みんなのランキング

スティーブン・キング原作の映画人気ランキング!みんながおすすめする名作は?

ミザリーシャイニング(1980)スタンド・バイ・ミーショーシャンクの空にキャリー(1976年)

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数24
投票参加者数157
投票数329

みんなの投票で「スティーブン・キング原作の映画人気ランキング」を決定!超常現象や現代社会の闇などさまざまな''恐怖''を融合させたモダンホラーを得意とし、ホラー界のトップを走り続けてきた小説家スティーブン・キング。彼が手掛ける作品の多くは映画やテレビドラマ化され、世界中で人気を集めています。そんなスティーブン・キング原作映画のなかで、あなたがおすすめしたい作品を教えてください!

最終更新日: 2021/06/20

ランキングの前に

1分でわかる「スティーブン・キング」

モダンホラーの巨匠、スティーブン・キング

キャリー(1976年)

キャリー(1976年)

引用元: Amazon

アメリカを代表する小説家のひとり、スティーブン・キング。1974年に『キャリー』を発表し、プロの作家としてデビューを果たします。従来のホラー・怪奇小説だけでなく、現代社会の闇や他者の不条理など日常に起こりゆる恐怖を織り交ぜた独自ジャンルを展開したことから、''モダンホラー''の第一人者といわれるほど。彼の手掛ける作品は世界各国で翻訳され、その多くが映画やテレビドラマ化されるなど、日本でも人気を博しています。

スティーブン・キングの映画化作品一覧

90年代に世界を震撼させた人気ホラー作品「IT」

関連するおすすめのランキング

映画好き必見!人気の映画が知りたい人はこちらもチェック

>面白い洋画ランキング

>面白い映画ランキング

スティーブン・キングの映画も多数ランクイン!?

>ホラー映画ランキング

>サイコホラー・スリラー映画ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、スティーブン・キング原作の映画の投票可能です。あなたがおすすめしたい作品に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間89分
監督ロブ・ライナー
メインキャストウィル・ウィートン(ゴーディ・ラチャンス)、リヴァー・フェニックス(クリス・チェンバーズ)、コリー・フェルドマン(テディ・デュチャンプ)、ジェリー・オコンネル(ヴァーン・テシオ)、キーファー・サザーランド(エース・メリル)ほか
主題歌ベン・E・キング「Stand by Me」
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

ウェンザナイ!

子供4人が線路を渡る描写が印象的なスタンド・バイ・ミー。この映画は、子供時代ってなんか無性に冒険したくなったなぁという、遠い昔の記憶を呼び覚ましてくれる。

それにしてもリバー・フェニックスは、ガキンチョのころからかっこいいなぁと、この映画をみるたび思う。

OPのスタンドバイミーをそらで歌えるように練習したけど、途中で断念した。

切ない青春映画

少年たちが死体捜しの旅に出る話、と聞くと、不気味な映画を想像するかもしれません。
しかしまったくそんなことはなく、ロブ・ライナーが精神的に傷を負った少年たちの日常から解き放たれた切なくもみずみずしい物語に仕立てあげています。
男性であれば、だれしも自分の子どものときを思い出して、胸がきゅうっとなるのではないでしょうか。

一生忘れられない数日、二度と戻れないあの頃

家庭に問題を抱える少年4人が、たった2日の小さな冒険に出るノスタルジックな名作。

列車の轢死体を探しにでかけながら、利害関係のないピュアな友情を育む過程にグッと来ます。一生忘れられない数日を、仲間とともに過ごす子どもたち。だれにでも振り返りたい過去がある、そんなことを思わせる名作です。

2シャイニング(1980)

シャイニング(1980)

引用元: Amazon

制作年1980年
上映時間119分
監督スタンリー・キューブリック
メインキャストジャック・ニコルソン(ジャック・トランス)、シェリー・デュヴァル(ウェンディ・トランス)、ダニー・ロイド(ダニー・トランス)、スキャットマン・クローザース(ディック・ハロラン)、バリー・ネルソン(スチュアート・アルマン)ほか

