みんなのランキング

あおさんの「和食メニューランキング」

24 0
更新日: 2020/06/14

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1水炊き

水炊き

水炊き(みずたき)は、鍋に水を張り、鶏肉、野菜などの食材を煮込んで調理する日本の鍋料理の一種である。

身体に優しい

コラーゲンもたっぷりで鶏や野菜の出汁が効いていて、尚且つお店で食べる本格的なものから、家庭で食べられるものものまで幅広く楽しめるので、冬によく食べてます!

2寿司

寿司

寿司(すし・鮨・鮓、英語: Sushi)とは、一般に米飯などと主に魚介類を組み合わせた和食。 寿司には、乳酸を主たる酸味成分とする寿司(なれずし等)と酢酸を主たる酸味成分とする寿司(早ずし)がある。 握り寿司が代表的であるが、いなり寿司、押し寿司、ばら寿司など様々な形態がある。また、巻き寿司や稲荷寿司など必ずしも魚介類と組み合わせない寿司もある。さらに卯の花寿司や蕎麦寿司のように米飯ではない材料を用いた寿司もある。

飽きない

旬の魚も楽しめるし、あっさりしているので。
海外でも寿司文化が浸透しつつあり、海外旅行に行った時もアレンジの加わったお寿司を食べるのが楽しみです。

3だし巻き

だし巻き

だし巻き卵(出汁巻卵、だしまきたまご)は、溶き卵に出汁を混ぜて焼き固める料理である。単にだし巻きとも呼ばれる。 厚焼き卵の一種であるが、だしをたっぷりと含むものについて特にこの名称が使用される。一般的には関西風の味付けで柔らかく焼き上げられたものがイメージされることが多い。

母の味

地域、家庭によって違うようですが、甘さのないものを母の味として慣れ親しんできました!

4うどん

うどん

うどんは、小麦粉を練って長く切った、ある程度の幅と太さを持つ麺またはその料理であり、主に日本で食されているものを指すが、過去の日本の移民政策の影響や食のグローバル化の影響により、関係各国にも近似な料理が散見される。 饂飩とも書く。

あっさり

寒い日は鍋うどんや焼うどんにして、暑い日はざるうどんなどにしてよく食べてます。

5茶碗蒸し

茶碗蒸し

茶碗蒸し(ちゃわんむし)は、日本料理の一つである。円筒状の茶碗に椎茸・ギンナン・ユリ根・蒲鉾(主に板蒲鉾)・鶏肉・小海老・焼きアナゴなどの具材と、溶き卵に薄味の出し汁を合わせたものを入れ、吸口にミツバや柚子の皮などを乗せて蒸し器で蒸す。蒸し器の蓋はずらして乾いた布巾を挟んでおく。

繊細な味

一度は料亭やいい値段のするお店で食べてみたい一品です。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる