みんなのランキング

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

引用元: Amazon

制作年1994年
上映時間143分
原作ステーブン・キング『刑務所のリタ・ヘイワース』
監督フランク・ダラボン
脚本フランク・ダラボン
メインキャストティム・ロビンス(アンディ)、モーガン・フリーマン(レッド/エリス・ボイド)、ウィリアム・サドラー(ヘイウッド)、ボブ・ガントン(ウォーデン・サミュエル・ノートン)、ジェームズ・ホイットモア(ブルックス・ヘイトレン)ほか
音楽トーマス・ニューマン
主題歌・挿入歌-
公式サイト-
動画配信サービスU-NEXT:配信中
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:配信中
Hulu:なし

『ショーシャンクの空に』(ショーシャンクのそらに、原題:The Shawshank Redemption)は、1994年に公開されたアメリカ映画。刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』。監督・脚本はフランク・ダラボンが務め、彼の初監督作品でもある。原題の「The Shawshank Redemption」は直訳すると「ショーシャンクの贖い」になる。

引用元: Wikipedia

コメント・口コミ

全 34 件中 1 〜 20 件を表示

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

「希望」の力に胸打たれる。

いわゆる「切ない」「悲しい」系の涙ではなく、感動に胸揺さぶられたからこそあふれる爽快な涙があふれる作品です。
冤罪で投獄されたアンディ(テxム・ロビンス)が、秘かに脱獄を企て一人でこつこつと準備をしていきます。やはり囚人のレッド(モーガン・フリーマン)との間に徐々に友情を育みながら、寡黙に目的に向かっていく姿が、時にスリリング、時に感動的です。

「希望」が、どれほど人生を照らしてくれるかと描いた感動作です。劣悪な環境のなかで、唯一希望を持ち続けることで成し遂げた奇跡のラストには、快い涙が流れると思います。(少なくとも私は、そうです。)

萩尾 瞳

映画評論家、ミュージカル評論家

萩尾 瞳さん(女性)

3位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

見ないと人生損するレベルの名作

無実の罪でショーシャンク刑務所おくりになったアンディの物語。原作はスティーブン・キングで受賞はしませんでしたがアカデミー賞に7部門もノミネートされた名作です。ワクワクやドキドキは少ないですが,映画ってこういうものなんだなと思わせてくれるので,見ていない人はぜひ見てください!!

富田 大樹

富田 大樹さん(男性・30代)

1位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

最後はパッケージ通り両手を広げたくなる

朽ちぬ名作として多く人々に評価されている『ショーシャンクの空に』。冤罪で投獄された優秀な銀行員が、腐敗した刑務所のなかで希望を捨てず生き抜いていくというストーリーで、スティーブン・キングの中編小説の一節を原作としています。主人公のアンディをティム・ロビンスが、調達屋でアンディの良き理解者、ストーリー進行での語り部でもあるレッド役にモーガン・フリーマンが抜擢されていて、この2人の関係性がよいのも見どころ。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

3位に評価

面白い洋画ランキングでのコメント・口コミ

ラストがスカッとする!

冤罪で捕まった男の話。

ずっと胸がモヤモヤして、
嫌な気持ちになる。

最後は、鳥肌が立つ。
主人公は諦めてなかった。
聖書、ポスター、靴磨き、隠し口座…
全て このためだったんだと
かなりスカッとする!

残りの人生を
どんな風に過ごすんだろう、
幸せになって欲しいと
強く思いました。

かすみ

かすみさん(女性・20代)

2位に評価

言葉もでないほど名作

公開から20年以上たった今でも名前が出るほど大人気の不朽の名作。何気に知られていないですが、ホラーの巨匠=スティーブン・キング氏の作品でもあります。だから名作。これは仕方がない。何回も観ました。数々のトリビアがあるのでそれ知ったあとでもう一回観るとまた新鮮。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん(女性)

1位に評価

生きるとは

希望に満ち溢れてて優しい気持ちにさせてくれるいい映画です!何を持って何を求めて生きるか、生きるとは何か、必死に生きるか必死に死ぬか。生きていることが希望なのだと教えてくれます。最後のバスに揺られて語るモノローグはじんわりと響きます。

かお

かおさん(男性・30代)

1位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

様々な感情

この映画を観た後に涙を流しましたが、その涙は私が今までに経験した中でも最も複雑な感情を孕んだものでした。主人公が自分の力で刑務所を抜け出したことへの称賛への涙、もう戻ってこない失われた時間への同情への涙、悪徳刑務所長の裏金を全部自分のものにしてしまった主人公に対する脱帽への涙、主人公の仲間に対する友情への涙、自由であることの尊さに対する感謝への涙。その涙の味はとても甘酸っぱいものでした。

shuto

shutoさん(男性・20代)

1位に評価

元気が出る映画ランキングでのコメント・口コミ

最後に完璧なハッピーエンド

前半は主人公にとって悪い出来事ばかりが起き、暗い映画だなと思っていると後半にさしかかったところで主人公のおかげで囚人の皆に仲間意識や人を思いやる心が芽生えてきて、最終的に大ハッピーエンドになる展開は見終わってからとても元気がでる。努力を続けていても中々結果が出なかった、当時の私はこの映画を見て、とても元気が出た。

よっさん

よっさんさん(男性・20代)

1位に評価

脱獄映画ランキングでのコメント・口コミ

最高のラスト

最高の映画です。
物語は紆余曲折あり、主人公に最後の最後まで試練を与え続けます。
しかし、ラストの爽快感解放感は他の映画の追随を許さないと私は思います。
自分の信じたことを突き詰めると必ず光は見えてくるというメッセージも好きです。

