みんなのランキング

オカルト映画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

シックス・センス死霊館エクソシスト(映画)リング(1998年)エスター

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数20
投票参加者数15
投票数83

みんなの投票で「オカルト映画人気ランキング」を決定します!怪奇現象・心霊・怨霊・悪魔など宗教的色彩が強いホラージャンルのひとつ「オカルト映画」。見る人を恐怖の底へと突き落とす名作が揃っています。呪われた映画と称されるオカルト映画の金字塔『エクソシスト』(1973年)、オカルト映画ブームを牽引した世界的大ヒット作『オーメン』(1976年)、斬新な演出が話題を呼んだ『HOUSE』(1977年)などをはじめ、話題作が目白押し!あなたがおすすめするオカルト映画を教えてください!

最終更新日: 2021/08/09

このランキングの投票ルール

このランキングでは、宗教や悪魔、超自然現象などを題材としたオカルト映画が投票対象です。邦画・洋画を問わず、あなたがおすすめするオカルト映画に投票してください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1エクソシスト(映画)

エクソシスト(映画)

引用元: Amazon

制作年1973年
上映時間122分
監督ウィリアム・フリードキン
メインキャストリンダ・ブレア(リーガン)、エレン・バースティン(クリス)、ジェイソン・ミラー(カラス神父)、マックス・フォン・シドー(メリン神父)、リー・J・コッブ(キンダーマン警部)ほか
主題歌・挿入歌Tubular Bells / マイク・オールドフィールド
公式サイト-

もっと見る

悪魔祓いならこれ

幽霊や家に住み着く怨霊、人に乗り移る悪魔まで、オカルト映画といってもその作風はさまざまですが、そのなかで悪魔祓いといえば真っ先に「エクソシストシリーズ」が思い浮かぶかと思います。
日本ではあまり馴染みがない系統なので、“身の毛もよだつ”的なかんじはないですが、ベッドで寝てたら身体が宙に浮いていたり、自分の意識に反して自傷しまくったり、血反吐はきながら階段をブリッジで猛ダッシュしてきたりと、とにかく悪魔に乗り移られると大変だなーとある意味半信半疑ななんともいえない感情に。

大体これ系は悪魔を鎮めるために誰かしらが犠牲になっていて、全員無事だった試しがない気がする。

屍娘

屍娘さん

3位に評価

悪魔系といえばこれ

オカルトブームを牽引した名作ですよね。エクソシストは。

海外じゃ悪魔払いって、日本の霊媒師的な感覚なのかな?幽霊の存在は信じてるけど、悪魔って日本にもいるの?取り憑かれたら怖いな〜って思いながら映画鑑賞してる、いつも。

太郎

太郎さん

4位に評価

オカルトブームを牽引した作品

タイトル通り、悪魔払いをする話。とりあえず一言でいうなら、悪魔って怖い。
映画の撮影中に不可解な怪奇現象が起こったり、映画制作に関わった人が映画公開前に亡くなったり、不幸が立て続けにつきまとったことも有名。見たら呪われそうで怖い。

ボボ

ボボさん

2位に評価

コメントをもっと読む

2死霊館

死霊館

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間112分
監督ジェームズ・ワン
メインキャストヴェラ・ファーミガ(ロレイン・ウォーレン)、パトリック・ウィルソン(エド・ウォーレン)、リリ・テイラー(キャロリン・ペロン)、ロン・リビングストン(ロジャー・ペロン)、シャンリー・カズウェル(アンドレア・ペロン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

外せないシリーズ映画

オカルト映画としては定番とも言える、2013年の映画。その後、「死霊館シリーズ」として複数の作品が登場しています。(アナベル系もそのひとつ)
外国ではなぜこんなに“家”に怨霊やら幽霊やら呪いやらが住み着いているのか不思議ですが、実はノンフィクション。多くの超常現象を調査・解明してきた、アメリカで有名な超常現象研究家・ウォーレン夫妻が、これまでに調査したなかで「最も邪悪で恐ろしい事例」として封印してきた、1971年の実体験を基にストーリーが描かれています。

