みんなのランキング

ツナグ(小説)に関するランキングと感想・レビュー

ツナグ(小説)

引用元: Amazon

参考価格781円(税込)

第32回吉川英治文学新人賞受賞作[1]。2014年2月現在、69万部のベストセラーとなっている。 2014年2月1日発売の『yom yom』2014年冬号より、続編となる「ツナグ2」の連載が開始されている。 (引用元: Wikipedia)

全 8 件を表示

ファンタジー小説ランキングでの感想・レビュー

ちょっと切ない

使者、ツナグという仕事の話しで、生きた人と死んだ人の面会の窓口となる仕事とはどういうのかが書かれていて、始めは信じれない人も実際体験者として体験して本当に死者と会えて喜んだり切ない気持ちになったりする。
これをきくと自分ならとけスゴく考えてしまってちょっと切ない気持ちになってしまいます。
でも、それで前に進めるようになるなら良いのかなと思ったりもしました。
人によって感じかたが違ったりするのものだなと思って読めるストーリーです。

小説ランキングでの感想・レビュー

ただただ感動してしまいます。

亡くなってしまった人にもう一度だけ合わせてくれるというツナグの物語です。亡くなった人ともう一度だけ会いたい…。大切な人を亡くしてしまった人なら誰しもそう願ってしまいます。私も恩師が亡くなってしまった時には「ちゃんとお礼を言えてなかった」と後悔ばかりしていました。しかし、この物語を読んで亡くなってしまった人との思いでを大切にしようと思えました。私にとってこの作品は人生の道標となっています。

nekoneko

nekonekoさん(女性・20代)

3位に評価

辻村深月の書籍ランキングでの感想・レビュー

ひとつひとつの物語が感動!

亡くなってしまった人ともう一度合わせられるツナグ。ツナグに大切な人と合わせてもらったとき、それぞれが抱えている物が死者との対話でどのように変化するのかが見所です。はたしてもう一度死者と会うことが生者を救うのか。そしてツナグとはなんなのか。死者との対話後、ある者は救われ、ある者は捕らわれる。ぜひ読んで欲しい作品です。

nekoneko

nekonekoさん(女性・20代)

1位に評価

短編小説ランキングでの感想・レビュー

大切な人を失うということ

亡くなった大切な人にもう一度会いたいと願う気持ちを考えさせられるお話でした。この物語のように、たとえ少しの時間だけでも、また会えたらいいのにと、私も思う人がいます。ですが、現実では叶わない願いです。交通事故で若くして亡くなったいとこを思い出す作品です。

yuuya

yuuyaさん(男性・20代)

3位に評価

辻村深月の書籍ランキングでの感想・レビュー

感動で涙が止まらない

死者と会わせてくれるツナグという人がいて、その人に様々な人物が頼みに来るという短編集です。人生において人それぞれの後悔を持っていて、死者と会うことで納得できた人もいれば、後悔が増えた人もいて、ひとりひとりに感情移入して涙します。

もも

ももさん(女性・20代)

2位に評価

辻村深月の書籍ランキングでの感想・レビュー

心に沁みる作品

ツナグは、生と死をテーマにした作品です。一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれる使者との模様を描いています。誰もが考えたことがあると思います。それぞれの思いを抱え、死者と再会するシーンは、とても心に響きます。

はじめ

はじめさん(男性・40代)

2位に評価

辻村深月の書籍ランキングでの感想・レビュー

自分は何を望むかと考えました。

一生に一度だけ死者との再会をかなえてくれるという「使者(ツナグ)」。私ならだれに会いたいと思うか、考えました。長編小説です。

usa

usaさん(女性・40代)

2位に評価

小説ランキングでの感想・レビュー

各章ごとに泣く。

マジで最高。人生の鏡となるような小説

sun riseさんの評価

関連しているアイテム

似ているアイテム

関連しているタグ

みんランで人気のランキング

「本・書籍」タグで人気のランキング

図書館戦争(小説)

エンタメ>

小説ランキング

おすすめの小説は?

Sweet(スウィート)

エンタメ>

女性ファッション誌ランキング

おすすめの女性ファッション雑誌は?

イニシエーション・ラブ(小説)

エンタメ>

どんでん返しがすごい小説ランキング

おすすめのどんでん返しがすごい小説は?

容疑者Xの献身(小説)

エンタメ>

東野圭吾の書籍ランキング

おすすめの東野圭吾の書籍は?