みんなのランキング

星の王子さま(小説)

星の王子さま(小説)

引用元: Amazon

著者アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ
ジャンル児童文学
出版社筑摩書房
発売日2005年12月7日
メディアミックス映画「リトルプリンス 星の王子さまと私」(2015年)
公式サイト-
参考価格528円(税込)

『星の王子さま』(ほしのおうじさま、フランス語原題:Le Petit Prince、英語: The Little Prince)は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説である。彼の代表作であり、1943年にアメリカで出版された。(引用元: Wikipedia)

感想・レビュー

全 6 件を表示

感動小説ランキングでの感想・レビュー

かけがえのないものに気づかされる永遠の名作

『星の王子さま』は、飛行家で小説家のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの代表作として知られる作品です。1943年にフランスで刊行後、世界各国で翻訳され、今もなお多くの人を魅了する名作として愛され続けています。

サハラ砂漠に不時着した飛行士のぼくは、遠い星から来た不思議な王子さまと出会いました。小さな星で暮らす王子さまはとある理由で故郷を離れ、さまざまな星を旅し、やがて地球に降り立ちました。わがままで美しい故郷のバラの花、他の星で暮らす滑稽な大人たち、地球で出会ったキツネとの友情、そして飛行士と王子さまの絆……。孤独で純粋な王子さまの言葉を通じて、私たちもまた、かけがえのないものの存在に気づかされるのです。

作者のテグジュペリはサハラ砂漠に不時着して生死をさまよったことがあり、この時の体験が『星の王子さま』に反映されています。平易な文体や素朴でかわいらしいイラストは一見子ども向けに思えますが、その内容は人間の本質に切り込む寓話であり、大人にこそ読んでほしい奥深い物語です。「いちばんたいせつことは、目に見えない」などの名台詞の数々は、今もなお私たちの胸を震わせ、読み直すたびに新しい感動が生まれます。

嵯峨 景子

ライター・書評家

嵯峨 景子さん(女性・40代)

1位に評価

小説ランキングでの感想・レビュー

忘れていた何かを思い出させてくれる

星の王子様に出会えた「ぼく」のことをうらやましく感じた。「子ども心を忘れない」ように生きていたいと思っていたが、わすれてしまったもの・捨ててしまったものが多かったと思う。物語の最後にある「大人たちはこれがどんなに大事なことか理解できないだろう」という言葉は、本当に大人になる過程で私たちが捨ててしまったものがあることを指摘しているように感じた。

マナ

マナさん(女性・20代)

5位に評価

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

人生で普遍の名作

子供の頃は美しい挿絵と、想像しやすい世界観でただワクワクと読み進めていた。思春期や就職、親になり子供に与える側となるに従って心に留まる言葉や情景が違って見えてきた。思春期を過ぎてからは読むと胸が締め付けられ、自分が追われていることに気付けた。ほっ、と息継ぎをするために必要な作品。

アスミン

アスミンさん(女性)

1位に評価

短編小説ランキングでの感想・レビュー

純粋な子ども心

私が初めて読んだ外国文学です。いろいろな星をめぐって、大人ってなにかを考えさせられるお話でした。大人になって忘れてしまった、純粋な子ども心を感じさせられるお話でした。とても読みやすく、子どもたちにもおすすめできる作品です。

yuuya

yuuyaさん(男性・20代)

2位に評価

小説ランキングでの感想・レビュー

現代の聖書

科学が行き渡った時代に
どうやって再び、人と人はつながることが出来るのか
そのヒントを与えてくれる

児童文学ランキングでの感想・レビュー

この言葉、大好きです!

『大切な物はね、目には見えないんだよ。』この言葉、大好きです!

百瀬 崇裕さんの評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

生きることば あなたへ

エンタメ>

瀬戸内寂聴の本ランキング

あなたがおすすめする瀬戸内寂聴の本は?

涼宮ハルヒの憂鬱(ライトノベル)

エンタメ>

ライトノベルランキング

おすすめしたいライトノベルは?

十角館の殺人

エンタメ>

サスペンス・ミステリー小説ランキング

おすすめのミステリー・推理小説は?

Sweet(スウィート)

エンタメ>

女性ファッション誌ランキング

おすすめの女性ファッション雑誌は?