これが実話とはわかには信じがたいし、こんな家秒で離れるw

屍娘

屍娘さん

2位に評価

実話ホラー

実話ベースで制作された映画らしいけど、実話だと思ってみると怖さ倍増。導入からいきなり怖かった。

ボボ

ボボさん

1位に評価

3リング(1998年)

リング(1998年)

引用元: Amazon

あらすじ・スト-リー見た者が1週間後に死亡するという噂の「呪いのビデオ」。テレビ局で働いてるディレクター・浅川玲子はその噂を追う番組を担当していた。ある日、伊豆のペンションで呪いのビデオを見たと話す玲子の姪・智子が不審死を遂げる。そんな折、玲子は取材の途中で伊豆のペンションで呪いのビデオを見た男女が死んでいるということを耳にした。智子の死の手がかりをつかむため、その貸別荘を訪れた玲子。そこで貸し出されていた不審なビデオを見てしまい……。
制作年1998年
上映時間95分
監督中田秀夫
メインキャスト松嶋菜々子(浅川玲子)、真田広之(高山竜司)、中谷美紀(高野舞)、竹内結子(大石智子)、佐藤仁美(倉橋雅美)ほか
主題歌・挿入歌feels like “HEAVEN” / HIIH
公式サイト-

もっと見る

邦画が誇る名作ホラー映画!

手に汗握るどころか、初見では手のひらから汗が滴り落ちてくるほどビビり倒した。(まじで)
海外の作品では音響とかスピード感で驚かせてくる系が多いけど、日本の作品は視覚で怖がらせてじんわりと痛ぶってくる系が多い。

ほんとにやめてほしい。

健太

健太さん

1位に評価

4シックス・センス

シックス・センス

引用元: Amazon

制作年1999年
上映時間107分
監督M・ナイト・シャマラン
メインキャストブルース・ウィリス(マルコム・クロウ)、ハーレイ・ジョエル・オスメント(コール・シアー)、トニ・コレット(リン・シアー)、オリビア・ウィリアムズ(アンナ・クロウ)、ドニー・ウォルバーグ(ヴィンセント・グレイ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

作り込まれたオカルト映画

1999年に公開されて以来、名作オカルト映画として長きに渡って人気を博しているこの作品。
“オカルト映画”という言葉自体けっこう定義が曖昧で、ホラー映画と同一視されがちですが、基準としては超自然現象や説明できない不思議な現象を描いた作品を指すことが多く、ジャンル的には“ミステリー映画”に分類されるかと思います。
設定やストーリーを説明するというか、このオカルト映画というカテゴリーに入れることですら若干ネタバレになってる気はしますが、「シックス・センス」はやはりに外せない。

どんでん返し映画でもあるので、とりあえず観ることをおすすめしますw

屍娘

屍娘さん

1位に評価

5エスター

エスター

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間123分
監督ジャウム・コレット=セラ
メインキャストヴェラ・ファーミガ(ケイト・コールマン)、イザベル・ファーマン(エスター)、ピーター・サースガード(ジョン・コールマン)、CCH・パウンダー(シスター・アビゲイル)、ジミー・ベネット(ダニエル・コールマン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

衝撃的すぎた

序盤から、この子サイコパスだな〜とは思ってたけど、エスターの正体こわすぎだろ!
最後まで予測がつかない展開がいい。これは、だれがみても予測不能なんじゃないかな?エスターの正体。

太郎

太郎さん

5位に評価

6悪魔のいけにえ

悪魔のいけにえ

引用元: Amazon

制作年1974年
上映時間83分
監督トビー・フーバー
メインキャストマリリン・バーンズ(サリー・ハーデスティ)、アレン・ダンジガー(ジェリー)、ポール・A・パーテイン(フランクリン)、ウィリアム・ヴェイル(カーク)、ガンナー・ハンセン(レザーフェイス)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

