みんなのランキング

相撲漫画人気ランキング!みんながおすすめする作品は?

うっちゃれ五所瓦バチバチああ播磨灘火ノ丸相撲(漫画)りきじょ

このお題は投票により総合ランキングが決定

ランクイン数12
投票参加者数39
投票数78

みんなの投票で「相撲漫画人気ランキング」を決定!日本の伝統的なスポーツ・相撲を題材にした漫画からは、力士たちによる土俵の上での熱いバトルが展開する作品や、初心者でもわかりやすくルールが学べる作品など、数々の名作が誕生しました。『バチバチ』や『火ノ丸相撲』など、面白い作品が集うなか1位に輝くのは?あなたがおすすめする、相撲漫画を教えてください!

最終更新日: 2021/09/04

ランキングの前に

1分でわかる「相撲漫画」

相撲ファンから初心者まで楽しめる作品多数!

日本の伝統的な格闘技・相撲。イケメン力士の登場により“スー女”と言われる相撲好きな女性が急増し、一時は話題になりました。スポーツ漫画のジャンルとしては知名度が低いものの、相撲を題材とした漫画もこれまでにいくつか描かれています。相撲漫画は、力士たちの迫力あるぶつかり合いや、土俵入りといった厳かな儀式など、相撲ならではの見どころをストーリー仕立てで堪能できるのが魅力。また、相撲のルールを楽しく学べる漫画もあり、初心者が興味を持つきっかけとしても一役買っています。

代表的な相撲漫画を紹介

読者を夢中にさせる名作が生まれている相撲漫画。「週刊少年ジャンプ」連載の少年漫画『火ノ丸相撲』(2014年)は、小柄な主人公が強敵に挑んでいく熱いストーリーが見所です。

バチバチ

バチバチ
(引用元: Amazon)

このほかに、負けたら即引退という条件を掲げる最強の横綱を描いた『ああ播磨灘』(1992年)や、不良少年が力士としての一歩を踏み出す『バチバチ』(2009年)なども代表作に数えられます。

関連するおすすめのランキング

人気のスポーツ漫画・アニメは?

スポーツ漫画ランキング

スポーツアニメランキング

火ノ丸相撲はランクインなるか?

ジャンプ漫画ランキング

ジャンプアニメランキング

このランキングの投票ルール

このランキングでは、「相撲」を題材にした漫画作品に投票できます。連載作品はもちろん、読み切りや短編、Webコミックにも投票OK!あなたの好きな相撲漫画を教えてください!

ランキングの順位について

ランキングの順位は、ユーザーの投票によって決まります。「4つのボタン」または「ランキングを作成・編集する」から、投票対象のアイテムに1〜100の点数をつけることで、ランキング結果に影響を与える投票を行うことができます。

順位の決まり方・不正投票について

ランキング結果

\男女別・年代別などのランキングも見てみよう/

1ああ播磨灘

ああ播磨灘

引用元: Amazon

作者さだやす圭
ジャンル青年漫画
出版社講談社
連載モーニング(1990年~1996年)
巻数全28巻

もっと見る

横綱は神

これを読んだのは、車の免許を取得するのに自動車学校に通っていたとき、待合室の部屋に置いてあったので読み始めたのがきっかけです。初めてこの作品を読んだ時、播磨灘の破天荒さと迫力に圧倒されたのを思えています。読み始めたら止まらなくなって、教習場で自分の番が来るまでひたすら読み続けて、あっという間に読み終わっていました。俺が読み切ったあとも、ほかの教習生たちがドンドンハマり初めて、順番待ちしてる人もいた気がする、、、笑 相撲漫画といえば、間違いなくはずせない一冊ですね!!

歩

さん

1位に評価

とにかく常識の逆を行く主人公が面白い

とにかく見たことない設定です。王道といわれる要素が全くなく常に逆をついてきます。
まず主人公の播磨灘、始まった瞬間「横綱」です。強すぎて苦戦なんてしません。伝統や礼儀などは露ほども気にしない。
明らかに悪役(ヒール)の設定しか盛り込まれていませんw
そのうえで突如告げられる「負けたら引退」宣言。そう、この漫画は誰かに勝つまでではなく、誰かに負けるまでをテーマにした漫画なんです!
あらゆる概念が覆るこの漫画を是非ご覧あれ。

主人公の圧倒的強さが魅力

主人公の播磨灘勲は作品の最初から圧倒的な強さを誇ります。相撲会に不満を感じたと思ったら、即座に相撲協会に喧嘩を売る始末。時の横綱や強豪力士達と戦うも、文字通りバッタバッタとなぎ倒していく姿は圧巻です。ここまで主人公が強い相撲漫画は知りませんし、その強さに惹かれます。