山男

山男さん(男性)

1位に評価

脱獄映画ランキングでのコメント・口コミ

最後の爽快感が素晴らしい。

無実でありながら刑務所に囚われて、その中での人間関係であったり、仕組みなどは目を見張るところがありました。その中でも、希望を捨てずに前向きな考えを持ち続ける様は、自分自身が悩んでいる時に、今でも鑑賞をして勇気付けられます。

飯田橋

飯田橋さん(男性・40代)

1位に評価

静かなる男気を魅せる影の主役感

主人公のアンディが「動」なのに対して、モーガン・フリーマン演じるレッドは「静」であるが二人が共通の目的を持って男同士の友情を深めていくところが、大人になってからの友情というより、子供の頃の純粋で堅い友情を感じさせられたところが感動するポイントだった。途中、獄中で見ていられないような出来事が起こってしまうが、この二人の話で救われる作品。彼を知ったのはこれが初めてだったが、その先もずっと彼の作品を見たいと思わせるきっかけとなった映画でした。

オズイサン

オズイサンさん(男性・30代)

1位に評価

泣ける映画ランキングでのコメント・口コミ

勇気をもらえる

無実なのに刑務所に入れられてしまう主人公。刑務所での仕打ちはあまりにも酷すぎます。そんな中でも落ちぶれずに何でもこなして行く姿には勇気をもらえました。頑張れる人は例え刑務所の中でも頑張れるんだなと。閉ざされた空間から解き放たれた時のあの爽快感は何とも言えない清々しい気持ちになれます。

bitter

bitterさん(女性・30代)

2位に評価

“友情”に深い意味がある

多くの人が知っていると思うので、あらすじは省略しますが、主人公の白人アンディの友人になったのが、黒人のレッドだったという点がまず素晴らしいではありませんか!

人種差別や侮蔑、不正や暴力など心苦しい内容が描かれるなかで、人種の違いなどものともせず、人柄を重視して友情が育まれた点は、この映画の進行中に唯一の希望を持たせてくれたような気がします。

うまく言えないけど、レッドを演じたのがモーガン・フリーマンでよかったと強く感じました。

おさる

おさるさん(女性・40代)

1位に評価

ヒューマンドラマ映画ランキングでのコメント・口コミ

自由に対する様々な価値観

刑務所から出所した時、それぞれの人間がどのようにそれを捉えるのかという価値観の違いが巧みに表現されていて素晴らしいと思いました。一般的に考えれば、出所できるということは嬉しいことだと思いますが、この作品ではそれに対して新たな見方を与えているところがとても新鮮で魅力的に感じました。また、主人公が刑務所での苦しい生活にくじけずに前を向き続け、次第に囚人たちの中で中心的な存在へと変わっていく姿がとてもかっこいいです。

みじゅほ

みじゅほさん(女性・20代)

1位に評価

ヒューマンドラマ映画ランキングでのコメント・口コミ

人生に「希望」は必要

いつ見ても「今、自分は希望を持ち続けているか?」という問いをくれます。アンディとの交流を積み重ねた殺人で服役しているレッド。どこか人生を諦めた体でいた初老の男性が、自由になることへの拒否感を開放させていく段階は、さなぎが蝶へと進化していく過程を見ているような錯覚を覚える。見終わった後はいつも爽快感しかない。嫌なことがあり、また立ち上がろうというときに何度も見返している。

ネコガスキー

ネコガスキーさん(女性)

1位に評価

ラストシーン

無実の罪で服役することになってしまった銀行家アンディ。
どんな過酷な状況でも決して希望を捨てず、アンディが持ち続けた希望はいつしかレッドの希望へと繋がった…
アンディとレッドの再会、青く広がる海が沁みるラストシーンに涙。
アンディを演じたティム・ロビンス、レッドを演じたモーガン・フリーマン。どちらも素晴らしい!

さくらは

さくらはさん(女性・40代)

2位に評価

希望を持って生きることの大切さを教えてくれる名作

言わずと知れた名作ショーシャンクの空にが1位です。希望を持って生きる気持ちの大切さを思い出させてくれます。見なきゃ勿体無いと言えるほどの映画です。名言も数多く出てくるし、見終わったらスカッとするので大好きです。モーガンフリーマンがいい深みを出してくれている作品だと思います。

ぷー

ぷーさん(女性・30代)

1位に評価

人生に絶望したら見てほしい映画

すべての映画のなかでもトップクラスのストーリー性を誇る傑作中の傑作です。映画の中では、長い時間にわたり獄中での生活の移り変わりが描かれているのですがモーガン・フリーマンの若いころと年老いたころの演技の差が素晴らしく、見ごたえのある作品になっています。

NOMURA

NOMURAさん(男性・30代)

1位に評価

脱獄映画ランキングでのコメント・口コミ

強い意志と固い友情に心打たれる

苦難の時代に生まれ、何があっても諦めずに生き抜こうとする主人公の姿に心打たれた。また、その原動力となる固く結ばれた友情にも感動した。今の時代では考えられないほど自由というものが尊かったことが感じられる。

あき

あきさん(女性・20代)

1位に評価

面白い映画ランキングでのコメント・口コミ

希望は、死なない。

絶望に包まれた独房。地獄のような毎日、それでも主人公は諦めない。
終盤、雨と共にやってくる希望の光と美化されたラストシーン…
ぜひ、この名作を一度味わってください。

よ つ

よ つさん(10代以下)

1位に評価

関連しているアイテム

関連しているタグ

新着記事

みんランで人気のランキング

「映画」タグで人気のランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?