怖いを通り越してイカれてる

ある意味ホラー映画の金字塔。幽霊とか悪魔とかよりも、狂った人間が一番怖い。スプラッターでサイコパス、異常さが究極。スプラッター映画という割には、グロシーンは少なめな印象。

太郎

太郎さん

1位に評価

7イット・フォローズ

イット・フォローズ

引用元: Amazon

制作年2014年
上映時間100分
監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル
メインキャストマイカ・モンロー(ジェイ)、キーア・ギルクリスト(ポール)、ダニエル・ゾヴァット(グレッグ)、ジェイク・ウィアリー(ヒュー/ジェフ)、オリヴィア・ルッカルディ(ヤラ)、リリー・セーペ(ケリー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://it-follows.jp/

もっと見る

死ぬまで終わらない恐怖

ある男性とのセックスを機に、他の人には見えない“何か”が見えるようになって、怪現象が起きる話。セックスで“それ”が伝染するという設定が斬新で面白かった。とりあえず、セックスするときはコンドームをつけよう。

恐ろしい実話を映像化した秀作

実話をベースに一本のオカルトホラーに仕立てあげたジェームズ・ワン監督の手腕にしびれる作品だ。

masala

駆け出しの映画ライターです。

masalaさん

2位に評価

9オーメン

オーメン

引用元: Amazon

『オーメン』(The Omen)は、1976年に製作されたアメリカ合衆国の映画作品。6月6日午前6時に誕生し、頭に「666」のアザを持つ悪魔の子ダミアンを巡る物語。 音楽を担当したジェリー・ゴールドスミスが第49回アカデミー作曲賞を受賞した。 題名の“omen”は一般的な英語で前兆のこと。 『オーメン2/ダミアン』(1978年)、『オーメン/最後の闘争』(1981年)、『オーメン4』(1991年)とシリーズ化され、1976年版をリメイクした同名映画『オーメン』(2006年)も製作された。2016年にはテレビシリーズ化された(Damien)。

もっと見る

悪魔の数字

内容もそうだけど、音楽が耳に残る。
この映画みてからは、数字の「6」=「不吉」っていうのがインプットされちゃってるから、自然と「6」は避けちゃってる、いまだに。

ダミアンは悪魔の子供なのに、かわいい。ギャップ萌えってやつ?ダミアンファンっていっぱいいるよね?

色々怖いシーンはあったけど、一番記憶に残ってるのは
ダミアンの頭部に「666」を発見したとき。鳥肌もん。

太郎

太郎さん

2位に評価

10ミザリー

ミザリー

引用元: Amazon

制作年1990年
上映時間108分
監督ロブ・ライナー
メインキャストジェームズ・カーン(ポール・シェルダン)、キャシー・ベイツ(アニー・ウィルクス)、リチャード・ファーンズワース(バスター保安官)、フランシス・スターンハーゲン(ヴァージニア)、ローレン・バコール(マーシャ・シンデル)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

狂気的

1番のファンに監禁される話。いきすぎたファンは、まじでこわい。
スティーブンキング原作の最高傑作だね、これは。
ストカーってこういう感情なんだと思うとゾッとする。

太郎

太郎さん

3位に評価

悪魔の化身

悪魔の子を演じた子役のインパクトがすごい。
後味の悪い衝撃のラストが印象的です。

ボボ

ボボさん

3位に評価

フーバー?スビルバーグ?謎多きオカルトホラーの傑作

土地に憑いた霊の物語を、表向きは「悪魔のいけにえ」のトビー・フーバーが演出した作品といわれるが、実はプロデュースをしたスピルバーグが「E.T」と掛け持ちで監督したとも噂される謎多き作品であり、その後、出演者の不幸が続いたいわくつきの作品だ。

masala

駆け出しの映画ライターです。

masalaさん

3位に評価

13ヘレディタリー/継承

ヘレディタリー/継承

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間127分
監督アリ・アスター
メインキャストトニ・コレット(アニー・グラハム)、ガブリエル・バーン(スティーブ・グラハム)、アレックス・ウォルフ(ピーター・グラハム)、ミリー・シャピロ(チャーリー・グラハム)、アン・ダウド(ジョーン)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://hereditary-movie.jp/index.html