大輔

大輔さん

1位に評価

コメントをもっと読む

2バチバチ

バチバチ

引用元: Amazon

作者佐藤タカヒロ
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(2009年24号〜2012年19号)
巻数全16巻

もっと見る

圧倒的なリアリティは必見

本作は続編があり『バチバチ』、『バチバチ BURST』、『鮫島、最後の十五日』の三作で構成されています。
見どころはとにかくリアリティ。どの力士も得意技はあれど、必殺技はありません。過剰な演出はありませんが、それぞれに勝たなければならない背景があり、感情の描写が読者の胸を打ちます。
主人公には1つ欠点があります。それは「体格があまり大きくないこと」。え、それだけ?160㎝とかじゃなくて?
そう思うのが(漫画の世界では)普通ですが、読み進めていくと考えを改めます。

大きな体を持つことが何よりの「才能」といえる世界で、どれだけ食べても・稽古をしても大きくならない体。
可視化できる才能を持たない主人公が何を思い今日も取り組みに向かうのか。
派手な装飾がない分、本当の相撲の世界を圧倒的なリアリティで教えてくれる素晴らしい作品です。

本格派!

チャンピオンのスポーツ漫画は本格派リアル志向の作品が多くてとても好きです!バチバチもその一つ。主人公の鯉太郎は大関の父親を持つ角界のサラブレッド。とはいえある事件をきっかけに父親は角界を追われてしまい、亡くなってしまったということで、思わず胸がつまるようなエピソードも登場します。スポーツ漫画という枠をも超えたすごい作品。火ノ丸相撲を読んで相撲漫画の面白さを知った人はこのバチバチもぜひ読んで欲しい!ハマるはず!

見応え抜群

相撲には正直そこまで興味はないし、テレビでやっていても好んで見ることはないスポーツだけど、友達に進められてなんとなく読んでみたら、ハマってしまった漫画です。逆境から這い上がる主人公の真っ直ぐな姿をみていると、すごく応援したくなったし、相撲にも興味を持つようになりました!力士の強さや、相撲の独特な世界観に引き込まれました。この作品を読んでからは、テレビで相撲をやっていると、見入ってしまってます。笑

歩

さん

3位に評価

コメントをもっと読む

3火ノ丸相撲(漫画)

火ノ丸相撲(漫画)

引用元: Amazon

作者川田
ジャンル少年漫画
出版社集英社
連載週刊少年ジャンプ(2014年26号~2019年34号)
巻数全28巻

もっと見る

ロマン!

体格に恵まれない主人公がでっかい相手を相撲でぶち倒すって、それもうロマンの塊じゃないですか!!!ホイッスルとかハイキュー!とかもそうですけど、やっぱり体の小さい主人公が文字通りジャイアントキリングしていく様は見ていて面白いですし、頑張れ!って応援したくなりますよね〜〜自分自身体格が大きい訳でもなく、恵まれた骨格の同級生なんかを見て、憧れていた野球部時代を送っていたので、つい感情移入してしまいます。
主人公の火ノ丸は最初から体格の小ささで挫折したわけではなくて、成長していくにつれて周りとの差がどんどん開いていって、それでも相撲で強くなることを諦めずに泥臭くがむしゃらに相撲に取り組みます。火ノ丸の意思がぶれないのもいいところですね。そして負けても他人のせいにすることなく、自分自身を追い込むところも見ていて気持ちがいいです。精神的なところがほかの少年漫画の主人公に比べて成熟している印象を受けます。

最も始めやすい相撲漫画

相撲漫画って良くも悪くも相撲相撲してますよね。好きな人にはたまらない一方で、初見の人はなかなか手を出しづらいと思うんですよ。
そんな人でも全くアレルギーなく見れるのがこの作品です。「国宝」と呼ばれる将来性豊かな若手力士達(イケメン多し)が、それぞれに磨き上げた技を繰り出し、各々が持つ葛藤と闘いながら成長してく姿を描いています。

とりわけ主人公が持つ葛藤は致命的とすらいえる「小さい」こと。バレーボールやバスケットでも背の低い主人公が活躍する作品は多くありますが、相撲はスポーツではなく格闘技。ハンデを覆すのは簡単ではなく、本当の強敵と闘う時は”死”を意識することも・・・
主人公とそのライバル達が何を思い、どう成長していくのか。必見です!

