みんなのランキング

歴代M-1グランプリ審査員人気ランキング!みんなが好きなM-1審査員は?

オール巨人松本人志上沼恵美子富澤たけし塙宣之

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数23
投票参加者数266
投票数1,471

みんなの投票で「歴代M-1グランプリ審査員人気ランキング」を決定!結成15年までの漫才師が頂点を目指す“M-1グランプリ”。優勝後にブレイクを果たしたコンビも多く、芸能界での生き残りをかけた真剣勝負が行われます。審査員はお笑い界で大きな功績を残している人物たちで、審査内容が毎回注目を集めています。コンテストの企画者である「島田紳助」や、カリスマお笑い師の「松本人志」、厳しい言葉の中に愛がある「上沼恵美子」などが揃うなかでNo.1に輝くのは?あなたが好きな、M-1審査員を教えてください!

最終更新日: 2022/01/25

ランキングの前に

1分でわかる「M-1グランプリ」

漫才師の頂点を目指す若手が集結!

結成から15年以内の若手漫才師を対象とした漫才コンテスト「M-1グランプリ」。2001年に島田紳助が企画し、吉本興業主催で創設されました。2010年に行われた第10回目で一度終了したものの、2015年に復活を遂げています。数多くの漫才師が頂点を目指して熱戦を繰り広げ、毎年話題を集める一大コンテストです。そんな漫才師たちを審査する審査員には、お笑い界のカリスマ達が名を連ねています。“とにかく面白い漫才”という審査基準のもと、シビアな採点やコメントがSNSでトレンドワードに上がることも少なくありません。

関連するおすすめのランキング

M-1チャンピオンランキングはこちら!

歴代M-1グランプリ王者ランキング

M-1審査員もランクイン?

お笑い芸人ランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、M-1グランプリの審査員を務めたことのある人物が投票対象です。すでに引退した人物も含め、あなたが好きなM-1審査員に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1上沼恵美子

上沼恵美子

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1955年4月13日 / おひつじ座 / 未年
出身地兵庫県
代表作品朝日放送テレビ『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』
読売テレビ・中京テレビ共同制作『上沼・高田のクギズケ!』
朝日放送ラジオ、関西ローカル『上沼恵美子のこころ晴天』
公式SNS-

もっと見る

公平ではないがコメントが秀逸

審査員は公平な目線で漫才の審査をしないといけないはずですが、上沼恵美子さんの審査はかなり好き嫌いが入っているように見えます。可愛がっている芸人には高得点をつける一方で好みではないと他の審査員よりも明らかに低い点をつけたりとしていたように思います。決して公平ではないですが、厳しい目線で漫才を見ていてネタの考察や分析力はさすがです。それが良くも悪くも出場者に緊張感を与えていたのは間違いありません。2020年に優勝したマヂカルラブリーが大きな感動をよんだのは2017年に上沼恵美子さんに酷評されたからで、M-1の盛り上がりは審査員に上沼恵美子さんがいる部分が非常に大きいです。

報告

厳しいけど優しい

歯に衣着せぬ発言で、最初聞いたときは厳しいかな?と思うけれど、よく考えると叱咤激励の言葉なんだなと感じる愛が深い発言が多いので好きです。面白くないときははっきり言うし、厳しい言葉をかける相手には実は期待をしているというところがあるからという理由もいいです。ご本人がコメントされるときには、最後にはちゃんと笑いをとるようにしてくれるので、張り詰めた海上の雰囲気を和らげる役目も果たしてくれていると感じます。

報告

松本人志も一目置く女ボス

嫌われているわけではないのだろうけど、毎年ハプニングを引き起こす人物です。M-1は初回から審査員として参加しています。関西では一番面白いと思います。特にラジオは最高です。

Hyuzi

Hyuziさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

2松本人志

松本人志

引用元: Amazon

コンビ・トリオ名ダウンタウン
生年月日 / 星座 / 干支1963年9月8日 / おとめ座 / 卯年
出身地兵庫県
プロフィール兵庫県尼崎市出身。1982年、小学校・中学校の同級生である浜田雅功とともに吉本総合芸能学院(NSC)大阪校の1期生として入学。1987年、初の冠番組『4時ですよーだ』がスタート。翌年、コント番組『夢で逢えたら』を機に東京進出。1989年放送開始『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や1991年より6年間放送された『ダウンタウンのごっつええ感じ』などでは出演する傍ら企画・構成も行なっている。2007年、監督・脚本・企画・出演を務めた映画『大日本人』で映画監督デビューを果たした。2019年11月29日放送分より、バラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』の3代目局長に就任。
代表作品著書『遺書』(1994)
日本テレビ『伝説の教師』(2000)
フジテレビ『ワイドナショー』(2013)
ABCテレビ『松本家の休日』(2014)
公式SNSTwitter

もっと見る

関連するランキング

大日本人

松本人志出演映画ランキング

おすすめの松本人志出演映画は?