壁に挟まれたおっさん

スティーブンキング原作の初映画化作品『キャリー』に続き、映像化されたサイコホラーの傑作『シャイニング』。『アイズ ワイド シャット』や『時計じかけのオレンジ』などでも知られる、スタンリー・キューブリックが監督を手掛け、細部に至るまでこだわった演出や伏線、説明のつかない恐怖を植え付ける世界観で人々を魅了しています。
作中では、なんといってもジャック・ニコルソン演じる主人公の狂気さ・異常さと、恐れおののく妻・ウェンディ―の顔芸が印象的。あとは、双子の少女と左右対称な構図が印象的で、独特の世界観と終始なんともいえない不気味さに包まれています。
また、続編映画『ドクタースリープ』が公開され、2019年を締めくくるにふさわしい作品となっている模様。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

人間の狂気

ホラー映画でおススメは何?ときかれたら必ずあげる映画です。スタンリーキューブリックの演出で今までにない奇妙な空気で物語は進みます。カメラワーク、効果音、最初から最後まで飽きません。ホテルで繰り広げられる怪異、小さなきっかけから始まり家族を襲うジャックニコルソンの狂気に満ちた演技はトラウマものです。なぜかまた見たくなる映画です。

かお

かおさん

2位に評価

ジャック・ニコルソンの圧倒的な存在感

1980年の公開ですがいまだに各ホラー映画ランキングで上位に入る、スタンリー・キューブリック監督の傑作ホラー映画です。
映像の美しさとともに、特筆すべきは主演をつとめたジャック・ニコルソンの演技のすごさです。
しだいに狂気に取り憑かれていく父親を見事に演じきっていました。
ホラー映画ファンなら、ぜひ一度は見るべき作品だと思います。

残りの2件のコメントを読む

3ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間143分
監督フランク・ダラボン
メインキャストティム・ロビンス(アンディ)、モーガン・フリーマン(レッド/エリス・ボイド)、ウィリアム・サドラー(ヘイウッド)、ボブ・ガントン(ウォーデン・サミュエル・ノートン)、ジェームズ・ホイットモア(ブルックス・ヘイトレン)ほか
主題歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

生きるとは

希望に満ち溢れてて優しい気持ちにさせてくれるいい映画です!何を持って何を求めて生きるか、生きるとは何か、必死に生きるか必死に死ぬか。生きていることが希望なのだと教えてくれます。最後のバスに揺られて語るモノローグはじんわりと響きます。

かお

かおさん

1位に評価

死ぬまでに見たい名作

希望がテーマの本作。諦めず信じることや、理不尽な現実でも強く立ち向かうことを学びました。

4ミザリー

ミザリー

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間108分
監督ロブ・ライナー
メインキャストジェームズ・カーン(ポール・シェルダン)、キャシー・ベイツ(アニー・ウィルクス)、リチャード・ファーンズワース(バスター保安官)、フランシス・スターンハーゲン(ヴァージニア)、ローレン・バコール(マーシャ・シンデル)ほか

ファンは恐ろしい

ある作家の狂信的なファンが、彼を拉致して動けないようにして、自分のためだけに小説を書かせる、という恐ろしい話です。
確か、作家の筒井康隆が映画を観て震えあがった、となにかで書いておられました。
作家の人にとっては、とりわけに恐ろしいテーマなのでしょう。
主演のキャシー・ベイツは、この映画のために意図して太ったそうですが、憎々しく狂気をはらんだ女性を見事に演じています。

怖い

これはとにかく面白かった!終始ハラハラドキドキ
絶対忘れられない映画

ユキさん

1位に評価

5キャリー(1976年)

キャリー(1976年)

