みんなのランキング

清野菜名出演ドラマ人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

トットちゃん!シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。今日から俺は!!(ドラマ)ウロボロス〜この愛こそ、正義。No Image

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数11
投票参加者数11
投票数36

若手女優の注目株として、CMやテレビドラマに引っ張りだこの清野菜名。今回は、みんなの投票をもとにした「清野菜名出演ドラマ人気ランキング」を決定します。掴みどころのない警部補役を演じた『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』や、助産師役を好演した『コウノドリ』、さらには主役の黒柳徹子役を務めた『トットちゃん!』、ヒロイン役で出演した『今日から俺は!!』など、人気ドラマは何位にランクインするのでしょうか?あなたのおすすめに投票してください!

最終更新日: 2021/05/09

ランキングの前に

1分でわかる「清野菜名」

清野菜名は『トットちゃん!』で連続ドラマに初出演

清野菜名は、1994年10月14日生まれ、愛知県出身。ファッション雑誌のモデルやグラビア活動を経て、2011年に女優へ転身しました。警部補役で出演した生田斗真・小栗旬のW主演ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(2015年)や、妊婦と真剣に向きあう助産師役を熱演した医療ドラマ『コウノドリ』(2015年)、黒柳徹子役を演じ全国ネットの連続ドラマで初めて主演を果たした『トットちゃん!』(2017年)など、話題のドラマにいくつも出演しています。

アクション女優としても有名な清野菜名

ずば抜けた身体能力を持つ清野菜名は、今までたくさんの作品でアクションシーンをこなしてきました。ドラマでは、個性豊かなヤンキーが登場するコメディ『今日から俺は!!』(2018年)において、合気道の使い手・赤坂理子役で出演。強さとかわいさを兼ね備えたヒロインを好演しました。

関連するおすすめのランキング

最も人気の名作ドラマは?

>面白いドラマランキング

ジャンル別ドラマランキングはこちら

>全26ジャンル別ドラマランキング

ユーザーのバッジについて

清野菜名出演ドラマを全作品観たことがある。

清野菜名出演ドラマを5作品以上観たことがある。

清野菜名出演ドラマを3作品以上観たことがある。

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1今日から俺は!!(ドラマ)

今日から俺は!!(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・ストーリー「ツッパリ」全盛期の1980年代。三橋貴志は転校を機に金髪パーマにイメチェンし、生粋のツッパリを装って転校デビューをする。しかし、同じく転校生として現れた激しいトゲ頭のツッパリ・伊藤の姿を見た三橋。実は伊藤も同じく転校デビューを狙う同類で、昨日パーマ屋さんで鉢合わせていた。昨日までツッパッていなかったことを伊藤にバラされないか心配する三橋だったが、ひょんなことから同じ秘密を共有する相棒として2人でツッパリ道を歩むことになる。
メインキャスト賀来賢人(三橋貴志)、伊藤健太郎(伊藤真司)、清野菜名(赤坂理子)、橋本環奈(早川京子)、太賀(今井勝俊)、矢本悠馬(谷川安夫)、佐藤二朗(赤坂哲夫)、吉田鋼太郎(三橋一郎)ほか
放送年2018年
放送局日本テレビ
脚本福田雄一
主題歌今日俺バンド『男の勲章』
公式サイトhttps://www.ntv.co.jp/kyoukaraoreha/
動画配信サービスU-NEXT:なし
Amazon Prime Video:配信中
Netflix:なし
Hulu:配信中

可愛らしさと本格的なアクションシーン

このドラマでは、基本的にはおしとやかなリコという役を演じていますが、その姿がとにかく可愛いです。でも、一度アクションシーンが入ると、とても本格的で、そのギャップに驚かされると共に、可愛さとカッコよさが相まって、とても面白いです。

無表情さ

このドラマはコメディ要素が強く、特に清野さんは佐藤次郎さんの娘役だったので面白いアドリブの多いシーンが多かったように思います。
ほかの人は思わず笑ってしまっているシーンを無表情で佐藤さんの演技を見つめている姿が逆に面白かったです。

