけという人も多いと思います。コネリー、かっこいいです。

報告

6レッド・オクトーバーを追え!

レッド・オクトーバーを追え!

引用元: Amazon

『レッド・オクトーバーを追え!』(英語: The Hunt for Red October、露: Охота за «Красным октябрём»)は、トム・クランシーによる小説、もしくはそれを原作として1990年に製作されたアメリカ映画。 (引用元: Wikipedia)

もっと見る

観なおしたばかり

大学生の時、妻と一緒に見た映画で、つい先日観なおしたばかりです。ショーン・コネリーの演技はさすがです。何度観ても惚れ惚れしてしまいます。また30年前の作品なのでCGを多用してはいません。夢中になって観てしまうので、映画はやはりストーリーと演者次第だと思わせる作品です。

JS

JSさん

1位に評価

報告

冷戦のころの潜水艦映画と言えばこれ!

冷戦の時代は、アメリカ対ソ連の構図のスパイ映画が、とにかく流行りましたが、そのなかでも名作はこれ。潜水艦ものの緊迫感と、スパイものの冷酷な裏切りと、見たい要素が全部入っています。ロシア人たちが英語をしゃべりだしたりする違和感とかはありますが、それでも名作は名作!

報告

7アンタッチャブル(映画)

アンタッチャブル(映画)

引用元: Amazon

制作年1987年
上映時間119分
監督ブライアン・デ・パルマ
メインキャストケビン・コスナー(エリオット・ネス)、ショーン・コネリー(ジム・マローン)、アンディ・ガルシア(ジョージ・ストーン)、チャールズ・マーティン・スミス(オスカー・ウォレス)、ロバート・デ・ニーロ(アル・カポネ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

迫真の演技

アル・カポネ摘発に挑む老警官を演じ、ショーン・コネリーがアカデミー賞助演男優賞を受賞した作品。
道半ばで死んでいくショーン・コネリーの迫真の演技!
勧善懲悪を描いたギャング映画の傑作。

報告

名優たちの演技が素晴らしくて引き込まれる

ショーン・コネリー、ケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロの名優たちの演技が素晴らしくて引き込まれました。

報告

8リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

引用元: Amazon

制作年2003年
上映時間110分
監督スティーヴン・ノリントン
メインキャストショーン・コネリー(アラン・クォーターメイン)、ペータ・ウィルソン(ミナ・ハーカー)、スチュアート・タウンゼント(ドリアン・グレイ)、シェーン・ウェスト(トム・ソーヤー)、ジェイソン・フレミング(ヘンリー・ジキル博士/エドワード・ハイド氏)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

まだまだ動ける、戦うおじいちゃん

インディジョーンズの時ですらおじいちゃんだったショーン・コネリーが、まだまだアクションもイケることを教えてくれた作品。
大乱闘のシーンではこっちの心配をよそに思う存分に暴れまわるショーン・コネリーが「自分もまだまだ若いんだから疲れたなんて言ってられないな」っと思わせてくれる。
作品の内容自体はアクション物なのでそれほど深くはないが、インディジョーンズ以降もアクションでスカッとした気持ちにさせてくれるショーン・コネリーに感謝をさせてもらえる作品

報告

面白い!

これは、設定から面白い!!サブタイトルの通り時空を超えていろんな超人達が集められて、敵と戦います!時空を超えちゃうんで、よくわかってない部分もあったけど、ハッピーエンドで良い映画!!

報告

9ハイランダー/悪魔の戦士

ハイランダー/悪魔の戦士

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間116分
監督ラッセル・マルケイ
メインキャストクリストファー・ランバート(コナー・マクラウド / ラッセル・ナッシュ)、ロクサーヌ・ハート(ブレンダ・ワイアット)、ショーン・コネリー(フアン・ラミレス)、クランシー・ブラウン(クルガン / ヴィクター・クーガー)、ビーティ・エドニー(ヘザー・マクラウド)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

剣士達の戦い

最後の生き残りをかけた、時空を越えた不死の剣士達による戦い。
基本的に剣士達は全員敵で味方はいないのですが、ショーン・コネリーは主人公の師匠で良い人。
ファンタジー要素の強いバトルアクションで、独特の剣の使い方がカッコいい。