絶対的存在。

日本のお笑い界のレジェンド的存在なだけあり、審査員席にいるだけで大会に高級感が出て、M-1が特別なイベントだと万人が感じる。
圧倒的センスと、カリスマ性は他とはやはり比べ物にならないレベルだと感じます。
今後もしまっちゃんが審査員として参加しなくなったとしたら、私はM-1を見る事はなくなるだろうと感じます。
まさに、なくてはならない存在。
日本の年末の風物詩にもなってきているイベントなので、ぜひ今後もずっとまっちゃんにだけは審査員を続けてほしいと思います。

報告

M-1を象徴する審査員

芸能界を引退した島田紳助さんに変わって、松本人志さんはM-1グランプリの審査員の象徴となっていると思います。
松本さんの審査は出場している漫才師にとっては神からの言葉のような重みがあり、審査の途中でもかならずひと笑い作る松本さんの話術は流石としか言いようがありません。
審査点数や審査内容も視聴者として同感できる点が多数あり、笑いの認識が視聴者とあまり離れていない点も信頼できる点だと思います。
今後続いていくであろうM-1グランプリを審査員の立場からしっかりと盛り上げている松本さんの功績は大きいと思います。

報告

負けても松ちゃんに褒められたら本望

現代のお笑い界を支えるレジェンド的存在。
松っちゃんの前でネタを披露しなければならないという挑戦者たちの気持ちを考えるだけでこちらまで緊張でゲロ吐きそうになる。

そんな松っちゃんの口から「面白かった」の言葉が聴けるとほんとホッとする。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

1位に評価

報告
コメントをもっと読む

3富澤たけし

コンビ・トリオ名サンドウィッチマン
生年月日 / 星座 / 干支1974年4月30日 / おうし座 / 寅年
出身地宮城県
プロフィール宮城県出身。お笑いコンビ「サンドウィッチマン」のボケ担当。ネタ作りも担当している。TV・ラジオ・映画などで活躍。主な出演作品として、NHK『笑いが一番』、日本テレビ『エンタの神様』、TBSラジオ『赤坂お笑いDOJO』『伊集院光・日曜日の秘密基地』、映画『修羅がゆく12』等多数。
代表作品テレビ『サンドのぼんやり~ぬTV』
テレビ『おいしい闘技場』
ラジオ『キャンパス寄席』
公式SNS-

もっと見る

公平さ

審査を主観なしで公平にジャッジする所が好感を持てます。歴代の他の審査員は、感情で選んでいるように感じる時がありました。しかし富澤たけしさんは、冷静に分析をして、的確なコメント、点数をつけている印象でした。またM1挑戦者たちに対しても決して辛口なことは言わず、心遣いが見受けられるアドバイスをされています。そういった彼の人柄に大変好感を持てます。公平さが必要な審査員にとっては相応しい人材だと思います。

報告

とにかく笑った

とにかく無性に笑いました 他の芸人さんのわざとらしいウケ狙いのようなものが一切なく純粋に面白い、笑わせて貰いました

報告

4オール巨人

生年月日 / 星座 / 干支1951年11月16日 / さそり座 / 卯年
出身地大阪府
プロフィール1951年生まれ、大阪府出身のお笑い芸人。1975年結成の漫才コンビ「オール阪神・巨人」のメンバーで、主にボケを担当している。趣味は、スポーツ観戦と、ゴルフ。主な出演作は、NHK『バラエティー生活笑百科』映画『明日があるさ THE MOVIE』、、DVD『永久保存版 吉本ギャグ100連発4横丁へよ~こちょ!編』などがある。
代表作品映画『恋極道』
お笑いライブ『よしもと祇園花月』
お笑いライブ『なんばグランド花月』

