みんなのランキング

自殺島

自殺島

引用元: Amazon

作者森恒二
ジャンル青年漫画
出版社白泉社
連載ヤングアニマル(2008年〜2016年)
巻数全17巻
参考価格565円(税込)

『自殺島』(じさつとう、Suicide Island)は、森恒二による日本の漫画。『ヤングアニマル』(白泉社)にて、2008年22号から2016年No.17まで連載された。単行本は14巻までのレーベルはジェッツコミックスで、15巻以降はヤングアニマルコミックスでの刊行となる。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 5 件を表示

サバイバル漫画ランキングでのコメント・口コミ

本当に生きるということはどういうことかが分かる

所謂サバイバルモノといわれるジャンルに該当する漫画ですが、よくありがちな荒唐無稽な展開はなく、人類がこれまで行ってきた、そして社会が崩壊すれば、同じような状況に投げ出される可能性がいつでもある、自然と直接対峙して生き抜く生活を再び行うというだけであり、生きる気力を失った現代人が意図せず野生に置かれた場合に強いられる変化が丁寧に描かれているところに馴染みやすさがあります。
それまで何もかも与えられてきたために生きる喜びを感じられなかった自殺志願者が、人と協力し主体的に行動しなければ生き残れない状況におかれて初めて、辛い人生を厭うどころか、考えずとも生きるために生き始める過程は、今の私たちが失ってしまい欲しても得られない生き方と境地であるため、魅力的に映るし羨ましいです。

syun

syunさん(女性・30代)

2位に評価

サバイバル漫画ランキングでのコメント・口コミ

人間の真理

人はなぜ生きていくのか?という普遍的な問題について考えさせられる・自殺島。
政府によって、自殺未遂常習者たちが日本近海の孤島に送られ、命の意味を見出すため自分の力で生き抜いていく様が描かれています。
作画の雰囲気は青年誌らしいタッチというか、バトルロワイアルをもう少しマイルドにした感じで、好みが分かれそうな雰囲気ではある。

人間の深層心理や欲望、組織でのあり方や人との付き合い方など、現代社会でも切っても切れない問題にダイレクトに向き合ってるので面白い。

しょた

しょたさん(男性)

1位に評価

サバイバル漫画ランキングでのコメント・口コミ

死にたがりが生存をかけた戦いをするというのが面白い

自殺島という閉鎖空間でお互いの生存をかけた血で血を洗う戦いを繰り広げるのがこの自殺島。ただ変わっているのは、自殺島に置き去りにされたのは自殺志願者ばかりという点ですね。なら自殺に相応しい場所へ案内してもらえたわけですし自殺すればいいんでしょうが、そうはなりません。むしろその逆で生を望むようになってお互い争いだすんです。数少ない物資を取り合う為、自分の欲望を満たす為に。自殺志願者なのに気づけば生を求めて命がけで戦っているという所が面白いですね。

大輔

大輔さん(男性・40代)

2位に評価

サバイバル漫画ランキングでのコメント・口コミ

人間の闇がリアル

自殺志願者がとある離島に送られ、殺し合いをさせられるストーリー。

都会の喧騒に揉まれてるときは死にたいと思っていたのに、離島という閉鎖空間や頑張らないと生き残れない自然のサバイバル空間に放り出されると、途端に生きたいと思う者がでてきたり、支配欲がでてきたりといろいろリアル。
人間って不思議です。

イケ男

イケ男さん(男性)

1位に評価

サバイバル漫画ランキングでのコメント・口コミ

孤島に放り出される自殺志願者たち

今まで死にたいと思っていた人たちが、孤島で限られた人々と生活することによって見え方が変化し、新たな欲望や生きる希望を見出す様は見どころ。
良くも悪くも人間は欲が出てくるんだなーと思います。

みかん子

みかん子さん(女性)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「漫画」タグで人気のランキング