報告

氷のようにひんやりしたメロドラマ

子供の頃から大好きだった叔父さんが久々にインドから帰ってきた。しかも新妻を連れて。でも若い娘は叔父と男と女の関係になってしまって、二人でアルプスに旅をする。そこで二人の間に若いガイドの青年が現れて。ショーン・コネリーはかっこいいのだけれどどこか決然としない中年男を演じています。いや、あのシチュエーションだと誰でもそうなるのか。老女が昔遭難した恋人が氷河の中に若いままの姿で発見されたのと対面するシーンなどが印象的。

報告

11007 ゴールドフィンガー

007 ゴールドフィンガー

引用元: Amazon

制作年1964年
上映時間112分
監督ガイ・ハミルトン
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、オナー・ブラックマン(プッシー・ガロア)、ゲルト・フレーベ(オーリック・ゴールドフィンガー)、シャーリー・イートン(ジル・マスターソン)、タニア・マレット(ティリー・マスターソン)ほか
主題歌・挿入歌ゴールド・フィンガー / シャーリー・バッシー
公式サイト-

もっと見る

ダンディなスパイの代名詞

ショーン・コネリーの魅力はとぼけた演技と際立つ肉体派の二枚目を同じ作品内で演じるところだ。
ボンド役は彼のはまり役だが、とぼけた演技はこの作品が一番だと思う。
敵の殺し屋のハロルド坂田との戦いもどこかユーモラスな感じでいい。
筋書きは行き当たりばったりで運よく解決な感じがするが、コネリーがやるといい男にはツキが付いて回るものかと妙に納得した。
オープニングと主題歌は今でも他の作品とは見分けることができる。

報告

12マイ・ハート、マイ・ラブ

マイ・ハート、マイ・ラブ

引用元: Amazon

制作年1998年
上映時間121分
監督ウィラード・キャロル
メインキャストジリアン・アンダーソン(メレディス)、エレン・バースティン(ミルドレッド)、ショーン・コネリー(ポール)、アンソニー・エドワーズ(ロジャー)、アンジェリーナ・ジョリー(ジョーン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

後悔してる姿が可愛い

ショーン・コネリーが夫婦の旦那役を演じているが、物語の所々でショーン・コネリーが見せる可愛らしい哀愁を上手に表現しているところがいい作品。
一度浮気をしてしまったことを奥さんに責められるシーンでは、おしっこを失敗して叱られる愛犬のように悲しそうな目で反省しているショーン・コネリーに思わず心を惹かれる。

報告

アクション・スパイものではないショーンコネリーが楽しめる

有名ではないかもしれないけれど、隠れた名作だと思います。様々な人生のステージにいる、何組かの男女の物語を描いた、人生ドラマ。ジーナローランズとの夫婦役でコネリーは出ていました。いろいろな苦労を乗り越えてきた夫婦という役どころが、貫禄のあるコネリーの抑えた演技で、じつに豊かに表現されていました。

報告

ジーナ・ローランズ!

11人の男女の愛の行方を描いた群像劇。
ショーン・コネリーとジーナ・ローランズが夫婦だなんて、なんて素敵なんだろう!
それだけでもうワクワク。
そして戦わないアンジェリーナ・ジョリーがキュート。

報告

13ライジング・サン(1993年)

ライジング・サン(1993年)

引用元: Amazon

制作年1993年
上映時間125分
監督フィリップ・カウフマン
メインキャストショーン・コネリー(ジョン・コナー)、ウェズリー・スナイプス(ウェップ・スミス)、ハーヴェイ・カイテル(トム・グレアム)、ケイリー=ヒロユキ・タガワ(エディ・坂村)、ケヴィン・アンダーソン(ボブ・リッチモンド)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

遅れてきた国辱映画?