なー

なーさん

2位に評価

ささえてあげたい

劇中では空手道場の娘役の為、腕っぷしは強いのですが、昭和80年代頃のか弱き純情乙女を見事に演じていた為、『あ~こんな娘いたらまもってあげたいな~』といった風に思わされてしまいました。聖子ちゃんカットも堪りませんね。

ss6ms

ss6msさん

2位に評価

残りの2件のコメントを読む

2シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

引用元: Amazon

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(シロでもクロでもないせかいで、パンダはわらう。)は、日本テレビ系の「日曜ドラマ」で2020年1月12日から同年3月15日まで放送された日本のテレビドラマである。主演は清野菜名と横浜流星のW主演。略称は『シロクロ』、または『シロクロパンダ』。新聞番組表では、スペース(フルサイズ1行10文字)の関係もあり『シロでもクロでもない世界でパンダ笑う』とクレジットされている。

色んなストーリー展開が面白くて引き込まれました

このドラマは悪者たちを成敗していくリコ(清野菜名さん)の姿が描かれているドラマなのですが、ミスパンダとして悪者たちを成敗する際のアクションが凄くて清野菜名さんがカッコ良かったです。
そしてリコが抱えてきた心の闇、彼女の飼育員さん(横浜流星さん)が抱えてきた心の闇などが引き起こすストーリー展開の中にはどんでん返しのビックリする話もあって、最後までドキドキしながらドラマに引き込まれながら見ることができました。

夢の主演

彼女が以前から大切にしていたアクションが沢山組み込まれた夢の主演連続ドラマ。モデルの時から応援してきた身としては、彼女は「この世界で絶対に成功したい」「アクションもできるかっこいい女優でありたい」とずっと唱えてきた夢が叶った作品なのでとても思い入れが強い。スタントマンを立てずに激しいアクションシーンをやり切った姿と新時代のニューヒーローを生み出し本格的に彼女の夢の成功を目の当たりにしとても感動した。

無邪気な笑顔

前回出演されていた『今日から俺は!!』では笑っているシーンがあまりなかったこともあり、このドラマではミスパンダになった瞬間にカッと笑っている表情が多く彼女のかわいらしさが目立ちます。
また横浜流星さんとのアクションシーンも迫力があり、おとなしそうな見た目とのギャップが魅力的です。

なー

なーさん

1位に評価

残りの3件のコメントを読む

3ウロボロス〜この愛こそ、正義。

ウロボロス〜この愛こそ、正義。

引用元: Amazon

メインキャスト生田斗真(龍崎イクオ)、小栗旬(段野竜哉)、上野樹里(日比野美月)、吉田羊(橘都美子)、吉田鋼太郎(三島薫)、中村橋之助(北川喜一郎)、広末涼子(柏葉結子)ほか
放送年2015年
放送局TBS
原作神崎裕也「ウロボロス警察ヲ裁クハ我ニアリ」
脚本古家和尚
主題歌嵐「Sakura」
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/

女優魂

清野さんの俳優力が注目され始めた頃、そしてご結婚された生田さんとの出会いのきっかけであった作品なのでとても印象が強い。実際には生田さんの方が10歳上だがドラマ内では清野さんが先輩の役、そして普段の清野さんは実はとても人見知りなタイプなので、それを感じさせない彼女の高い表現力と女優魂を強く感じた。

ハラハラドキドキさせられるストーリー展開が面白い

このドラマでは復讐のために生きている兄弟の物語でしたが、いつもハラハラドキドキさせられるストーリー展開で面白かったです。
主演の生田斗真さんと小栗旬さんの演技がとても良かったですし、清野菜名さんの演技も良い味を出していたと思います。

愛くるしい

清野菜名目当てで見ていたドラマではありませんが、突如として出てきた女優にくぎ付けになりました。女性警官役で出てきたのですが、とにかく可愛い。セリフもキャピキャピ系女子っぽくて久々に現れた天使のようで心に刺さりました。

ss6ms

ss6msさん

1位に評価

残りの1件のコメントを読む

4トットちゃん!

トットちゃん!