引用元: Amazon

制作年1976年
上映時間98分
監督ブライアン・デ・パルマ
メインキャストシシー・スペイセク(キャリー・ホワイト)、パイパー・ローリー(マーガレット・ホワイト)、エイミー・アーヴィング(スー・スネル)、ウィリアム・カット(トミー・ロス)、ナンシー・アレン(クリス・ハーゲンセン)ほか
主題歌-
公式サイト-

虐げられた少女の復讐

2013年にクロエ・モレッツ主演でリメイクされていますが、ここであげるのは、1976年、ブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演の第1作のほうです。
ひとことで言えば、散々に虐げられた超能力少女がラストでぶちきれて超能力を全開にして殺戮を働く、というものです。
主演のシシー・スペイセクは絶世の美少女では全然なく、はかなげな非美少女であるところが共感を呼ぶと思います。

ホラーに感動

当時 映画館で観た者にとって感動してしまったホラー映画。今でも鮮明に覚えてる場面もあってこの映画きっかけで映画は勿論ホラー映画が大好きになった

ユキさん

1位に評価

6グリーンマイル

グリーンマイル

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間188分
監督フランク・ダラボン
メインキャストトム・ハンクス(ポール・エッジコム)、デヴィッド・モース(ブルータス・”ブルータル”・ハウエル)、ボニー・ハント(ジャン・エッジコム)、マイケル・クラーク・ダンカン(ジョン・コーフィ)、ジェームズ・クロムウェル(ハル・ムアーズ)ほか
主題歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

卓越した演技力

ホラーのイメージが根強いスティーブンキングですが、実はファンタジーやSF作品も多数発表しています。そのうち、名作と名高い作品には必ず挙がり、大衆にも高い知名度を誇るのが『グリーンマイル』。1932年、大恐慌時代の刑務所を舞台に、トムハンクス演じる看守主任・ポール目線でストーリーが進んでいきます。物語は、幼女殺人の容疑で1人の大男が収容所にくるところからはじまり、その役をマイケル・クラーク・ダンカンが演じているのですが、この時点でハマり役すぎて鳥肌。登場人物はそこまで多くないですが、演技力の高い俳優ばかりで、役の設定関係なしに何年たっても鮮明に思い出せるほどの世界観を創り出しています。
ネタバレ・詳しい感想は避けますが、ただひとついえるのは''外国の収容所には必ずといっていいほどクズ看守がいる''ということ。笑

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

3位に評価

優しい人だからこそ

映画館で友達と大泣きしたのを覚えています。3時間と長い大作ですが気になりません。死刑という衝撃的なシーンもありますが目を離さず見てもらいたいです。執行人の気持ちにも触れて欲しいです。裁かれざる者が裁かれるのはとても悲しかった。生まれてきた事を謝る、この言葉は深く印象に残ったセリフです。

かお

かおさん

3位に評価

7IT/イット

IT/イット

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間187分
原作スティーヴン・キング『IT/イット』
監督トミー・リー・ウォーレス
メインキャストティム・カリー(ペニーワイズ)、リチャード・トーマス(ビル・デンブロウ)、ジョン・リッター(ベン・ハンスコム)、アネット・オトゥール(べバリー・マーシュ)、リチャード・メイサー(スタンリー・ユリス)ほか

トラウマ

スティーブンキングの小説原作の映画はホラーからサスペンスまで名作揃いですが、そのなかでもひときわ印象に残っているのが『IT』。幼少期になにげなく観たことを期に、どんだけポップでフレンドリーなピエロをみても「こいつ、絶対人殺すわ。」と思うようになりました。笑
本作で出てくるのは、赤い風船もった不気味なサイコピエロ・ペニーワイズですが、実は6年で33人の少年の命を奪った、アメリカの犯罪史上もっとも凶悪な殺人鬼の1人をモデルにしているとのこと。怖すぎる。
1990年に1作目が公開されて以来、人々に多大なトラウマを植え付けているこの作品。2017年には待望のリメイク版が、さらに2年後にはその続編が公開され、平成の終わりにもしっかりと爪痕を残しました。
ちなみに1作目では、イケメン・モブ・デブ・喘息持ちガリなど、割とキャストのキャラ設定がきっちり分かれていますが(とくに幼少期)、新作ではみんな顔が整いすぎていてイケメンショタ祭となっています。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