1990年代の映画にしては古臭くてあやしげな日本文化が出てくる映画でした。ウェズリー・スナイプスの若い刑事を導く日本通を演じるのがショーン・コネリー。細かい描写に目くじらを立てず、不可解な世界に突然放り込まれた人間がいかに格闘するかを表現した映画と思って見ましょう。

報告

アメリカ人から見た日本人って

ライジングサン、日がのぼる国それは日本。
日本人をテーマにしたとても手厳しい映画です。でもアメリカ人から見た日本人のイメージがすごく新鮮です。そう思うと日本人が思うアメリカ人の映画も、アメリカ人にとってはこんな感じなのかなって思いました。

報告

反骨の老科学者

寡黙で、いささか偏屈だが打ち解けるとチャーミングな老科学者の演技がいい。
ヒロインが若すぎるかと思ったが、絡んでみるとコネリーのダンディ親父ぶりで問題なかった。
自分の正義と信念を守ることで家族や仕事仲間とは別れることになるが、悲壮というよりは気高さや美しさを感じさせるのはコネリーの演技力だと思う。
相変わらず黙っていると気の迫力、お茶目な面を見せると年を感じさせない可愛さは健在だった。

報告

15薔薇の名前

薔薇の名前

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間132分
監督ジャン=ジャック・アノー
メインキャストショーン・コネリー(バスカヴィルのウィリアム)、F・マーリー・エイブラハム(異端審問官ベルナール・ギー)、クリスチャン・スレーター(ウィリアムの弟子メルクのアドソ)、ロン・パールマン(異端者サルヴァトーレ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

キリスト教の光と闇が際立ってる

中世の修道院が舞台のミステリーだ。
ストリーは複雑なものではないが、異端と殺人を追う修道士という役に実にはまってる。
セットや画面の雰囲気が暗い秘密を抱えた修道院をどの場面でも表現している。
ただ、ストリーは単純だが、背景のキリスト教の禁忌が分かりにくいのが残念。

報告

16トゥルーナイト

トゥルーナイト

引用元: Amazon

制作年1995年
上映時間133分
監督ジェリー・ザッカー
メインキャストショーン・コネリー(アーサー王)、リチャード・ギア(ランスロット)、ジュリア・オーモンド(グィネヴィア)、ベン・クロス(マラガント王子)、ジョン・ギールグッド(オスワルド)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

アーサー王

アーサー王伝説の中でもアーサー王配下第一の騎士であるランスロットと、王妃グィネヴィアの不倫をメインに描いた作品。
アーサーと言えば若いイケメンヒーローのイメージも強いですが、ここでは既に王として国を治めています。
若い頃にイケメンとして名をはせ、年を重ねた末のショーン・コネリーがとてもハマっている役。

報告

17007 ドクター・ノオ

007 ドクター・ノオ

引用元: Amazon

制作年1962年
上映時間105分
監督テレンス・ヤング
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、ジョセフ・ワイズマン(ドクター・ノオ)、ウルスラ・アンドレス(ハニー・ライダー)、ジャック・ロード(フェリックス・ライター)、バーナード・リー(M)ほか
主題歌・挿入歌James Bond Theme / モンテ・ノーマン
公式サイト-

もっと見る

18007は二度死ぬ

007は二度死ぬ

引用元: Amazon

制作年1967年
上映時間117分
監督ルイス・ギルバート
メインキャストショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、丹波哲郎(タイガー田中)、若林映子(アキ)、浜美枝(キッシー鈴木)、ドナルド・プレザンス(プロフェルド)ほか
主題歌・挿入歌You Only Live Twice / ナンシー・シナトラ
公式サイト-

もっと見る

007が日本で撮影したという貴重なシリーズ

ショーンコネリーが日本で大活躍する映画。もちろんボンドガールも日本人。日本の有名観光地のみだけでなく、姫路城までも出てくる非常に貴重映像。話の内容はかなり非現実的な内容だが、アメリカ人が理想とする日本がここにあると推測される。

報告

19未来惑星ザルドス

未来惑星ザルドス

引用元: Amazon

『未来惑星ザルドス』(みらいわくせいざるどす、Zardoz)はジョン・ブアマン監督、ショーン・コネリー主演の1974年に製作されたイギリスの映画である。100万ドルというわずかな予算で製作された。ブアマン自身による小説版も存在する(『未来惑星ザルドス』、筒井正明訳、立風書房、1974年)。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

21

21位~26位を見る

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

ページ内ジャンプ