劣勢を挽回していくのが面白い

主人公は残念ながら背が小さくて体重も軽いという、まったく相撲には向いていない体格です。正直相撲には向いてないと読者の私でも感じる程。でも相撲が大好きな主人公はそんなハンデを吹っ飛ばしていきます。小さい主人公がデカイ対戦相手を倒していく!スカっとする相撲漫画です。

コメントをもっと読む

4うっちゃれ五所瓦

うっちゃれ五所瓦

引用元: Amazon

作者なかいま強
ジャンル少年漫画
出版社小学館
連載週刊少年サンデー(1988年19号~1991年29号)
巻数全12巻

もっと見る

個性あるキャラクターが多すぎる

主人公の五所瓦は圧倒的な強さを誇るものの、団体戦を勝ち抜くには一人だけ強くてもダメ。そこで仲間を集めるのですが、この仲間が面白い。柔道日本一やプロレスマニアが土俵で大活躍する姿はカッコイイですね。中には囲碁部(外見は一番強そう)もいたりしますけど。おかげで試合にはバリエーションが生まれていますし、面白いですね。

大輔

大輔さん

2位に評価

適度にギャグが入っていて面白い

相撲部の五所瓦は一度も県大会で優勝した事はないものの、その実力は全国二位でした。同地区に全国一位の猛者がいる為、全国へ出場できなかったのです。そしてその実力差はほぼ僅差。そんな五所瓦が最後は団体戦に出ようとするのですが、集めたメンバーが個性的過ぎました。結構ギャグも盛り込まれているので、楽しく読める作品です。

観客がやかましい。笑

相撲を見にきている観客の口の悪さとうるさすぎるセリフが印象的。笑 でもなんか楽しそうwwww登場キャラクター全員が凄い漢たちばかりで、圧倒されました。相撲を詳しく知らなくてもサクサク読めたので、相撲の知識が全くないど素人の人でも楽しめる漫画だと思います!!

ドン

ドンさん

1位に評価

コメントをもっと読む

萌えと燃え

正直、読む始めるまではエロさを前面に押し出したお色気系作品かと思ってたけど、しっかりスポコン漫画だった。笑 女子相撲をテーマに取り扱ってる漫画ってあんまりないから、珍しくて読んでみたけど普通に面白くてハマった!!!相撲を知らない人からしたら、基礎が学べるので教本にもなりそうな感じ。エロで釣らずに、しっかりスポーツやってるのがいいですね!!!!おすすめです!

ドン

ドンさん

2位に評価

女子相撲

今まで、相撲って男のスポーツってイメージだったけど、女の子の相撲もいいね!!!!自分でも意外だったけど、結構ハマった作品です。実際に、部活動とかで女の子が相撲やってる子もいると思うから、もっと女子相撲が有名な競技になってくれればいいな〜と思ったし、すごい応援したくなっちゃった!!

6おかみさん

おかみさん

引用元: Amazon

作者一丸
ジャンル青年漫画
出版社小学館

もっと見る

ほんわかする

おかみさん目線で描かれた相撲部屋の話で、ほっこりするようなものが多いです。色々な個性の子がいてそれぞれ努力し優勝する姿を見たり、時には相撲を辞めていく姿を見送ったり様々な相撲ドラマを見ることができます。おかみさんも真っ直ぐで可愛いです。

りん

りんさん

1位に評価

7鮫島、最後の十五日

鮫島、最後の十五日

引用元: Amazon

作者佐藤タカヒロ
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(2014年50号〜2018年33号)
巻数全20巻(未完)

もっと見る

8バチバチBURST

バチバチBURST

引用元: Amazon

作者佐藤タカヒロ
ジャンル少年漫画
出版社秋田書店
連載週刊少年チャンピオン(2012年25号〜2014年36+37合併号)
巻数全12巻

もっと見る

短期ですが

これまた火の丸相撲と同じく体の小さい主人公が、高校の相撲部に入部して活躍するというお話です。大関の息子と勘違いされて入部するわけなんですが、少年スポーツ漫画の王道、最初の大物感はやっぱりいいものですね。実家が酒屋で重い箱を持ち上げるなどの手伝いをしていたためか、やけに吊りの力だけは強いというストロングポイントがあります。

作者はあの大人気作・マキバオーを描き上げた、つの丸大先生!マキバオーも主人公のがむしゃら感に読者も一緒に手に汗握って熱くなってる、そんなまんがでした。長期に渡って連載されたマキバオーと比べると比較的短命な作品ではありますが、自分としては同じくらい好きな漫画です。

読みやすい

絵が綺麗なので女性でも読みやすい作品だと思う。登場人物みんなイケメンでTHE・青春といった感じの相撲漫画。

運営からひとこと

相撲の知識や熱い試合が見どころの名作が集う「相撲漫画人気ランキング」はいかがでしたか?このほかに「スポーツ漫画ランキング」や「格闘漫画ランキング」なども公開しています。ぜひCHECKしてください!

関連するおすすめのランキング

1番面白い漫画が決定!

面白い漫画ランキング

完結漫画 名作ランキング

ジャンル別漫画はこちら!

漫画おすすめ人気ランキング!全54ジャンル別・2021年版

格闘漫画も必見!

格闘漫画ランキング

歴代の横綱・力士で人気なのは?

歴代横綱ランキング

歴代親方ランキング

このランキングに関連しているタグ

ページ内ジャンプ