8ミスト

ミスト

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間125分
監督フランク・ダラボン
メインキャストトーマス・ジェーン(デヴィッド・ドレイトン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(ミセス・カーモディ)、ローリー・ホールデン(アマンダ・ダンフリー)、アンドレ・ブラウアー(ブレント・ノートン)、トビー・ジョーンズ(オリー・ウィークス)ほか

なんか怖い

得体のしれない生物が霧の中に住んでいて、そいつらに襲われると一巻の終わりというホラー映画。

じわじわとした怖さがあった。エイリアンとかプレデターみたいに、ルックスがわかったうえで襲われるのも怖いけど、何だか知らないうちに殺されるのもすごくゾッとする。

悲しい

映画としては100点!でもええっっ!と言う個人的感情でマイナス。この映画を観て開いた口が塞がらないと言う言葉の意味と体験を初めて経験しました。そこには感動と映画の面白さを教えてもらってとても楽しめました勧めた友人たちからも口々に二度と見られないと嘆きをいただきましたがこの映画の話をする時には花が咲きます

ユキさん

4位に評価

9ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー

引用元: Amazon

『ドリームキャッチャー』(Dream Catcher)は、2003年製作のアメリカ映画。スティーヴン・キングの同名小説の映画化作品。 スティーヴン・キングの『IT イット』『スタンド・バイ・ミー』『トミーノッカーズ』といった作品群をごちゃ混ぜにし、軍内部の対立も描いたバディ・SFホラーアクション。

こっちの感じね

タイトル、イメージ画像、あらすじに飛びつき精神世界ホラーかと思いきや!まぁ、嫌いではないのでそこも楽しめた映画ではありました、が、なんだかちょっと残念。

ユキさん

10位に評価

10ペット・セメタリー(1989)

ペット・セメタリー(1989)

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間103分
監督メアリー・ランバート
メインキャストデイル・ミッドキフ(ルイス)、フレッド・グウィン(ジャド)、デニーズ・クロスビー(レイチェル)、ブレーズ・バーダール(エリー)、ミコ・ヒューズ(ゲイジ)ほか
主題歌-
公式サイト-

どんなに悲しくても死んだ家族は帰らない

2019年にリメイクされていますが、ここであげるのは、1989年に公開されたメアリー・ランバート監督の第1作のほうです。
死んだペットを蘇らせる墓地に、死んだ家族を埋めて蘇らせようとする父親の話です。
不気味さとか怖さとかはもちろんあるのですが、それ以上に、そうまでして家族に帰ってきてほしいと願う父親の想いが切ない映画です。

111408号室

1408号室

引用元: Amazon

制作年2007年
上映時間106分
監督ミカエル・ハフストローム
メインキャストジョン・キューザック(マイク・エンズリン)、サミュエル・L・ジャクソン(ジェラルド・オリン支配人)、メアリー・マコーミック(リリー・エンズリン)、ジャスミン・ジェシカ・アンソニー(ケイティ・エンズリン)、トニー・シャルーブ(サム・ファレル)ほか
主題歌-
公式サイト-

12シークレット ウインドウ

シークレット ウインドウ

引用元: Amazon

『シークレット ウインドウ』(原題:Secret Window)は、2004年に公開されたアメリカ合衆国の映画。スティーヴン・キングの中篇小説『秘密の窓、秘密の庭』(『Four Past Midnight』に所収)を原作としている。

なるほど!

どんでん映画初心者にはめっちゃ楽しめます
なるほど!そー言うことか!と段々分かっていく辺りからハラハラします。それまではなんだろう?!どうなってるんだろう?と引き込まれていきました。ジョニー・デップの表情の変化も見ものでした!

