みんなのランキング

スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー

引用元: Amazon

制作年1986年
上映時間89分
原作スティーブン・キング『スタンド・バイ・ミー』
監督ロブ・ライナー
脚本ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン
メインキャストウィル・ウィートン(ゴーディ・ラチャンス)、リヴァー・フェニックス(クリス・チェンバーズ)、コリー・フェルドマン(テディ・デュチャンプ)、ジェリー・オコンネル(ヴァーン・テシオ)、キーファー・サザーランド(エース・メリル)ほか
制作アンドリュー・シェインマン、レイノルド・ギデオン、ブルース・A・エバンス
主題歌・挿入歌Stand by Me / ベン・E・キング
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし
参考価格1,215円(税込)

『スタンド・バイ・ミー』(原題: Stand by Me)は、1986年公開のアメリカ映画。原作はモダン・ホラーの大家スティーヴン・キングの非ホラー短編集で『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』(『スタンド・バイ・ミー (小説)』)である。1959年代末のオレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む4人の少年たちが好奇心から、線路づたいに“死体探し”の旅に出るという、ひと夏の冒険を描いている。(引用元: Wikipedia)

コメント・口コミ

全 18 件を表示

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

胸にしみる永遠の絆

夏の終わり、田舎町に住む少年4人が体験する冒険物語。とはいえ、冒険は、あくまでストーリーに過ぎず、描かれるのはそれぞれが背負った運命と、少年たちの強い絆です。

共に冒険をしながらも、4人が歩まざるを得ない道は大きく分かれて行きます。ただただ友情と冒険心だけで共にいられる、つかのまの時期。まさに夏の終わり、少年期の終わりの宝石のような時間が、この作品には描かれています。その時間にまばゆさに、いつ見ても胸が熱くなってしまうのです。

そして、なんといってもリバー・フェニックスの凛々しさが見もの。早逝してしまったことが惜しまれます。
テーマ曲に使われたベン・E・キングの名曲を耳にするたび、この映画の場面が思い浮かぶほど、ずっとずっと好きな作品です。

萩尾 瞳

映画評論家、ミュージカル評論家

萩尾 瞳さん(女性)

3位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

夏になると観たくなる

少年たちが死体を探して
旅に出る話です。

線路を歩くシーンがとても好きです。
田舎で、線路を見つけると
よく真似して歩きました。笑

子どもの頃に仲が良かった子とは
意外と疎遠になるものだと
私も実感しています。

かすみ

かすみさん(女性・20代)

1位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

リヴァー・フェニックスがかっこいい

オレゴン州の田舎町に住む4人の少年たちが死体探しの冒険をするお話です。
それぞれが様々な悩みを抱えていて、少年たちの危うさが魅力的で物語に引き込まれます。

4人のリーダー的存在のクリスに夢中になりました。
クリス役の少年はいまどうしてるのだろう?と気になり調べたら若くして既に亡くなられていたのでとても衝撃を受けました。

ure

ureさん(女性・30代)

2位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

when the night

死体を見に4人の少年が徒歩で向かう話。そこに意味なんてない。少年の時期は本当に多感だから、家族のこと自分のこと、色々な思いをそれぞれ抱えつつ、線路を歩いたりヒルだらけの湿地帯をしゃにむに歩き続けたりする。

彼らがこの旅で何を得たかは一見分からないかもしれない。どんなに絆を深めあっても、これからの人生で関わりあうこともないかもしれない。それでも少年時代のちょっとした冒険は当人たちにとって、どんな宝物よりも優れているということをこの映画は教えてくれる。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

20位に評価

夏映画ランキングでのコメント・口コミ

少年4人の勇気と希望の話、ではない

初めてこの映画を見たのは小学3年性くらいの頃だった。当時はまだビデオデッキを使っていて、家にあるいくつかのビデオの中でも、これだけは何十回と見ていた記憶がある。当時はただの冒険モノとして楽しんでいたと思う。

しかしつい最近、10年以上ぶりにこの映画を再鑑賞するきっかけがあった。改めてみると、当時は1ミリも理解できていなかった背景や心情を察することができた。イノセンスや友情などというポジティブなストーリーというだけではなく、むしろ4人がそれぞれの闇を持っていて、それらと寡黙に向き合っている様子が描かれている。

幼少期に1回、大人になってから1回、それぞれ違う感じ方をすることができたので2倍楽しめた。映画を通して自分を定点観測するのも良い。

goh

gohさん(男性・20代)

3位に評価

ウェンザナイ!