もっと見る

審査員として居なくてはならない存在です

同氏が審査員の筆頭に居ることで、M-1グランプリにきちんとした格があると言っても過言ではないでしょう。近年の漫才は多様化しており、内容によってはこれが果たして漫才なのかといった論争が巻き起こるほどですが、同氏の採点が大抵自分の考えと一番近く、本来の漫才というものを高く評価する姿はさすがは“師匠”だと言えると思います。同氏の存在がこの賞レースをきちんとした存在にしているのは間違いなく、これからも審査員を務めて欲しいと思っています。

報告

初めなんで?って思ったけど今やお馴染み

島田紳助の後釜。コテコテ枠。
かと思いきや着眼点はさすがであり、とにかく採点がシビア。
オーラがとにかく大御所で画面に映る度にこちらも気が気ではない。
大丈夫か……大丈夫か…と手を合わせたくなる緊張感。

コメントもすっきりさっぱりとしていて、全ては点数が物語っている。

びくとりあ

ロリBBA

びくとりあさん

2位に評価

報告

5塙宣之

生年月日 / 星座 / 干支1978年3月27日 / おひつじ座 / 午年
出身地千葉県
プロフィール千葉県出身。漫才コンビ『ナイツ』のボケ担当。趣味は、相撲観戦、プロ野球観戦、ドラマ「北の国から」鑑賞。特技はプロ野球の記録を覚えること。これまでにレギュラーとしてテレビ朝日『マツコ&有吉の怒り新党』(ナレーション)、フジテレビ『ミレニアムズ』、チバテレビ『ナイツのHIT商品会議室』、NHK Eテレ『0655』、TBS『カイモノラボ』などに出演。
代表作品フジテレビ『ミレニアムズ』レギュラー
テレビ朝日『マツコ&有吉の怒り新党』ナレーション
テレビ朝日『アメトーーク』
チャンネルURLナイツ塙の自由時間
公式SNSTwitter

もっと見る

分析力が素晴らしい

今では紅白やレコ大とともに、年末のテレビ番組の風物詩となりつつある「M-1グランプリ」。
その歴代審査員の中でも好きな1位に選んだのは、お笑いコンビ「ナイツ」の「はなわ」さんです。
芸人を好きか嫌いかでなく、 ネタそのものに重きを置いて評価している点や、
短時間でネタの分析をし、的確に的を射たコメントをしている印象があります。
さすが現役に近い世代であって、ネタに対するコメントや解説に説得力があって、大変分かりやすいです。

報告

独特な雰囲気

ナイツ塙さんはM1挑戦者をお笑いのライバルとして見ているように感じました。同じ土俵に立って、ライバルになるくらい最強の面白い奴は?と考えて独特の物差しで審査をしているように見えました。漫才のプロから見た審査基準に納得させられます。

報告

天才漫才師

やっぱり現場経験が段違いだからこそ分析も細かく正確な採点をしてる
塙さん自身が古き良き漫才を知りながら常に新しい漫才に挑戦しているため、王道漫才から型破りな漫才も万遍なく評価する事が出来てる

浅草の草さん

1位に評価

報告

6博多大吉

コンビ・トリオ名博多華丸・大吉
生年月日 / 星座 / 干支1971年3月10日 / うお座 / 亥年
出身地福岡県
プロフィール1971年生まれ、福岡県出身。博多華丸とお笑いコンビ「博多華丸・大吉」を組み、主にツッコミ担当とネタ作りを担当している。プロレス好きで、自身がレスラーになる夢は中学生のときに諦めたと言うが、高校卒業のときに社員としてサポートしようと新日本プロレスに履歴書を送ったほど。自虐トークが得意であり、また的確なコメント力からバラエティー番組には欠かせない存在となっている。
代表作品情報番組『ノンストップ!』(木曜レギュラー)(2012~)
TBSラジオ『たまむすび』(水曜レギュラー)
公式SNS-

もっと見る

言葉選びのセンスが光る

出演者への優しさが感じられるような振る舞いが多く、見ていて安心する。また、常に朗らかな笑顔でいるため、出演者もリラックス出来ているように感じる。視聴者から見ても、厳しい顔で審査を続けるよりも笑顔の方が楽な気持ちで視聴することが出来るので良いと感じた。
感想を述べる際も、言葉の選び方や使い方が上手いため素人目線でもわかりやすい審査となっていた。感情に左右されるのではなく、常に落ち着いた姿勢で審査に取り組んでいた姿も印象的だった。