ユキさん

3位に評価

13キャリー(2013年)

キャリー(2013年)

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間100分
監督キンバリー・ピアース
メインキャストクロエ・グレース・モレッツ(キャリー・ホワイト)、ジュリアン・ムーア(マーガレット・ホワイト)、ジュディ・グリア(デスジャーディン)、ポーシャ・ダブルデイ(クリス)、アレックス・ラッセル(ビリー)ほか

クロエかわいい

怖い。正気を失った主人公の少女「キャリー」は確かに怖いけど、それ以上にクロエ・グレース・モレッツがかわいい。

外国映画にありがちな「プラム」に、キャリーが参加することにさえならなければなぁ......

14IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

引用元: Amazon

制作年2017年
上映時間135分
監督アンディ・アンディ・ムスキエティ
メインキャストジェイデン・リーベラー(ビル・デンブロウ)、ビル・スカルスガルド(ペニーワイズ)、ジェレミー・レイ・テイラー(ベン・ハンスコム)、フィン・ウルフハード(リッチー・トージア)、ソフィア・リリス(べバリー・マーシュ)ほか

ホラー版スタンド・バイ・ミー

1990年公開の初代「IT」見て育った勢です。
劇中の "ペニーワイズは27年周期で登場する" という設定にあわせて、27年後の2017年に公開された今作。

登場キャラがめちゃくちゃ可愛くなっとる。顔面レベルが高すぎる。

ペニーワイズが登場するシーンを除けば、スタンド・バイ・ミー並の最高な青春ドラマ映画でした。個人的にはこちらのほうが好き!!

15黙秘

黙秘

引用元: Amazon

『黙秘』(もくひ、原題:Dolores Claiborne)は、1995年のアメリカ合衆国のサスペンス映画。原作はスティーヴン・キングの小説『ドロレス・クレイボーン』。監督はテイラー・ハックフォード、出演は キャシー・ベイツとジェニファー・ジェイソン・リーなど。

21位~24位を見る

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1キャリー(1976年)

    キャリー(1976年)

  2. 1ミザリー

    ミザリー

  3. 3シークレット ウインドウ

    シークレット ウインドウ

  4. 4シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  5. 4グリーンマイル

    グリーンマイル

  6. 4ミスト

    ミスト

詳細を見る

ユキさんの評価


1
  1. 1IT/イット

    IT/イット

  2. 2シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  3. 3グリーンマイル

    グリーンマイル

  4. 4スタンド・バイ・ミー

    スタンド・バイ・ミー

詳細を見る
びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさんの評価


1
  1. 1シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  2. 2ドリームキャッチャー

    ドリームキャッチャー

  3. 3IT/イット

    IT/イット

  4. 4グリーンマイル

    グリーンマイル

詳細を見る
富田 大樹

富田 大樹さんの評価


1
  1. 1スタンド・バイ・ミー

    スタンド・バイ・ミー

  2. 2ミスト

    ミスト

  3. 3キャリー(2013年)

    キャリー(2013年)

  4. 4ショーシャンクの空に

    ショーシャンクの空に

詳細を見る
ほろけい

ほろけいさんの評価


0
  1. 1スタンド・バイ・ミー

    スタンド・バイ・ミー

  2. 2シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  3. 3IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

    IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

  4. 4IT/イット

    IT/イット

詳細を見る
ピカチュ

ピカチュさんの評価


0
  1. 1ショーシャンクの空に

    ショーシャンクの空に

  2. 2シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  3. 3グリーンマイル

    グリーンマイル

詳細を見る
かお

かおさんの評価


0
  1. 1シャイニング(1980)

    シャイニング(1980)

  2. 2スタンド・バイ・ミー

    スタンド・バイ・ミー

  3. 3キャリー(1976年)

    キャリー(1976年)

  4. 4ミザリー

    ミザリー

詳細を見る

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