子供4人が線路を渡る描写が印象的なスタンド・バイ・ミー。この映画は、子供時代ってなんか無性に冒険したくなったなぁという、遠い昔の記憶を呼び覚ましてくれる。

それにしてもリバー・フェニックスは、ガキンチョのころからかっこいいなぁと、この映画をみるたび思う。

OPのスタンドバイミーをそらで歌えるように練習したけど、途中で断念した。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

1位に評価

切ない青春映画

少年たちが死体捜しの旅に出る話、と聞くと、不気味な映画を想像するかもしれません。
しかしまったくそんなことはなく、ロブ・ライナーが精神的に傷を負った少年たちの日常から解き放たれた切なくもみずみずしい物語に仕立てあげています。
男性であれば、だれしも自分の子どものときを思い出して、胸がきゅうっとなるのではないでしょうか。

びんぼーじん

びんぼーじんさん(男性・60代以上)

2位に評価

一生忘れられない数日、二度と戻れないあの頃

家庭に問題を抱える少年4人が、たった2日の小さな冒険に出るノスタルジックな名作。

列車の轢死体を探しにでかけながら、利害関係のないピュアな友情を育む過程にグッと来ます。一生忘れられない数日を、仲間とともに過ごす子どもたち。だれにでも振り返りたい過去がある、そんなことを思わせる名作です。

ピカチュ

ピカチュさん(女性・30代)

1位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

青春

本作は少年たちが大人になるまでの冒険をテーマにしています。
少年たちはさまざまな困難を乗り越えながら、死体を見つけに行くという目的のためだけに歩き続けます。
なんてことのない少年の日常のようなシーンの連続なのですが、端々に大人への階段を観ることができる。

まさ

まささん(女性)

1位に評価

夏映画ランキングでのコメント・口コミ

ウェンザナイ ハズカム

今は亡き名優、リバーフェニックスの代表作で、夏を迎えると無性に見たくなる名作映画といえば「スタンド・バイ・ミー」。タイトルを日本語訳すると、"そばにいて"的な意味らしい。主題歌の「stand by me」からそのままとったという話もあるが、真相は闇の中。

絶妙な時期の少年たちが過ごす、ひと夏の冒険。この映画を見ることで、記憶の隅に追いやっていた幼い日々が頭の中を巡るかも。

TSUTAYAでお待ちしてます。

ほろけい

ほろけいさん(男性・20代)

1位に評価

ロードムービーランキングでのコメント・口コミ

不良少年たちの青春

言わずと知れた名作ロード・ムービーです。
子どもの頃の一夏の思い出を回顧する映画ですが、まさに青春です。
行動自体、大人になって考えると思いつかないような無駄なことですが子どもの頃にはとても大きな出来事だったなあと思えます。
ただ、少年時代に真面目だった自分にはあまり共感出来るところがなく、この順位になりました。

えみたん

えみたんさん(男性・20代)

3位に評価

ロードムービーランキングでのコメント・口コミ

冒険

この映画も大好きな作品の一つ。子供の頃を思い出します。日本で線路の上を歩いていたら即捕まってしまうけど、そこは大らかなアメリカ。観ていてとてもうらやましく思いました。友達と自転車漕いで、高圧線の鉄塔がどこまで続いているか冒険したことを思い出します。

JS

JSさん(男性・50代)

3位に評価

ロードムービーランキングでのコメント・口コミ

懐かしい気持ちにさせてくれる

何度も何度も繰り返し見ている作品です。少年4人が死体を探す旅に出るという物語です。それぞれ家庭に悩みを抱えながらも、旅に出てお互いを助けながら歩いていく少年たちを見ていると、青春時代を思い出して苦しいような、懐かしいような気持ちになります。

まこ

まこさん(女性・20代)

4位に評価

青春映画ランキングでのコメント・口コミ

人生で2回見る映画

1回目は少年時代に、2回目は大人になってから。
ただ遠い場所にある死体を少年達が探しに行く映画。
しかし、美しい音楽と少年たちの淡い友情がノスタルジーな雰囲気を醸し出し、我々を望郷の彼方に連れて行ってくれる傑作

masakari

masakariさん(男性・20代)

1位に評価

夏映画ランキングでのコメント・口コミ

線路を歩きたくなる

少年たちの一夏の冒険。

田舎で線路を見つけると
真似して歩きたくなっちゃう。笑

かすみ

かすみさん(女性・20代)

3位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

何度でも観たくなる

OPとEDは物悲しい気持ちになる。
が、4人で過ごした思い出には少年達のストレートな感情や儚くも強さが感じられる友情が沢山詰まっている。

フランキー05

フランキー05さん(女性・30代)

5位に評価

80年代洋画ランキングでのコメント・口コミ

人生で一度は観るべき

幼少期特有の仲間意識や焦燥感が表現されている。最後の大人になってからのお話も含めてどこか切なさがある映画。

にんにん

にんにんさん(女性)

1位に評価

少年時代を思い出す

この映画を見ていると無邪気に遊んでいた少年時代を思い出すことができ、なつかしい気持ちになることができる

しぇーろん

しぇーろんさん(男性・10代以下)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?