引用元: Amazon

『トットちゃん!』は、テレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』枠の第1期(毎週月曜 - 金曜12時30分 - 12時50分)にて2017年10月2日から12月22日まで放送された、同枠第1期の第2弾となる帯ドラマ。全60回。女優・黒柳徹子の半生とその家族の物語を大石静の脚本、清野菜名と松下奈緒のダブル主演によりテレビドラマ化した。

馴染んでる

『トットちゃん!』は約2年前に放送されていた朝ドラですが、あの有名な黒柳徹子さんの若いころの役を演じてありました。
実在する人間の過去を演じるというのはかなりのプレッシャーがあったと思いますが、堂々とした演技でしたし何より生まれていないはずの昭和に自然と馴染んでいて女優さんはすごいと思いました。

なー

なーさん

3位に評価

黒柳徹子さんの歴史が分かって面白い

このドラマは黒柳徹子さんに今まで起こってきたことがストーリーになっていますので、昔はそうだったんだねーと納得したり、彼女がいろんな経験を経て今のようにステキな女性になっていることが分かって面白かったです。
そしてそんな黒柳徹子さんを見事に演じた清野菜名さんの演技もすごく良かったと思います。

ミス昭和

令和の時代の女優さんで昭和時代の乙女を演じさせたらピカいちだと思います。明るい感じの女の子、憂いある顔、怒った顔、思いっきり笑った顔等すべてにおいて表情が素晴らしいと思います。いつ何時見ても愛くるしい顔だと思います。

ss6ms

ss6msさん

5位に評価

将来に

将来に大いにつながる作品に出れて良かったねと思います。若いながら演技も上手で、ベテラン俳優の中に入ってよりフレッシュさが際立っていたと思います。大ベテランと共演したことにより今後可愛がってもらえ、色々な作品に巡り合えるのではないかと楽しみに思えたドラマです。

ss6ms

ss6msさん

4位に評価

6素敵な選TAXI

素敵な選TAXI

引用元: Amazon

メインキャスト竹野内豊(枝分)、バカリズム(迫田宏)、南沢奈央(宇佐見夏希)、清野菜名(関カンナ)、升毅(標道雄)、
放送年2014年
放送局フジテレビ
原作-
脚本バカリズム
主題歌aiko『あたしの向こう』
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/b_hp/sentaxi/

売れだす前の出演作

あまり、ドラマに出演することがなかったときの貴重な出演作。
この作品では元レディースの総長ということで、ここでも激しいアクションを見せつけています。このドラマを見ているときは正直この女の子の存在を覚えていませんでしたが、改めて見返したときにこの清野さんが出演していることに気がつきました。

ディーンフジオカさんと清野菜名さんのドタバタ結婚生活が面白い

私はこのドラマを見て、初めて清野菜名さんの存在を知りました。ディーンフジオカさんの大ファンなので見たドラマなのですが、清野菜名さんも可愛かったですし、ストーリー展開も独特で面白かったです。
ドSな御曹司の北斗(ディーンフジオカさん)と貧乏が原因で結婚することになった千和(清野菜名さん)が、最初はすごく嫌がっているために起こるドタバタ劇が面白かったです。そして徐々に本気で惹かれあって行く2人には胸キュンでした。

8コウノドリ(ドラマ)

コウノドリ(ドラマ)

引用元: Amazon

あらすじ・ストーリー鴻鳥サクラ(綾野剛)は、患者や同僚からの信頼が厚い産婦人科医。そんなサクラの下には、検診を受けていない未受診妊婦や、交通事故にあってしまった臨月の妊婦など、ありとあらゆる事情を抱えた患者が。命が生まれるというありふれた奇跡を守るため、サクラは今日も奮闘する。
メインキャスト綾野剛(鴻鳥サクラ)、松岡茉優(下屋加江)、吉田羊(小松留美子)、坂口健太郎(白川領)、浅野和之(大澤政信)、佐々木蔵之介(荻島勝秀)、星野源(四宮春樹)、大森南朋(今橋貴之)ほか
放送年2015年
放送局TBS
原作鈴ノ木ユウ『コウノドリ』
脚本坪田 文、矢島弘一、吉田康弘
主題歌Uru『奇蹟』
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/kounodori/