報告

7礼二

生年月日 / 星座 / 干支1972年1月19日 / やぎ座 / 子年
出身地大阪府
プロフィール1972年生まれ、大阪府出身のお笑い芸人。実の兄、剛と1992年にお笑いコンビ「中川家」を結成。モノマネが得意で、「電車の車掌」「新幹線のトイレの水の流れる音」「アフリカ人」など多数の持ちネタがある。また、大の鉄道ファンであり、MONDO TV『中川家礼二の鉄学の時間』、『それゆけ!中川電鉄』など鉄道をテーマとした番組にも出演。その他、関西テレビ『快傑えみちゃんねる』、日本テレビ『笑神様は突然に…』、読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』など多数出演。
代表作品バラエティー『快傑えみちゃんねる』
バラエティー『それゆけ!中川電鉄』
バラエティー『笑神様は突然に…』
公式SNS-

もっと見る

シビアな目線

同じ漫才師として厳しくシビアに点数をつけているところに好感を持てました。普段の雰囲気とは全く異なり、鋭く審査をされていた所が印象的でした。また面白くない挑戦者に対しては、実力通りの点数をつけていて正直な所が良いです。

報告

8南原清隆

生年月日 / 星座 / 干支1965年2月13日 / みずがめ座 / 巳年
出身地香川県
プロフィールお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」のメンバー。お笑い芸人として活動する傍ら、近年はスポーツキャスターや記者としても活躍。また、俳優としての活動も増えている。これまでに、日本テレビ『ヒルナンデス!』(メインMC)、テレビ朝日『Get Sports』『NANDA!?』、NHK『世界遺産ドリーム対決!』など多数の番組に出演。俳優としても、映画『その日のまえに』『ナトゥ~踊る!ニンジャ伝説~』『L change the worLd』、舞台『現代狂言』、日本テレビ『私立探偵 濱マイク』など多数の作品に出演。
代表作品日本テレビ『ヒルナンデス!』
テレビ朝日『Get Sports』
フジテレビ『ネタパレ』
公式SNS-

もっと見る

9島田紳助

島田紳助

引用元: Amazon

島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、司会者、作詞家、プロデューサーである。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。作詞およびプロデュース名義はカシアス島田(カシアスしまだ)。京都府京都市南区出身。1974年から2011年の芸能界引退時まで一貫して吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

お笑いのレジェンド

M-1初期に審査員をしていた島田紳助さんが一番好きですね。不祥事によってテレビから姿は消えましたが、当時は凄くショックでした。私達視聴者が島田紳助さんに見捨てられたって感じる程に。普通の番組も島田紳助さんの手にかかれば面白いお笑い番組になっていましたし、クイズ番組をすればおバカアイドルグループを世に送り出したりと超活躍していました。法律関係のネタ提供も島田紳助さんが始めたことですし、今でも多大な影響を残していったレジェンドですね。

報告

10山崎弘也

コンビ・トリオ名アンタッチャブル
生年月日 / 星座 / 干支1976年1月14日 / やぎ座 / 辰年
出身地埼玉県
プロフィールお笑いコンビ「アンタッチャブル」のボケ担当。JCA第3期生。1994年、同期の柴田英嗣とコンビを結成。2004年、『M-1グランプリ2004』で優勝。数多くのバラエティー番組に出演するほか、ラジオ・CMで活躍。主な出演作品は、NHK『爆笑オンエアバトル』(第6代チャンピオン)『みんなでニホンGO!』、テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』『クイズプレゼンバラエティーQさま』、フジテレビ『おじゃマップ』『指原カイワイズ』、日本テレビ『中井正広のブラックバラエティ』『スクール革命』、TBSラジオ『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』など多数出演。
代表作品日本テレビ『スクール革命』
フジテレビ『おじゃマップ』
フジテレビ『指原カイワイズ』
公式SNS-

もっと見る

とにかく面白い

山崎さんがひたすらボケるところに柴田さんの的確なツッコミが最高に面白いです。特に山崎さんが暴走気味にマイペースでボケていって、柴田さんがアドリブでついていく感じが意外すぎて予想の斜め上を行く感じがよいです。昨年TV案組で劇的な復活をとげ、昔の名作ファーストフードの店員をやりましたが、急遽やったのにうまくかみ合っていてレベルの高さを感じさせました。とにかく二人とも喋れてアドリブがきいていて、なにより楽しそうなのがよいです。

