みんなのランキング

miyaviさんの「青森の食べ物・郷土料理ランキング」

101
更新日: 2020/06/29

ランキング結果をSNSでシェアしよう

Twitterでシェア

ランキング結果

1せんべい汁

せんべい汁

せんべい汁(せんべいじる)は、青森県八戸市周辺の郷土料理で、同料理専用の南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは鍋料理。地名を入れた「八戸せんべい汁」として名物化し、域外へPRしている。

家庭の味

どこの家庭でも年に何回も出る料理で、家庭ごとにちょっと味付けや具材が異なっており、一つとして同じ味わいがないというのが特徴的で青森県民なら誰しも好きな料理なので1位に選びました。出汁と具材がマッチングして、体の芯から温まることのできる逸品です。具材を入れすぎると味が混雑してしまうので、少ないほうがおいしいと思います。

2馬肉

馬肉

馬肉(ばにく)とは馬(ウマ)の肉のこと。一部の国、地域、民族では食肉とされるが、国、民族等によってはタブー食とされる。(後述) ウマは消化能力が低く食性も狭いため、食用として飼養した場合は牛(ウシ)や豚(ブタ)と比べて生産コストが高い。一方、廃用乗用馬があり、また、一般的に消費者による選好性も牛肉や豚肉に比して低いことから、馬肉は安価な食肉として、ソーセージやランチョンミートのつなぎなどの加工食品原料や動物園での猛獣の餌、ペットフード原料に利用される。ただし、食用として育てられたものや、馬刺しなどで利用可能な部位は比較的高値で取引される。

淡白な味わい

青森でも特に私の住んでいる地域では昔から馬肉が食されており、今でもその名残が残っていておいしい料理を食べることが来ます。ユッケなどはもちろんのこと、しゃぶしゃぶとしても食べられ豚肉や牛肉とも違った味わいを楽しめお勧めです。鶏肉に近い栄養素を持っているので、筋トレ中の方やダイエット中の方でも罪悪感なく食べられます。

千差万別

そばか麦を使った郷土料理で、それらの粉を水と少しの塩を入れた生地を伸ばし、三角形に切ったものを茹でたものを指すのですが、ねぎ味噌やにんにく味噌といった味の濃いものと食べることで非常にマッチングする料理です。つけるソースは何でもよく自分の好きなものをつけることでバリエーション豊富になり飽きずに食べることが出来ます。

冷凍

普通の餅とは異なって作る過程で凍らせるので、また違った独特の食感を楽しむことが出来てお勧めです。性質上夏場にはあまり出回らず、冬場が食べごろの餅です。普通にお雑煮などにも使うことが出来ますし、バターで焼いたりしたものも絶品となっています。普通の餅では感じられないサクサクとした食感が楽しめおいしいです。

昔ながらの味

薄く柔らかい1年昆布である若生を、熱々のご飯に巻いただけのシンプルな料理ですが昆布の自然な塩味がちょうどいい感じに飯とマッチングして、素朴な味わいながら毎日でも食べられるような一品です。それだけでも美味しいのですが、中に好みの具材を入れることで一味違った味わいを楽しむことができ無限の可能性を秘めた料理です。

このランキングに共感できましたか?

総合ランキングをみる