脇役ながら溢れ出る存在感

個人的に、初めて清野さんを知ったドラマだったのですが、決して主役級なポジションではありませんでした。でも所々で、可愛さや悩みを持つ助産師の葛藤を見事に演じていて、自然と目が行きました。脇役ながら、あれほど存在感を放っていたのは、凄いと思います。

9桜蘭高校ホスト部(ドラマ)

桜蘭高校ホスト部(ドラマ)

引用元: Amazon

メインキャスト川口春奈(藤岡ハルヒ)、山本裕典(須王環)、竜星涼(猫澤梅人)、中村昌也(銛之塚崇)、千葉雄大(埴之塚光邦)、杉咲花(伽名月麗子)、江波杏子(須王静江)、大東俊介(鳳鏡夜)ほか
放送年2011年
放送局TBS
原作葉鳥ビスコ『桜蘭高校ホスト部』
脚本池田奈津子
主題歌miwa『FRiDAY−MA−MAGiC』
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d1887/

10ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編

引用元: Amazon

『ゆとりですがなにか』は、2016年4月17日から6月19日まで、毎週日曜日22時30分 - 23時25分に日本テレビ系の『日曜ドラマ』枠で放送された日本のテレビドラマである。主演は岡田将生。 2017年7月2日と7月9日の両日22時30分 - 23時25分にスペシャルドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』として復活することが発表された。また、2017年7月2日の放送終了後からスピンオフドラマが配信されている。

ゆとり世代ならではの苦悩と成長が見れて面白い

ゆとり世代の若者たちならではの苦悩や、それを乗り越えて行く姿が描かれていて面白いドラマだと思います。

11半分、青い。

半分、青い。

引用元: Amazon

メインキャスト永野芽郁(楡野鈴愛)、松雪泰子(楡野晴)、滝藤賢一(楡野宇太郎)、佐藤健(萩尾律)、原田知世(萩尾和子)、谷原章介(萩尾弥)、風吹ジュン(楡野廉子)、中村雅俊(楡野仙吉)ほか
放送年2018年
放送局NHK
原作北川悦吏子『半分、青い。』
脚本北川悦吏子
主題歌星野 源『アイデア』
公式サイトhttps://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=4343

カッコ良くも優しい役柄

このドラマでの役は、初めは主人公に冷たい態度を取りながらも、どんどん友達になっていくという役柄でしたが、それまで個人的には可愛らしい姿しか知らなかったので、どこか自分を持っていて強く生きている女性の姿にカッコ良さを感じて、同性ながら憧れました。

このランキングに関連しているタグ

このランキングに参加したユーザー

  1. 1今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

  2. 2シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  3. 3素敵な選TAXI

    素敵な選TAXI

詳細を見る
  1. 1今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

  2. 2コウノドリ(ドラマ)

    コウノドリ(ドラマ)

  3. 3半分、青い。

    半分、青い。

詳細を見る
さきママ

さきママさんの評価


0
  1. 1シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  2. 2今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

  3. 3トットちゃん!

    トットちゃん!

詳細を見る
なー

なーさんの評価


0
  1. 1ウロボロス〜この愛こそ、正義。

    ウロボロス〜この愛こそ、正義。

  2. 2今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

  3. 3シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  4. 4No Image

    やすらぎの刻〜道

詳細を見る
ss6ms

ss6msさんの評価


0
  1. 1シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  2. 2No Image

    はぴまり〜Happy Marriage!?〜(ドラマ)

  3. 3トットちゃん!

    トットちゃん!

  4. 4ウロボロス〜この愛こそ、正義。

    ウロボロス〜この愛こそ、正義。

詳細を見る
にここ

にここさんの評価


0
  1. 1今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

  2. 2シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  3. 3ウロボロス〜この愛こそ、正義。

    ウロボロス〜この愛こそ、正義。

詳細を見る
めろんぱん

めろんぱんさんの評価


0
  1. 1ウロボロス〜この愛こそ、正義。

    ウロボロス〜この愛こそ、正義。

  2. 2シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

    シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

  3. 3トットちゃん!

    トットちゃん!

  4. 4今日から俺は!!(ドラマ)

    今日から俺は!!(ドラマ)

詳細を見る
あっさん

あっさんさんの評価


0

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

ページ内ジャンプ