もっと見る

70年代オカルトブームに便乗した和製オカルト映画の秀作

「エクソシスト」「オーメン」など、70年代に世界的に巻き起こったオカルトブームに便乗して、東映が製作した和製オカルトホラー映画だ。きっかけはは些細な事で始まるが、物語が進むととんでもない展開に昇天するカルト作品だ。監督は「さそり」シリーズの伊藤俊也だ。

masala

駆け出しの映画ライターです。

masalaさん

4位に評価

15パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ

引用元: Amazon

制作年2009年
上映時間86分
監督オーレン・ペリ
メインキャストケイティー・フェザーストン(ケイティ)、ミカ・スロート(ミカ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

16来る

来る

引用元: Amazon

制作年2018年
上映時間134分
監督中島哲也
メインキャスト岡田准一(野崎和浩)、妻夫木聡(田原秀樹)、 黒木華(田原香奈)、小松菜奈(比嘉真琴)、松たか子(比嘉琴子)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイトhttp://kuru-movie.jp/

もっと見る

オカルト版「未知との遭遇」

コメントタイトル通りに、後半の悪魔祓いに至る過程はまさに、スピルバーグ監督「未知との遭遇」を彷彿させる大掛かりなイベント的な演出があっぱれだ。本作の中島哲也監督「告白」で主演を務めた松たか子の怪演も必見のオカルトホラー映画だ。

masala

駆け出しの映画ライターです。

masalaさん

5位に評価

17キャリー(2013年)

キャリー(2013年)

引用元: Amazon

制作年2013年
上映時間100分
監督キンバリー・ピアース
メインキャストクロエ・グレース・モレッツ(キャリー・ホワイト)、ジュリアン・ムーア(マーガレット・ホワイト)、ジュディ・グリア(デスジャーディン)、ポーシャ・ダブルデイ(クリス)、アレックス・ラッセル(ビリー)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

18チャイルド・プレイ(1988年)

チャイルド・プレイ(1988年)

引用元: Amazon

制作年1988年
上映時間88分
監督トム・ホランド
メインキャストキャサリン・ヒックス(カレン・バークレイ)、クリス・サランドン(マイク・ノリス)、アレックス・ヴィンセント(アンディ・バークレイ)、ブラッド・ドゥーリフ(チャールズ・リー・レイ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

20ペット・セメタリー(1989)

ペット・セメタリー(1989)

引用元: Amazon

制作年1989年
上映時間103分
監督メアリー・ランバート
メインキャストデイル・ミッドキフ(ルイス)、フレッド・グウィン(ジャド)、デニーズ・クロスビー(レイチェル)、ブレーズ・バーダール(エリー)、ミコ・ヒューズ(ゲイジ)ほか
主題歌・挿入歌-
公式サイト-

もっと見る

運営からひとこと

関連するおすすめのランキング

最も面白い映画は?

面白い映画ランキング

ジャンル別映画ランキングはこちら!

映画おすすめ人気ランキング!全25ジャンル別・2021年版

ホラー映画好きは要チェック!

ホラー映画ランキング

サイコホラー・スリラー映画ランキング

洋画ホラーランキング

邦画ホラーランキング

このランキングに関連しているタグ

エンタメの新着記事

おすすめのランキング

あわせて読みたいランキング

バック・トゥ・ザ・フューチャー

エンタメ>映画

面白い映画ランキング

おすすめの面白い映画のタイトルは?

君の膵臓をたべたい(映画)

エンタメ>映画

邦画の恋愛映画ランキング

好きな邦画の恋愛映画は?

ページ内ジャンプ