報告

能天気な様で分析力に優れていて良いと思います

能天気なイメージですが、基本に忠実で分析力に優れていると思います。
明るいキャラクターは、番組を盛り上げるのにも向いていると思います。

ゲストさん

1位に評価

報告

審査員やってない

こみさん

1位に評価

報告

11哲夫

生年月日 / 星座 / 干支1974年12月25日 / やぎ座 / 寅年
出身地奈良県
身長 / 体重173cm / 68kg
プロフィール1974年生まれ、奈良県出身のお笑い芸人。西田幸治と2000年にお笑いコンビ「笑い飯」を結成。趣味・特技は、スキー、花火鑑賞、モーグル。主な出演作は、映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-』声(ブラフマン 役)、著書『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』、MBSラジオ『笑い飯の金曜お楽しみアワー』など多数出演。
代表作品映画『BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-』声(ブラフマン 役)
著書『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』
MBSラジオ『笑い飯の金曜お楽しみアワー』

もっと見る

12石田明

生年月日 / 星座 / 干支1980年2月20日 / うお座 / 申年
出身地大阪府
プロフィール1980年生まれ、大阪府出身のお笑い芸人。井上裕介と2000年にお笑いコンビ「NON SYLE」を結成し、ボケを担当している。全身白の衣装がトレードマーク。主な出演作は、読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』、BS日テレ『BS吉テレ』、MBSラジオ『エビ中なんやねん』、DVD『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』など多数。
代表作品バラエティー『大阪ほんわかテレビ』
舞台『犯人と人質』主演
DVD・Blu-ray『NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ』

もっと見る

13吉田敬

生年月日 / 星座 / 干支1973年6月27日 / かに座 / 丑年
プロフィール1973年生まれ、京都府出身のお笑い芸人。小杉竜一と1998年にお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を結成し、主にボケを担当する。肌が弱く、よくコンビの漫才のオチに『お前に相談したのが間違えやわ。お前に二度と相談しない。いつも行ってる皮膚科の先生に相談する。」と吉田が言って終わることがある。アレルギー体質で、犬、カニ、エビ、貝類、ソバ、金属アレルギーであり、その後さらに検診した結果、全ての食物にアレルギー反応が見られ、イカとタコしか安全に食べられないことが判明した。また、相方の小杉とも仲がよく、小杉が結婚した際に婚姻届の証人にもなった。
代表作品インターネットTV『ブラマヨ吉田のガケっぱち!!』レギュラー
映画『デリバリー?』
著書『ブラックマヨネーズ吉田敬のぶつぶつ』
公式SNSTwitter

もっと見る

14柴田英嗣

生年月日 / 星座 / 干支1975年7月15日 / かに座 / 卯年
出身地静岡県
プロフィールお笑いコンビ「アンタッチャブル」のツッコミ担当。JCAの第3期生。1994年に同期の山崎弘也とコンビ結成。2004年、『M-1グランプリ2004』で優勝。数多くのバラエティー番組やラジオに出演。主な出演作品は、NHK『爆笑オンエアバトル』(第6代チャンピオン)、テレビ朝日『いきなり!黄金伝説。』『クイズプレゼンバラエティーQさま』、ラジオ/TBSラジオ『アンタッチャブルのシカゴマンゴ』など。また、無類の動物好きが功を奏し、著書『アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑』も発行している。
代表作品テレビ新広島『行きたがリーノ』
テレビ静岡『リアル静岡トークバラエティ ぶっこみ』
SSTV『きゃりーぱみゅぱみゅのなんだこれTV』(声のみ)
公式SNSInstagram

もっと見る

15岩尾望

生年月日 / 星座 / 干支1975年12月19日 / いて座 / 卯年
出身地大阪府
プロフィール1975年生まれ、大阪府出身のお笑い芸人。後藤輝基と1999年にお笑いコンビ「フットボールアワー」を結成し、ボケを担当する。独特の口調で放つシュールなボケが特徴。ネタでは淡々と進行するものからハイテンションで捲し立てるものまで、さまざまなキャラを演じる。また、ファッションが趣味で主に裏原宿がお気に入りで、服装から眉毛の手入れまでお洒落には人一倍気を遣っている。しかし、吉本ブサイクランキングで3年連続第1位となり、殿堂入りを果たしている。
代表作品NHK Eテレ『ピタゴラスイッチ』( ぼてじん(声の出演))
フジテレビ『バイキング』MC・司会(木曜)(2014~)
映画『スイッチ』(監督・脚本・出演)

もっと見る

16中田カウス

生年月日 / 星座 / 干支1949年6月29日 / かに座 / 丑年
出身地愛媛県
プロフィール1949年生まれ、愛媛県出身のお笑い芸人。中田ボタンと1969年にお笑いコンビ「中田カウス・ボタン」を結成。趣味・特技は、読書、水泳。主な出演作は、ラジオ大阪『中田カウスのお笑い110番』、TOKYO MX『一流魂』、朝日放送『漫才のDENDO』、映画『ラブドール』(監督)など多数。
代表作品ラジオ大阪『中田カウスのお笑い110番』
バラエティー『一流魂』
バラエティー『漫才のDENDO』

もっと見る

17渡辺正行

渡辺正行

公式動画: Youtube

生年月日 / 星座 / 干支1956年1月24日 / みずがめ座 / 申年
出身地千葉県
プロフィール大学在学中の1977年に劇団テアトル・エコーに入所。ラサール石井、小宮孝泰と出会い、コントグループ「コント赤信号」を結成。1978年、大学卒業。1980年、フジテレビ『花王名人劇場』にてデビュー。関西漫才ブームの中、稀少な関東勢として活躍し、当時大人気番組だった『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演、人気を不動のものとする。その後もフジテレビ『ヘキサゴンⅡクイズパレード!!』、TBS『関口宏の東京フレンドパークⅡ』他、バラエティー番組を中心に活躍。「リーダー」の愛称で親しまれている。また自らが主宰するお笑いライブ『ラ・ママ新人コント大会』は“若手の登龍門”とも言われ、ウッチャンナンチャン、ダチョウ倶楽部、爆笑問題、くりぃむしちゅーほか現在第一線で活躍しているお笑いタレントを多数輩出している。
代表作品TBS『さんまのスーパーからくりTV』・『関口宏の東京フレンドパークⅡ』
舞台『LDK~リビングで抱っこしてキッス~』・『熱海五郎一座~静かなるドンチャン騒ぎ』
テレビ東京『完成!ドリームハウス』

もっと見る

さすが!お笑い界の永遠のリーダー!

点は厳しめですが、コメントが分かりやすいです!

小野田悠さん

8位に評価

報告

18ラサール石井

生年月日 / 星座 / 干支1955年10月19日 / てんびん座 / 未年
出身地大阪府
プロフィール早稲田大学第一文学部在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。その後、1期下の渡辺正行、小宮孝泰と共に、「コント赤信号」を結成し、一世を風靡する。2004年『ウォッチ』、2005年『イブニング・ファイブ』で司会を務める。舞台・演劇活動にも力を入れ、喜劇俳優にとどまらず、脚本・演出も数多く手がけている。主な出演作品に、NHK『大河ドラマ「元禄繚乱」』、日本テレビ『世界まる見え!テレビ特捜部』、TBS『3年B組金八先生』、テレビ朝日『目撃!ドキュン』、映画『ゲロッパ!』『アンラッキーモンキー』『ロマンス』など。長寿番組であるアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』主人公・両津勘吉役の声優を務めていたことでも有名。
代表作品舞台『赤信号劇団第1回「マゼラン・ブルー」』(1984)
舞台『天然女房のスパイ大作戦』(2014)
映画『小さいおうち』(2014)

もっと見る

19立川志らく

立川志らく

引用元: Amazon

立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 - )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督。落語立川流、ワタナベエンターテインメント(文化人部門)所属。出囃子は『鳩』『花嫁人形』。日本映画監督協会にも所属。現在の妻は女優の酒井莉加。(引用元: Wikipedia)

もっと見る

20大竹一樹

大竹一樹

引用元: Amazon

生年月日 / 星座 / 干支1967年12月8日 / いて座 / 未年
出身地東京都

もっと見る

21

21位~23位を見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

お笑い好きはこちらもチェック!

お笑い芸人ランキング

歴代M-1グランプリ王者ランキング

コントが面白い芸人ランキング

漫才が面白い芸人ランキング

女芸人ランキング

番組を盛り上げるこちらの人物にも注目!

好きな司会者ランキング

コメンテーターランキング

ナレーターランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

ページ内ジャンプ